他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

野生蘭

トサノクロムヨウランと不明な植物

今日は、草刈りと草取り予定でしたが、出かけようと思ったら雨が降って来ました。仕方ないので、「何時でも良いよ!」と頼まれていたCADデーターの整理をする事にしました。

パソコンを起動したついでに、本日分のブログ記事も作成しました。

【トサノクロムヨウラン】

Xp7110054 Xp7110049

最初の花です。撮影時間は午後でしたから、花は咲き始めではなく閉じ始めたのかもしれません。全開ではありませんが、花が開く事を自分の目で確認出来ました。

理由があって、ここからは片手での感撮りです。

Xp7110060j Xp7110067

唇弁の淡い紫色が確認出来ます。暗めの写真ばかりですが、見た目の雰囲気を考えて、Photoshopでの加工はサイズダウンに留めました。

Xp7110071 Xp7110069

モニターを見ながら撮れないので、何枚も撮ってみました。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ですcoldsweats01

Xp7110035 Xp7110061

残念ながら、今回は諸先輩が掲載されているような、全開写真は撮れませんでしたが、開花する事が分かり、クロムヨウランではなくトサノクロムヨウランである事が確認出来ました。

※この植物を初めて掲載した時、トサノクロムヨウランとクロムヨウランの違いを取り上げた高知の先輩のブログ記事と研究者の論文・解説文の紹介をしました。その後、何人かの方からコメントやメールなどを頂きました。興味を持たれた方のために、下記に再掲載します。

高知の先輩のブログ記事

クロムヨウランの論文

論文に関する解説文

【不明な植物】

Xp7150102 Xp7150126

鉢植え植物の脇に、見慣れない植物が姿を現しました。シダ植物のハナヤスリ属に似ていますが・・。

これがハナヤスリ属なのか分かりませんが、富士市植物目録(シダ植物)には、ハナヤスリ属としてコヒロハハナヤスリ、コハナヤスリの2種が掲載されています。

私は、ハナヤスリの仲間を、静岡市にあるお寺の一角でしか見た事がありません。胞子葉が出現すれば、ハナヤスリ属に間違いないのですが・・。

ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬)

ヤツシロラン類の実験容器を覗いて見ました。

【ヒメヤツシロラン属/ユウレイラン属の実験容器】

Ap7110073

ユウレイランの仲間・・ヒメヤツシロランと思われる植物の花は2輪だけ咲きました。残りの蕾は開花が難しいと判断して、鑑定のため茎を専門家の所へ送りました。

茎を切断した所には、根状器官が確認出来ます。そして、その横には未開化株の塊茎が見えています。もしかしたら、もっとあるかも?竹林の部材を追加しておかなくては!

【ハルザキヤツシロランの実験容器】

Ap7110109 Ap7110111

種子を蒔いてから、20日以上経ちました。左の白っぽい塵のようなものが種子です。コンデジで接写ズームして見ると、中央部分が飴色になり、膨らんでいるのが分かります。

Ap7110146

変化があって良かった・・。

Ap7110144 Ap7110137

所々に、プロトコームも確認出来ます。

容器内を見まわすと・・。

Ap7110083 Ap7110082

このスギの球果の部分に目が行きました。プロトコームが沢山見えます。中には根状器官の伸び始めたものまであります。「これって、ハルザキヤツシロランだよな・・。」

Ap7110087

更にズームして見ると、菌糸とプロトコームの接触が確認出来ます。中央右には、上の写真のような小さなものもあります。同じ日に蒔いても、成長にかなり差があります。これが、菌に頼る植物の面白いところであり、また難しいところでもあります。

この実験容器には、ハルザキヤツシロランの種子しか蒔いてないはずですから、私はハルザキヤツシロランだと思っています。

私が間違っていなければ、ハルザキヤツシロランの共生菌は、スギの球果にも繁殖する事になります。そうだとしたら、スギ林にも生える事が考えられますが・・。日本のランハンドブックには、「常緑広葉樹林下に生育」と書かれており、この種子を採取した自生地もそうでした。

尚、同ハンドブックには、アキザキヤツシロランやクロヤツシロランよりも「共生する菌根菌の種がずっと多様である。」とも書かれています。それでも、スギ林や竹林には生えないのでしょうか?

