« ウメバチソウ | トップページ | 保全区の種子植物(10月下旬) »

2022年10月22日 (土)

保全区の菌類(10月下旬)

植物園植栽植物は別ブログに掲載していますが、保全区などの自生種はこちらに掲載しています。除草作業で見付けたキノコを少し掲載します。

Apa200001Apa200003

管理車道脇に数個体生育していました。誰かが引き抜いてありました。手持ちの図鑑では、コガネタケに似ています。

Apa200005Apa200007

このオレンジ色のキノコは、土壌湿度の高い場所に沢山生えていました。チャワンタケの仲間でしょうか?傘表の色からするとヒイロチャワンタケかな?

Apa200030

Apa200032

こちらは、ハタケシメジと教わりました。図鑑で見るとホンシメジにそっくりです。食用になり美味しいそうですが、またどこかで見かけても確信をもって識別出来ません。

幼い頃は、近くの山林でもシイタケだけでなくナメコやクリタケも生えていて、父親が採って来たものを食べた記憶があります。山野を歩く内に、少しだけですが食用になるキノコを覚えました。一度教わっても、場所を変えて幾つかのキノコを見てこないと、自信をもって識別出来ません。図鑑の写真も、其々見比べると別種のように見える事が多々あります。その時期の天候や子実体の発生からの経過時間などによっても姿が変わって見えます。キノコは難しいです。

« ウメバチソウ | トップページ | 保全区の種子植物(10月下旬) »

菌類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウメバチソウ | トップページ | 保全区の種子植物(10月下旬) »