他のブログ・HP

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

苔と羊歯

雨の日のコケ

早朝の雨は凄かった!こんなに降るとは思ってもみませんでした。萌の散歩は、ヘッドライトとレインコート着用です。

家の周りで見た、コケを集めてみました。名前は殆ど分かりませんが・・。

Apc170375_2

石垣の上に生えていたのは、スギゴケとスナゴケの仲間でしょうか?

Apc170374 Apc170369

ズームしてみました。スナゴケは乾燥しても綺麗です。

Apc170376

モクレンの樹皮を覆っていたのは、ヒナノハイゴケでしょうか?

Apc170381 Apc170386

側面には、右のように沢山の蒴をつけたコケがびっしり生えていました。コケも領地争いをして生きています。

Apc170395 Apc170397

こちらは、ハクモクレンの樹皮に生えていました。タチヒダゴケだと思います。

Apc170400 Apc170401

鉢を覆っていたハイゴケと、シュロの木の下に植えてあるヒノキゴケです。ハイゴケは、比較的明るい所に生え、ヒノキゴケは薄暗いところが好みのようです。少し日照が良いと、右のように変色して来ます。

ハイゴケは、野鳥が巣作りに使うようで、時々剥ぎ取られた痕が見つかります。

Apc170431 Apc170433

両方とも、チョウチンゴケの仲間だと思います。

Apc170435

葉が密集していて葉先が尖っています。これも、チョウチンゴケの仲間だと思うのですが・・。

Apc170437

こちらも、すぐ近くに生えていました。チョウチンゴケの仲間は、雌雄異株と聞いた記憶があります。

Apc170444 Apc170445

雨水を吸い込んで見難いですが、綺麗なコケだと思います。ウロコゴケの仲間のように見えます。

Apc170414 Apc170418

こちらも蒴が沢山出ていました。右は、下のコケにカビゴケが生えたのでしょうか?

この他にも、いろいろなコケが生えていました。種類が多い上に、図鑑を見ても似たものばかりで良く分かりません。顕微鏡で見て同定するそうです。老眼の目では、どうしようもありませんね。

6年目のスギラン

こんな記事を見ると、眉を顰める人も多いかと思います。スギランは、樹木の高い所に着生する絶滅危惧種(環境省・静岡県共絶滅危惧種Ⅱ類/VU)のシダです。決して、鈎の付いた棒で欠き採って来たわけではありません。

2012年8月19日、株元が枯れ樹下に落ちていた枝を持ち帰り、チョウチンゴケを植えた鉢に挿して置いたのです。シダの仲間が挿し木で活着するなんて考えもしませんでしたから、間も無く枯れてしまうだろうと思っていました。

ところが・・。

Apb101663 Apb101678

何時まで経っても、緑を保っていました。そして、少しずつ伸びているようでした。その後、一度も鉢の中を見た事はありませんでした。下手に手を付けて、褐色になってしまうのを恐れたからです。でも、一年近く無事でいる様子を見て、発根していると思っていました。

右は、チョウチンゴケです。鉢の主役を譲ってしまいましたが、まだ元気に生き残っています。

あれから、6年の歳月が経ちました。

Apb101693

胞子嚢が出現しているではありませんか!

Apb101697 Apb101700

挿し木して、6年後に胞子嚢を見る事が出来るなんて予想もしませんでした。シダの仲間は、基本的に胞子で増えますが、同じくヒカゲノカズラ科であるトウゲシバは、株の先端部のエビの尻尾のような無性芽でも増えるそうです。

種子植物もそうですが、胞子植物も複数の方法で子孫を残す術を持っているものがあるようですね。頭脳が無いのに、植物達はどういう仕組みで学び進化して行くのでしょう?

この記事を掲載するか迷いましたが、図鑑には書かれていない事を学びましたので、あえて掲載する事にしました。スギランの成長はとても遅く、しかも厳しい自然環境の樹上に生えるため、個体数がとても少ない植物です。それでも、山野にあれば子孫を増やしてくれます。

鈎の付いた棒などで欠き採る事は止めましょう!

