他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

野生蘭

2018年の思い出②

二番目も、光合成をしない植物・・寄生植物と菌従属栄養植物です。

【寄生植物】

Zp6190097 Ap7091867

オニクの無事を確認して来ました。ミヤマハンノキの根に寄生する一稔性(一回結実性)の植物です。強壮効果があるとの事で、根こそぎ採取され、出会う事は極めて稀です。

Ap7091879 Ap7091868b

周囲にもミヤマハンノキがありますが、特定の樹下にだけ生えていました。種子発芽に特殊な条件があるのかも?

【菌従属栄養植物】

Xp8140129 Xp8140131

ヒメノヤガラです。富士市植物仮目録に記載されていますが、記録と違う場所で確認しましたので追記しました。

Xgpa240 Xgp238

一般的なギンリョウソウは、全体が透明感のある白色ですが、稀にこのようなピンクのギンリョウソウを見る事があります。

そして・・。

Ap6081662 Ap6081665

こちらは、更に稀な鱗片まで色づいているベニバナギンリョウソウです。

シャクジョウソウ科やイチヤクソウ科に分類されていましたが、APG分類体系では、ツツジ科に分類されています。

共生菌から養分をもらって生きていますが、その共生菌は樹木が光合成によって作った有機物を得て生きています。これを、三者共生と呼ぶそうです。

Ap5300860 Ap5300867

県内では、比較的出会う事の多いムヨウラン類・・エンシュウムヨウランです。ただ、通常は左のように萼片や花弁が殆ど開かず、右のように開くのは稀です。タイプ産地は、天竜区春野町です。学名(Lecanorchis suginoana (Tuyama) Seriz.)に注目です。

次は、初めて目にした植物です。

Ap7011210 Xp7110071

こちらは、富士市では未確認のトサノクロムヨウランです。今迄は、図鑑などでもクロムヨウランとされて来ましたが、研究者によって別種である事が調査・報告されました。花の構造の違いもありますが、開花する方はトサノクロムヨウランで、開花しない方がクロムヨウランです。

こちらも、初対面の植物です。

Ap7160147 Ap7160156

富士市では確認されていない植物・・マヤランです。共生菌に依存する植物は、地味な花色のものが殆どですが、こちらはご覧のように観賞価値の高い花を咲かせます。

そして・・。

Ap9260330

アキザキヤツシロランです。竹林に生えるものは見た事がありますが、スギ林に生えるアキザキヤツシロランを初めて確認しました。とても興味深いです。

Apa051059 Apa051033

この場所には、スギ林に多いクロヤツシロランも生えていました。菌糸を採取して、実生床として増殖中です。

2018年の思い出①

少し早いけど、ネタ切れ気味なので、今年の思い出を掲載します。一番目は、何と言ってもヤツシロラン類の栽培実験です。

【ヒメヤツシロランの開花】

2016年8月下旬、自生地の土と根状器官を取り除いたヤツシロラン類の塊茎を少し頂き、赤玉土+煮沸した竹林の部材の栽培容器に入れました。一年経った頃、掘り起こして見ると、塊茎は全て枯れていました。でも、菌糸だけでも繁殖させようと、そのまま保管して置きました。

そして・・。 

Aap6160271 Ap6250526

今年の6月半ばに、不明な植物の塊茎が伸びて来たのに気付きました。右は6月25日の様子です。

Ap6260550 Ap6260588

6月26日に、白い花が咲きました!

私は、当初ユウレイランだと思っていました。でも、コメントを頂き調べて見ると、唇弁の形状などからヒメヤツシロランである事が分かりました。以前、両者は同じものと考えられていたようです。

A1533194109

南国に生えるヒメヤツシロランを、静岡県で見る事が出来るなんて夢のようです。

夢は、まだ続きます。

Ap9280437 Apa120624

花が終わって少し経つと(7月末頃)、別の場所から根状器官が伸びて来ました。その根状器官を、菌糸の所へ誘引しました。8月半ば頃には、接触部分にイボのようなものが出来ました。

Ap8110001 Ap8110004

こちらにも・・。このイボ状の部分は、ヒメヤツシロランが菌糸から養分を吸収する組織のようです。11月頃になると、根状器官は枯れて休眠に入りました。

枯れてしまったと思っていた塊茎が生き残っていたのか、それとも土に紛れていた種子が発芽したのか分かりませんが、この実験容器は来年にも期待が持てそうです。

【ハルザキヤツシロラン実生栽培実験】

クロヤツシロラン、アキザキヤツシロランと、実生~開花に成功しました。そして、静岡県に自生が確認されているもう一つのヤツシロラン類、ハルザキヤツシロランの実生栽培に挑戦しています。

