« キッコウハグマの花 | トップページ | カンアオイ属の小さな花 »

2021年11月19日 (金)

ツルコウジ

私の狭い探索範囲では、ツルコウジに出会う事は稀です。県内各地の低地に分布とありますが、私は県中西部でしか出会っておりません。赤い実が生っていたので撮ってみました。

Op142_20211119181501

Op138_20211119181501

家の近くで見るヤブコウジよりも葉の鋸歯が粗く、茎が横に這い長軟毛が生えています。

Kn176

果柄やヘタ(萼)にも長軟毛が生えています。

ヤブコウジの別名(縁起名)は十両ですから、ツルコウジも十両かな?

サクラソウ科ヤブコウジ属ツルコウジ(Ardisia pusilla A.DC.)。旧分類では、ヤブコウジ科とされています。

« キッコウハグマの花 | トップページ | カンアオイ属の小さな花 »

木本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

ツルコウジって、始めて聞き(見)ました。
今度山歩きの時に探してみよう・・・と思い
その前に調べましたら、分布が関東以西とありました。

里山保全クラブで整備した林にはヤブコウジがずいぶん増えました。
光が入るようになると、小さな植物が元気になるんですね。

ロココさん、お早うございます。
ツルコウジは、ヤブコウジと混生している事もあります。
ヤブコウジかと思って近づくと、毛深く横に這った植物でした。

植物園の保全区でも、林床の整備を始めて行こうと思っています。
静岡県東部はスギ・ヒノキ林ばかりで、落葉広葉樹林は貴重な存在となっています。
野生動物が下界に降りて来た要因の一つになっていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キッコウハグマの花 | トップページ | カンアオイ属の小さな花 »