茸と菌糸

2019年11月15日 (金)

最近出会ったキノコ

今日は、残りのサトイモとタケノコイモを掘り、貯蔵穴に埋めました。二ヶ所の穴掘りと芋ほりで、とても疲れましたので、午前中で肉体労働は止めにしました。

キノコも、段々見られなくなって来ました。名前を教わったキノコなどを、集めてみました。

aimg_8021 aimg_8023

これは、確かアカモミタケだったと思います。図鑑で見ると、ヒダが斜めになっているものが掲載されていて、違うのかと思ってしまいました。「成長すると、ヒダは柄に垂れるようになる」とあります。成長具合によって姿が違って見えるのも、キノコの難しいところですね。

aimg_8036 aimg_8029

左の柄の長いキノコは、初めて見たと思います。カラカサタケと教わりました。右はノウタケだったと思います。

A3584

こちらは、以前撮ったノウタケです。皴が寄って脳みそみたいですね。この後、破裂して胞子を放出していました。

apb071588 apb071589

こちらは、ムササビタケと教わりました。幼菌と成長したものが、違うキノコのように見えます。Web図鑑を見ても、色や傘の具合など様々で、初心者の私には難しい・・。

apb071590f apb071611

左は名前を聞いたけど忘れてしまいました。メモを取るか音声レコーダーに記録しておけば良かった・・。右はキショウゲンジだそうです。これも、Web検索すると悩むような写真が沢山出て来ます。

apb071608 apb071609

ウスキモリノカサというキノコだそうです。食用になるそうですが、図鑑を見ると似たようなキノコがいろいろ掲載されていて、次に出会っても自信が持てません。

Apb120061

こちらは、ダイダイガサの幼菌だそうです。成長すると、柄が伸び一般的に見られるような姿になるようです。成長した姿を見てみたい。

少しでもキノコの名前を覚えられると、山歩きが更に楽しくなります。家族は、一緒に歩くと今以上に時間がかかるので、自分だけで行ってくれと言っていました。面白味の無い奴だ!

2019年11月 1日 (金)

カゲロウラン?探索

夕方、少しの時間ですが、カゲロウランらしき野生ランの探索に行きました。前回見付けた3個体には果実が付いていました。他に、未開花株もあるはずだと思い探しましたが、見付ける事は出来ませんでした。今後、周辺の山林を少しずつ調査していくつもりです。

aimg_7716 aimg_7717

少し暗めの林内では、シロヨメナの花が目を惹きました。

aimg_7723 aimg_7729

エビネとコクランです。一時期、殆ど姿を消してしまったエビネは、少しずつ復活しているように思います。コクランは、スギやヒノキの林で見る事が多いのですが、ここのような落葉広葉樹林にも生えます。

aimg_7734 aimg_7711

そして、前回見付けたカゲロウランらしき植物です。シカやイノシシに踏みつけられなければ良いけど・・。この林には、クロヤツシロランも生えていました。果実期の果柄の長さは、乱数表で決めたようにバラバラです。

apb011082 apb011081

細かい塵のような種子を飛散し始めていました。私が知る自生地は、スギやヒノキの林が多く、落葉広葉樹林は比較的稀です。というより、最近では落葉広葉樹林自体が稀ですね。

apb011089 aimg_7738

ホコリタケの様なキノコと、傘の径が150mmほどあるキノコが生えていました。キノコがみんな食用になれば良いのに・・。

今日は、1/3ほどのサトイモを掘り、保存穴に埋めました。今迄は、地上部を切りその上に土を被せていました。ところが、土をかなり厚くしないと傷むものが多いので、今年から保存穴を掘る事にしたのです。素人農業も少しずつ進歩しています。その後、空きスペースを耕運機で耕し、ヘトヘトになって帰宅しました。

2019年10月28日 (月)

キノコ観察②

キノコ観察の続きです。変形菌はナシ・・。

Apa260740

ヒメロクショウグサレキンです。このキノコに幾度か出会いましたが、いずれも落葉広葉樹林です。コナラなどの倒木が好みなのかな?

apa260835 apa260831

こちらは立ち枯れした木に生えていました。見た目、美味しそうな感じがします。でも、名前が分かりません。

apa260833 apa260636

上のキノコを下から見ると、幼菌の時に傘下に幕を張っています。右は、コナラなどの倒木に生えているモミジウロコダケでしょうか?

