他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

茸と菌糸

富士山麓で出会ったキノコ②

続きです。

【ビョウタケの仲間】

Dp9131013

この小さな黄色いものは、粘菌かと思ったらビョウタケの仲間ようです。

Dp9131014 Dp9110671

上と左は山麓で出会いましたが、右は、亜高山帯の針葉樹に生えていたものです。似ていますが、色合いが少し違うようです。「ビョウタケは若干橙色、モエギビョウタケは鮮やかな黄色」とあります。上と左はビョウタケで、右はモエギビョウタケでしょうか?萌葱・・萌の登録名と同じです。

【ヒトヨタケ科キララタケ?】

Dimg_8553

落葉広葉樹林の倒木に、びっしり生えていました。

Dp9131232 Dp9131233

イヌセンボンタケを思い浮かべましたが、色が違いますね。傘の表面が細かい粉で覆われていて、私の図鑑ではキララタケの幼菌に似ています。

【モエギタケ科スギタケモドキ?】

スギタケに似たキノコ・・。

Dimg_8362

良く見かけるのは、下のような姿ですが、こちらは傘が開いています。

図鑑を見ると、これに似たキノコは、スギタケ、スギタケモドキ、ヌメリスギタケ、ヌメリスギタケモドキ、ツチスギタケなどが掲載されています。この内で、スギタケとツチスギタケは地上に生えるそうですから、除外されます(※図鑑によっては、スギタケが枯れ木に生えると書かれたものもありました)。

Dimg_8361

こちらは傘が開いておりませんでしたが、近くに生えていて、イボの感じなどが似ています。

Dimg_8530

横からも撮ってみました。柄も似た感じですね。

幼菌の時の傘の突起(図鑑では、トゲ状のささくれ)からすると、スギタケモドキではないかと思います。

【不明】

Dp9131247 Dp9131244

落葉広葉樹林内に、白いキノコが沢山生えていました。ブナハリタケかと思って近づくと、傘の裏に針が無い・・。

Dp9131246 Dp9131299

裏側の様子・・柄が無くスギヒラタケに似ていますが、この木はスギではありませんでした。何だろう?

右は、隣に生えていたホウキタケの仲間です。カレエダタケでしょうか?

【変形菌?】

Dp9131111 Dp9131120

この小さな粒粒は、変形菌でしょうか?

キノコの記事はこれでお終いです。山野を歩いて何年かになりますが、同じ場所でも初めて出会うキノコがいろいろあります。食用になるか否かは別として、キノコの観察も楽しいものです。

「?」マークばかりで恐縮ですcoldsweats01。名前の分かる方、教えてください。

富士山麓で出会ったキノコ①

今日は雨・・少し寒かったので、萌の散歩はレインコート着用です。不法投棄監視パトロールを、昨日やっておいて良かった!

先日、ある植物の果実を探して、西臼塚~浅黄塚~水ヶ塚辺りを歩きました。その時出会ったキノコを集めてみました。それにしても、今年はキノコが少ない・・。天候不順の影響だろうか?

【ロクショウグサレキンモドキ】

Dp9131041 Dimg_5263

林内では、あまり見かけない色彩が目に入りました。ズキンタケ科ロクショウグサレキンモドキの子実体だと思います。富士山麓を歩いていると、青いペンキを塗ったような枯れ木を見かけます。これは、ロクショウグサレキンやロクショウグサレキンモドキの菌が繁殖したものだそうです。

Dp9131055 Dp9131051

綺麗な色でしょ?ロクショウグサレキンとロクショウグサレキンモドキの違いは、柄が中心についている方が前者、中心からズレている方が後者だそうです。この子実体は、中心からズレていましたので、ロクショウグサレキンモドキだと思います。

Dp9131044 Dp9131060

何故かピントの合わせ難いキノコです。キノコの名前に「腐れ」って、なんか変・・。

【ズキンタケ】

Dp9131135 Dp9131134

同じく、ズキンタケ科のキノコです。傘の色が、黄色味を帯びたものも見かけます。食べられるそうですが、稀に数本見つかるだけなので、とても食べた気になれませんね。

【チシオタケ】

Dp9131310

この傘の形と色具合を見て、以前ブログを訪問してくださった方から教えて頂いたチシオタケだと思いました。

そこで・・。

Dp9131309 Dp9131312

可哀そうだけど、小枝で傘を傷つけてみました。すると、血がにじんだようになりました。

私は、キノコの名前が殆ど分かりませんが、図鑑だけでなく現物を見ると、言葉で表現出来ない微妙な色具合や質感などを知る事が出来ますね。

【ムラサキアブラシメジモドキ?】

Dp9131104 Dp9131103

今年はこのキノコもあまり見かけませんが、例年この時期になると彼方此方に生えて来ます。柄も傘も紫色で、傘にぬめりがありますので、ムラサキアブラシメジモドキではないかと思っているのですが・・。

【ヌメリツバタケモドキ?】

Dp9131126 Dp9131121

傘にぬめりがあり、透明感のあるキノコです。ヌメリツバタケかと思ったのですが、ヒダが乱れているのでヌメリツバタケモドキかな?

