« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月28日 (木)

散歩道のキノコ(7月下旬)

ついでに、朝散歩コースで見たキノコを少し掲載します。種名の分からないものばかりですが・・。

Bp7270041Bp7270024b

左はホウライタケの仲間でしょうか?右の木には、堅いキノコと柔らかいキノコが棲み分けていました。

Bp7270050

最上段右の下部に写っているキノコが、別の木にも生えていました。傘裏には、小さな虫が沢山集っていました。

Bp7270052

この林内では時々見かけますが、短期間に傷んでしまいます。

Bp7270003

この白く小さなキノコも時々見かけますが、種名は分かりません。

Bp7270018Bp7270019

左は、以前師匠から教わったモミジウロコタケだと思います。右はサルノコシカケの仲間?

Bp7270053Bp7270055

こんなにびっしり生えている木がありました。

この林でも、カシノナガキクイムシの食害で多くの木が枯れ、幹や枝が落下し始めています。


今日は、休耕中の再生畑①の草刈りをして来ました。暫くぶりに行ったので、入口から草むらと化していました。曇っている時はまだ良いのですが、日が射すと暑さで足がふらついて来ます。草の片付けと耕運機がけは、後日としました。

運動部や武道部出身者は、休みを取らず無理をするので危ないと言われた事があります。山野を歩く時も同じです。でも、無理出来ると思って臨んでも体力が追い付かなくなって来ました。

2022年7月27日 (水)

キツネノエフデ?

萌の朝散歩コースには、いろいろなキノコが生えています。昨日、ノウタケを見かけたのでカメラを持って行ったのですが、姿がありませんでした。野生動物に食べられたのかもしれません。

別の場所には・・。

Ap7270058Ap7270059

こんなキノコが、沢山生えています。昨日の大雨で、グレバ(暗褐色の粘液質部分)が流れかかっています。この部分が悪臭を放つ、スッポンタケの仲間だと思います。

その周囲には・・。

Ap7270061

幼菌が沢山見られました。初めて気づいた時からの子実体は、100本クラスだと思います。今朝見ただけでも、数十本確認出来ました。


ところで、タイトルに?マークを付けたのは、種名に自信が持てなかったからです。この子実体に似たものは、キツネノエフデ、キツネノロウソク、キツネノタイマツ、コイヌノエフデなどがあるそうです。

その中で、キツネノエフデは頭部と柄の境が曖昧、キツネノロウソクは境が明瞭、キツネノタイマツは柄の先端に袋状の傘、コイヌノエフデは頭部に薄い膜となっていますので、キツネノエフデとしました。ただ、Web図鑑で見ると、前記の特徴と種名の合致しない写真が多く、迷うばかりです。

キノコの師匠、この記事を見たら教えてください。

2022年7月25日 (月)

ムカデランの花

そろそろ、ムカデランの花が咲く頃だと思い、覗いてみました。

Amukade2

Amukade1

Amukade3

匍匐茎や葉よりも太い着生根が特徴的です。

Amukade4

Amukade5

唇弁の後ろには、透明感のある距があります。

以前はCleisostoma属とされていましたが、DNA情報による解析の結果Pelatantheria属とするのが適当であると分かったそうです。

ラン科ムカデラン属ムカデラン(Pelatantheria scolopendrifolia (Makino) Aver.)。


今日は、再生畑のサンショウバラエリアの草取りをしました。百株を優に超えるサンショウバラの苗木は、思い思いの方向に堅い棘あのある枝を伸ばしていました。その間に雑草が繁茂しているので、取り難くさが増します。

それに、半端ではない暑さのせいで、草を運ぶのに足がふらつきました。夕方まで頑張ろうと思ったのですが、半分ほど残して挫折しました。とても、気合で乗り切れるような状態ではありませんでした。

2022年7月19日 (火)

