« 凍てつくシシガシラ | トップページ | コンテリクラマゴケ »

2022年12月29日 (木)

12月下旬のナチシダ

不法投棄監視パトロールのついでに、前回見付けたナチシダの様子を見て来ました。県東部で初めて見たナチシダは、冬に葉が萎れていました。この場所は、そこより高い高度にあります。

Bimg_0917

林道沿いにも点在していました。やはり葉が萎れかけていました。

Bimg_0924

こちらも・・。

Bimg_0921

Bimg_0922

この状態から復活するのだろうか?Wikipediaによると「常緑性だが分布域の北限近くでは冬に地上部が枯れる」とあります。やはり萎れた葉は枯れてしまうようです。

イノモトソウ科イノモトソウ属ナチシダ(Pteris wallichiana J.Agardh)。

ついでに・・。

Bimg_0918

このオオバノイノモトソウによく似た綺麗な斑のシダ植物は、マツザカシダだと思います。

イノモトソウ科イノモトソウ属マツザカシダ(Pteris nipponica W.C.Shieh)。Ylist標準和名はマツカシダ、別名マツカシダとなっています。


先生から、ナチシダの北限自生地が静岡県にあると伺いました。その場所は静岡県賀茂郡河津町梨本大畑で、1953年に国指定の天然記念物に指定されています。当時は北限だったのかもしれませんが、温暖化の影響なのか更に北へ生育地を広げつつあるようです。

以前も触れましたが、手元にある細倉先生らによる1,990年頃の富士市域の調査リストにナチシダは掲載されておりません。ところが、ここ数年富士市西部と東部で100個体を超すような生育地を確認しています。伊豆天城で初めて出会った大形のシダ植物は、富士市域でも珍しい存在では無くなりつつあります。

« 凍てつくシシガシラ | トップページ | コンテリクラマゴケ »

シダ植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 凍てつくシシガシラ | トップページ | コンテリクラマゴケ »