« 予想以上に遅れたアキザキヤツシロラン | トップページ | アレチウリとクズ »

2023年10月17日 (火)

ヒメツチグリ属?

モウソウチク林で見たキノコです。

Bpa110064

まとまって生えていました。ツチグリ(ディプロシスティス科ツチグリ属)と似ているけど形態が違う・・フクロツチガキやシロツチガキなどヒメツチグリ科ヒメツチグリ属のようです。

Bpa110063

こちらが幼菌です。

Bpa110062

Bpa110061

白っぽい方が新しいのかな?

以前撮った写真ですが・・。

Ap8210084_20231014064601

襟巻の様な付属体がありますので、エリマキツチグリでしょうか?


今年は集中豪雨はあったものの、全体的に雨が少なかった影響で、例年より見かけるキノコが少なかったと思います。キノコに栄養依存している腐生ラン(菌従属栄養植物)にもなかなか出会えず、開花時期の遅れたものもありました。また、猛暑の影響で開花の早い植物もあり、花追い人は情報の収集に苦慮した事と思います。

« 予想以上に遅れたアキザキヤツシロラン | トップページ | アレチウリとクズ »

菌類」カテゴリの記事

コメント

みんな 茸なんですか?
随分面白い形をしているのですね!
なんだか美味しいおやつがたくさん転がっているみたいです! ^^

富士の種蒔き権兵衛様
おはようございます。
私も竹林で同じと思われるものを見ました。
細かいことは分からないのですが、調べたところ「ツチガキ」の一種ではと思っていました。
ただ、キツチガキの開花時期は4〜6月頃とあったので・・・。
でも、今年はキヌガサタケの開花(?)を別の場所ですが6月初旬と10月初旬に見ましたので、ツチガキも同様かなと思うようになってます。

もこままさん、お早うございます。
この仲間は、幼菌の時には食用になるそうです。
でも、ヒトデのような状態になってから棒でつつくと胞子を噴出します。
ちょっと食べる気にはなれません。

ichiさま、お早うございます。
ツチグリとツチガキは、同科同属とされた事もあったようですね。
最近は、ツチガキの仲間はヒメツチグリ属に分類されているようです。
菌類の生育は湿度が影響しますので、子実体の出現時期がずれたのかもしれませんね。
今年は認識を新たにする事が多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予想以上に遅れたアキザキヤツシロラン | トップページ | アレチウリとクズ »