apa260588 apa260593

こちらのキノコは、傘にヌメリがありました。右は隣に生えていて、ちょっと感じが違うけど同じキノコではないかと思います。

apa260750 apa260753

以前、この木には沢山のキクラゲが生って、試食してみました。例によって家族は食べませんが、コリコリして美味しかったです。他のキノコに侵略され始めていますが、まだ少しだけ生えていました。

apa260704 apa260706

落ち葉に生えていた小さなキノコです。ホウライタケの仲間でしょうか?

apa260550 apa260569

以前は、このようなものに興味を示す事は殆どありませんでした。ヤツシロラン類の実生栽培実験で、菌糸の繁殖を気にしながら容器を覗いている内に、興味深く見るようになりました。キノコや変形菌の形態変化は、見方によっては種子植物よりずっと面白いと思います。
小学校低学年の子供たちの自然観察に付き合っても、種子植物よりもキノコへの興味の方がずっと高いように思います。傘のある姿(子実体)は、キノコの花のようなもので、ホンの一部だと説明したら、付き添いのお母さん方が驚いていました。

ところで、少し前のブログにも掲載したツチアケビの果実に関するお願いです。ツチアケビは多年草で、数年は根茎が生きているそうです。でも、地上部に姿を現し花を咲かせ結実すると、翌年には姿を現さない事が多々あり、簡単に見付ける事が出来ません。特別な事情があって、この果実を探している人がいます。私が知る自生地を何ヶ所か探してみました。花茎はドライフラワーになって残っていましたが、果実が付いていませんでした。花の時期に異変があったのか、熟す前に落ちてしまったのか分かりませんが、例年ならまだ残っているはずです。ご存知の方、下記アドレスにご連絡いただけると助かります。yamabudou@hotmail.com

富士市近郊で、ツチアケビの果実を見付けられた方、場所を教えて頂けませんか?

2019年10月27日 (日)

キノコと変形菌の観察①

父親が残した五葉松の盆栽が、数鉢あります。仕立て方を学んだ事も無く、毎年自己流で剪定と植え替えをしています。きっと、あの世で文句を言っていると思います。今日は他にも用事があったのですが、それだけで一日かかってしまいました。

今日の記事は、変形菌やキノコです。近くの山林でも、いろいろなものを見る事が出来て楽しいです。

apa260601 apa260603

初めて見ました。これは変形菌でしょうか?それともキノコ?
ところで、右に写っている白いものは、樹木(コナラ)の粉です。春頃から、樹皮に白い粉のようなものが目立つようになりました。中には葉が枯れてしまったコナラも、何本か見かけました。どうもその原因が、カシノナガキクイムシという昆虫の食害のようです。各地で、かなり深刻な状況だと聞きました。

apa260608 apa260610

とても小さな粒粒で、接写ズームして見なければ、形も分からないくらいでした。これは何でしょう?

apa260504 apa260519

先日掲載した、シロジクモジホコリと思える変形菌が、生きた植物の葉に出現していました。右の金平糖のようなものは、時々見かけるけど🍄の子実体?それとも変形菌?幼菌の時は黄色でした。

apa260543 apa260546

この季節頃になると、雨の降った後に、スギの落ち葉に白い小さなキノコが生えて来ます。枝に出るものよりずっと小さいですが、透明度のある傘、柄の色や毛からスギエダタケの子実体でしょうか?

Apa260558

apa260560 apa260562

右の写真は、クラゲのようでしょ?スギエダタケは、食用になるそうですが、見かけるものはどれも小さく、沢山採らないと食べた気になれません。

a1572169618 apa260659k

チシオダ(タ)ケも生えていました。ちょっと小さかったけど、下側の写真で血の滲むような傷が分かりますか?右は名前が分かりません。

2019年10月25日 (金)

変形菌

今日は、雨風の強い時間帯が多く、洋ランなどのミズゴケ替えと、依頼されていた植物標本を作りました。標本作りは、慣れない上に、日付や採取場所を間違えないようにしなければならないので、結構面倒です。

少し小降りになったので、家の周りのキノコでも撮ろうと思ったら、変形菌の子実体を見付けたので掲載します。

apa250487 apa250464

カワヅザクラの木の下で、葉についた小さな粒粒が目に入りました。右は緑の葉にもついています。

apa250449 apa250467

この小さな被写体は、ピント合わせが難しい・・。

Apa250456

これは、シロジクモジホコリでしょうか?ご存知の方、教えてください。

◇◇お願い◇◇ 事情があって、ツチアケビの果実を探しています。少しでも結構ですので、富士市近郊で見付けられた方、場所を教えて頂けませんか?。

2019年10月 5日 (土)

