他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

果樹野菜

趣味の果樹畑(6月中旬)

10日ほど前になりますが、数ヶ月ぶりに趣味の果樹・野菜畑を覗いて来ました。再生畑①で野菜栽培を始めたため、こちらは放置状態でしたので、予想通り草ぼうぼうでした。

そんな中でも、果樹は花を咲かせ実をつけていました。

Ap6121986 Ap6121995

別の場所に植えたクリの花はとうに落ちてしまいましたが、こちらではまだ咲いていました。品種による違いなのか、かなり開きがあります。

Ap6121987 Ap6121988

クリは、雌雄異花ですが全ての穂状花序(すいじょうかじょ)に雌花が付くわけではありません。左は雄花だけの花序、右は付け根に雌花を付ける花序です。雄花の密度が違いますね。

Ap6121980

こちらが雌花です。栗の赤ちゃんです。

Ap6121969 Ap6121961

ナシとリンゴも生っていました。ナシは、自家受粉を嫌うという事で、今迄殆どならなかったのですが、別の木に花が咲くようになって、受粉率が上がったようです。本当は、人工授粉しなければならないのですが・・。

Ap6121952 Ap6121965

柑橘類も小さな果実が生っていました。左は夏ミカンの仲間、右はスダチかカボスだだったと思います。

Ap6121906 Ap6121913

ブルーベリーとスグリです。スグリは、富士山の樹上に生えるヤシャビシャクの仲間です。甘酸っぱい味がします。

Ap6121925 Ap6121927

ザクロも、沢山の花を付けていました。

Ap6121930 Ap6121933

蕾から開花まで撮ってみました。今年は幾つ実が生るだろうか?

◇植物目録に関して

植物目録の学名などの見直しは、種子植物に次いでシダ植物もほぼ終わりました。富士市で確認されているシダ植物は、手元にある資料では現在228種類になります。

実は、あるWebシダ植物図鑑を参照に、学名と科・属名の見直しを一通り終えていました。ところが、Ylistや日本維管束植物目録で再確認すると、標準学名だけでなく、科・属名に関しても、かなりの違いがあったのです。そこで、Ylistを参照して全て見直す事にしました。一度終えたものをもう一度やるというのは、辛い作業です。

シダ植物は、交雑種も多く、資料に記載された和名がYlistや日本維管束植物目録に掲載されていないものもあります

科・属名の見直しが終わりましたので、この先は、科名による検索表や同定のポイント、主要図鑑の掲載ページなどを追記していく予定です。まだまだ先は長い・・。

再生畑①五月中旬

今日の午前中は、梅雨入りしたような空模様でした。それに蒸し暑い!

再生休耕畑①・・果樹・野菜・山菜などを栽培し始めましたので、休耕を外して再生畑①と呼ぶ事にしました。この時期は、メンテナンス(草取り)が大変・・。

Ap5170480 Ap5170423

左はジャガイモとソラマメ、右は晩生のタマネギです。

Ap5170428 Ap5170434 Ap5170513

ソラマメの莢は、当初右のように空を向いています。やがて、莢が膨れ左・中のように下を向いて来ます。そして、莢の背筋が黒くなって来たら収穫時期だそうです。

初めての頃は、収穫時期が分からずに傷み始めた頃採ったりしていました。

Ap5170502

ソラマメは初心者向きとの事なので、毎年ビニルポットの種蒔きから栽培しています。今年は、普通種、大粒種、長莢種、赤豆種を植えました。アブラムシの集りやすい野菜ですが、基本的に無農薬で栽培しています。

Ap5170484 Ap5170483

こちらは、ジャガイモの花です。花は、出来るだけ切り取った方が良いそうですが、あまりマメに取る事はありません(気にしていません)。上の花はメイクイーンだと思います。

Ap5170426 Ap5170489

こちらは、イモの外皮が赤いタイプだと思います。

この他に、紫色の品種も植えてあります。茹でた時、ピータンみたいな色になりますが、見た目とは裏腹にとても美味しいです。

Ap5170469 Ap5170473

ミニトマトの花です。今迄、同じ種類だけ植えていましたが、今年はそれ以外に糖度が高いと書かれた高級品を、4種類植えてみました。

Ap5170475

品種により、花も少しずつ違っています。

Ap5170476 Ap5170465

果実が生り始めていました。収穫が楽しみです。

Ap5170450 Ap5170492

初心者向き野菜の定番・・サトイモも元気そうです。昨年、連作障害を嫌い趣味の野菜畑から、こちらに移植しました。その効果はテキメンで、私の背丈を超すくらいに育ちました。連作障害が如何に怖いかを知りました。

右は、家族が好きなパプリカです。そろそろビニルの囲いを外しても良いかな?

