他のブログ・HP

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

呟き日記

第一回「滝川の土手普請」

昨日予定されていた、滝川沿い遊歩道の草刈りは、本日に変更になりました(延期の連絡が無かったため、昨日30分ほど刈って来ました)。

Ap6160399

日本製紙吉永工場南門の西側に、田宿川との合流点があります。ここから、下流に向かって進み、新滝川橋の北側辺りまでが今回の対象エリアです。

Ap6160368 Ap6160370

北を向くと、富士山や愛鷹連峰が見え、南を向くと、製紙工場のサイロやパイプラインが見えています。富士市を象徴する景色と言えます。

Ap6160365 Ap6160366

今年は、ヒガンバナを植えてある法面だけでなく、歩道にもかなりの草が繁茂していました。それにしても、イタドリが増えました。

Ap6160387 Ap6160390

刈り終わった後の様子です。今回は遊歩道を主として刈り、次回ヒガンバナの葉が出る前に法面を主体に刈る事になります。

Ap6160388

今回も、ジヤトコさんが大勢参加してくれました。別のエリアは、ジヤトコさんを含めた滝川沿いの9社の企業で組織された「滝川の水辺と遊歩道を育てる会」が、自社に面した土手の草刈りを、適時やってくれているそうです。また、芙蓉橋のすぐ南辺りは、地域の方が刈ってくれているそうで、既に綺麗になっていました。
一つの団体だけでなく、いろいろな団体や個人が協力して遊歩道の整備をしているところが良いですね。

HTMLの練習(画像の横並び表示)

今日は雨予報なので、内職の準備作業とHTMLの練習をしています。

改変後のココログでは、予めサムネイルのサイズを決めて画像保存しています(以前のように、画像を貼り付ける時に、各々指定出来ると楽なのですが・・)。二枚横並びに表示し、各々センターへポップアップ表示する方法が分からず、今迄は二枚の画像を結合して一緒にポップアップ表示していました。ホームページビルダーなどのソフトを使えば簡単なのかもしれませんが、それも面倒なのでいろいろ試して見ました。

A1557743752

こちらが、昨日の記事に掲載した結合した画像です。一枚の画像なので、左クリックすると左右一緒にポップアップ表示されます。

Ap5130006 Ap5130007

HTML(通常エディタ)でサムネイルサイズを指定して、二枚横並びにしてみました。左右別々にポップアップ表示出来ます。

Ap5130006 Ap5130007 Ap5130136

三枚横並びも出来ました!後は、マウスを乗せた時、元サイズでセンターにポップアップ出来れば良いのですが・・。こちらは、先輩のブログ記事を参考に試してみたのですが、上手く行きませんでした。ご存知の方教えてください。

続きを読む "HTMLの練習(画像の横並び表示)" »

HTMLの練習(画像②)

ココログシステム改変前の、サムネイル画像をクリックして、大きな画像でポップアップするにはどうしたら良いのか、いろいろ試してみました。

Ap8212252

画像をクリックすると、より大きな画像が表示されます。

ポップアップを解除する時に、クリックするとPAGE TOPへ移動してしまう事があるけど、原因は分かりません。 HTMLの基本的な事も知らずに、感と試行錯誤でやっているので、不具合も仕方ありません。でも、中央へのポップアップ表示は、一応出来るようになりました。4月24日の記事「思い出の植物」もマウスクリックでポップアップ出来るように訂正いたしました。

続きを読む "HTMLの練習(画像②)" »

HTMLの練習(画像①)

午前中は、不法投棄監視パトロールの報告書を作成しています。提出は5月になってからですが、出来る時にやっておかないと後が大変になりますので・・。

PCを使っているついでに、気分転換にHTMLの練習をしています。ちゃんと学んだ事は無く、解説書の摘み読みだけなので分からない事ばかりです。 画像にマウスを当てると、別の画像に切り替わる「ロールオーバー」というのを練習してみました。

画像にマウスポインターを乗せると、別の画像が表示されます。

いろいろな方法があるようですが、やっと切り替えが出来るようになりました。ホームページビルダーなどのソフトを使えば、知識のない私でも簡単に出来るのですが・・。スマホだと、画像タップ→画像外タップで切り替わります。 ※「続きを読む」と表示されていますが、続きはありません。HTMLで作成したら出現しました。どこで消せばいいのだろう?