身近な場所の植物観察

今日は良い天気でした。父親が使っていた古い耕運機を、下取りしてくれるというので、朝一販売店に持って行きました。とても重く、一人では車に乗せられませんので、家族に手伝ってもらいました。。処分してもらえる上に、900円戻って来ました。有難い事です。

このところ、いろいろな用事があって再生畑と散歩道くらいでしか植物観察が出来ません。そいう時に山野を歩くと、新しい発見があって楽しいです。

apa040885 apa040889

クロヤツシロランの自生地で見付けた冬虫夏草「ハナサナギタケ」です。このエリアでは、これが二度目の出会いです。

apa030673 apa030672

サンショウの果実も赤くなり、一部種子が飛び出していました。サンショウは、ミカン科になります。果皮の粒つぶがミカンを連想させますね。

Apa010571

再生畑には、イヌゴマの花が咲き残っていました。仮払い機で伐採した株の、返り咲きかも知れません。

apa010640 apa010639

こちらは、アキノノゲシです。優しい色合いが良いですね。葉を切ると白い液が出て来ます。キク科アキノノゲシ属・・なんとレタスもアキノノゲシ属です。そういえば、レタスも白い液が出て来ます。

Ap9290492

ヤブマメの花も盛りです。花は綺麗ですが、地上の節果と閉鎖果だけでなく、地中にも閉鎖果をつけます。地中の閉鎖果も掘り起こす必要があり、除草対象の中でも厄介な部類に入ります。

明日は、地域行事の駐車場係をやらなければなりません。土・日は、他にもやらなければならない事が多いので、辛い・・。

2019年9月11日 (水)

アキノギンリョウソウと青いキノコ

今日は小学生との観察会でした。みんな熱心に、私の下手な解説を聞いてくれて嬉しかったです。まだ学校で学んでいない光合成を、ちゃんと言える子がいました。そこで、簡単に光合成をしない植物の話をしました。実物を見ないと分かり難いので、探しながら歩いていると・・。

ap9110644 aak3

子供たちが見つけてくれました!アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)です。

ap9200231 ap9200234

良く似たギンリョウソウは、場所によってピンクがかったものを見る事があります。このアキノギンリョウソウも、ご覧のようにピンク系のものがあります。

ap8161540 ap7243701

アキノギンリョウソウとギンリョウソウは、花期の姿は似ていますが果実が違います。アキノギンリョウソウは蒴果(左)、ギンリョウソウは液果(右)です。シャクジョウソウと似ていますが、シャクジョウソウは複数の果実をつけ、アキノギンリョウソウは一つの果実をつけます。いずれも、旧分類体系ではイチヤクソウ科或いはシャクジョウソウ科でしたが、イチヤクソウと共にツツジ科に改められました。

ap9110654 ap9110657

次は、青いキノコです。青いキノコには、ロクショウグサレキン(柄が中心にある)やロクショウグサレキンモドキ(柄が偏っている)があるそうです。これは?

ap9131055 ap9131051

以前撮った写真も掲載します。花もキノコも、青い色のものは不思議な魅力がありますね。

ap9131044 ap9131060

私の探索範囲では、いろいろなキノコを目にしますが、この色のキノコに出会う事は稀です。

Ap121765

こちらは、比較的低山出会いました。上のキノコよりずっと小さいタイプです。ヒメロクショウグサレキンと教えて頂きました。

ap121776 ap121777

接写してみました。

このところ、山野を歩く機会が少なく、LAN-DISKの蔵出し画像が多く登場しています。DISK内のフォルダ整理を始めましたが、撮ってすぐにやっておかないと、返って手間がかかりますね。

2019年8月31日 (土)

🍄キノコと変形菌

富士山麓でも、段々🍄が見られる季節になって来ました。この日出会った変形菌と併せて、少しだけ掲載します。

Bimg_6803

ブナの枝に生えていた🍄です。白っぽく透明感のある傘でした。柄に鍔はありませんでした。何でしょう?→ヌメリツバタケと教えて頂きました。

bp8310086 bimg_6776

左は、久々に見たミミブサタケです。以前見た時は同じ場所で微妙に色が違っていました。子実体が姿を現してから、時間の経過と共に色が変化するのでしょうか?右は、彼方の木に生えていたキノコです。遠くから目を惹きました。

Bimg_6786

近づいて見ると、傘表がオレンジ色のマスタケに似ています。仲間でしょうか?→エゾハリタケと教えて頂きました。

bp8310106 bp8310101

スッポンタケなどに似ていて、先端のヌメリがとても臭いキノコです。傘状の付属体が無いので、キツネノタイマツではなくキツネノエフデでしょうか?右は、臭いヌメリ部分が取れた後だと思います。→キツネノロウソクと教えて頂きました。