アオホオズキとイガホオズキ

梅雨が明けたというのに、また逆戻りしたような感じです。

アオホオズキとイガホオズキ・・日本で生育が確認されているイガホオズキ属は、この2種のみだそうです。

【アオホオズキ】

Ap6020989Ap6020988_2

少し薄暗い林縁に生えていましたが、出会う事は稀です。

Ap6101795

色は違いますが、ハシリドコロの花に似た印象を持ちました。

ナス科イガホオズキ属アオホオズキ(Physaliastrum japonicum (Franch. et Sav.) Honda)。

【イガホオズキ】

Ap7110056Ap7110055

こちらは、アオホオズキより小さな花をつけます。写真は、富士山こどもの国「花の谷」で撮りました。複数個体生育しており、積極的保護対象植物です。

Ap7110057Ap7110052

太い軟毛の生える萼は、果実期になると液果を包みます。面白いですね。

ナス科イガホオズキ属イガホオズキ(Physaliastrum echinatum (Yatabe) Makino)。

2022年7月16日 (土)

ムラサキニガナ

静岡県西部・・井伊の里で林内探索をしていた時、変わった形の葉が目に入りました。その時は種名も分からず、数年後に県東部で再会しムラサキニガナと知りました。この植物が、植物園保全区に沢山生えています。

Aimg_9547Aimg_9554

この場所では、私の背を超えるような草丈の個体が殆どです。6月中半頃、花茎は伸びていましたがまだ蕾ばかりでした。

そして、7月中半には・・。

Ap7130011

Ap7130013

小さいけど綺麗な花です。下向きに咲くので撮り難い・・。

Ap7130009Ap7130014

花は順次咲き、下部は蕾でも先端部は冠毛付きの痩果が見られました。

キク科ムラサキニガナ属ムラサキニガナ(Paraprenanthes sororia (Miq.) C.Shih)。

花柄に腺毛のある個体を、変種のケムラサキニガナとする見解もあるそうですが、Ylistでは母種に含まれています。


今日は、父親(十七回忌)と母親(三回忌)の法事でした。三回忌くらいまでは気にしていますが、それ以降は忘れている事が多いので、一覧表を作って置いた方が良いと思います。今回、父親の十七回忌を土壇場で気付き、方丈様にご配慮いただき一緒にお願いする事になりました。両親の写真が、仲良く本堂の祭壇に並びました。

2022年7月14日 (木)

シロバナイナモリソウ

間伐後の林内を探索していると、シロバナイナモリソウが咲いていました。

この植物に初めて出会ったのは、家の近くのヒノキ林でした。濃い緑色の葉に純白の小さな花が目立っていました。

Bp7120016

Bp7120007

Bp7120008

通常花冠は5裂します。裂片の形(幅や先端部)は、場所によって変異があります。

In154

以前撮った写真ですが・・。中には変わり者もいます。裂片・萼片ともに6裂でした。

Bp7120009

「茎上部の葉腋に1~3個の花をつける」とありますが、こんな姿を目にする事があります。花は次々に咲き、一シーズンにかなり沢山の花を咲かせる個体もあるようです。

アカネ科イナモリソウ属シロバナイナモリソウ(Pseudopyxis heterophylla (Miq.) Maxim.)。

2022年7月12日 (火)

ヌマトラノオとオカトラノオ

小雨降る中、確認したい事があって出かけて来ました。一つは、ある植物の果実の様子見です。積極的保護のために、種子を採取して実生苗を確保しようと考えています。それはまたの機会に・・。

もう一つの目的は・・。

Aimg_9849

この植物の花を確認する事でした。

この植物・・昨年の調査で、ヌマトラノオではないかと思っていました。刈払い機による除草作業が予定されていると知り、残せるものなら一部を残し、絶やさないために他は浅刈りしてもらえないかとお願いしました。

Aimg_9848Aimg_9851

少しだけですが花を見る事が出来ました。ヌマトラノオに間違いありません。

例年、除草はもっと早い時期に行われていたようですから、もしかしたらここのヌマトラノオは、花を咲かせたことが無かったかもしれません。今年度から除草業者さんが代わり、お願いを聞いてもらえました。来年の今頃は、もっと沢山の花穂を見る事が出来ると思います。

サクラソウ科オカトラノオ属ヌマトラノオ(Lysimachia fortunei Maxim.)。

そして、上記場所から直線距離で2~3百メートルの場所には・・。

Aimg_9898

オカトラノオが咲いていました。

サクラソウ科オカトラノオ属オカトラノオ(Lysimachia clethroides Duby)。

同属で開花時期も同じなので、交雑種もあるそうです。ヌマトラノオとオカトラノオの交雑種はイヌヌマトラノオ(Lysimachia x pilophora (Honda) Honda)と呼ばれ、両者の中間の性質を持つとあります。除草で花が咲かなければ地下茎による栄養繁殖株ばかりですから、その可能性は極めて低くなりますが、今後花を咲かせるような管理をすれば交雑種が見られるかもしれません。

ついでに・・。

Ap7110032

昨日、富士山こどもの国「花の谷」で撮りました。虎の尾が二本になっています。珍しいでしょ?


