« エンシュウハグマ | トップページ | カゲロウラン復活 »

2021年7月 2日 (金)

亜高山帯の針葉樹林で出会った野生ラン

半月ほど前になりますが、用事があって亜高山帯の針葉樹林へ行って来ました。引きこもり生活をしているので、今年初めての亜高山帯探索でした。たまに行くと、視点が変わって今迄と違う楽しさがあります。

【イチヨウラン】

Ap6150084Ap6150082

この辺りのイチヨウランは、既に咲き終わっていました。複数個所見て歩きましたが、記憶のある個体が、殆ど姿を消していました。連れ去られたのか、枯れてしまったのか、あるいはシカの食害に遭ったのだろうか?

また、以前から思っていたのですが、毎年開花位置が違っています。花が続けて咲く事は、少ないのかもしれません。

【コイチヨウラン】

Ap6150090Ap6150094

林床に生えるマイヅルソウを見ていると、植物密度の高い所がありました。コイチヨウランのミニ群落のようです。

Okp8121281Okp8121283

花期はもっと先なので、以前撮った花を掲載します。

【ヒメミヤマウズラ】

Ap6150073Ap6150076

この辺りでは、あまり出会う事の無いヒメミヤマウズラが生えていました。個体数は少ないですが、次の探索意欲を沸かせてくれます。

【ヒメムヨウラン】

Ap6150039Ap6150023

ヒメムヨウランも、所々で見る事が出来ました。多くの野生ランの様に、花柄子房が180度捻じれて、唇弁が下につくタイプではなく、捻じれが無いため唇弁が上についている変わり者です。中には、360度捻じれるホザキイチヨウランのような超変り者もいて、ラン科植物は面白いです。

この他には、蕾を持ったキソチドリが目につきました。針葉樹の香りを浴びて、久々に懐かしい故郷へ帰省したような気持ちになりました。

« エンシュウハグマ | トップページ | カゲロウラン復活 »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

そちらは大雨で被害が出ているそうですが、ご無事でしょうか?
どうぞくれぐれもお気を付け下さい。

ロココさん、お早うございます。

今回は、十数年に一度というくらいの降水量でした。
バケツをひっくり返したような豪雨が続きました。
幸い、我が家の周りでは大きな被害は無かったようです。
熱海の映像を見ましたが、土石流の怖さが良く分かりました。
ご心配いただき、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンシュウハグマ | トップページ | カゲロウラン復活 »