いずれにしろ、ハルザキヤツシロランの実生栽培実験は、動き出しました。マメに、成長を見守りたいと思います。

ラン科オニノヤガラ属ハルザキヤツシロラン(Gastrodia nipponica (Honda) Tuyama)。

ギボウシラン

今日は、天気が良いはずだったのに、萌の朝散歩はレインコート着用でした。

ギボウシラン・・この野生ランがあるらしいとの情報を、昨年教えて頂きました。その時は、花期も終わる頃でしたので、今年出会えるのを楽しみにしていました。そして、時々小雨の降る林内を探し回ると・・。

G1 G2

「いました!」丁度花が咲いています。

G3 G4

和名の通り、ギボウシの葉に似ていますね。以前、葉幅のあるコクランの葉を見て、もしやギボウシラン?なんて思った事があります。でも、こうして実際に葉を見ると、その違いに気がつきます。

右は、偽鱗茎(養分を溜めるところ)を撮ってみました。クモキリソウと似ていますね。

G5_2 G6

薄暗いので、LEDフラッシュを使って撮りました。暗っぽい写真ばかりで恐縮です。

G7 G8

この花は、クモキリソウのように、唇弁が裏側に反り返らず平開しています。

G9 G11

横顔。クモキリソウやジガバチソウのように、背萼片が蕊柱の上に被っていないで、後ろに反り返ったようになっています。

ラン科クモキリソウ属ギボウシラン(Liparis auriculata Blume ex Miq.)。以前は、この学名がクモキリソウにあてられていたそうです。

植物の分布とは不思議なものです。「まさかこんな所に?」と思えるような、意外な場所で希少種と出会う事が多々あります。特定の菌類の助けが無いと発芽出来ない、ラン科植物に関しては尚更です。この場所には、ある程度まとまった数が生えていました。種子が飛散して、更に自生地を広げてほしいと願っています。

ホザキイチヨウラン

ここ数日、雨で草刈りが出来ませんでした。再生畑①へ行ってみると、唖然とするくらい伸びていました。猛暑の中、半日も草刈りをするとヘトヘトになります。まぁ、年寄りは無理をして家族に心配をかけない事ですねbleah

今日は、ホザキイチヨウランを観察してみました。この野生ランは、登山道沿いなどで出会う事が多いです。

Ap7092252 Ap7092260

穂状花序(すいじょうかじょ)で、通常一枚葉である事から和名が付けられたそうです。

Ap7092230 Ap7092261 Ap7092255

周辺を見渡すと、幾株か確認出来ました。無くなっていなくて良かった・・。

Ap7092232 Ap7092262k

老眼に向かない、とっても小さな花です。花を良く見ると、唇弁が上を向いています。

Ap7092245 Adsc02254

子房部に注目!ぞうきんを絞ったような感じです。図鑑には「360度捻じれている」と表現されていました。360度って、捻じれないのと一緒ですね。ラン科植物は変わり者が多いけど、このランも相当なひねくれ者ですね。

