« ノダフジ | トップページ | 作業道に生育していたセリバオウレン »

2024年1月27日 (土)

生きていたクモラン

八重枝垂桜の幹にクモランを発見したのは、数年前の事でした。ところがその個体は乾燥により枯れてしまいました。

Ap1270004

こちらが、この木で最初に発見したクモランです。比較的大きな株で、沢山の果実をつけていました。

Ap1270003Ap1270002

周囲を見ると、新たな株が着生していました。上の大株の子孫ではないかと思います。クモランは葉が退化し、葉緑素を持つ扁平な根で光合成を行っています。左の写真に写っているピンボケの白い着生根は、セッコクの根です。

ところで・・。

Ap1270006Ap1270007

こちらを見ると、白っぽい光沢のある部分と鮮やかな緑色で幅広の部分があります。前者は上の写真と同じ根で、後者は葉状体(仮称)です。種子が発芽して最初にこの葉状体が姿を現します。そして根が伸びやがて葉状体は姿を消していきます。葉状体は葉ではなく胚軸に由来する(発芽苗の茎のような)部分だそうです。

初めてクモランを見たときは、この葉状体に気づきませんでした。様々な進化を遂げてきたラン科植物の魅力は、こういう面白い生態にあります。庭木の植物観察も楽しいです。


山野を歩く機会も少なくなり、ブログの更新間隔が長くなってしまいました。それでも、ご訪問くださる方がいて嬉しいです。また、良いね💛も有難うございます。

« ノダフジ | トップページ | 作業道に生育していたセリバオウレン »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノダフジ | トップページ | 作業道に生育していたセリバオウレン »