« ナツエビネ | トップページ | 菌類(広義) »

2021年8月27日 (金)

ミヤマウズラ

不法投棄監視パトロールの途中、ミヤマウズラの花が咲いていたので撮ってみました。ミヤマ(深山)の名がつきますが、比較的低山で見る事の多い植物です。

Ap8240095Ap8240082

Ap8240089Ap8240093

ここでは、近くの樹幹にも着生しています。そちらは、今年初花が咲きましたが、花茎しか残っていませんでした。

ミヤマウズラは、ある程度まとまって生えていても、いつの間にか姿を消してしまったり、個体数が減少してしまう事があります。園芸採取が原因ではないと思える事例が、幾つかありました。

Ap8240088

Ap8240086

口を開けたヒナのようでしょ?ラン科植物の花は、何かの顔やアニメのキャラクターのようなものが多くて面白いです。鳥の羽のような部分は、側萼片です。

ラン科シュスラン属ミヤマウズラ(Goodyera schlechtendaliana Rchb.f.)。


ある林道の中央に、木製のバリケードがありました。設置者名は無く、設置理由も記載されておりません。林道とは言え公道ですので、設置者に文句を言ってやろうと、バリケードを除けて進入しました。でも、特に異常もなく誰が設置したのか分かりませんでした。林政課にでも問い合わせてみようと思っています。
富士山こどもの国や造成中の植物園で植栽保護している植物は、「権兵衛の種蒔き日記」に掲載しています。

« ナツエビネ | トップページ | 菌類(広義) »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナツエビネ | トップページ | 菌類(広義) »