右には、キノコを食べにやって来たと思われるザトウムシが写っています。ザトウムシがキノコを食べている所を幾度か見た事があります。こんな小さな体で大食漢のようです。

キノコの名前、間違っていたら教えてください。

キノコいろいろ(富士山)

標高1,200m辺りで、出会ったキノコを集めてみました。

Xp9040017

ニカワハリタケ・・苔むすウラジロモミの倒木に生えていました。傘の裏に、猫の舌のような突起があります。食用になるそうです。スギやヒノキの間伐材で、栽培出来ないだろうか?

X1504693355 X1504693433

一般的には、左のような淡い褐色の傘ですが、中には右のような白いものもあります。ニカワハリタケは時々出会っていましたが、数が少なく持ち帰る事はありませんでした。でも、この日は結構集まりましたので、採って来ました。

軽く湯がくと、海草のような変な臭いがしました。酢の物や、スイーツにすると書かれていましたので、渋い顔をしている炊事当番に調理を依頼しました。まだ食べておりませんので、感想は後日・・。

Xp8222438 Xp8222440

枯れ枝に生えているのを良く見かけます。粘菌かと思っていたのですが、ツノマタタケの仲間のようです。

Xp9040046 Xp9040050

以前も掲載したこの小さなキノコ・・なんという名前でしょう?

Xp9040098 Xp9040177

ホウキタケの仲間も、いろいろな種類がありますね。図鑑を見ても良く分からない・・。

Xp9040140 Ximg_8069

黄色いキノコです。右は鮮やかな黄色ですね。

Xp8222348 Xp8222350

真紅のキノコ・・目で見た色と同じように写すのは難しいですが、私にしては上出来だと思います。アカヤマタケ属のキノコでしょうか?

名前の分かる方教えてください。

ちょっと不気味な植物観察

今日も午後から雨・・困ったものです。

また女性の訪問者を減らすようなタイトルですが・・。

【不明な植物】

Ap8222420

一見、ヤマウツボかと思うような姿でした。

Ap8222424 Ap8222428

拡大して見ると、百合の鱗茎のような感じです。

これは何でしょう?

【アキノギンリョウソウ】

Ap8222456 Ap8222443

彼方此方で、このような姿が見られました。アキノギンリョウソウは、別名ギンリョウソウモドキと呼ばれています。でも、ギンリョウソウ属ではなく、少し前に登場したシャクジョウソウ属になります。

ついでに付けたような名前ではなく、一茎一花なので、イチリン(咲き)シャクジョウソウなんてどうでしょう?

【ロウタケ】

Ap8222361 Ap8222446

林内を歩いていると、このようなものを見かけます。これはロウタケ科ロウタケ属のキノコです。普通のキノコのように、子実体を作らない変わり者だそうです。

【キバナノショウキラン】

A1503391157 Ap8222378_2

季節の移ろいは早く、少し前に花を掲載したばかりのキバナノショウキランも、果実を付けていました。中には、茎が腐食してしまったものもあります。

ちょっと不気味なものばかりなので、少し可愛い花を掲載します。

【コフウロとゲンノショウコ】

A1503391898 A1503391844

似た花ですが、こうして並べてみると違いが分かりますね。左がコフウロ、右がゲンノショウコです。ただ花弁の形は、個体毎に違いがありますので、この写真だけでは参考になりません。