Ap7110109 Ap7110111

塵のような微細種子を蒔きました(6月中旬)。

Ap7110083 Ap7110082

プロトコームが姿を現し、一部変形を始めていました(7月11日)。

Ap7210438 Ap7210447

根状器官が伸び始めました(7月21日)。

Ap8010939 Zp9010804

更に根状器官が伸びて来ました(7月31日)。この撮影の後、常緑広葉樹の部材で覆いましたので、この場所での成長の観察は出来ません。

Apb200226

こちらは、葉上にある塊茎です。菌糸との共生は、意外な場所でも行われるようです。

師匠のハルザキヤツシロランは、既に花茎が伸びて来たそうです。私の方は、常温より少し加温しているだけですので、2~3年後を目標に、自生地と同じ5月頃の開花を目指します。不安なのは、自生地を模した現在の実生床の場合、今までやって来たスギや竹林の部材より、菌糸の生育が劣るように感じている事です。

A1533194201

オレンジ色の袈裟を纏ったお坊さんを、無事見る事が出来るだろうか?

その後の夢も、幾つか持っています。

ラン科植物の果実

今日も、寒い一日でした。これが、本来の気温かもしれませんが、つい先日まで暑いくらいの日がありましたので、尚更寒く感じます。

パソコン内の自然観察関連の写真データーを、LAN-DISKに移しました。定期的にやっていますが、意外と時間がかかります。その時見つけた野生ランの果実を、少し掲載します。果皮だけのものもありますが・・。

Zpc100989 Zpc100988

カゲロウランの果実は、今年初めて目にしました。殆ど開かないような花を見て、自家受粉するのではないかと思っていました。結実率の良さから、その予想は正しいのかも?

Zpa301135

これは何でしょう?今年は、花期に訪れる事が出来なくて、無事を確認に行った時撮りました。とても小さな葉をつけるアリドオシランです。

Zp7092398 Zp7173177

身近なところで見る事の出来る野生ラン二つ。ムギランとヨウラクランです。ムギランは結実率が高いようですが、ヨウラクランは花数の割に果実は数えるくらいです。

Zdsc03022 Zdsc03021

こちらは、亜高山帯低域に生えるタカネフタバランの果実です。

Z6051295b Zdsc02023

イチヨウランとコイチヨウランの果実です。どちらも、果実が熟して上を向かず、横或いは下を向いています。コイチヨウランの果実は、花の割に意外なほど大きい・・。

Fumei_096 Fumei_095

こちらも、イチヨウランの名がつく野生ランです。二枚葉を見る事も多い、ホザキイチヨウランです。

Z090 Aopa020184

左は県外で撮ったホテイランの果実です。花後に果茎がかなり伸びるようです。右も似ていますが、こちらはコハクランの果実の鞘(果皮)です。内壁に微細種子が少し残っていました。

Zkohakuran2 Zkohakuran3

こちらもコハクランです。実はこの写真、ちょっと貴重だと思います。昨年の果実の横に花芽が上がっています。コハクランは、咲いた翌年には花を咲かせないと聞いた事があります。何年か観察していると、確かにそういうケースが多いと思います。でも、こうして連続して咲く場合もあります。

Zp7173230 Z10a

コアツモリソウの果実です。子房の膨らみ始めた頃は、花と同じく下に垂れ下がっていますが、成熟するにつれ右のように果柄が上がって来ます。

Z0001

果柄は、二枚葉の間をすり抜けるように上がります。面白いですね。

Z15 Z14

やがて、このように果実が上を向きます。コアツモリソウは希少種ではありますが、群生する場合が多く、競合を避けるため種子を少しでも遠くに飛散させたいのではないでしょうか?

