他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

呟き日記

お花見ウォークのご案内(富士市)

今日は、沼川沿い遊歩道の草刈りに参加して来ました。このエリアは笹や蔓が多く、いつも以上に疲れましたwobbly

Akusakari5

コンデジを持って行かなかったため、スマホで撮ってみました。工場地帯の遊歩道でも、このように自然に親しめる場所があります。

今日も、ジヤトコさんの方たちが多数参加してくれました。お陰で、私がこの草刈りに参加したばかりの頃に比べれば、見違えるような遊歩道になりました。

Aimg003

草刈りした遊歩道は、お花見ウォークのルートにもなっています。皆さんも、家に閉じこもっていないで参加してみませんか?

家の裏では・・。

Ap3171086

オカメザクラ(マメザクラ×カンヒザクラ)が、見頃になって来ました。

Ap3171068

こちらは、父親が溶岩に植え付けたイワヤツデ(タンチョウソウ)です。ただ置いてあるだけですが、十数年毎年花を咲かせています。

高度900mから1mへ

今日も、穏やかな良い天気でした。

Ap2240018

富士山こどもの国の駐車場付近から撮りました。早朝は機嫌が悪かったけど、日中はご機嫌な富士山でした。

【午前】

Ap2240017 Ap2240027

高度(標高)約900m・・広域基幹林道富士山麓線(富士山夢ロード)で、外来植物の駆除作業に参加しました。一部に雪が残っていたものの、風もなく思ったより暖かでした。

参加者の方は、大人も子供もみんな一生懸命作業されていました。皆様、お疲れ様でした!

【午後】

Aimg_2434

午後は、久々に浮島ヶ原自然公園に行きました。ここは高度(海抜)1mくらいです。葦などが刈り取られ、まだ冬景色のようですが、木道脇を良く見ると・・。

Aimg_2429 Aimg_2459

目覚め始めたノウルシです。中には、右のように葉の展開した場所もありました。ピンボケは風のせい・・coldsweats01

Ap2240040

総苞葉が黄色くなり始めたものもありました。ノウルシは、浮島ヶ原自然公園に春を告げる一番手の植物です。

ノウルシ(Euphorbia adenochlora C.Morren et Decne.)トウダイグサ科トウダイグサ属・・環境省RDBで準絶滅危惧(NT)、静岡県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。

Aimg_2441 Aimg_2437

サワトラノオやヒキノカサの姿も見えます。これから、だんだん賑やかになって行きます。

視線を遠くに移すと・・。

Aimg_2478z

ツグミが彼方此方飛び回っていました。枯れた葦と同系色なので、老眼だと捉えにくい・・。

萌の夕方散歩は、家族が行ってくれました。私の場合と違って、我儘散歩が出来るのでとても満足したようです。

長閑な一日

今朝は少し冷え込みましたが、天気が良く長閑な一日でした。

Aimg_2309

今日の富士山です。真ん中の杉が邪魔ですね。行政が小規模の放置林にも目を向けてくれると良いのですが・・。このままでは、地主が様子を把握していない山林が増えるばかりです。

家の周りの植物達も、目覚め始めています。

Aimg_2345 Aimg_2337

フライング組以外のカワヅザクラも、蕾が膨らんで来ました。

Aimg_2311 Aimg_2312

隣のウメ・・蕾の数が凄いですね。右の写真には、カマキリの卵が写っています。チョウセンカマキリの卵に似ていますが・・。

Ap2170779 Ap2170782

我が家のウメは咲き出しました。その下には、フクジュソウが咲いていました。春の早いエリアです。

Ap2060386 Ap2060382

早咲きのラッパズイセンは、寒さで項垂れたり元気になったり忙しそうです。それにしても水仙の仲間は、花が長持ちしますね。

Ap2180808 Ap2180807

こちらは、セイヨウサクラソウです。日当りの良いところでは、咲いている株もありましたが、日陰に生える株にも蕾が見えて来ました。

戌年なので、萌の観察も・・。

Aimg_2357

見てください、この眠たそうな顔を・・。

Aimg_2350 Aimg_2352

傍で農機具などの手入れをしていると、気持ちよさそうに寝ていました。悪戯好きの飼い主でも、近くにいると安心して眠れるのかな?

Aimg_2356

呼んでも、うす眼を開けるだけ・・。萌も、もう歳なので仕方ありません。

「萌」という名で呼ぶと、雌と勘違いされている事が多いようです。お気づきの通り、萌は雄の甲斐犬です。登録名は「萌葱」・・家族は、萌、萌蔵なんて名で呼んでいます。みんなに可愛がられて、長生きしてほしいと願っています。

雪の朝

昨晩から今朝にかけて、雪が積もりました。萌は、いつも以上にハイテンションで、手綱持ちは引きずられて行きました。朝から疲れますsad

朝散歩が終わった後、雪景色を撮ってみました。

Aimg_1826

隣の茶畑も・・。

Aimg_1824

近くの梅林も真っ白でした。

Aimg_1831 Aimg_1823

蕾の膨らみ始めた河津桜や柿の木も、枝に積もった雪でまるで別世界のようでした。

Aimg_1828 Aimg_1822

細かい枝の多い木も、雪を纏うと綺麗ですね。

右は、家の裏庭に実験的に植えたエンドウマメです。ソラマメと一緒の時期に、ポットで発芽させたものですが、こんなに大きくなってしまいました。寒さに弱いと聞いたので、どのくらい弱いのか霜除け対策もせずに育てています。今冬一番の寒さを幾度か耐え、まだ枯れずにいます。新たな試練に耐えられるのだろうか?

Aimg_1830

こちらは、十年以上前に近所の方から頂いたサボテンの仲間です。図鑑で調べると、サボテン科ハシラサボテン(ケレウス)属鬼面角(キメンカク)に似ています。サボテンと言えば暖かいところの植物だと思いますが、渡来してから長い歳月の間に山間の地の冬の寒さにも耐えられるように進化したのだと思います。

家の周りはかなり融けてしまいましたが、明日は萌と雪見散歩に行こうかな・・。

ヤマガラ

萌の朝散歩を終えて愛鷹連峰を見ると・・。

Aimg_1719

今にも、雪の降りそうな気配でした。萌に朝ご飯を準備していると・・。

Aimg_1727 Ap1300127

霰(あられ)が降って来ました。直ぐに止みましたが、白く残ったのは今冬初めてだと思います。左は蕾が伸びて来たフクジュソウで、右は左官のプラ舟を利用したミニビオトープです。

Ap1300131

雪の結晶を期待したのですが・・。

もう少し降る箏を期待して空を見上げていると、裏庭で野鳥の鳴き声がしています。

Aimg_1728a

ヤマガラがやって来ました!16-300mmでは、これが限界です。

Aimg_1728 Aimg_1732

トリミングしてみました。

Aimg_1730 Aimg_1731

BORG(望遠鏡)を準備している間もなく、何処かへ飛び立って行きました。珍しくカワラヒワもやって来ましたが、残念ながら撮れませんでしたsad

ヤマガラは、人馴れした野鳥だと思いますが、最近は警戒心が強いような気がします。一番近くまで寄って来るのは、ジョウビタキです。手が届くほど、近くにやって来る事もあり、萌の小屋の上に止まっていた事もあります。

休耕畑②の再生

昨年末より、休耕畑②の再生作業を再開しました。放置してあった畑や山林は、隣地との境界が分かり難くなっています。

Ap1151116 Ap1151119

公図の写しを見ながら、境界を確認して行きます。ここのように石垣がある場合はまだ良いのですが・・。

Ap1151120 Ap1151123

茶畑の隣はヒノキの山林になっています。右のような置石で境界を示している場合が多く、悩んでしまいます。現状が公図と違っている事もあり、赤道なども勝手に移動してある場所を時々見かけます。昔は、かなりいい加減だったようですね。

経緯や境界を知る人が居なくなってしまうと、引き継いだ者は大変です。いちいちお金をかけて測量してもらうのも、もったいないし・・。今の内に、ちゃんとしておかなくては!

植物観察を少し・・。

Ap1151130 Ap1151138

これは、カシでしょうか?私の持っている小さなチェンソーでは、切れないような大木です。

Ap1151247 Ap1151249

休耕畑の入り口には、隣の雑木林があります。落ち葉を見て、コナラだけかと思ったら、クヌギもあるようです。

Ap1151240 Ap1151254

左はコナラ、右はクヌギだと思います。下部を写しておりませんが、こちらもかなり大きな木です。

Ap1151184 Ap1151188

強風で飛んで来たのか、キリの蕾と果実の付いた小枝がありました。

Ap1151187

キリの果実はクラフトに使うと面白いので、家に持ち帰りました。

Ap1151196

これはコバノカモメヅルだったかな?葉や花の季節に、ちゃんと確認してみます。

Ap1151211

こちらは、キツネノカミソリの葉です。切り取らずに残してあります。

ササやチャノキを伐採し終わるのに、どれくらいかかるのだろう?休耕畑①の3倍くらいの面積があります。身体が動く内に何とかしなくては、子供たちに引き継いでもらえません。頑張らなくては!

