« マルバウツギ | トップページ | コアジサイ »

2024年5月23日 (木)

ハナミョウガ

ヌマトラノオの保護柵を設置した場所の近くに、ハナミョウガが咲いていたので撮ってみました。

Bp5220069

偽茎(葉鞘が重なり合って茎のように見える)の先に穂状にたくさんの花をつけます。

Bp5220072

Bp5220073

紅色のストライプのある唇弁が奇麗な花です。

ショウガ科ハナミョウガ属ハナミョウガ(Alpinia japonica (Thunb.) Miq.)。

ついでに、あまり見ることのないショウガ科ショウガ属ショウガの花を掲載します。

Apb070059

昨年、畑のショウガに蕾らしきものが出てきたので、花瓶に挿しておいたらこんな花が咲きました。珍しいでしょ?


ハナミョウガは、県内各地の低地から山地に分布とありますが、私の住む富士市では見られる場所が限られています。富士市植物仮目録(中山Ver.)にも、当初の記載から追加された場所もありますが「稀」とあります。
富士市域の分布において似たような印象を持っているのがランヨウアオイです。富士市域にも分布しますが、ハナミョウガと似た空白の場所があります。

ハナミョウガもランヨウアオイも生育地ではかなりな個体数を見る事が出来ます。ある方がギフチョウの食草としてランヨウアオイを探していました。その方がお住いの地域には「いっぱいありますよ!」と伝えましたが、半信半疑だったようです。出会えなければ、その人にとって希少種となります。

« マルバウツギ | トップページ | コアジサイ »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルバウツギ | トップページ | コアジサイ »