Z18

種子が残っていましたので、アキザキヤツシロランの種子と比較してみました。左がコアツモリソウです。この違いも、子孫を残すための各々の戦略があるのでしょう。

果実や種子を見て、その違いによる進化の狙いを想像するのも楽しいものです。

ムギランの果実と種子

今朝は、今冬一番の寒さでした。隣の畑には、霜が降りていました。

ムギランの果実が裂開し、種子が飛散していました。富士市で確認されている着生ランでは、ヨウラクランと同じくらいの時期に裂開します。カヤランやクモランはまだ緑色を帯びています。

Zp7092398 Zpc101027

ムギランは、一般的なランと同じく蒴果をつけます。

Zpc101026 Zpc101024

種子が飛散した後は、行燈の骨組みのようですね。

Zpc101023

こちらが、ムギランの種子です。飛散と書きましたが、実際は零れ落ちると言った方が適切だと思います。シュンランや、エビネ、ヤツシロラン類の種子と少し感じが違います。

ムギランの花を掲載します。

Zp6031916

結実率は良いようですが、送粉者(ポリネーター)を見た事がありません。これはクモランも同じです。もしかしたら、両者とも自家受粉をするのかも?

ついでに、野生ランの液果の一つを掲載します。

Zimg_3499 Zimg_3496

これは、ツチアケビの果実を切ったものです。

ツチアケビは、ラン科の菌従属栄養植物(腐生蘭)です。バニラやショウキランの仲間と同じく、果肉の中に種子を宿す液果です。蒴果の種子に比べると、少し大きく見えます。野鳥によって種子が運ばれるそうです。

ランの種子は、発芽に必要なエネルギー源となる栄養分の貯蔵組織が無いため、菌類の力を借りないと自力で発芽する事が出来ません。

種子の寿命はどのくらいあるのでしょう?ある書物によると、「ランの種子は、夏の高温や湿気、冬の低温にさらされると、発芽能力が短期間に急激に落ちる。」と書かれていました。保管してある種子は、既に発芽能力が失われているかもしれません。

この本には、もう一つ興味深い事が書かれていました。「自然界では、完熟した種子は発芽に適した季節まで種子を休眠させるため、発芽を抑制する物質が生じていると考えられる。種子は完熟期間の約1/2で発芽能力を有する。」とあります。例えば、発芽まで2年かかるヤマシャクヤクの種などを、早期(完熟前)に採取すれば早く発芽するのかも?

こういう事は、綺麗な花や希少種の植物を見て歩くよりも、ずっと興味深い!

◇コメントを頂き訂正と追記します◇

ヤマシャクヤクの発芽に2年かかると書きましたが、コメントを頂き、興味ある記述を見付けましたので掲載します。引用元(斑入りヤマシャクヤクの魅力)のURLは下記です。

https://yamasyakuyaku.com/

ヤマシャクヤクの発芽は、種を蒔いたその年の秋に発根して、翌年3枚葉を展開する場合と、1年眠って翌年の秋に発根し蒔いてから2年後に3枚葉を出す場合の、2パターンがあります。紅花ヤマシャクヤクなどは、蒔いた2年後の発芽が主流になりやすく、普通の白花ヤマシャクヤクでは蒔いた翌年の発芽が主流となります。
これは採り蒔きした時の話で、完熟して乾燥しきった種はこの限りではありません。
詳しくは知りませんが、完熟させたり乾燥させると翌年発芽よりも2年後の発芽の方が多くなるようです。

私は、果皮が裂開し、種子が零れ落ちる頃採取していましたので、二度の経験が2年後の発芽となったようです。「完熟すると発芽を抑制する物質が形成」されたためではないでしょうか?

植物達は、いろいろな不思議を持っていますね。

カヤランとクモラン

町内で確認した着生ランは、カヤラン、クモラン、ヨウラクラン、そしてムギランがあります。鎮守の森をはじめ、町内の家の庭木などにも着生しています。その内、カヤランとクモランを撮ってみました。

【カヤラン】

Tyakuseiran_1 Tyakuseiran_2

今にも落ちそうな感じでぶら下がっていますが、見た目よりもしっかり根が絡みついています。カヤランの果実はまだ緑色ですが、片や来春のための蕾を持っています。

Tyakuseiran_5 Tyakuseiran_8

ラン科植物は、種子に発芽の養分を持たず菌類の力を借りて発芽するそうです。それなのに、こんな場所で発芽するのが不思議です。もっと、苔むす樹皮なら可能性も高いと思いますが・・。

ラン科カヤラン属カヤラン(Thrixspermum japonicum (Miq.) Rchb.f.)。

【クモラン】

Tyakuseiran_6 Tyakuseiran_7

町内では、クモランは見られないだろうと思っていたら、我が家の針葉樹の寄せ植えに着生していました。その後、別の家のウメの木でも着生を確認しています。

葉が無く、緑色の根で光合成を行っています。変わり者でしょ?