右は、以前撮った果実です。この植物との最初の出会いは、果実を実らせた姿でした。

Ap7092240

デジタルズーム併用で、接写拡大してみました。蕊柱が短いのも、この属の特徴だそうです。

Ap7092231 Ap7030746

通常一枚葉ですが、二枚葉も時々見かけます。小葉が、もう少し大きいものもありましたが、写真が見つかりませんcoldsweats01

ラン科ヤチラン属ホザキイチヨウラン(Malaxis monophyllos (L.) Sw.)。

ミスズラン

この小さな野生ランに、4年連続で出会えるなんて、とても幸せな事だと思います。

Adsc05234 Ap7092128 Ap7092141

全体像が、かなりピンボケしてしまいましたので、以前撮った写真を左に掲載しますです。とても小さな上に、この色彩ですから見付けるのは至難の業です。

Ap7092136 Ap7092167

こんな一枚葉をつけます。右は、多分ミスズランだと思いますが・・。
花径が伸びていなければ、キソチドリの苗と区別するのは困難ですね。

Ap7092152 Ap7092142

トーテンポールのような花序です。

Ap7092157 Ap7092160

一般的に見られるネジバナのように、一つ一つの花が向きを変えて咲きます。

Ap7092144 Ap7092156

「アカンベー」をしたような花ですね。花粉塊が変色していますから、花の盛りは過ぎたようです。これで受粉しているのだろうか?

Ap7092161 Ap7141798

右は、昨年別の場所で撮った花です。花粉塊が目玉のようでしょ?

この小さな野生ランは、私にとっては最上位の希少種です。探してもなかなか出会えない上に、とても小さな植物なので、翌年再会するのも容易ではありません。

ラン科ミスズラン属ミスズラン(Androcorys pusillus (Ohwi et Fukuy.) Masam.)。

※最近、彼方此方で、ピンクのテープが目につきます。森林管理者が表示杭などの場所を分かり易くするためのものや、遊歩道のルート表示などに使われている場合は良いのですが、希少植物の場所を忘れないためにつけられているようなものが、多々見受けられます。不用意な情報拡散の原因になり、心無い人を誘導する事にもなりかねません。場所を記録するなら、GPSを使用するとか、写真を撮るなど他の方法でやって頂きたいと思います。

ツチアケビ

ツチアケビ・・初めてこの植物を見たのは果実期でした。赤いウインナーソーセージのような果実を、不気味な印象を持って見ました。富士山麓を歩いていると、稀に見かける事はありますが、2~3本程度の自生地では、同じ場所で翌年出会う事は少ないと思います。

Bp7071720 Btofn207

左の場所を初めて見つけた時、2~3本自生していました。今年で3年目になると思いますが、また生えていました。連続して見られた稀な例だと思います。

右は、今迄出会ったツチアケビの中で一番本数の多かった自生地です。写真のような塊が3か所以上ありました。全部で数百本に及ぶと思います。もう二度と、こんな大群落に出会う事は無いと思います。

Bp7071729 Bp7071624

花を撮ってみました。ツチアケビはラン科植物です。洋ランのような唇弁を持ち、こうして見ると綺麗な花です。この花は、蕊柱の先端にある花粉塊が落ちていました。

Bp7071727

こちらは唇弁に傷があります。このところの暴風雨で、どの花も傷んでいました。

Bqpimg_1488 Bqpp9113362

左のような果実をつけます。他の野生ランと違い、果肉の中に種を宿す液果です。種子は野鳥(ヒヨドリなど)によって運ばれる事が、研究者によって確認されています。果実の赤い色彩も野鳥の好みだそうです。

右は、上の大群落で姿を現していた根茎です。晩秋に地上部は枯れますが、根茎は生き続けます。ツチアケビは光合成を行わず、ヒラタケなどの菌類から養分をもらって生育している菌従属栄養植物(腐生植物)です。地中の菌類の状態によって、翌年姿を現さず休眠するのかもしれません。

ラン科ツチアケビ属ツチアケビ(Cyrtosia septentrionalis (Rchb.f.) Garay)。

渓で出会ったその他の植物

雨天続きで、憂鬱になって来ます。萌も元気がありません。不法投棄監視パトロールの報告書と内職の図面は、メールで提出したし、後は天気の回復を待つのみです。

愛鷹山渓で出会った、「その他の」気になった植物を集めてみました。

Bp7021340

「あれっ、この葉・・オオカモメヅル?」

Bp7021323 Bp7021337

花を接写してみました。花冠の表面に綿毛があり、副花冠(小豆色の部分)が大きくて目立ちます。今迄気にして見てこなかったので、今回まで気付きませんでしたcoldsweats01

