« キンラン | トップページ | ヒメウツギとマルバウツギ »

2021年5月 4日 (火)

エビネ

キンランの生育する環境は、エビネにも適しているようです。

Bimg_4386Bimg_4383

Bimg_4405Bimg_4404

園芸採取により姿を消しつつあったのですが、最近少しずつ復活しているようです。もう少し奥に行くと、株立ちした見事なエビネを見る事が出来ます。でも、この日は藪蚊に襲撃されたので止めました。

Bp5030163Bp5030161

花を接写してみました。花柄子房に沿って距が伸びています。同じエビネ属でも、ナツエビネやサルメンエビネには距がありません。

中国名は、蝦脊蘭(カセキラン/xiajilan)・・球茎を海老の背中に見立てて名付けられたようで、これは和名と同じですね。花や植物体の特徴を的確に表現した命名が多く、調べる度に納得しています。

ラン科エビネ属エビネ(Calanthe discolor Lindl.)。


最近では、園芸用に作出(選別交配)されたものが販売されており、野生の花から想像もできないような豪華な花を見る事が出来ます。気になったものを撮らせていただきましたので、「権兵衛の種蒔き日記」で見てください。

« キンラン | トップページ | ヒメウツギとマルバウツギ »

野生ラン」カテゴリの記事

草本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンラン | トップページ | ヒメウツギとマルバウツギ »