« クロヤツシロランの花 | トップページ | モウソウチク林で見た気になる植物 »

2023年9月22日 (金)

アキザキヤツシロランの異変

そろそろ、富士市域某所のアキザキヤツシロランが咲き始める頃なので、様子見に行って来ました。ところが、全然姿が見えない・・どうしたのだろう?

彼方此方歩き回って、一本の立ち枯れたモウソウチクの周りに差し掛かると・・。

Bp9200024

咲いていました!このような姿を求めて訪れたのに、このモウソウチクの周りでしか見る事が出来ませんでした。

Bp9200019Bp9200030

Bp9200021

今年は他の花と同様に、いつもより早く開花しているかもしれないと思って出かけました。この竹林では、今迄このような花数の多いアキザキヤツシロランを沢山見る事が出来ました。

こんな写真を掲載すると、眉を顰める諸先輩も多いとは思いますが・・。

Bp9200003

この生育地の異変が気になり、堆積したササの葉を除けて塊茎を探してみました。ヤツシロラン類は、地中深く塊茎があるのではなく、枯葉や枯竹のすぐ下にあります。伸び始めは半透明だった根状器官が変色して、一部に疣の様なものが出来ています。菌糸から養分を吸収した証です。また、塊茎から出ているのは花芽で、これは開花株という事になります。まだ2cm程度です。

範囲を広げて確認すると、このような状態の塊茎が幾つか見つかりました。今夏は、雨不足で野菜の葉先が枯れる事もありました。アキザキヤツシロランが栄養依存する林床の菌糸が繁殖できず、花芽の成長が遅れたのではないでしょうか?上に掲載した開花株の周りは、ある理由があって土壌湿度が保たれて(安定して)いたものと思われます。また9月下旬になっても最高気温が30度を超すような日が続いています。伸び始めた芽が傷んだのかもしれません。掲載したような塊茎が無事開花に至るのか週ごとに観察したいと考えています。

« クロヤツシロランの花 | トップページ | モウソウチク林で見た気になる植物 »

野生ラン」カテゴリの記事

菌従属栄養植物」カテゴリの記事

コメント

今年のアキザキヤツシロランンの開花のピークは、これからなのでしょうか? 西湘地域の竹林で、アキザキヤツシロランを探しているのですが、今のところ見つけられていません(やぶ蚊に刺されるのみ)。ただし、元々見つけにくい花なので、探し方が悪いかもしれませんが・・・・(そこに咲いた実績も定かでないし)。

ichiさま、お早うございます。
静岡県東部では、9月下旬頃から咲き始めると思います。
ただ、今年は同じく菌従属栄養植物(腐生ラン)のキバナノショウキランも開花株が少なかったようです。
夏の不足や異常な気温上昇が原因ではないかと思います。
掲載した場所では、例年アキザキヤツシロランが沢山姿を現しました。
現地へ着く前に、今回の様な異変は予想しておりませんでした。

有意義な情報をありがとうございます。今年の酷暑による異常気象で、腐生ラン系は不作の可能性がありそうですね(マヤラン、サガミランの2度咲きまでは確認できましたが)。あせらず、もう少しアキザキヤツシロランを探してみます(果実になれば、見つけやすいですし)。

ichi様

夏の不足・・雨が消えていました。
アキザキもクロも、土壌湿度が確保できている所なら例年と同じだと思います。
掲載した竹林は土壌の乾燥が続いたのではないかと思います。
何時も見られたクロ(ベンガラ)は見られませんでした。
頑張って探してください。

なるほどね、竹林の古株元にね。節々に蓄えられた水分が染み出たか~。
今年は未だ見てないがこちらではクロが早いよですね。標高差によるのかな。
此方では住宅地で見れるようですがタケノコ農家ですので許可がね?。

ベンガラもあるんですかそちらにも、最近記載の。

菌吉良菌さま、お早うございます。
個体差はありますが、同じ標高ならクロの方が早いと思います。
数年前に、竹林でクロに出会った時、やけに赤っぽいと感じました。
それがベンガラとして記載された事は、高知の先輩のブログで知りました。
別の竹林に行ってみましたが、今年竹林のヤツシロラン類は壊滅的な感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロヤツシロランの花 | トップページ | モウソウチク林で見た気になる植物 »