◇訪問者の方にお願い◇

富士山南麓、愛鷹山西麓付近で、次の果実(熟したもの)を探しています。

ギンリョウソウ:ゲゲゲの鬼太郎に登場する目玉おやじのような果実

キヨスミウツボ:白い粒に触ると、プニプニするようになった果実

キバナノショウキラン:果実が十分膨らみ、茎や花(果実)柄が腐食し始めたもの

上記解説は、熟した状態の目安を記載しました。この状態になる前でも結構ですので、ご存知の方、おおよその場所を教えてください。

yamabudou@hotmail.com

休耕畑②の自然観察

休耕畑①の伐採は終わり、メンテナンス(草刈り・草取り)段階になりましたので、更に面積の大きい休耕畑②の伐採を再開しました。

Ap8212280

伸びた茶ノ木の上に、クズが繁茂しています。見る度、途方に暮れてしまいます。でも、やるしかありません。

作業の合間に自然観察してみました。

【植物観察】

Ap8212230

難敵・・クズの蕾です。伐採した茶ノ木に蔓が絡みついて、引き出すのに体力が必要です。

Ap8212232 A1503308526

こちらも我が物顔で繁茂しています。ヨウシュヤマゴボウです。

Ap8212236 Ap8212229

休耕田①に比べて、異常な大きさに育っているのは、ベニバナボロギクです。私の背丈を遥かに超えています。

この植物は、蕾の初期に上を向き、開花時期になると下を向き、花が咲きます。

Ap8212226 Ap8212240

受粉すると上を向き、やがて種を飛ばします。面白いですね。

Ap8212144 Ap8212146

こちらは、キツネノカミソリです。

Ap8212147 Ap8212265

日照の良いところと薄暗い所では、花色がかなり違います。

Ap8212171 Ap8212176

一休みしていて目に入った小さな花・・コカモメヅルでしょうか?

Ap8212211k Ap8212178

これは、刈り取らずに保護する事にしました。

Ap8212165 Ap8212152

キノコを発見!右はホコリタケの仲間のようです。

Ap8212154 Ap8212158

小枝から菌子束が出ていました。右がこの菌子束の子実体だろうか?

【生き物観察】

Ap8212193 Ap8212194

イシミカワの蔓に集っていたこの虫は?Web検索すると、ベッコウハゴロモに似ている・・。

Ap8212261 Ap8212262

こちらは髭を生やしたような蜘蛛です。頭の上にも目があるようですね。

最後に・・。

Ap8212275k Ap8212252

笹を伐採しようと思ったら、カエルがいました。いつも見ているのは模様が無いけど、モリアオガエルだと思います。次回行った時、水場を作ってやろうと思っています。プラ桶でも良いかな?

休耕畑の再生は、孤独で大変な作業です。でも、夢のある作業だと思います。なかなか進まず、夢が遠のいてばかりですが・・。

ちょっと不気味な自然観察

薄暗い林内を歩いていると、不気味なものに出会う事が多い・・。

【ヤクシマヒメアリドオシランに集る虫】

Zp8090919 Zp8090931

赤っぽい蟻と思ったら、バッタの仲間にも見えます。ヤクシマヒメアリドオシランの萼片と比べてみてください。蟻と間違えそうな大きさです。

Zp8090935 Zp8090934

わき腹を撮ってみました。セミの口と似たストローのようなものが見えています。この虫は何でしょう?

【粘菌/変形菌】

Zp8090836 Zp8090838

時々見かけるこの黄色い物体は、モジホコリ科の変形菌らしい・・。

Zp8090837 Zp8090841

上左をズームしてみました。バクテリアやカビなどの餌を求めて動き回るそうです。もっとも、肉眼では確認出来ないくらいゆっくり移動するそうですが・・。

その近くには、右の物体が生えていました。ヒノキの葉やチョウチンゴケの葉と比べてみてください。

Zp8090840

これも変形菌の子実体だと思うのですが・・。Web図鑑を見ていたら、目が痛くなりました。変形菌の図鑑を買わなくては!

【カメムシタケ(冬虫夏草)】

少し前の記事で、カメムシタケを掲載しました。何と、今日は一時間くらいの間に4本のカメムシタケと出会いました。

◎1本目

Zp8141595 Zp8141603

道端でマツカゼソウの写真を撮っていると、隣のヒノキ林で赤いマッチ棒のようなものが目に入りました。少し前にも登場したカメムシタケの子実体(キノコ)です。この個体は、写真だけでカメムシの姿を確認しませんでした(掘り起こしませんでした)。

◎2本目

別の場所で・・。

Zp8141631a

こちらはちょっと大きめのカメムシです。落葉広葉樹林に生えていました。

Zp8141634 Zp8141632

先端部とカメムシを接写。先端部が、少し変わった形をしていますね。

◎3本目

Zp8141746

針葉樹林・・スギの林に生えていました。

Zp8141749 Zp8141748

カメムシは、前回見たものと似た緑色です。

◎4本目

Zp8141776

初めて見るハート形の子実体です。アシボソノボリリュウタケと似た形です。こちらは、落葉広葉樹林に生えていました。

◇1本目以外は、標本採取して来ました。

Zp8141779

2本目と4本目。

Zp8141778

3本目。

変なものばかり掲載すると、女性の方が訪問してくれなくなってしまいますね。でも、自然観察の面白さは、綺麗な花よりもむしろこんなものの中にあると思います。ご理解くださいcoldsweats01