Tyakuseiran_4

花は直ぐに萎んでしまいますが、結実率は高いようです。自家受粉するのかも?

ラン科クモラン属クモラン(Taeniophyllum glandulosum Blume)。

ついでに・・。

【ツルウメモドキ】

Zpb200329

庭先に生えて来たツルウメモドキを、鉢上げして数年・・やっと花が咲くようになりました。雌雄異株ですから、これは運良く雌木でした。3裂した黄色い果皮と橙赤色の仮種皮に覆われた種子の組み合わせは、とても綺麗です。

ツルウメモドキは、葉裏の脈上の毛や突起で、別種や変種が登録されているそうです。今後は、葉裏も確認しなくては・・。

ニシキギ科ツルウメモドキ属ツルウメモドキ(Celastrus orbiculatus Thunb. var.orbiculatus)。

ヤツシロラン類実生栽培実験と洋ランの蕾

【ヤツシロラン類実生栽培実験】

①ヒメヤツシロラン

Apb200195

気がついてから、もう2週間ほど経ちましたが、全ての根状器官が萎びて来ました。塊茎が休眠に入ったのでしょうか?

Apb200197 Apb200206

菌糸と根状器官の接触点に出来たイボのようなものは、一部変形していました。塊茎は、無事養分を吸収してくれたかな?

②ハルザキヤツシロラン

Apb200226

観察出来るのは、この塊茎だけです。他は、木くずで覆ってしまったので観察出来ません。

③アキとクロが混生していたスギ林の菌糸

Apb200251 Apb200252

アキザキヤツシロランとクロヤツシロランの混生する竹林の菌糸は、アキの実生栽培実験で実生床に使い、現在も生き残っています。

両者の混生するスギ林は初めて見ましたので、そこの菌糸を繁殖させアキザキヤツシロランを蒔いてみようと思っています。

Apb200266 Apb200262

とっても小さな子実体が出現していました。共生菌の子実体だろうか?

【洋ランの蕾】

Apb200238 Apb200245

実験容器を収納しているワーディアンケース内の洋ランに、蕾が見えましたので撮ってみました。

Apb200235 Apb200239

左は新芽、右が蕾です。

Apb200233

良く見ると、蕾は沢山付いていました。

洋ランの名前は、ラン科ディネマ属ポリブルボン(Dinema polybulbon)です。

「性質は極めて強健で、繁殖力も旺盛」と書かれていました。我が家にある洋ランは、どれも初心者向きの栽培が楽なものばかりです。難しいものは枯れてしまうので、避けていますcoldsweats01

南アルプス市県民の森で見た植物

静岡県立森林公園の次は、山梨県南アルプス市にある県民の森を歩いて来ました。そこで見た気になる植物を集めてみました。

Apb131895 Apb131894

静岡県にもミヤマウズラは自生していますが、私が歩いた範囲では、山梨県の方が個体数はずっと多いと思います。見比べると、葉の形や斑に変異の多い野生ランです。

Apb131931 Apb131936

一瞬、何だろうと迷いましたが、良く見るとヒトツボクロでした。富士市周辺で見るヒトツボクロは、点々と生えている場合が多く、こんなに固まって生えている事は稀です。

Apb131932

果実のドライフラワーが残っていました。

Apb131893 Apb131892

これは、マルバノイチヤクソウでしょうか?旧分類体系では、イチヤクソウ科とされていましたが、APGではツツジ科に分類されています。

Aimg_8969 Aimg_8960

ウメガサソウも、彼方此方で見る事が出来ました。こちらも、イチヤクソウ科からツツジ科に改められました。どちらもラン科植物のような微細種子で、発芽に共生菌の力を借りているそうです。

