« 保全区の菌類(10月下旬) | トップページ | カギガタアオイ三度 »

2022年10月22日 (土)

保全区の種子植物(10月下旬)

植物園保全林は、他所からの植物は移植せず自生種のみとして、植物仮目録を作成中しています。季節を変えて調べると、新たな発見があります。

Apa200026Apa200023

クロヤツシロランの果実が見つかりました!それもかなりな個体数です。光合成をせず100%共生菌に栄養依存しているこの植物に関しては、実生栽培経験があるので、保全区のスギ林に播種してみようかと思っていたところです。

ラン科オニノヤガラ属クロヤツシロラン(Gastrodia pubilabiata Y.Sawa)。

Apa200018Apa200015

ヤクシソウとサラシナショウマです。

Apa200019

ヤクシソウは、日当りの良い遊歩道脇でも見られますが、保全林の林床にもありました。

キク科オニタビラコ属ヤクシソウ(Crepidiastrum denticulatum (Houtt.) Pak et Kawano)。

Apa200013

サラシナショウマは、もっと前に咲くイヌショウマに良く似ています。花柄の有無も識別点の一つです。

キンポウゲ科サラシナショウマ属サラシナショウマ(Cimicifuga simplex (DC.) Wormsk. ex Turcz.)。狭義ではなく標準学名です。

Apa200034

こちらは、ヤマトリカブトだと思っています。トリカブトの識別は私には難しく、自信はありませんが・・。以前、花を切断して図鑑に書かれた特徴を確認してみましたが、良く分かりませんでした。

キンポウゲ科トリカブト属ヤマトリカブト(Aconitum japonicum Thunb. subsp. japonicum)。

ヤマトリカブトの変種で、小型で茎が直立し葉の切れ込みが深いタイプをハコネトリカブトと呼ぶそうですが、愛鷹山系の渓谷では岸壁から垂れ下がるものと直立するものが見られます。同じエリアでも、生えている場所によって形態が変わるのかな?なんて思っています。葉の切れ込みに関しても、同じ場所でも様々な気がします。Ylistでは、ハコネトリカブトもヤマトリカブトに含まれています。

« 保全区の菌類(10月下旬) | トップページ | カギガタアオイ三度 »

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保全区の菌類(10月下旬) | トップページ | カギガタアオイ三度 »