森林の間伐・皆伐作業や除草作業で、失われていく希少植物も多いと思います。それは、私有林だけでなく公有林に於いても同様です。私有林に関しては難しいかもしれませんが、せめて公有林くらいは保護システムが構築されていてほしいものです。

2022年7月 2日 (土)

ヨウラクランとムギラン

庭木に着生している、ヨウラクランとムギランに注目してみました。

【ヨウラクラン】

Ap6250053Ap6250040

シンボルツリーの八重枝垂桜に着生していたヨウラクランの半分を、イヌマキに着生させたのが左側です。右は、ハクモクレンの樹幹に着生していました。

花が花序の基部ではなく先端から咲くのが、この野生ランの特徴です。

Ap6250057Ap6250055

庭木の彼方此方で見る事が出来ます。ヨウラクランは、あまり樹種を選ばないように思います。

数えきれないほどの花をつけますが、結実するのはホンの少しです。でも、ムギランに比べて彼方此方で苗を見かけます。苗が開花株に成長するのも2~3年くらいではないかと思います。

ラン科ヨウラクラン属ヨウラクラン(Oberonia japonica (Maxim.) Makino)。

【ムギラン】

Ap6250058Ap6250038

倒壊した鎮守の森のタブノキに着生していたムギランを、ヨウラクランと同じイヌマキに着生させました。右は、梅の木に生えて来たムギランです。

ヨウラクランの花が咲く頃には、ムギランは果実期に入っています。

こちらは、結実率は高いのですが、苗を見るのは稀です。根茎が伸びて栄養繁殖し、鎮守の森ではタブノキやアカシデに群生しています。

ラン科マメヅタラン属ムギラン(Bulbophyllum inconspicuum Maxim.)。


家族とホームセンターへ行ったついでに、野菜の苗を買って来ました。このところ、引籠り生活が身についてホームセンターへ行くのも久々でした。午前中、畑に植えて来ましたが、今日も汗びっしょりでした。明日は、収穫してきたラッキョウを漬ける予定です。手がラッキョウ臭くなる・・。

2022年7月 1日 (金)

コイチヨウランとイチヨウラン

一枚葉の野生ランはいろいろありますが、その中で一葉(イチヨウ)の名がつけられた二種を掲載します。

【コイチヨウラン】

Ap6280094

直径1m程の範囲に群生していましたが、出会う事は稀です。林床には、同サイズの葉をつけるマイヅルソウが生育していて、気づき難い野生ランでもあります。

Ap6280092

広大な針葉樹林の中で、この野生ランを見付けるのは至難の業(我が地域に於いて)です。しかも花期以外となると、その難易度は格段に増します。

イチヨウランの花が終わり果実期に入った頃、この野生ランはまだ花茎が伸び始めたばかりです。

ラン科コイチヨウラン属コイチヨウラン(Ephippianthus schmidtii Rchb.f.)。

【イチヨウラン】

Ap6280077

Ap6280084

イチヨウランは地生ランですが、上段は倒木に生えていました。下段のように白い筋の入ったものや、暗紫色の斑点のある葉の個体も見られます。品種記載されていますが混在しており、一まとめにイチヨウランと呼んでいます。

ラン科イチヨウラン属イチヨウラン(Dactylostalix ringens Rchb.f.)。


最近訪問者が増えたようで、林床には飲料水の容器などが目につく様になりました。駐車スペースには、隣県を含めた他地域の車両が多くなりました。場所によっては、転圧機で押し固めたようになっている生育地もあります。生育ポイントを記したと思われる表示テープなども各所にあり、地元民としては非常に危機感を持っています。

希少植物の生育地を見付けても、自慢げに人に話さないようにしてほしいと願っています。その情報は瞬く間に拡散され、やがては希少植物の消滅を招く事になります。「信用できる人だから教えても良いですか?」そういう発言をする人自体が、情報拡散をして歩く信用できない人なのです。

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »