他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

野生蘭

不法投棄監視パトロールで出会った花(9月中旬)

9月15日に、不法投棄監視パトロールを行いました。その林道で出会った、花を集めてみました。

Ap9151423 Ap9151433

この辺りには、アカバナのゲンノショウコも咲いています。神様は、どうしてアカバナとシロバナを作られたのでしょう?「紅白で、お目出たいからじゃない?」・・家族の弁です。

Ap9151550

ヤマホトトギスの花が咲いていました。花被片が、下向きに強く反り返るのが特徴の一つです。似た花のヤマジノホトトギスは、花被片が水平かやや下向きに反り返る程度です。Web図鑑には、水平くらいまでと書かれていますが、中には少し下向きになる花もあります。

Ap9151554 Ap9151553

ヤマホトトギスは、ヤマジノホトトギスやホトトギスより早く咲きます。また、ヤマジノホトトギスは、オシベの下の方に紫斑点が無く、ヤマホトトギスは紫斑点があると書かれています。でも、ヤマホトトギスでもこの花のように、紫斑点が僅かな花もあります。一つの特徴だけで判断しない方が、迷わなくて良いですね。

Ap9151519 Ap9151518

ツルリンドウの花が咲いていました。この林道では、もう少し先になると、リンドウの花も見る事が出来ます(←洒落coldsweats01)。

Ap9151389 Ap9151391

ヤマトウバナの白い小さな花が、団体さんで咲いていました。

Ap9151359

渓流の岸壁に咲いていたのは、ミズタビラコの狂い咲きでしょうか?

そして・・。

Ap9151362 Ap9151361

林道や渓流沿いで良く見られるタマアジサイです。

でも、なんか変でしょ?一般的には薄紫のはずの両性花が、この花の場合は白い・・。こんな花は、初めて見ました。

Ap9151547 Ap9151537

紅の豚・・ミヤマウズラも咲いていました。右の大口を開けた方が、開花後時間の経った花です。

Ap9151397 Ap9151457

ホトトギスとアケボノソウはまだ蕾でした。この先の渓谷には、ダイモンジソウ、ジンジソウ、シラヒゲソウ、イワシャジンなどが咲きます。月末くらいが丁度良いかな?

アキザキヤツシロラン実生栽培実験(9月中旬)

昨晩から今日の未明にかけて、凄い暴風雨でした。屋根が吹き飛ばないか心配で、安眠出来ませんでした。幸い、これといった被害はありませんでしたが・・。

次回記事は、無事開花してからと思っていたのですが、花を見る前に枯れてしまわないか心配で、途中経過を記事にしました。昨年、花茎が伸びるまで行かなかったので、とても不安なんです。

Ap9170019 Ap9170021

①の容器の中で、左の板が持ち上がって来ました。どうしたのだろうと思い捲って見ると、太い花茎が姿を現しました。

Ap9170023

蕾が見えます。竹の板を、取り除いた方が良いのか迷っています。下手にいじると菌子束と縁が切れてしまうし・・。自生地の観察経験から、そのまま置いて見る事にしました。

Ap9170059

②の容器です。この容器は、①と少し違う実生床にしてあります。クロヤツシロランの実生実験程ではありませんが、ポツポツ蕾が見えています。

Ap9170063 Ap9170052

接写してみました。蕾が褐色っぽい・・クロなんて事は無いと思うけど・・。

Ap9170060 Ap9170061

こちらにも・・。

Bp9170064

②の容器では、部材に紛れ込んでいたシダの胞子が発芽したようです。そして、キノコの子実体が時々姿を現します。左上に貼り付けた蕾は、花茎がとても細く、他の植物が姿を現したかと思いました。

そろそろ、自生地の花が咲き始める頃ですが、実生実験容器の開花を早めるための加温などを止めにして、ワーディアンケースに入れてあるだけです。今回は、無事咲かせる事が、第一目標なので・・。

亜高山帯の林床に生える植物観察

「季節だより観察会」の前に、亜高山帯の針葉樹林内を一人探索して来ました。

Aimg_8106 Aimg_8114

富士山の針葉樹林は、場所によっていろいろな姿を見せてくれます。少し日照の良い所では、フウチソウの仲間が目立ちました。針葉樹の香りを浴びながら、右のような苔むす林床を歩くのは気持ちが良いものです。

Ap9110607 Ap9110710 Ap9110708

林床の植物達は、果実を実らせていました。左はイワカガミ、中と右はコイチヤクソウです。

Ap9110608 Ap9110624

こちらは、イワカガミとコバノイチヤクソウ。このエリアのイチヤクソウ属は、全体的にコバノイチヤクソウが多く見られます。

Ap9110609 Ap9110610

コイチヤクソウにジンヨウイチヤクソウです。コイチヤクソウとコバノイチヤクソウ・・紛らわしいですね。コイチヤクソウを、照り葉イチヤクソウなんてどうでしょう?

A1505200745 A1505200826

果実を集めてみました。イワカガミ、コバノイチヤクソウ、コイチヤクソウ、ジンヨウイチヤクソウの果実です。

更に進むと・・。

Ap9110638 Ap9110637

苔に守られたイチヨウランの葉を見付けました。このブログで幾度か触れましたが、イチヨウランの葉は秋に更新します。大きな葉は、やがて黄色くなって枯れます。

Ap9110721 Aap9110767

この辺りに生えるイチヨウランは、葉が小さく花茎は短く花もか弱い感じで、下界のイチヨウランとは別種のようです。

右は、ツバメオモトでしょうか?株元には新たな芽が姿を現していました。深山の植物達は、冬支度が早いようですね。

Ap9110687 Ap9110679

こちらは、ミヤマウズラの仲間です。一般的には、この標高に生えるのはヒメミヤマウズラですが、御覧の様に斑が薄く下界に生えるミヤマウズラのようです。以前、これと似た葉でヒメミヤマウズラと同じように小さな葉で、蕾の上がった個体に出会いました。でも、まだ花を確認しておりません。チャンスがあったら、また掲載したいと思います。

Ap9110689 Ap9110601

最後に、シラビソの球果とタケシマランの果実です。

久々の針葉樹林探索で、体力を消耗してしまいました。そろそろ自分の体力を考えて行動しないといけませんね。

スズメウリの記事に、雌花を追加しました。

花いろいろ(富士山)

前記事のキノコが生えていた辺りで、出会った花を集めてみました。

Yp9040071

道路脇に、ナガバノコウヤボウキが咲いていました。花も終盤を迎えているようです。

Yp9040073 Yp9040070

面白い形の花ですね。

そして、薄暗い林内に入ると・・。

Yp9040060 Yp9040058

白い小さな花は、コフウロでした。道路脇にも咲いていましたが、ゲンノショウコよりも薄暗い所に強いようです。数年前にアカバナを見ましたが、今回は見つかりませんでした。

Yp9040087 Yp9040082 Yp9040091

左と中はイヌショウマで、右はレイジンソウの蕾です。

Yp9040083 Yp9040084

イヌショウマの花、綺麗でしょ?そっくりなサラシナショウマは、もう少し後で咲きます。イヌショウマの方は、花が疎らなのと、上の写真のように花柄がありません。

Yp9040089

イヌショウマの根生葉は、2回(1回もあり)3出複葉ですが、サラシナショウマは、3回3出複葉です。花柄で区別するのが、一番分かり易いかな?

Yp9040094 Yp9040096

レイジンソウかアズマレイジンソウか?花や花柄に開出毛が生えているので、レイジンソウだと思います。次回訪問の時には、花が見られるかな?