ついでに・・。

Apb101715 Apb101714

今年、もこままさんから球根を送っていただいたプテロスティリス・オブツサの花が咲き始めました。ところが、この株・・一茎二花のようです。二個目の花が無事開花するか分かりませんが、私は初めて見ました。

今日は、とても良い天気でした。久々に布団を干そうと思っていたら、またシキミの農薬散布にやって来ました。専業農家なんだから、土日を避けるくらい位の頭が無いものかと思います。

Apb101660

仕方ないので、埃を被っていた高圧洗浄機で、車を洗いました。農薬の臭気を放つシキミも洗ってやりたいくらいです。

さて、明日は富士市中央公園でクラフト作りなどがあります。10時から花時計の辺りで行われますので、時間のある方はお出かけください。

クモノスシダ

コケ植物(蘚苔類)に続いて、同じく胞子植物・・シダ植物のクモノスシダの登場です。私はこのシダを、今年初めて教えて頂きました。

静岡県西部の石灰岩地(引佐、浜北)では自生が確認されているようですが、手元にある富士市の目録には掲載されておりません。

Aimg_4457 Aimg_4467

ヒカリゴケ自生地からそう遠くない場所で見付けました。

Ap4200230 Ap4200233

ここには、沢山生えていました。このシダを知らなければ、素通りしていたかもしれません。

Ap4200240 Ap4200242

石垣の隙間に多く生えていました。

Ap4200238

葉裏を見ると、胞子嚢群(ソーラス)が付いていました。「葉裏の主軸から斜め外側に伸び・・」とあります。

Ap4200227 Ap4200231

葉の先端が細い蔓状になり、その先端にこのような子(不定芽)が付いていました。ショウジョウバカマも、似たような増え方をしますね。

Ap4200239z

胞子だけでなく、このような増え方もするなんて面白いですね。

シダの仲間は、胞子以外にも増える術を供えているものが多いようです。コモチシダの不定芽やトウゲシバの無性芽もそうですね。胞子は、親株から離れた場所での繁殖を目指し、無性芽や不定芽は親株近くの繁殖を目指しているのかな?シダ植物も不思議がいっぱいですね。 

チャセンシダ科チャセンシダ属クモノスシダ(Asplenium ruprechtii Sa.Kurata)。

◇少し勉強

無性芽:植物体の組織の一部または細胞が繁殖するための器官で、母体から離れて新個体となるもの。

不定芽:一般的に、植物の芽は葉腋近辺に形成されるが、それ以外の予期しない部分に現れる芽を不定芽と呼ぶ。

ヒカリゴケ

私に名前の分かる苔は、数えるほどしかありません。でも、何時の日か、自らの探索で、出会いたいと願っている苔があります。その日のために、実物を見て来ました。

デジイチで・・。

C1 C2

保護柵の中にあるので、撮り難い・・。

Cimg_4405

デジイチ、18.8倍ズームで・・。

近くで見られない事を予想して、高倍率ズームのコンデジを持って行きました(以降、コンデジで撮影)。

1

洞窟の奥に生えていました。コンデジの方が、実際見た色(金緑色)に近いと思います。

3 4

綺麗ですね。ヒカリゴケは、洞窟や岩陰、倒木の陰などの暗く湿った環境を好むそうです。しかも、発見された自生地は、比較的冷涼な気候の場所のようです。

B1

洞窟の手前は乾燥気味で、苔は見当たりませんでした。僅かな環境変化にも敏感な植物だそうです。

A3

ピントが合っているのかも分からず、同じような写真を何枚も撮りました。

Bp1050220

姿を知るために、接写でも撮りたかったのですが、保護柵が設置されているので仕方ありません。

Bp1050245

デジタルズーム併用。

比較のために・・。

D_2645k

以前、別の洞窟で見つけた蛍光色の物体・・こちらは、地衣類のようです。

ヒカリゴケは、「地面に伸びた糸状体を顕微鏡で見ると、達磨型の細胞(レンズ状細胞)が一列に繋がり、その細胞内に入った光が細胞の底で反射して葉緑体を照らすため、美しい黄金色に光って見える」とあります。

蘚類ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属ヒカリゴケ(Schistostega pennata (Hedw.) F.Weber et D.Mohr)。環境省RDBで、準絶滅危惧(NT)に指定されています。

信州大学では、ヒカリゴケ細胞を実験室内の環境で大量増殖させる事に成功したそうです。この研究が進めば、失われた自生地を復活させ、多くの人にヒカリゴケを見てもらう事が出来ます。論文に書かれていた内容は、富士見町のカマナシホテイアツモリソウの保護活動と通ずるものがあります。頑張っていただきたいと願っています。

季節だより観察会①

午前中は小雨が降っていましたが、午後の観察会はなんとか濡れずにすみました。

Aimg_2619 Aimg_2627

今年度最後の観察会は、須津川渓谷でした。今日も、熱心な参加者の方ばかりでした。

地衣類や苔類の観察から始まりです。雨上がりで、苔観察にはちょうど良い・・。

Ap3100770 Ap3100769

カエデの木に着生していたのは、地衣類・・モジゴケの仲間です。この辺りの岩や樹木には、いろいろな苔や地衣類が着生しています。

Ap3100792 Ap3100791

こちらも地衣類・・ヘトリゴケだそうです。岩に描かれた模様みたいですね。

Ap3100781 Ap3100682

左はコバノスナゴケ(蘚類)とスナゴケ(蘚類)が共存しています。右は何だっけ?

Ap3100730 Ap3100731

ミズゼニゴケ(苔類)・・ホソバミズゼニゴケ(苔類)という品種もあるそうですが、私には区別が良く分かりません。

Ap3100732 Ap3100780

左はジャゴケ(苔類)の仲間で、右はコスギゴケ(蘚類)です。

Ap3100683z Ap3100777

コケ植物の胞子嚢を「蒴」というそうです。蒴の形もいろいろですね。

Ap3100784 Ap3100789

こちらは、キヨスミイトゴケ(蘚類)と教えて頂きました。

◇少し勉強

コケ植物は、蘚苔類とも呼ばれるそうです。蘚類と苔類の違いは?

コケ植物には、苔類(たいるい)の他に蘚類(せんるい)、ツノゴケ類があるそうです。「蘚類は、一般に、苔類やツノゴケ類とは異なり、葉に中肋(ちゅうろく costa)とよばれる主脈状の細胞群がある。」と書かれていました。顕微鏡でなければ分からないですね。

Ap3100681 Ap3100679

こちらは少し前にも登場したギンゴケ(蘚類)です。「雌雄異株。蒴がつかないことも多く、無性芽でも増殖する。蒴がつくときは多数つく。」とあります。

右の写真で黄色い部分が無性芽だそうです。次は蒴のついたギンゴケを見付けよう!

Ap3100677 Ap3100720

左はギンゴケ、右はエビゴケ(蘚類)です。エビゴケの名は、この姿をエビの触角にに見立てて名付けられたそうです。

Ap3100726 Ap3100727

こちらは、初めて目にしたエビゴケの蒴です。とっても小さな蒴ですから、老眼では見付けるのも一苦労です。左の蒴の穴から、胞子が零れ落ちたように見えます。

苔や地衣類は、とても難しいけど、少しずつでも覚えると楽しいものです。

地域で出会えない植物

前記事の近くで見つけた、見慣れない植物です。

Cp3020431 Cp3020434

断崖の下に生えていた棘のある植物・・何だろう?果実を見るとサンショウのようです。棘が対生に付くのは、ホンザンショウですが、富士市で見るそれに比べて棘が長い・・。

Cp3020433 Cp3020432

葉が、少し残っていました。「あれっ、ホンザンショウなら、冬に落葉するはず・・」。良く見ると、小葉が大きく葉軸に翼があります。サンショウの仲間のようですが、我が家の再生休耕畑に植えてあるものと香りが違います。

調べてみると、これは、フユザンショウという品種のようです。間違っていたら教えてください。

Cp3020379 Cp3020423

これも初見の植物です。クモノスシダと教えて頂きました。

Cp3020378_2

Cp3020425

葉表と葉裏の様子です。葉裏には胞子嚢群がついていました。

そして・・。

Cp3020426 Cp3020428

こちらも、シダ植物のイワオモダカです。

Cp3020427 Cp3020429

葉表に少し毛が生えていて、葉裏には星状の毛がびっしり生えていました。私は、県中西部で見た事はありますが、富士市ではまだ自生の株に出会っておりません。市内で、一ヶ所だけ確認されているそうですが、他地域でも園芸採取により減少しているそうです。

探索範囲の狭い私にとっては、初めて見る植物はどれも希少種です。「出来れば富士市で出会いたい!」そんな思いが強くなって来た昨今です。歳のせいもあるのかな?

コケとシュンラン

地域に生える種子植物も分からないものばかりですが、胞子植物の羊歯や苔は更に難しく、私には殆ど分かりませんsad

今日は、教えて頂いたコケ植物を少しだけ掲載します。名称の聞き間違いがあるかもしれません。違っていたら、ご容赦を・・。

Ap2110505 A022

富士山麓で、幾度も目にして来たヒムロゴケです。右のような乾燥した状態ばかり見ていたので、湿っていると違う苔のように思えます。乾・湿状態で全然違って見える事も、苔の難しいところだと思います。

Zp2110509

こちらは、ウチワゴケです。地域変異もあるそうですが、「ごく普通に見られる」とありました。私には、普通に出会える機会は少ないように思います。

Zp2110514

マルバハネゴケ。

Zp2110516

見方によっては綺麗な苔ですね。

Zp2110513 Zp2110522

こちらは、コウヤノマンネングサとタマゴケです。

Zp2110520

名前の由来となった丸い蒴(胞子嚢)です。蒴が緑色の状態も綺麗です。

Zp2110531 Zp2110519

フトリュウビゴケに、右はツルチョウチンゴケでしょうか?

日本には、約1,800種の苔があり、200種ぐらいが絶滅の危機に瀕しているそうです。1,800種・・富士市で確認されている種子植物の種類と同じくらいです。

苔を検索していると、アクアリュームやテラリュームといった栽培の記事が多く見られます。水の中に入れても育つものが多いようです。沈下型の抽水植物のようですね。

Ap2280286

近くでシュンランの蕾を見付けました。

Ap2280289 Ap2280267

緑色の萼片が姿を現していました。開花が楽しみです。シュンランは、比較的身近で見る事の出来る野生ランですが、面白い性質を持っているようです。植物の世界は、身近なところにも不思議がいっぱいです。

ラン科シュンラン属シュンラン(Cymbidium goeringii(Rchb.f.) Rchb.f. var.goeringii)。

ハナワラビ属(オオハナワラビ?)

私には、とても難しい羊歯の仲間です。図鑑を見て、予想してみましたので、間違っていたら教えてください。

Zimg_2294

ハナワラビの仲間(ハナヤスリ科ハナワラビ属)が沢山生えていました。こんな光景が彼方此方で見られ、ざっと数えただけで、100本を優に超えていました。

Zimg_2274 Zimg_2278 Zimg_2283

近くで良く見るフユノハナワラビに比べて、かなり大きい・・。

Zimg_2281g

この写真では分かり難いですが、胞子葉や栄養葉の茎(葉柄)に微毛が生えていました。

Zp2150757 Zp2150758 Zp2150760

胞子はもう飛散した後のようです。

Zimg_2291 Zp2150754z

栄養葉の先端部が尖っていました。

フユノハナワラビは・・。

Zp2170787 Zp2170764

葉の縁が鈍鋸歯で葉先も尖っておりません。

手元の資料では、富士市で記録されているハナワラビ属は、ナガホノナツノハナワラビ、ナツノハナワラビ、オオハナワラビ、フユノハナワラビです。

ナガホノナツノハナワラビとナツノハナワラビは、春芽生え秋に枯れるそうですから除外して、葉の先端が尖っていますから、オオハナワラビではないかと思います。また茎や葉柄に微毛が生えていましたので、こちらもオオハナワラビの特徴と一致しています。

オオハナワラビだとすると、米倉浩司著「日本維管束植物目録」に記された学名は、Botrychium japonicum(Prantl)Underw.var.japonicumとなります。

被子植物もそうですが、特に羊歯植物は科・属、学名が図鑑によって様々です。地域に生える植物目録を整理していて悩んでしまいました。そこで、今後、このブログに登場する科・属・学名は、米倉浩司著「維管束植物分類表」並びに「日本維管束植物目録」を参考にする事としました。

