« ナベワリ | トップページ | 馬頭観音で見た花 »

2023年5月 4日 (木)

オオバウマノスズクサ

先月末の不法投棄監視パトロールで、オオバウマノスズクサの花を見付けたので掲載します。

Ap4280069

Ap4280079

オオバウマノスズクサは、蔓性の木本です。特徴ある大きな葉は、良く目につきます。見比べると、葉形に変異があります。

Ap4280070

花の横顔です。面白い形をしていますね。中に入った訪花昆虫が簡単に出られない構造になっていて、中で動き回るため受粉出来るそうです。機会があれば花を解体してみようと思っています。

Ap4280071

少し高い所に咲いていたので、蔓を引き寄せて撮ってみました。

Ap4280072

開口部を上から覗くと個体毎に違った模様が見えますので、機会があったら見てください。

ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属オオバウマノスズクサ(Aristolochia kaempferi Willd.)。

ウマノスズクサ類はジャコウアゲハの食草になっていて、葉は有毒植物を含むため、ジャコウアゲハは自身を毒化して外敵から身を守っているそうです。アサギマダラがキョウチクトウ科(ガガイモ科)の植物を食草として身体を毒化するのと同じですね。

« ナベワリ | トップページ | 馬頭観音で見た花 »

木本」カテゴリの記事

コメント

今年のオオバは5~60個鈴成りでした、鉢物ですが大変にみごたえります。
訪花昆虫確認したいが未だに未確定です。解剖しても花粉付けても
何も分かりません。世間、海外とはず奇抜な花が人気なようです。twitter
でもいつも添付されていますね。

丹沢にいながらタンザワが無かったので一昨日林道を歩いてきました。
ありました。やっぱり花の時期で無いと確認出来ませんね。

違いはサキソホ-ン入れ口が濃く黒く見えるのがオオバで明るくて点々が
見いるのがタンザワです。交配種もあるようですが未だ見ていません。山肌は
幼苗が無数に広がっていますね。箸の太さ位にならないと開花しないようです。
下草が刈られてしまうと終わりですが。果実がなるので恐らく繁殖は之だろうと
思っていますが分かりません。


菌吉良菌様、今晩は。
タンザワウマノスズクサは、まだ図鑑でしか見た事がありません。
丹沢の名がつく植物もいろいろありますね。
富士山南麓のイケマは、全てタンザワイケマだと先輩達が言っていました。
私は両方あるように思っています。

ウマノスズクサ科は、カンアオイ属もそうですね。
変わった花をつける種が多いようです。
私もオオバウマノスズクサを鉢で育ててみようと思っています。
植物園植栽用にいろいろ挑戦していますが、みんな癖があって難しいです。

同じく蔓性のハンショウヅルの仲間を3種鉢植えにしてあります。
富士山南麓の林床では、彼方此方で実生苗を見る事は出来ますが開花株は稀です。
どうも蔓が上に伸びる環境でないと(絡まる木が近くにないと)開花に至らないような気がします。
昨年撒いたトリガタハンショウヅルは、たった一つだけ発芽しました。
発芽抑制がかかったのか、採取時期が遅かったのか分かりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベワリ | トップページ | 馬頭観音で見た花 »