« キノコいろいろ(10月中旬) | トップページ | ナチシダ »

2022年10月13日 (木)

ヤブマメ

庭や畑の未耕作エリアに、ヤブマメが生えています。これが結構厄介な植物です。

Zimg_0287

細くて丈夫な蔓が他の植物に絡み付いて、除去するのが大変です。

Zpa080164

Zpa080167

花は綺麗です。

A030895

地上部には、このような豆果(とうか)をつけます。

そして、地下部にも・・。

Apa120735_20221013081101

地上部と形態の異なる豆果をつけます。これは地中に出来る閉鎖花が結実したもので、中に1個の種子を宿します。

ヤブマメは一年草との事ですが、種子が熟す前に地上部を除草しても、地下につく果実が残り駆除するのが難しい植物です。毎年同じところに出てくるので、多年草かと思っていました。

植物園のビオトープに生えるミゾソバも、一年草との事なので種子が熟す前に上部を刈り取っても絶える事はありません。「匍匐茎に閉鎖花をつけ種子を実らせる場合もある」そうです。場合もある・・というより、閉鎖花をつける割合が案外多いのではないかと思っています。

身近で目にする事の多い植物達も、いろいろな生き残り戦略を持っているようで興味深いです。

マメ科ヤブマメ属ヤブマメ(Amphicarpaea edgeworthii Benth.)。

« キノコいろいろ(10月中旬) | トップページ | ナチシダ »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キノコいろいろ(10月中旬) | トップページ | ナチシダ »