« 不法投棄監視パトロールで出会った野生ラン | トップページ | 富士市域のナチシダ »

2023年9月 8日 (金)

バアソブ開花

山野を歩き始めた頃は、バアソブとジイソブ(標準和名:ツルニンジン)の違いを聞いても良く分かりませんでした。でも、見慣れると結構違いのある事に気付きます。

もう、十年近くなるでしょうか?バアソブを見た事の無かった私に、ブログ友が種子を送ってくれました。それを蒔いて、発芽~開花に至るまで手元で観察する事が出来き、苗の状態でもバアソブとジイソブの識別が出来るようになりました。

Bp9050041

バアソブの花は小さいとあります。目にする事の多いジイソブに比べて小さいですが、所見では自信が持てませんね。花筒の裂片が短い事も特徴です。

Bp9050036

花での識別点で一番わかりやすいのは、花筒内部にあるこの霧点です。ジイソブの場合は、霧点ではなくベタの模様があります。

Bp9050039

花以外では、種子が違います。以前も登場した写真ですが・・。

Ajibatane

左がジイソブ、右がバアソブです。ジイソブの方には翼があり、種皮の色も違います。

キキョウ科ツルニンジン属バアソブ(Codonopsis ussuriensis (Rupr. et Maxim.) Hemsl.)。

Bp9050035

この写真は果実期のものです。良く見ると、花柄が下から伸びています。花が終ると反転して上向きになります。面白いですね。

« 不法投棄監視パトロールで出会った野生ラン | トップページ | 富士市域のナチシダ »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不法投棄監視パトロールで出会った野生ラン | トップページ | 富士市域のナチシダ »