Yp9040052 Yp9040055

オトコエシ・・ちらも薄暗い林内に生えていました。オミナエシと共に、日当りの良い場所が好みだと思っていたので、意外な出会いでした。

Ap9040142 Ap9040160 Ap9040162

ミヤマウズラの花も咲いていました。別の場所では、もっと沢山花を付けていましたが、事情があり撮るのを止めました。

Ap9040154l

面白い花でしょ?ヒメミヤマウズラと見比べると、かなり違いますね。私は「紅の豚」を連想しました。

今日は、8月分の不法投棄パトロールの報告書を提出しました。電子データーで作成しているのでメール送信で済みますが、林道などの発見場所が分かるように作成しなければならないので、結構面倒です。それに、そろそろ9月第一回目のパトロールをしなくてはなりませんsad

富士山麓で出会った果実②

続きです。

Aimg_8078 Aimg_8083

ヤマシャクヤクの果実です。熟して鞘が開くと、右のように遠くからでも良く目立つ色彩の果実です。赤い粒は疑似で、種子は黒い方です。この種が落ちて、再来年の春に発芽します。どうして、一般的な植物のように翌年発芽しないのでしょう?

Ap9040074 Ap9040104 A1504604827

左はツクバネソウの果実です(果実がピンボケcoldsweats01)。こちらも花の時期はおとなしめですが、果実は目立ちます。

中と右は、ヒトツバイチヤクソウです。イチヤクソウ属の果実は、どれも似ていますね。ヒトツバの名が付いていますが、葉は一枚とは限りません。ただ、菌への依存度が高いそうで、他のイチヤクソウ属に比べてどれも貧弱です。

Ap9040079 Ap9040080

ツクバネソウの果実を、ズームしてみました。花の時期に出会う株数はとても多いのに、果実はあまり見かけません。でも、自生地の様子からも分かるように、発芽率の良い植物だと思います。

Ap9040114 Ap9040110 Aimg_8033

ウラジロモミの林の中で、アオスズランの果実を見付けました。花茎の途中が曲がっても、頑張って果実を付けています。ここまで残るのは、この標高では稀です(野生動物や虫に食べられるので・・)。

右は、ヤマシャクヤクと同じように、派手な色彩で目を惹くテンナンショウ属の果実です。

Aimg_8005 Aimg_7999

ウラジロモミの果実が落ちていました。白いのはヤニです。うっかり触らない方が良いですね。ウラジロモミの林にも、興味深い植物が生えます。

テンナンショウ属の果実は、コンニャクの果実と、そっくりです。今年は、コンニャクの種を休耕畑に蒔きました。上手く発芽してくれるかな?

Ap9040099

トチバニンジンの果実も赤く熟していました。いろいろな効能があるようですから、これも休耕畑に蒔いてみよう!

Ap9040034 Ap9040032

さて、オオルリソウかオニルリソウか?

花がまだ咲き残っている事、小花柄が長く果実の萼片も反り返っている点などから、オニルリソウだと思います。間違っていたら教えてください。

A1504607137 A1504607547

蕗のような葉・・ノブキかな?

果実が生っていました。「痩果(そうか)は放射状に並び、冠毛は無く、先の方に腺体がある」・・図鑑の表現通りですね。雌花と両性花があるそうです。果実に残っている花は、両性花だと思います。

このところ、涼しい日が続いていて、屋外作業がだいぶ楽になりました。でも、明日は天気が崩れるようです。発芽したばかりの大根には、恵みの雨になりますが・・。

富士山麓で出会った果実①

今朝は、涼しいと言うより寒かった!少し前は、夏蒲団でも暑くて飛ばしていたのに・・。

富士山麓で出会った果実①・・寄生植物・菌従属栄養植物(旧呼称:腐生植物)を集めてみました。

【キヨスミウツボ】

Ap9040121 Ap9040123

彼方此方探して、果実が残っていたのはこれだけでした。

Ap9040130

変則だった気候のせいか、例年に比べて発生量が少なかったようです。また、少し前の長雨や異常高温のせいで、果実がダメになってしまったのかもしれません。上のような状態のものばかり・・。

【キバナノショウキラン】

Aimg_8079 Ap9040182

こちらは花茎が倒れ、花柄が腐り始めていました。

Ap9040181 Ap9040179

このくらいで、種子が成熟しているのだろうか?

