« 富士山こどもの国自生種 | トップページ | ベニシュスラン »

2021年7月25日 (日)

キソチドリ

亜高山帯の針葉樹林内では、比較的多くのキソチドリを見る事が出来ます。地域に生育する個体を比較して見ました。

【キソチドリ】

Bp7060957Fa_10

一番下の葉が大きく、同じ林内でも葉の形に変異があります。中には、葉幅が広く卵形を思わせる様なものも見受けられます。

花数が少なく疎らにつきます。

Bp7060889

二つの葯室が離れていて、側花弁(万歳している部分)の先端が細く伸びています。

Bp7060989

この自生地の場合、開花状態の距は後方に伸びていました。違う解説のWeb記事もありますが、自身の観察によります。

ラン科ツレサギソウ属キソチドリ(Platanthera ophrydioides F.Schmidt)/広義。

ophrydioidesの仲間は、ナガバノキソチドリ、ヒトツバキソチドリ、オオキソチドリなどの変種が記載されていますが、私はまだ識別ポイントをちゃんと理解しておりません。日本のランハンドブック②の発刊を心待ちにしています。


キソチドリとナガバノキソチドリの比較という記事でしたが、ブログを見てくださった方から、掲載した写真はホソバノキソチドリではなく、ヤマサギソウではないかとのご指摘を頂きました。図鑑を確認すると背萼片と側花弁が集まり兜状になるとあり、掲載した写真の特徴と異なっていましたので、記事のタイトルをキソチドリに訂正致します。

またお気づきの点がありましたら、ご指摘頂けると有り難いです。宜しくお願い致します。

« 富士山こどもの国自生種 | トップページ | ベニシュスラン »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山こどもの国自生種 | トップページ | ベニシュスラン »