« キブシの花 | トップページ | ケヤマウツボ »

2024年4月 7日 (日)

テンナンショウ属

テンナンショウ属の識別は難しく、私には苦手な種です。数年前、訪花昆虫の調査に協力したのを機会に、少しでも覚えようと思っていますが後退してばかりです。

Aimg_3943Ap4050046

左は家の周りでもよく見られるスルガテンナンショウで、右は西の方に多いムサシアブミです。栽培品の逸出なのか、県東部でも稀にみることがあります。

サトイモ科テンナンショウ属スルガテンナンショウ(Arisaema yamatense (Nakai) Nakai subsp. sugimotoi (Nakai) H.Ohashi et J.Murata)。

サトイモ科テンナンショウ属ムサシアブミ(Arisaema ringens (Thunb.) Schott)。

Ap4050044Ap4050045

さてこちら・・実は実生発芽させた個体です。地域でも一番早く姿を現すスルガテンナンショウよりも更に早く咲きます。種子の採取地は伊豆半島です。Web図鑑より庇の形状が少し短いですが、専門家の方にナガバマムシグサと教えていただきました。地域で見る種に比べて、葉の細さに目が行きました。

サトイモ科テンナンショウ属ナガバマムシグサ(Arisaema undulatifolium Nakai subsp. undulatifolium)。


富士山周辺では、まだ図鑑に掲載されていないミクニテンナンショウ、オオミネテンナンショウ、ホソバテンナンショウ、ヒガンマムシグサ(ハウチワテンナンショウタイプ)、オオマムシグサに似たイズテンナンショウなども写真帳で同定していただきました。

個体変異もあり、私にはまだまだ自信をもって識別することができません。静岡県中部には、テンナンショウ属の素晴らしいWeb図鑑を公開されている方(星山耕一様)がいらっしゃいますので、下記にリンクを張っておきます。メールアドレスも記載されています。

【テンナンショウ属Arisaema】

« キブシの花 | トップページ | ケヤマウツボ »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キブシの花 | トップページ | ケヤマウツボ »