別の場所でも数株見付けてあったのですが、全て無くなっていました。そのエリアでは、野生動物(シカではないかと思っています)に味を覚えられたようで、昨年も食害に遭った形跡がありました。それと、この近くでタヌキの番を見かけました。雑食だそうですからこちらも犯人の可能性がありますね。来年は、ハバネロの搾り汁でも塗ってやろうかな・・。

【ツチアケビ】

Aimg_8075 Ap9040136 Ap9040134

標高1,300m辺りに生えていました。この場所では、毎年花の時期に食害に遭い、この状態になったのは初めて見ました。

Aimg_7995 Ap9040010 Ap9040011

こちらは標高900m辺りで、走行中の車窓から見付けました。案外、動体視力が良いのかも?

Ap9040007 Ap9040006

周辺にシカの足跡がありましたが、食べられた形跡はありませんでした。野鳥が食べて種を運ぶそうですが、シカは食べないのだろうか?花の時は食べられているようですが・・。

【ギンリョウソウ】

Aginryousou

小さいけど目玉おやじのようで、目につき易い果実です。出会う事も少なくないのですが、探すとなかなか見つかりません。

亜高山帯の針葉樹林に咲く花

一人下山散策の時、シラビソやカラマツ林で出会った花を集めてみました。

【コバノイチヤクソウ】

Cp8252685

コケモモの中に咲く、コバノイチヤクソウです。

Cp8252687 Cp8252683 C1504159197

花茎を観察すると、赤軸と緑軸があります。花は終盤を迎え、場所によっては花柱の付いた特徴ある果実が出来ていました。

この標高では、他にコイチヤクソウ、ジンヨウイチヤクソウ、ベニバナイチヤクソウなどを見る事が出来ます。混在しているところもありますが、全体的には種類ごとに住み分けしているように思います。

【ミヤマフタバラン】

Cp8252714 Cp8252695 C1504159573

こちらも、花柄子房が膨らみ始めていました。この植物も花茎が赤軸と緑軸のものがあります。でも、今回は緑軸が見当たりませんでした。

Cp8252720 Cp8252726

花を接写してみました。フタバラン類(サカネラン属)は、人形のような花が多いですね。

この野生ランは、駿河の峰よりも甲斐の峰の方がずっと多く見られます。フタバラン類はみんなそうかも?

【アオスズラン】

Cp8252734 Cp8252745 Cp8252834

散策ルートで、一番標高の高い所には、まだ花が残っていました。少し下ると、右のように花が萎れ子房の膨らみ始めた株が、目につくようになりました。

Cp8252739 Cp8252742

しっかり開いた側花弁と側萼片が、立ち合い姿の力士を連想させます。

このエリアで見るアオスズランは、毎年同じ場所で出会う事が少なく、悪い小父さんに連れ去られたのかと思う事が多々あります。特殊な環境に生える野生ランの姿が見えなくなるのは、そればかりではないと思いますが・・。

でも、毎年何処かで出会えると、ちょっぴりだけ安心します。

【ヒメミヤマウズラ】

P8252901 Zp8252886

下界に生えるミヤマウズラに比べて、ずっと小さな植物です。駿河の峰で見るヒメミヤマウズラは、特に小さい気がします。場所によっては、斑があまり目立たない個体もあります。そして、この野生ランも甲斐の峰の方が個体数が多く、葉の斑もはっきりしています。

Zp8252884 Zp8252883 Zp8222355

花が咲いていましたが、今年は下旬の散策だったため既に傷み始めていました。右は、この場所より標高1,000mくらい低い所で見つけたミヤマウズラの蕾です。

Zp8252904 Zp8252898

カラマツの低い枝の下に咲いていたため、思ったように撮れませんでしたcoldsweats01

今日も暑かったけど風の強い一日でした。週末には、ボランティアで沼川の草刈りがあります。台風の進路は、どうなるのだろう?