Apb131917 Apb131929

イチヤクソウの果実と、ウツボグサのドライフラワーです。

Apb131913 Apb131902

アシナガバチの巣を発見!そういえば、我が家の周りではあまり見かけなくなりました。以前は家の庇などに、数個見る事が出来たのですが・・。

右は、ツルリンドウの果実です。

Apb131903 Apb131905

花は目立ちませんが、果実はとても目立ちます。右は蕾ではなく、花被に覆われた果実です。やがて左のように果実が姿を現します。

Aimg_8754 Apb131898

このコケ・・ヒノキゴケかと思ったら、ずっと柔らかそうな小葉です。タマゴケが少し長くなったような感じですが・・。

Aimg_8923 Aimg_8939

池には、カキツバタが咲いていました。季節外れに咲く花の、物悲し気な雰囲気も良いものです。

Apb131909 Apb131938

キケマン属の花・・花が疎らなのでフウロケマン?葉を撮り忘れましたcoldsweats01

アキノキリンソウは、花期が終り冠毛が姿を現し始めていましたが、まだ咲き残りがいました。

紅葉の記事は、また後日・・。

6年目のスギラン

こんな記事を見ると、眉を顰める人も多いかと思います。スギランは、樹木の高い所に着生する絶滅危惧種(環境省・静岡県共絶滅危惧種Ⅱ類/VU)のシダです。決して、鈎の付いた棒で欠き採って来たわけではありません。

2012年8月19日、株元が枯れ樹下に落ちていた枝を持ち帰り、チョウチンゴケを植えた鉢に挿して置いたのです。シダの仲間が挿し木で活着するなんて考えもしませんでしたから、間も無く枯れてしまうだろうと思っていました。

ところが・・。

Apb101663 Apb101678

何時まで経っても、緑を保っていました。そして、少しずつ伸びているようでした。その後、一度も鉢の中を見た事はありませんでした。下手に手を付けて、褐色になってしまうのを恐れたからです。でも、一年近く無事でいる様子を見て、発根していると思っていました。

右は、チョウチンゴケです。鉢の主役を譲ってしまいましたが、まだ元気に生き残っています。

あれから、6年の歳月が経ちました。

Apb101693

胞子嚢が出現しているではありませんか!

Apb101697 Apb101700

挿し木して、6年後に胞子嚢を見る事が出来るなんて予想もしませんでした。シダの仲間は、基本的に胞子で増えますが、同じくヒカゲノカズラ科であるトウゲシバは、株の先端部のエビの尻尾のような無性芽でも増えるそうです。

種子植物もそうですが、胞子植物も複数の方法で子孫を残す術を持っているものがあるようですね。頭脳が無いのに、植物達はどういう仕組みで学び進化して行くのでしょう?

この記事を掲載するか迷いましたが、図鑑には書かれていない事を学びましたので、あえて掲載する事にしました。スギランの成長はとても遅く、しかも厳しい自然環境の樹上に生えるため、個体数がとても少ない植物です。それでも、山野にあれば子孫を増やしてくれます。

鈎の付いた棒などで欠き採る事は止めましょう!

ついでに・・。

Apb101715 Apb101714

今年、もこままさんから球根を送っていただいたプテロスティリス・オブツサの花が咲き始めました。ところが、この株・・一茎二花のようです。二個目の花が無事開花するか分かりませんが、私は初めて見ました。

今日は、とても良い天気でした。久々に布団を干そうと思っていたら、またシキミの農薬散布にやって来ました。専業農家なんだから、土日を避けるくらい位の頭が無いものかと思います。

Apb101660

仕方ないので、埃を被っていた高圧洗浄機で、車を洗いました。農薬の臭気を放つシキミも洗ってやりたいくらいです。

さて、明日は富士市中央公園でクラフト作りなどがあります。10時から花時計の辺りで行われますので、時間のある方はお出かけください。

近くの山林探索②

今日も良い天気でした。富士山が良く見えていましたが、最近オイデオイデをしてくれません。気が進まない時は、出かけない事にしています。

再生畑①の除草とソラマメの植え付け、再生畑②の笹刈を行いました。一日、肉体労働をするとかなりきつい!歳には勝てません。

山林探索の記事の続きです。

【キノコ類】

Apa280869

ヒノキの小枝に生えていたとても小さなキノコです。姿形から、ホウライタケの仲間のようです。

Apa280924 Apa280929

以前も掲載した、ヒメロクショウグサレキンがまだ残っていました。子実体の寿命が長いキノコのようです。

Apa280829 Apa280832

この赤い粒粒は、アカツブタケ科のキノコだと以前教えて頂きました。

【クロヤツシロラン】

Aimg_8304z Aimg_8349

また新たなエリアで発見しました。左はヒノキ林で、右は落葉広葉樹林内で撮りました。

Apa280901

「みどりの学校」で、子供たちにヤマユリの果実の話をしました。ヤマユリは、花の重みで茎が撓り、横を向いているものがあります。でも果実はどれも上を向きます。もし横を向いたままだと、種子が一気に零れ落ちてしまうから、修正されるのです。

同じように、クロヤツシロランも、何らかの原因で果柄が横を向いても、果実は上を向きます。植物達は、どういう仕組みでこういう事が出来るのでしょう?

