« キソチドリ | トップページ | ハクンラン属 »

2021年7月28日 (水)

ベニシュスラン

不法投棄監視パトロールのついでに、ベニシュスランの様子を見て来ました。

Aimg_5918Aimg_5904

このようにスギの葉の堆積した場所が、好みのようです。

Aimg_5887

Aimg_5890

一般的には、一茎に1~3個の花をつけます。

Aimg_5897

一茎4~5個の花をつける個体も、稀に見受けられます。

Aimg_5902

園芸界では、葉の斑が綺麗なラン科植物をジュエリーオーキッドと呼ぶそうです。

ラン科シュスラン属ベニシュスラン(Goodyera biflora (Lindl.) Hook.f.)。

中国名は、「大花斑葉蘭」・・シュスラン属では、一番大きな花をつけます。葉の斑も綺麗です。良く特徴をつかんでいて、的を射た名前ですね。


この自生地では、時々葉の赤くなった個体を見る事があります。土壌の乾燥などにより枯れ始めたものと思っていました。

ところが、スギの葉が厚く堆積して土壌湿度の高い所でもそういう個体を見る事があります。印をつけて観察すると、スギの葉や地面に潜った茎から複数の新芽が伸び始めていました。その新芽は、展開した後でも元の葉よりも一回り小さな葉になり、一見実生苗のようです。別の自生地では、そのような小さな葉ばかりで開花株があまり見られませんでした。共生菌の状態悪化など、環境の変化に対応し、生き残るための術なのかもしれません。

« キソチドリ | トップページ | ハクンラン属 »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
相変わらず暑い日がっ好きますね、今日午前中に空地ガーデンの草刈りをしたら
(一時間弱だったんですが・・・)熱中症になりかけた?のかも。
午後はずっと涼しくしてダラダラ過ごしました(笑)気を付けなくっちゃ。

ベニシュスラン、こちらではアケボノシュスランしか見た事が無い・・・
と、思って調べたら分布が関東以西の植物なんですね。
このまま温暖化が進んだら、こちらでも見られるようになるんでしょうか・・・。
(手放しでは歓迎出来ませんが)

ロココさん、お早うございます。

こちらも草刈りで、ふらつく時が度々あります。
日陰に入ると生き返ります。
危ないと思ったら、無理をしない事ですね。

ベニシュスランは、場所によって比較的広範囲に見る事が出来ます。
ただ、人工林の中に生育しますので、間伐や切り出しにより姿を消してしまう事もあります。
今迄、静岡県の中西部でしか見られなかった、カゲロウランも地域で確認しました。
富士山の希少植物の生育地も、移動しているものがあります。
比較的短期間に、温暖化の影響が現れているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キソチドリ | トップページ | ハクンラン属 »