どんどん焼き

今日は、町内の「どんどん焼き」でした。以前は、1月14日の晩に行っていたのですが、最近は最寄りの日曜日の日中に行われるようになりました。

Ap1040807 Ap1040809

点火したばかりの頃は、担当組内くらいしか集まっておりません。達磨を下げた中央の竹を「おんべ竹」と呼びます。

Ap1040810 Ap1040820

おんべ竹の倒れた方角にある家に、福が訪れると言われています。今年も我が家の方角ではありませんでしたwobbly。竈があった頃は、おんべ竹を細かく切って各家庭に持ち帰り、小豆粥などを焚きました。ガスコンロや電磁調理器では、使えませんね。

どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると、一年無病息災で過ごせるそうです。昔は、アルミホイールに包んではありませんでしたので、白、赤、緑、黄色など色とりどりの団子が目を楽しませてくれました。真っ黒こげになっても、虫歯の予防だとか言われて無理に食べさせられました。

Ap1040824 Ap1040826

炎が弱くなると、みんな団子を焼き始めます。

Ap1040825

年々簡素化されて、参加者も減って来ました。でも、こういう行事は、日々の生活の区切りにもなるし、地域の親睦にも欠かせないものだと思います。

久々の御殿場行き

今日は、家族に付き合って御殿場市へ行って来ました。家族の用事は・・。

Aimg_1420 Aimg_1424

えびせんべいの里」での買い物でした。富士市に住んでいてえびせんべいと言えば、さくらえびせんべいが頭に浮かびます。「わざわざ御殿場市までえびせんべいを買いに行かなくても・・。」とブツブツ言いながら付き合いました。

Aimg_1423 Aimg_1425

基本的に、店内の写真は撮りませんので掲載できませんが、想像していたよりずっと多種のえびせんべいが並んでいました。試食してみると、一般的に売られているさくらえびせんべいよりも魅力的な味のものが多かったです。私はゴボウ味と、かりんとう味のえびせんべいを選びました。

駐車場も広く、売り場の二階ではコーヒーの無料サービスもありましたよ。

Aimg_1427

昼時間になりましたので、近くの「金太郎」でそばを食べる事にしました。そば屋さんというと、一人前では足りない店が多い中で、この店はかなり量が多いです。玄そば(御厨そば)の盛り一人前と、抜き(駿河そば)の三人前を頼みました。二人でやっと平らげました。

天気が良かったので、少し高台に行って・・。

Aimg_1431

富士山を眺めて来ました。

Aimg_1451

富士市から見る富士山とはまた違った姿です。我が家は左裾の向こう側・・。

Aimg_1453 Aimg_1455

蕾の沢山付いたモクレン属と富士山です。良く見ると、中央下付近に煙が見えます。芝焼の煙でしょうか?

久々に訪れた御殿場市でした。山間の地にある我が家よりもずっと寒かったですが、お酒の肴も買えたし行って良かったです。

初日の出と富士山

今年も、萌の散歩から始まりました。近くの林道が定番の散歩コースですが、野生動物の臭いを嗅ぎつけ今朝も大変でした。

帰宅してから、初日の出を撮ってみました。

Aimg_1068

愛鷹連峰から上る初日の出です。今年は穏やかな年の初めです。

Aimg_1061

昨日に比べて、富士山も良く見えていました。赤富士を撮ろうと思ったのですが、萌の散歩を優先したので撮り損ないましたcoldsweats01

足元には・・。

Ap1010441 Ap1010445

霜を纏った苔が、朝日を浴びて輝いていました。スナゴケにハイゴケでしょうか?

Ap1010451 Ap1010455

こちらはスギゴケの仲間のようです。綺麗でしょ?

新年のご挨拶

Moe

本年も、皆様のご訪問とアドバイスなどをお待ち致しております。

どうぞ宜しくお願い致します。

管理人:やまぶどう

より以前の記事一覧