Apa280902

クロヤツシロランの果柄はとても弱々しく、少し無理をすると曲がってしまいます。折って見ると、ストローのように中空です。同じく光合成をしないムヨウラン類の花茎や花柄は中空ではありません。果実の寿命(果実期)が長いため、ヤツシロランのような構造では、長持ちしないからだと思います。

ところで、ヤツシロランとムヨウランの果実の寿命の違いはどうして?

Apa280903 Apa280907

まだ果柄が伸び始めたばかりのものもあれば、このように種子を飛散させ始めたものもありました。

Apa280908

こちらは、塊茎を覆っていたヒノキの落ち葉を取り除いた様子です。殆どの塊茎は、このように浅い所にあります。場合によっては、茎や柄を軽く摘まんだだけで、塊茎ごと抜けて来るものもあります。

何度も同じような記事が登場して恐縮ですが、私にとってクロヤツシロランの果実は、植物観察を始める切っ掛けになった特別な存在なんです。もし家の裏に、この変わった果実が生えていなかったら、そして、それを前ブログに掲載しなかったら、その後の植物観察や、それに関わるいろいろな方との出会いは無かったと思います。

同じように、我が静岡県には、この植物に特別な思いを持たれている植物学者の先生がおられます。「静岡県のムヨウラン類とヤツシロラン類」・・縁あってこの著書を拝読する機会を得ました。「静岡県にも凄い人がいる!」その内容をまとめるために費やされた時間や労力が、素人の私にも容易に想像できました。場合によっては、クロヤツシロランの学名が今と違っていたかもしれません。

クロヤツシロラン果実の頃

クロヤツシロランの果実が、姿を現す頃になりました。花は地際に咲き見付けにくいので、花柄が伸びたこの時期に自生地を探します。

本日、不法投棄監視パトロールで行った新たなエリアで発見しました。先日、笹刈をして延長した萌の散歩道にもその姿がありましたので、撮ってみました。

Aimg_8217 Aimg_8185

この周辺は、ヒノキの林です。

Aimg_8230 Aimg_8234

上の果実を別々に撮ってみました。左は8個、右は5個の果実が付いています。8個の果実が付いている個体は、初めて見たと思います。

Aimg_8196 Aimg_8195

この周辺には、結構生えていました。来年は、花を見に行かなくては!

Apa240728 Apa240712

鞘が割れ、種子を飛散し始めた果実です。種子の飛散が終ると、鞘や花柄は間も無く枯れます。果実(ドライフラワー)が、来年の芽出し頃まで残るムヨウラン類とは対照的です。

Apa240731 Apa240745

花茎と花柄の境目を撮ってみました。花はこの境目辺りに咲きます。花径は短く、受粉すると花柄が伸びて来ます。

Apa240770

受粉出来なかった花柄の痕跡があります。

Apa240774

雪洞の骨組のような帯が見えます。このラインで裂けます。

Apa240784 Apa240782

種子を放出し終わった果実。雪洞の骨組みが6本あります。

Apa240780

赤道の中央付近にに生えていた個体を、標本用に持ち帰りました。まだ花柄が伸び切っていないようです。

Apa240763

塊茎を接写して見ました。この時期には、根状器官が無くなっています。

Apa240778

塊茎にはこのようなイボが見受けられることがあります。根状器官のイボとは違うのだろうか?

花の時期には、気がつきませんでしたので・・。

A9260379

クロヤツシロランは、こんな花が咲きます。スギやヒノキの林床で、この色彩ですから花の時期に見つけるのは至難の業です。果実期に見つけて置いて、翌年の花期に探すのが一番です。

群生を見付けても、数年するとポツポツになってしまう事が多々あります。そのエリアの菌糸を食べ尽くして、他へ移動していくのかもしれません。

ラン科オニノヤガラ属クロヤツシロラン(Gastrodia pubilabiata Y.Sawa)。この学名、少し時期がずれればGastrodia pubilabiata suginoanaとなっていたかも?

より以前の記事一覧