Bp7021367 Bp7021364

こちらは、オクモミジバハグマでしょうか?この断崖には、かなり生えていました。

Bp7021365

蕾を撮ってみました。虫や野生動物に食べられないで、無事花を咲かせてほしいものです。

Bp7021431 Bp6041136 Bp6041137

渓だけでなく、この周辺の林道脇で良く見かけるヤエムグラ属です。「輪生する葉は、一対ずつやや大きさが異なる」とあります。ヤマムグラだと思います。

Bp7021435

とっても小さな花なので、私の腕ではこれがやっとです。「花冠は4裂し、外側に刺毛がある」・・ヤマムグラの特徴の一つです。ヤエムグラ属は、いろいろあって紛らわしい植物です。

Bp7021492 Bp7021491

こちらも小さな花です。ヤマトウバナだと思いますが、葉の鋸歯がWeb写真に比べて丸みを帯びているように感じます。

Bp7021348 Bp7021347

こちらは、ナツノタムラソウでしょうか?

Bp7021346 Bdsc00274

薄暗い渓谷で、濃い紫色の花が目を惹きました。ハルノタムラソウ、ナツノタムラソウ、アキノタムラソウは、葉とその付き方で区別出来るそうです。

そして、右が花を確認したかった野生ランです。「しまった、また遅かったか!」

Bdsc00256 Bdsc00273

葉の形・幅などから、オノエランではないかと思いつつ、数年の歳月が経ちました。この渓で、ウチョウランの咲く時期に既に花が終っている事、花茎が直立している事などから、やはりオノエランだと思います。

今迄、イワシャジンやシラヒゲソウの咲く季節にばかり訪問していたので、いろいろな植物の花を見逃していました。これからは、季節を変えて探索しようと思っています。ただ、富士山を歩く方がずっと楽です。

植物の名前が、間違っていたら教えてください。

※本日、やっと700,000アクセスを越えました。まだまだ先は長いけど、山歩きが続けられるなら1,000,000まで頑張ろうかな・・。でも、現契約の容量が足りるだろうか?

ハコネラン

今日は、ハコネランの記事です。

【愛鷹山渓】

Ap7021560 Adsc00290 Adsc00289

別の野生ランの花を(種別)確認に行ったのですが、この巨岩の隅にハコネランが咲いていました。左側先端のシダが生えている辺りです。私にとっては、このエリアでは初めての出会いです。

中と右は、コンデジズームで・・。とても小さな花なので、上手く撮れません。何とかして、接写出来ないだろうか?

Ap7021511 Ap7021512

思い切って、巨岩によじ登りました。スズタケに摑まりながら、片手撮影です。怖い・・。

Ap7021514 Ap7021515

少し下がった場所に咲いているので、唇弁が撮れない・・。

Ap7021529

シダの葉を縫って伸びているので、折れないようにそっと外しました。

更に腕を伸ばすと、何とか唇弁の鋸歯が確認出来ます。唇弁の両脇に鋸歯があるのは、ハコネランの特徴です。

Ap7021530 Ap7021539

カメラの向きを変えて撮ってみました。左の写真で分かるように、花茎の短いものを含めて、3株咲いていました。でも、やっぱり怖い・・。

Ap7021533 Ap7021532

同じような写真ばかりで恐縮ですが、デジタルズーム併用で撮ってみました。唇弁の先端が傷み始めた花もあります。

Ap7021520 Ap7021526

渓流を背景に・・。

【富士山】

Ap6250427 Ap6250214

この日は時間が無く、一株だけ見付けて帰路につきました。

Ap6250209

上のハコネランの葉です。一般的に、このような形の葉が見られますが、もっと細長く葉柄の長いものもあります。上の愛鷹山渓のハコネランは、手が届かず撮れませんでしたが、後者でした。

ラン科コイチヨウラン属ハコネラン(Ephippianthus sawadanus (F.Maek.) Ohwi ex Masam. et Satomi)。

富士山で撮影されたハコネランは、その大半が同じ場所で撮られているように思います。この野生ランは休眠性があるのか、一株ずつ点在しているような場所では、翌年見られない場合が多いです。今回、愛鷹山渓で見つけられた事は、私にとって富士山よりも更に嬉しい出会いでした。

