« オオバウマノスズクサ | トップページ | ヤマウツボ »

2023年5月 5日 (金)

馬頭観音で見た花

不法投棄監視パトロールで見かけた花を、2種掲載します。

【キヨスミミツバツツジ】

Bp4280084

一般的なミツバツツジの花は散った頃ですが、ここではまだ咲いていました。

Bp4280085

手の届く最下の花を見ると、クモが隠れていました。あれっ、この花はオシベの数が多い・・母種のミツバツツジは、オシベが5本です。

Bp4280088

手繰り寄せて観察すると、オシベが10本あります。キヨスミミツバツツジのようです。オシベが10本のミツバツツジの仲間には、花柱の下部に毛のあるトウゴクミツバツツジもありますが、こちらには毛がありません。

地域では、ミツバツツジとキヨスミミツバツツジの交雑種でアワミツバツツジ(Rhododendron x kuratanum S.Watan.)も生育しています。こちらは、オシベが7~9本で葉柄に少し粘りがあります。

他地域産で、アワミツバツツジ(Rhododendron decandrum (Makino) Makino f. lasiocarpum H.Hara)という種があります。最新のYlistでは、ワタナベミツバツツジをアワミツバツツジの標準和名としていて、ケトサノミツバツツジ(Rhododendron dilatatum Miq. subsp. decandrum (Makino) X.F.Jin et B.Y.Ding f. inobeanum (Honda) Minamitani)をアワミツバツツジの標準和名としています。

ツツジ科ツツジ属キヨスミミツバツツジ(Rhododendron kiyosumense (Makino) Makino)。

【ナツトウダイ】

Bp4280090

Bp4280091

蚊の様な訪花昆虫が、腺体の蜜を吸っていました。

Bp4280093

面白い形の花ですね。花弁のような三日月の部分は蜜を出す腺体です。この写真では良く分かりませんが、中央部にオス花とメス花があり雌性先熟とあります。雄性先熟のキキョウと反対ですね。雌性先熟と雄性先熟に分かれたのはどんな理由からなのでしょう?

身近で見られる植物も、進化の過程を想像しながら観察すると面白いですね。

トウダイグサ科トウダイグサ属ナツトウダイ(Euphorbia sieboldiana C.Morren et Decne.)。

« オオバウマノスズクサ | トップページ | ヤマウツボ »

草本」カテゴリの記事

木本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオバウマノスズクサ | トップページ | ヤマウツボ »