次は、変形菌です。

bp8310108 bp8310110

ツノホコリの仲間もありましたが、この日はこれだけ撮りました。アミホコリの仲間に似ていますが、以前見たものは柄が上を向いていました。ここでは、下向きで垂れ下がったようになっています。

bp8310115 bp8310114

カメラの向きを変えて撮ってみました。もしかしたら、クモノスホコリの仲間でしょうか?ご存知の方教えてください。

「環境依存文字:パソコンの種類や環境(OS)に依存し、異なる環境で表示させた場合に、文字化けや機器の誤作動を引き起こす可能性のある文字の事」とあります。今日は、キノコの環境依存文字を使ってみました。私のPCでは、傘の部分に赤い模様のあるベニテングダケに似たようなキノコが表示されています。皆さんのPCでは、どんなふうに表示されているでしょうか?

2019年8月 4日 (日)

変形菌とキノコ

朝から暑い!一日に何度「暑い!」と言っただろう?

今日は、最近見た変形菌と面白いキノコを集めてみました。

Ap7251759

まずは変形菌から・・。ウラジロモミらしき倒木に生えていました。ツノホコリかと思って近づくと、形が丸い・・。タマツノホコリのようです。

Ap7251771

こちらは、分岐していますからエダナシツノホコリではなく、ツノホコリのようです。

Ap7251764 Ap7251765

左がタマツノホコリで、右がツノホコリだと思います。

Ap8030502

義母の家に行ったついでに、立ち寄った林内で見ました。萌の散歩道で出会ったものと少し違うような気がします。

Ap8030504 Ap8030503

うっかり、手につけてしまいました。ちゃんと洗っておかないと、変形菌を身体に纏ってしまうかも?それにしても不気味でしょ?

Ap7251807

次はキノコです。この橙色のキクラゲのようなものは、コガネニカワタケでしょうか?キイロニカワタケは、古くなると白色透明になり、コガネニカワタケは橙色になるそうです。
先日、初めて野生のキクラゲを食べました。もちろん家族は手を出しませんが、歯応えがあって美味しかったです。

Ap7211583 Ap7211582

こちらも、似た色彩の小さなキノコです。萌の散歩道でも見る事があるビョウタケです。横から見ると、鋲よりボタンに似ていますね。

Ap7211569 Ap7211570

こちらは何というキノコでしょう?Web図鑑で見ると、サガリハリタケに似ています。

Ap7201442

こちらのキノコは、小さな内はホコリタケかと思っていたら、もっと大きくなってジャガイモのようになりました。

Ap7231751 Ap7201471

そして、ついに噴火しました。火薬のような胞子ですね。こんなのが、彼方此方に増えたらどうしよう・・。ノウタケにも似ていますが、ノウタケは噴火前に皴が寄って、まさに脳のようでした。キノコの名前の分かる方、教えてください!

2019年7月24日 (水)

変形菌(7月下旬)②

今日は、役所で諸手続きを行って来ました。これで一安心です。それにしても暑かった!他地域は梅雨明けのようですが、東海地方はまだ?

Ap7211599 Ap7211591

似ているけど、少し感じが違います。どちらもツノホコリ属?

Ap7201385 Ap7211593

どちらも、表面に胞子らしきものが見えています。ツノホコリ属のようですが、見比べるとツノの太さが違います。

Ap7201396 Ap7120546

こちらも似ているけど・・。左が比較的若い子実体で、右はかびているようだけど胞子を飛散している子実体でしょうか?

Ap7201423 Ap7231737

ムラサキホコリの仲間でしょうか?右は、上と同じくカビで覆われたようになっています。

Ap7140917

こちらも、ムラサキホコリに似ていますが艶があります。子実体になったばかりでしょうか?手前には、マメホコリの仲間が写っています。以前見たものより小さいので、コマメホコリでしょうか?

Ap7231749 Ap7231736

マメホコリの仲間も、カビで覆われたようになっています。

Ap7140913

透けたように見えるけど、胞子を飛散させた後の姿でしょうか?

Ap7231734 Ap7231725

5段目の数日後の様子です。右はモジホコリの仲間?

Ap7120550

モジホコリの仲間?も、カビのようなもので覆われています。全体が白く覆われているのはどれもカビでしょうか?ご存知の方教えてください。

Ap7140907

こちらは変形菌?それともカビ?
いつか誰かが助け舟を出してくれるとの思いから、分からないものでも掲載しています。宜しくお願い致します。

より以前の記事一覧