アキザキヤツシロラン実生栽培実験(8月下旬)

アキザキヤツシロランの、実生栽培実験容器を覗いてみました。

Ap8303249 Ap8303267

所々に、このような白い菌子束が伸びています。容器内を見まわすと、褐色の菌子束も確認出来ます。キノコの種類により、菌子束の色も違うそうです。

右は竹林の部材ですが、左はスギの球果です。もしかしたらスギの球果にも菌子束が伸びるかもしれないと思い、入れてみました。これが、アキザキヤツシロランに栄養供給するキノコか分かりませんが・・。

Ap8303254 Ap8303253

クロヤツシロランの実験容器に比べて、根状器官(仮称)があまり目立ちません。前記事にも書きましたが、部材で塊茎を覆ってあるため、その姿や根状器官を観察し難いのですが、竹の葉や木切れの間に少しだけ姿を現しています。

Ap8303272 Ap8303266

左はどうなっているのでしょう?頭(花茎)が下を向いているように見えますが・・。

右はついでに掲載した、コオロギの実生実験容器です。今年で三年目になりますが、姿を現してくれません。コオロギの自生地の菌糸ではなく、ベニシュスランやハクウンランの自生地の菌糸を使用しましたので、どうも菌糸が合わないようです。写真に写っているのは、ベニシュスランかハクウンランの根茎ではないかと思います。部材に紛れ込んでいた種子かプロトコームの成長したものだと思います。

更に容器内を探すと・・。

Ap8303276 Ap8303278

①の容器に、花茎の先端らしきものが姿を現していました。

Ap8303256 Ap8303259

②の容器にも・・。

各々1本ずつですが、何とか花を見たいものです。ここまで来たら、見守るしかありませんが・・。

地味なものばかりでしたから、目の保養に・・。

Aimg_7872

我が家で咲いた、最後のカノコユリです。同じようなところに植えてあったのですが、株によって開花時期にかなりな開きがあります。

◇農薬散布

今日は、シキミの農薬散布をしていました。前回の散布から10日くらいになります。この農家は、7~10日間くらいの頻度で農薬散布しています。文句を言うようになってから、土・日などは避けるようになったみたいですが、うっかり窓を開け放しで置くと室内が農薬臭くなってたまりません。周辺の道にも頻繁に除草剤を散布するし、本当に困ったものです。規制する良い手段は無いものでしょうか?

ハクウンランとアリドオシラン(富士山)

今日も暑かった!水分を取らないと干物になってしまう!

タイトルを見た諸先輩の中には、「今頃?」と思われる方がいるかもしれません。今年は植物の開花が遅れた事もあって、ギリギリセーフでした。

【ハクウンラン】

下界の自生地では、もう花も終わっていると思います。ここは、私が知る自生地で、一番標高の高い所になります。

Zp8222306 Zp8222299 Zp8222309

咲き始めたばかりようです。

Zp8222320 Zp8222318s

まだ蕾だけの個体も見受けられました。

Zp8222311 Zp8222312

この場所は、ヤクシマヒメアリドオシランと混生はしておらず、ハクウンランのみが生えています。

Zp8222314 Zp8222300

御覧のように、萼片などは緑色です。日本のランハンドブックには「萼片と側花弁は淡緑色だが、赤味を帯びる事もある」と書かれています。私は、ヤクシマヒメアリドオシランと混在する自生地以外で、赤味を伸びたハクウンランらしき花を、まだ見た事がありません。

Ohp8070904

昨年、別の場所でスギの葉を除けたところ、一緒に抜けてしまった個体の地中部です。「根が退化しているので、菌への栄養依存が強いと思われる」と書かれています。

◇素人の考察

この自生地を見て気が付いた事ですが、昨年と花の咲いている場所がずれていました。最初見つけた時から、少しずつ移動しているようにも思います。そしてこの場所では、冬に地上部が枯れて、上の写真の地中部分だけが残るのだろうと思っています。冬見た時に、葉が一つも確認出来なかったからです。菌への栄養依存が強い・・地中の菌の状態によって、一気に絶えてしまう事があるかもしれません。