素人を悩ませないような分類に、統一してほしいものです。

季節だより観察会(2月)①

今日は、月一回の「季節だより観察会」でした。場所は、岩本山公園・・私は近くまで行った事はありましたが、園内に入ったのは初めてでした。

Ap2100417

今回も、熱心な方たちが大勢集まりました。まずは地衣類の観察から・・。

Ap2100413 Ap2100416

この黄色い地衣類は、ロウソクゴケの仲間だそうです。地衣類でもコケ・・。

Ap2100415

昔、ヨーロッパで黄色のロウソクを作る原料(染色用)とされたことから名付けられたそうです。

Ap2100436 Ap2100437

同じように見える地衣類も近づいて観察すると、色や地衣体の形が違っています。右はマツゲゴケでしょうか?

◇少し勉強◇

ロウソクゴケやウメノキゴケのように、地衣体が扁平で分裂して広がり、多くの裂片をもつものは生育形状により、葉状地衣に分類されるそうです。また、葉状地衣の縁にあるまつげのようなものをシリアと呼ぶそうです。

Ap2100450

この裂片の先端にある頭状のものは何だろう?調べてみると、粉芽(地衣類にみられる無性生殖体の一つ)の塊でソラリアというそうです。

地衣類は知らない事ばかりで、残り少ない記憶素子が飽和状態になりそうですwobbly

Ap2100443 Ap2100440

左は、とても小さな蒴(胞子嚢)を付けたサヤゴケです。右は、ヤスデゴケの仲間かと思ったらウロコゴケの仲間のようです。Web図鑑を見ても似たものばかりで全然分かりませんcoldsweats01

ちょっとだけキノコ観察・・。

Ap2100476 Ap2100473

左の黒い粒は、クロコブタケだそうです。シイタケの榾木に出たものと似ています。右は?

日本には、4~5千種以上のきのこがあると考えられているそうです。その内、既知種は約2,500種との事ですから、研究者の方々には頑張っていただかないと・・。素人には、地衣類、苔類、菌類何れもとても難しい分野です。

コケいろいろ

苔の名前は殆ど分かりませんが、「〇〇かな?」という事で書いてみますので、ご存知の方、教えてください。

Ap1280048 Ap1280051

老眼に優しくない、とても小さな蒴(胞子嚢)がついていました。ヒナノハイゴケのようです。

Ap1280044

こちらもこじんまりとした苔ですが、蒴は上より大きい・・。タチヒダゴケだと思います。

Ap1280087 Ap1280089

栽培棚の鉢を占領していたこの苔は、ハイゴケでしょうか?時々無くなっていますが、野鳥が巣の材料に持って行くようです。

Ap1280094 Ap1280098

こちらはイワダレゴケかな?

Ap1280103 Ap1280101

他で見るものより小さめだけど、ミズゴケの仲間でしょうか?

Ap1280110 Ap1280107

ヒノキゴケ・・寒気のせいで変色したのかな?

次は似た苔ですが・・。

Ap1280072 Ap1280070

先端部が白っぽい・・。

Ap1280111 Ap1280113

こちらも似ているけど、先端部に白い毛が見えません。

Ap1280083 Ap1280035

左はとても細かい苔です。綺麗でしょ?

右の蒴も良く見かけるよな気がするけど、名前が分かりません。

Ap1280081 Ap1280078

こちらも沢山の蒴うをつけていました。

富士市で記録された植物の資料を頂き、Excelの表に入力しています。維管束植物(種子植物及び、胞子植物の内、羊歯植物)の入力が終わりました。

現在、科・属や同定のポイントなどを調べています。素人には、これが思ったより厄介で、学術の先端分野では、旧体系(新エングラー体系やクロンキスト体系など)からAPG分類体系に移行されているそうです。科名変更があったりする上に、学名も複数あるので悩んでしまいます。基本的には、属名が頭につく学名を主として記載する事にしました。

何時までも訂正が発生して来ますので、この植物目録が完成する事はありませんが、一通り整理してみようと思っています。

より以前の記事一覧