赤色植物

遅れて来た梅雨のような日々が続いています。でも、物好きは多少の雨なんか気にしません。・・という事で、霧雨降る林内を探索して来ました。

この記事では、薄暗い林内で気になった赤色の植物を集めてみました。

【ツチアケビ】

Aimg_7004

このエリアでは、初見です。赤いウインナーのような果実が生っていました。

Ap8121492 Ap8121490

果肉の中に種を宿し、野鳥などに食べられて運ばれるそうです。獣道脇で出会う事が多いから、シカやイノシシなんかも食べるのかな?

【タマゴダケ】

Aimg_7013

私が知る、数少ない食用キノコです。家族は、いまだに手を出しませんが・・。

Ap8121525 Ap8121527

赤い傘を見なければ、そうだと言い切れませんが、左はたぶんタマゴダケです。右は卵の殻(壺)から傘が頭を出したところです。

Ap8121518 Ap8121516

こちらは茎(柄)が伸び始めています。

Ap8121523 Ap8121524

更に伸びて特徴ある柄が良く見えます。右は、杉の枯葉を取り除いたら傷付いたので、Beforeの写真を掲載します。傘が開くと何かに食べられるようで、他のものは少しずつ傷付いていました。全部で8本見つけました。

【ホンゴウソウ】

A1502525847 Ap8121434

雄花が開花しているか覗いてみました。白い点のようなものが葯です。右の写真の中央下の花は白くなっていますが、カビが付いたと思われます。セミの死骸を覆いつくすカビと同じかな?

Ap8121457 Ap8121427k

左は開花して間もない雄花と、茶色くなった雄花が写っています。かなり画質が荒くなりますが、10倍ズームしてみました。

上左の写真に、スギの葉(爪)が写っていますので、この花が如何に小さいかお分かりいただけると思います。研究者は、この雄花先端の球状突起の数の違いで、新種を発見したそうです。恐ろしい人達ですね。

明日も天気が悪いようです。きっと、趣味の野菜畑は草だらけ・・覗くのが恐ろしいです。雨なら、車庫内のペンキ塗りでもしようかな・・。萌の小屋は、昨日塗り終りました。人が寝転がれるくらいの奥行きがあるので、結構大変でした。これで、萌と私が旅立つ頃までは、持つと思います。

トンボソウとカメムシタケ

今日は、彼方此方のお墓参りをして来ました。それにしても暑かった!今夜も熱帯夜で、睡眠不足になるかもしれない・・。

タイトルのトンボソウとカメムシタケ(冬虫夏草)は、同じ林内に生えていただけの関係です。

【トンボソウ】

Ap8091093 Ap8091011 Ap8091089

この林内では、トンボソウが生えており、道を隔てた隣の林内では、オオバノトンボソウが生えています。オオバノトンボソウの花が萎れ、花柄子房が膨らみ始めた頃、トンボソウの花が咲き始めます。

この野生ランも、老眼泣かせの小さな花を咲かせます。野生ランは、どうして小さな花ばかり咲かせるのでしょう?

Ap8091067

花を接写してみました。図鑑には「唇弁はT字形」と書かれています。唇弁の小さな突起を見ると、牛の舌のような感じがします。

Ap8091057 Ap8091018

唇弁の形も、個体毎に少しずつ違っています。

Ap8091071 Ap8091025

横顔は、ピンボケが激しくなってしまいました(←老眼のせいです)coldsweats01。唇弁の先が前に反っています。「距は細長く、下垂れしつつ前に反る」とあります。図鑑の解説を書く人も大変ですね。

◇ちょっと勉強

以前は、トンボソウ属とされる事もあったようですが、DNA情報による検証の結果、ツレサギソウ属に含めるのが適当と判断されているそうです。最近では、新種などの鑑定も、楽になったのでしょうか?