続きを読む "HTMLの練習(画像①)" »

HTMLの練習(文字)

表示枠が準備されたブログでも、師匠はじめ諸先輩はいろいろな工夫をされています。そこで、HTMLを使って少し練習をしてみました。とりあえず文字から・・。

左へ流れる文字 右へ流れる文字 左右に揺れる文字 上へ流れる文字 下へ流れる文字 上下運動する文字 弾む文字

点滅する文字は、blinkで点滅できたはずですが、Firefoxでは動作しますが、Microsoft Edgeでは動作しませんでした。そこで、JavaScriptを使用したサンプルで試しました。

続きを読む "HTMLの練習(文字)" »

潤井川河川敷緑地

家族に付き合って、富士宮市へ行って来ました。

Aimg_2694

県道184号線は潤井川を越える辺りから下流域に、潤井川河川敷緑地があります。

A1553423498

両岸に、沢山のソメイヨシノが植えられて、遊歩道も整備されています。何処かのようにワンちゃんの落とし物も無く、気持ちのいい緑地公園だと思います。

Aimg_2684

ポツポツ咲き始めていました。

今日は、表を使って記事を作成してみました。作成画面では上手く表示されていたのですが、公開画面では表のサイズがずれて画像がはみ出して、まともに見られなくなっていました。直ぐに削除したのですが、なかなか消えてくれませんでした。暫く経ってやっと消えましたが、とても疲れました。
ホームページ作成には、ホームページビルダーを使っています。それに比べて、いろいろな部分が難しくとても手間がかかります。更新度合いの高いブログは、簡単に作成出来る事が一番求められるところだと思います。スタッフさんには、その辺りの事を再認識してほしいものです。細かい不具合は、頻繁に出ています。利用者の苦情を待つのではなく、自ら確認して速やかに解決していくのがプロではないでしょうか?

新しいココログへのログイン例

ココログ表示画面の「ログイン」アイコンをクリックしても、ログイン出来ない場合のログイン法を書いてみます。但し、私の場合の例ですので、そのままログイン出来る方もいるかと思います。
Z3
ココログ表示画面で、「ログイン」アイコンをクリックすると、従来はIDとパスワードの入力画面が出て来ましたが、3月21日現在、上のような画面になります。ここで、黄色い文字の「すぐに、ココログトップページを見る」をクリックします。

Z4

すると、上の画面が出て来ますので、青色の「ブログを書く(ログイン)」をクリックします。
Z5

ここで、従来の「ログイン」アイコンをクリックした時に出て来たIDとパスワードの入力画面になります。入力すると・・。

Z2

ブログの管理画面になります。「記事を書く」をクリックすると、ブログ作成画面になります。従来と大きく違うのは、画像の入力方法です。ログイン法以外に、まだいくつかの不具合もあるようです。
この記事は、ブログの表示画面でログイン出来るようになったら削除する予定です。上手な説明が出来ませんが、ログイン出来ないブログ友の参考になれば幸いです。

キスミレ

そろそろ咲き始めたかと思い、先日キスミレの様子を見に行って来ました。

Aimg_2251

まだ疎らでしたが、日当りの良い場所では、このように咲いていました。

Aimg_2264

二ヶ所の群生地ともススキが刈り取られ、日差しを浴びて暖かそうでした。

接写モードで・・。

Ap3120053

園芸種のビオラを思い浮かべるような花ですね。

Ap3120054 Ap3120057

花弁の形もいろいろです。

静岡県には、複数の自生地があります。その幾つかは、植栽を思わせるような場所です。初めてこの地を訪れた頃、キスミレの保護に関するメールを頂きました。公表できませんが、とても考えさせられる内容でした。希少種保護の在り方は、行政や各団体によってまちまちだと思います。「希少種保護は何のためにするのか?」その原点に立って、考え直す事も必要だと思います。

Ap3120060

近くには、白い花のスミレが咲いていました。オトメスミレ(タチツボスミレの白花系)のようです。我が家の近くでも見られますが、母種のタチツボスミレより少し遅れて咲きます。