【アリドオシラン】

Zp8252926 Z1503653518

こちらは、更に標高の高い所に生えています。もう、花も見られないかと思ったら、まだ咲き残っていました。

Zp8252923 Zp8252920

とても小さな花なので、撮影時にズームし過ぎ、返って見難くなってしまいましたcoldsweats01

Zp8252917 Zp8252915

ハート形の唇弁が可愛いでしょ?

ところで・・。

Zp8252912 Zp8252934

普通に見られるアリドオシランンは、左側のような葉を付けています。でも、ここのホンの限られた場所に、右のような斑入り葉のアリドオシランが生えています。

Zp8252944

実は、この場所で最初に見つけたアリドオシランが、この斑入り葉だったのです。山の神様に感謝しなければいけませんね。

ランの果実(8月下旬)

家族の用事で、富士宮市長貫(旧芝川町長貫)にある永昌山長見寺へ行って来ました。ちゃんと言う事を聞いておかないと、こちらの頼みごとを聞いてくれませんから・・。

Rimg_7432 Rimg_7437

身延線のすぐ脇で、稲田を見下ろす高台にありました。当初は真言宗の寺だったのが、改宗して日蓮宗の寺になったそうです。身延山の近くには、そういう寺が多いですね。

開創は、延久年間と伝えられている古刹です。延久年間は、西暦1069~1074年で、平安時代になります。この本堂は、230年以上経つと日蓮宗のHPに掲載されていました。

住職一家は、植物がお好きなようで、良く手入れされた鉢植えなどが並んでいました。

Rantane01 Rantane02

庫裡の前に植えられていたイヌマキを見ると、フウランとセッコクが着生していました。フウランの果実が多いですね。セッコクも果実が一つ確認出来ました。

このイヌマキには、檀家の方がヨウラクラン、カヤラン、クモランなども着生させてあったそうです。今日確認出来たのは、上の二種だけでした。

ため置いたブログネタが少なくなりましたので、続いてランの果実を集めてみました。

Rantane_3 Rantane_2

クモランの果実です。

Rantane_4 Rantane_5

こちらにも・・。とても小さな花である上に、開花してすぐに萎れてしまいます。こんなに結実率が良いのは、自家受粉するのではないかと思っています。

Rantane_7 Rantane_6

カヤランの果実も生っていました。とても小さな花の割に、大きな果実ですね。

Rantane_9 Rantane_8

左はヨウラクランの果実で、右はムギランの果実です。ムギランの果実は、バルブと同じくらいの大きさになっています。

Rantane_10 Rantane_13

左はオサラン、右はウチョウランです。どちらも植栽です。ホームセンターの園芸コーナーで、手に入れました。

Rantane_15 Rantane_14

別株のウチョウラン・・鞘の模様で果実の捻じれが分かります。右は近くの林に生えているエビネの果実です。以前、株の周辺に撒いてみましたが、発芽しませんでした。

Rantane_12 Rantane_11

キンリョウヘンの果実も一部黄色くなって来ました。良く見ると、鞘止めの帯(正式な呼称が分かりません)が外れかかっています。種子散布が間もない証ですね。

沢山結実したから、実生栽培に挑戦してみよう!実生床は、シンビジュームの鉢が良いかな?

最後に・・。

Rantane_16

針葉樹の寄せ植えに着生しているクモランにも、果実が生っていました。日本のランハンドブックには「送粉者が分かっていない」と書かれています。やっぱり、殆どが自家受粉ではないでしょうか?

パソコンに「天気予報コム」というアプリを入れてあります。少し前に「一時間以内に雨が降ります」と表示され、今降って来ました。このアプリは、便利だと思います。

より以前の記事一覧