【カメムシタケ】

Ap8090983k

薄暗い林内で、このオレンジ色のマッチ棒の頭のようなものが目に付きました。そっと引き抜いて見ると、根元にカメムシが付いていました。

Ap8090982k

先端部を拡大してみました。

Ap8090989 Ap8091000

オレンジ色の先端部に胞子が出来、この形からミミカキタケとも呼ばれるそうです。

右は、キノコの柄が出ている所を写してみました。胸と腹の繋ぎ目の部分から出ています。

Ap8090985 Ap8090987

左の写真で、下側の黒い部分が柄になります。冬眠のために地面に潜ったカメムシが、カメムシタケの菌に感染して養分を吸い取られ、やがてこのキノコの姿(子実体)になったものだそうです。菌従属栄養植物はキノコを食べて成長し、このキノコ(カメムシタケ)はカメムシを食べて成長している・・恐ろしいエイリアンのような奴ばかりですねbleah

◇こちらも勉強

私は、虫から出るキノコは、みんな冬虫夏草と呼んでいました。でも、本場の中国や薬学の分野では、オオコウモリガの幼虫に寄生して発生するキノコの一種を冬虫夏草と呼び、他のものと分けて考えているそうです。

冬虫夏草は、薬膳料理や漢方薬として利用されているそうですが、本当に薬効があるのでしょうか?なんか、体が悪くなりそう・・wobbly

小雨降る林内で出会った植物

今日は、予報通り昼頃から雨が降って来ました。小休止したと思い気を緩めると、ずぶ濡れになってしまいます。台風、無事通過してくれると良いのですが・・・。

ヒナノシャクジョウを観察に行った林内で、出会った植物を集めてみました。

Ap8020288 Ap8020290

コクランの花が、まだ少しだけ残っていました。唇弁や側萼片が緑地に暗紫色です。これが我が家の周りで一般的に見られる花色です。蕊柱の部分を見てください。宇宙人が乗っています!

Ap8020276 Ap8020277

こちらは、唇弁や側萼片などが赤紫色の花です。コクランはラン科クモキリソウ属(Liparis)です。比較的目にする事の多い植物ですが、変わり者の多い野生ランですから、花の観察をして歩くのも楽しいと思います。

1502091262_2 1502091072

左はコクランの蕊柱(ずいちゅう:オシベとメシベが合体したもの)を接写してみました。

そして、近くの杉の枯葉に根状菌糸束が姿を現していました。この子実体(キノコ)は、どんな姿だろう?

1502091381 1502091187

子実体も幾つか見受けられました。左はアカイボカサタケかな?

右は、杉の枝などに出ていたキノコです。名前は分かりません。

Ap8020162 Ap8020163

傘と茎(柄)を接写してみました。傘は白く透明感がありますが、付属体が付いています。茎は透明感があり、沢山の腺毛があります。

Ap8020122 Ap8020199

ホウキタケの仲間も生えていました。枝先が青色です。Web図鑑では、トビイロホウキタケに似ています。

そして、右はキノコではなく菌従属栄養植物・・根でキノコなどの菌類の菌糸を消化して暮らしている・・一方的に栄養を奪い取る、いわばキノコを食べて生きている植物です。とんでもない奴ですね。

Ap8020215 Ap8020213 Ap8020194

この植物の名前は、ホンゴウソウです。ヒナノシャクジョウと生育条件が同じなため、かなりの高確率で混生するそうです。上の小さな粒が雄花で、下の毛の生えた金平糖が雌花です。

とっても小さな植物である上に、堆積したスギの葉などの薄暗い林床では、探すのが大変です。ヒナノシャクジョウ→ホンゴウソウの順で探す事になります。

ナギラン(富士市)

少し前の記事で、ナギランを掲載しました。それは、私の住む富士市より西の地域に咲いていたもので、友人に案内していただきました。

杉野先生の「静岡県産 希少植物図鑑」に「伊豆・東部・中部・西部に記録がある。西部は各地にある。他地域は少ない。」と書かれています。記録はあっても、富士市では見る事の出来ない野生ランだと思っていました。

ところが・・。

Nagiran_6 Nagiran_5 Nagiran_4

小雨降る林内を歩いていると、この個体が目に入りました。こんなところで出会うとは・・。花は終盤を迎えていましたが、この2花が残っていなければ気付かなかったと思います。

不思議なもので、前記事のナギランと同じく、このナギランにも幾度かニアミスしていたのです。

Nagiran_7 Nagiran_1

花を接写してみました。白地に紅紫色の斑紋が入ります。

Nagiran_8 Nagiran_3

ナギランは、送粉者によって受粉するそうですが、自動自家受粉もするそうです。そんな訳で、受粉の手助けはしませんでした。無事、果実が生ってくれると嬉しいのですが・・。

ついでに・・。

Tamago1 Tamago2

近くで、今季初のタマゴダケを発見!このキノコは、低山から亜高山帯まで(標高差2,000mくらいの範囲で)生えます。

この日は、短時間の間にナツエビネとナギランに出会う事が出来ました。正直、この場所で出会えるとは、思いもしませんでした。山の神様に感謝です。

より以前の記事一覧