« キツネノカミソリとフシグロセンノウ | トップページ | オニルリソウ »

2023年8月 7日 (月)

バイケイソウ

富士山南面では高度1,000mを超える辺りから、バイケイソウを見る事が出来ます。植物探索を始めたばかりの頃、芽覚め始めたこの植物と出会いました。

Ab067

初めて見るこの植物の名前は分からず、花期に撮った写真でバイケイソウと知りました。

Ak008

花は梅に似ていて、花被片の縁に鋸歯があります。

和名の由来は梅に似た花形と共に、葉が蕙蘭に似る事に由来するとあります。蕙蘭(ケイラン)は、紫蘭(シラン)の古名だそうです。解説を読んでいて、シランに似ているかな?と思いました。

Aimg_2689

ズームレンズの調子が悪く、マクロで撮ったため見難いですが・・。今年は各所で沢山の開花株を見かけます。未開花株は早い時期に枯れて行きます。

Bp8040037

接写用コンデジの4倍ズームで・・。開花株の多い事がお分かりでしょうか?バイケイソウは、有毒植物であるためシカの食害に遭いません。2~3年後に行くと、林床がバイケイソウだらけになっていて驚かされる事があります。

以前から気になっていたのですが、バイケイソウは開花株の多い年と極端に少ない年があります。今年は当たり年のようです。

シュロソウ科シュロソウ属バイケイソウ(Veratrum oxysepalum Turcz. var. oxysepalum)。亜高山帯から高山帯下部に分布する小形のタイプをミヤマバイケイソウ(Veratrum alpestre Nakai)と呼ぶそうですが、Ylistでは区別しておりません。


家の庭に、どこからやって来たのかシュロソウが生えています。昨年は咲かず、今年は花茎が伸びて来ました。数年間気にして見て来ましたが、我が家のシュロソウは隔年で花をつけるようです。バイケイソウと同科同属になります。この仲間は、変わった生態を持っているのかもしれません。

« キツネノカミソリとフシグロセンノウ | トップページ | オニルリソウ »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キツネノカミソリとフシグロセンノウ | トップページ | オニルリソウ »