※二段目の写真が、PCだと横並びで見られたのに、スマホだと縦並びになっていました。この辺りの事について、詳しい説明があると助かるのですが・・。

トサノクロムヨウラン(7月上旬)

義母の家に行ったついでに、気になっていた植物の様子を見て来ました。そして、藪蚊軍団の襲撃に遭いましたwobbly

Ap7011196 Ap7011239 Ap7011259

左と中が、トサノクロムヨウランの昨年のドライフラワーと、新たに伸びて来た花茎です。そして右は、丈から見てエンシュウムヨウランかウスキムヨウランの今年の果実だと思います。

果実(鞘)の付き方でも区別出来ると聞きました。トサノクロムヨウランは、右のようにすべてが上を向くのではなく、左右に開くそうです。その確認は、今年の花が終ってから、もう一度・・。

Ap7011206 Ap7011205

新しい花茎が、かなり伸びていました。

Ap7011210 Ap7011209

こちらは、更に伸びていました。

Ap7011246 Ap7011249

右下の蕾は下を向いていましたから、開花が近いと思われます。

以前、この地で出会った方に伺ったら、昨年の開花は7月末頃で、今年は早いから7月中旬ではないかとの事でした。もしかしたら、もう少し早いかもしれない・・。

記事のタイトルを見て、名前が間違っていると思われたかもしれません。私は、この個体の花をまだ直接見た事はありませんが、昨年撮った写真を見させて頂きました。薄紫の唇弁を持ったとても綺麗な花でした。

花が開くという事は、クロムヨウランではなく、トサノクロムヨウランだそうです。この野生ランに出会うかなり前から、いろいろ参考にさせて頂いている高知の先輩のブログ記事に「クロムヨウランは花が咲かない」と幾度か掲載されていました。

そして、今年の初旬、下記のような論文が発表されました。

The taxonomic identity of three varieties of Lecanorchis nigricans (Vanilleae, Vanilloideae,
Orchidaceae) in Japan

数十年間も別の花を勘違い 本物の「クロムヨウラン」は花が咲かない

ラン科ムヨウラン属トサノクロムヨウラン(Lecanorchis nigricans var. patipetala)。

もしかしたら、静岡県には、花の咲かない「本物のクロムヨウラン」は無いのかもしれません。

カキラン

先日、数年ぶりにカキランを見て来ました。

Ximg_6479 Ximg_6533 Ximg_6455

終盤を迎えた花もありますが、彼方此方で見る事が出来ました。受粉率が良いようで、子房の膨らみ始めたものが沢山ありました。

Xp6230119 Xp6230109

今にも雨の降りそうな空模様でしたので、フラッシュ撮影です。

Xp6230046 Xp6230032

個体毎に花数にかなり違いがあります。発芽後の経過年数の違いか、それとも栄養分の違いだろうか?左右で、子房部の色や茎の色も違いますね。

Xp6230138 Xp6230036 Xp6230130

今回は時間の関係もあって、探せませんでしたが、萼片や側花弁が鮮黄色の個体もあります。また、唇弁の模様や色にも変異があります。

Xp6230016 Xp6230017

少し下から撮ってみました。其々、蕊柱と唇弁の隆起にピントを合わせたつもりです。

Xp6230035 Xp6230018

横顔。

Xp6230143

帰り道で出会った花です。無事に再会出来る事をを願って草原を後にしました。

ラン科カキラン属カキラン(Epipactis thunbergii A.Gray)。

どうしてカキランの名が付いたのか疑問でしたが、花が柿の色に似ているからだそうです。名前の付け方にも疑問・・coldsweats01標高1,000m~亜高山帯まで分布するエゾスズラン(アオスズラン)と同属です。

今日は、天気が良くなかったので、LAN-DISKへの写真の移動と、不法投棄パトの報告書作成、植物目録の備考欄の記入などをして過ごしました。

より以前の記事一覧