« ミョウガ | トップページ | オカダイコン »

2022年10月 3日 (月)

クロヤツシロラン

クロヤツシロランの花が咲いていると思い、先日再生畑②横の所有林を覗いてみました。でも、見当たりませんでした。本日、電気柵のチェックついでに覗いてみると・・。

Apa030067Apa030066

林床は乾燥し、花筒先端の萎れ始めたものや花筒が落ちて子房が上を向いているものばかりでした。根気強く探すと、上の個体が見つかりました。今年はイノシシに荒らされ、堆積したスギの葉が押し寄せられて、土壌が乾燥したためか昨年のように多くは見られませんでした。

Apa030068

Apa030071

少し角度を変えて、花の中を撮ってみました。この花は撮り難い・・。

Apa030059

露出している塊茎があったので、そっとスギの葉を被せておきました。

Apa030047Apa030046

通常の果実や花柄は、左のような色ですが、右の個体は緑色を帯びています。ここでは、2個体見つかりました。

Apa030045

この植物は光合成をせず、100%共生菌に栄養依存して生活しています。でも、ずっと昔は葉緑素を持ち光合成を行っていたのでしょうから、ちょっとだけ先祖返りしたのでしょうか?面白いですね。

ラン科オニノヤガラ属クロヤツシロラン(Gastrodia pubilabiata Y.Sawa)。


ところで、ほぼ同じ時期に咲くアキザキヤツシロランでは、もっと緑色を帯びた個体を見た事があります。

A169

上のクロヤツシロランよりも、更に緑色を帯びています。富士市某所の竹林で、2017年の秋に撮影しました。

ラン科オニノヤガラ属アキザキヤツシロラン(Gastrodia confusa Honda et Tuyama)。


静岡県RDB2020版には、クロヤツシロランが準絶滅危惧(NT)になっており、アキザキヤツシロランは記載されておりません。私の探索エリアで見る限り、クロヤツシロランの方がずっと個体数は多いと思います。クロヤツシロランの記載が後になり、当初は全てアキザキヤツシロランと混同されていたためではないでしょうか?

また、分布域として東部は記載されておらず、主たる生育地として竹林が取り上げられている事なども、上記考察の根拠となります。静岡県版RDBは、地域に生育する希少植物を知る上でとても有り難い資料です。でも、他にも疑問に思うところが幾つかあります。一度、見直しをお願いしたいものです。

« ミョウガ | トップページ | オカダイコン »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

2枚目と3枚目のリップ辺りに 猫がいます ^^

もこままさん、お早うございます。
花の中に虫が入ると、この猫ちゃんはエビ反りして閉じてしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミョウガ | トップページ | オカダイコン »