« セキヤノアキチョウジ | トップページ | ムベの果実 »

2023年11月23日 (木)

果実いろいろ

最近見た果実を少し掲載します。一部、植物園敷地内での撮影種も含まれます。

Apb160039

花柄があるので、サラシナショウマの果実のようです。

Apb160038

時々このような花穂がありました。開花が遅れて送粉者がいなくなったから?

Apb160042

こちらはトリカブトの果実です。サラシナショウマと同じくキンポウゲ科なので果実も似た感じですね。11月下旬にまだ緑色です。果実が熟すまで寒さに耐えられるのだろうか?

Apb160036

ホトトギスの仲間の果実です。ホトトギスの仲間は、比較的発芽率は高いと思いますが、開花に至るまで生育するものはそれほど多くないようです。

Apb160078

フジタイゲキの果実です。フジタイゲキの果実は、かなり前に熟したものを見かけました。同じ株でも茎ごとに開花時期をずらし、少しでも多く生き残るための戦略でしょうか?

Apb160074

ガマ属です。ガマ属の生育する場所は限られていますが、これは恐ろしい植物です。地下茎での栄養繁殖も盛んですが、この果穂から数えきれないほどの種子を飛散させます。植物園のビオトープに植栽した記憶はなく、飛来した種子か水利権を取得した水路から流入した種子によって、一二年の間に除去が大変なくらいに繁殖しました。

Apb160050

ラン科植物(コアツモリソウ)の果実です。ラン科植物の果実は、どの種も数えきれないほどの種子を宿します。微細な種子には発芽のための養分が殆ど無いため、菌類(キノコ)から養分を貰って発芽します。しかも種ごとに栄養依存するキノコが異なるため、沢山の種子を飛散しても発芽に至るものは極めて少なく、その多くは絶滅危惧指定されています。


このところ、こちらのブログ更新が滞っておりました。雑用が多かっただけでなく、山野の植物探索をしていなかった事もあります。希少植物を主体に掲載していた前ブログと比べると、アクセス数がずっと少なくなりました。ちょっと寂しい気持ちもありますが、それで良かったと思っています。

« セキヤノアキチョウジ | トップページ | ムベの果実 »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ランの仲間で 春蘭の種だったら我が家の庭先で何度か見たことがありますが
ガマの種の実物はまだ見たことがありません。
数日前にテレビでガマの種を飛ばしていましたが 綿みたいなフワフワの種でした。
あれが全部根付いて発芽したら・・・想像しただけでもすごいですね(><)

もこままさん、今晩は。
山間の地に住む私にとっては、珍しい植物の部類になります。
でも、凄い繁殖力に唖然としています。

その場に落ちる種なら、生育範囲はあまり広がりません。
でも、綿毛を伴って風に飛ばされるため遠くに生育地を広げる可能性があります。
水辺の植物は生育できる場所が限られますので、そのための戦略だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セキヤノアキチョウジ | トップページ | ムベの果実 »