最後に・・。Aimg001

何時か、こういう時が来るとは思っていましたが・・。28回続いた「春野すみれ展」が行われない事になったとの通知です。特にスミレが好きだったわけではありませんが、縁あって、春野の町には幾度か足を運びました。山間の地の、地域振興のエネルギーを感じられる町だと思っています。

過疎化やメンバーの高齢化により、仕方のない事かも知れませんが、何とか復活してほしいと願っています。

御幸寺山(みきじさん)②

続きです。

Ximg_2135

山頂近くで、見た景色です。松山城が見えています。

Ximg_2154 Ximg_2179

祠には「御幸寺山蔵王」と刻まれていました。蔵王とは、修験道の神である蔵王権現の事だそうです。東側にある鳥居は、石鎚山に向かって建てられています。石鎚山にも、いつか行って見たい。

Ximg_2156 Ximg_2147

倒壊防止なのか金属棒で結わえてありました。反対側に回ると、この岩場から鎖が伸びていました。修験者が登るためのものだろうか?

蛇を纏った怖い顔の石像が、蔵王権現?目つきが悪い!

Ximg_2145 Ximg_2183

いろいろな石像がありますが、信心の乏しい私には全然分かりません

Ximg_2185

松山城をズームして見ました。今回は、時間の関係もあり、こちらから眺めるだけにしました。

Zimg_2170 Ximg_2184

眼下に見える松山市です。静岡に比べて、かなり大きい印象を受けました。

帰りに・・。

Zimg_2213 Zimg_2217

種田山頭火終焉の地「一草庵」に寄りました。左はトイレで、右が有志で立て直した「一草庵」です。ガイドの方から、山頭火の事だけでなく、伊予国のいろいろな話を聞きました。通づるものがあり、つい長居してしまいました。

山頭火は、裕福な家に生まれたそうです。不幸な事が続き、放浪の旅に出るようになってからも、酒が大好きで金銭感覚もなく、お金に困ると支援者に助けを求めたそうです。そのような人に、懲りずに支援し続けたのは、どんな魅力があったからでしょう?

今日は、久々に肉体労働を行いました。半日くらいにしておけばよかった・・。彼方此方痛い!

御幸寺山(みきじさん)①

用事があって、伊予国(愛媛県)へ行って来ました。時間があったので、ホテルから歩いて行ける範囲を探索する事にしました。

宿泊先は、松山城公園の近くでしたので、愛媛大学の横を通り、愛媛縣護國神社へ向かいました。

Ximg_2064 Ximg_2062

護國神社の後ろに小さな山が見えています。「あれに上ろう!」・・嫁さんは渋い顔でしたが、どんどん先へ進みました。ところが、登山口が分からなくて、神社の東側へ向かってしまいました。

スマホでWebページを検索すると、「神社の西側を登る」とありました。ますます、渋い顔の上にブツブツ言いだしました。こういう時は、聞こえないふりをして早足で歩くのが一番です

Ximg_2089

標高は、164.6mとの事でした。時間つぶしに丁度良いかも?

Ximg_2092 Ximg_2091

護國神社の西側の道を進みます。「あっ、飲兵衛の山頭火さんの一草庵がある!」

Ximg_2093 Ximg_2095

種田山頭火終焉の地「一草庵」の入り口と、御幸寺(みゆきじ)を通過します。

Ximg_2096 Ximg_2100

御幸寺の裏側にある墓地脇を右に入ると、登山道が続いています。

Ximg_2107 Ximg_2108

途中、左側奥にあった祠です。御札には「石鎚神社大麻」と書かれていました。石鎚神社は石鎚山を神体山とする神社だそうです。富士山と同じく山岳信仰の山なんですね。

Ximg_2201 Ximg_2203

山頂へ向かう道から右手に少し入ると、小さな祠に石仏が並んでいました。その上には断崖が見えます。ロッククライミングの文字が目に入りましたので、この先から上るのかもしれません。崩れそうで危険な感じがします。

Ximg_2193

山頂の少し下から、北側を見た里山の景色です。早咲き桜や菜の花、そして柑橘類の木が見えます。

寺は「みゆきじ」で、山は「みきじさん」?御幸寺山の読み方には、文献により二通りあるようです。御幸寺山は、「みきじさん」とするWebページが殆どでした。

②へ続きます。

より以前の記事一覧