素人農業も、少しずつ進歩していると思っています。悩みの種は、今迄使っていた趣味の野菜畑と果樹畑です。このところ、放置状態になっています。行くのが怖い・・。

シロバナノヘビイチゴとヘビイチゴ

ヘビイチゴの名を持つ植物・・シロバナノヘビイチゴとヘビイチゴを観察してみました。

Ap5061910

この写真には、シロバナノヘビイチゴとヘビイチゴが写っています。これは我が家の裏庭です。シロバナノヘビイチゴは、数年前に5~6株植えたものが、繁殖して1㎡以上に広がっています。イチゴは匍匐茎(ほふくけい/ランナー)で増えます。上の写真に写っている蔓状の茎です。

Ap5061912 Ap5061911

左がシロバナノヘビイチゴ、右がヘビイチゴです。こうして見ると葉の形はかなり違いますね。葉色も少し違います。

Ap5061927

こちらはシロバナノヘビイチゴの花です。

Ap5061906 Ap5061931

横顔と実(※)です。

Assa053

実(※)は赤く熟し、食用になります。小さいけど、とても良い香りがして美味しいです。

バラ科オランダイチゴ属シロバナノヘビイチゴFragaria nipponica Makino)。

※実と書きましたが、種のような粒粒が果実(痩果)で、赤い部分は花托(花床)の発達したものだそうです。美味しく食べているのは、花の一部という事になります。

そして・・。

Ap5061924

こちらはヘビイチゴの花です。名前にそぐわない綺麗な花ですね。

Ap5061926 Ap5061781

実を撮ってみました。左側の周囲にある葉のようなものは、副萼です。何となく可愛いでしょ?こちらも球形の花托の表面につく粒粒が痩果です。有毒ではないそうですが、スカスカして美味しくありません。

バラ科キジムシロ属ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo Yonek. et H.Ohashi)。

シロバナノヘビイチゴとヘビイチゴは似た和名を持ちますが、片やオランダイチゴ属、片やキジムシロ属に分類されています。オランダイチゴ属は、一般的にイチゴ(Strawberry)と呼ばれる仲間です。

カラスノエンドウとエンドウ

今日は、畑の除去対象植物(雑草)カラスノエンドウと再生休耕畑①に植えたエンドウ(エンドウマメ)を、観察してみました。

【カラスノエンドウ/ヤハズエンドウ】

Ap4160044 Ap4160050

とっても小さな花です。植物学の世界では、ヤハズエンドウが標準和名として使われていますが、私は馴染みの深いカラスノエンドウで呼んでいます。

Ap4141083 Ap4160053

花柄はとても短い。花も果実もエンドウに似ていますが・・。

Ap4160067 Ap4160069

葉の付け根の付属体・・托葉です。托葉は、何のためにあるのでしょう?調べてみると「芽生えの時の葉身を保護する役割」があるそうです。それと、カラスノエンドウは、托葉の部分に暗紅色の花外蜜腺があると書かれていました。

マメ科ソラマメ属ヤハズエンドウ(Vicia sativa L.  subsp. nigra (L.) Ehrh.)。

Ap4160045

上右の写真に写っている虫をズームしてみました。目が赤い・・。これってアブラムシだと思うけど、羽の無いものと羽をつけたものを見かけます。調べてみると、面白い事が分かりました。

◇少し勉強

アブラムシは、メスだけで大きなコロニーを作って増え、餌を食べ尽くすと羽のある種類を産んで他の場所へ移動していくそうです。また、アブラムシの好む色は、鮮黄色、次に黄緑色やオレンジ色で、苦手な色は白色や銀色と書かれていました。銀色のテープを張ると、羽のあるアブラムシ避けに効果があるそうです。

【エンドウ/エンドウマメ】

Ap4141098 Ap3191277

昨年秋、ソラマメと一緒にエンドウの種をポットに蒔きました。蒔く時期が早かったのか、成長し過ぎて寒さで傷んだ株もありましたが、何とか冬を乗り越え沢山の花を咲かせています。近隣の畑のエンドウに比べて、倍以上の丈(1,5mくらい)に成長しています。

Ap4150014 Ap4141104

少し下向きに咲くので、正面顔が撮り難い・・。

Ap4160082 Ap4160059

左の写真を見てください。こちらの托葉はずっと大きいですね。そして、カラスノエンドウに比べて花柄も長いのが分かります。

右の写真は、エンドウとカラスノエンドウの花を並べてみました。

Ap4160055

エンドウの鞘(果実)が大きくなり始めました。収穫も間近で楽しみです。

マメ科エンドウ属エンドウ(Pisum sativum L.)。

双方エンドウの名が付きますが、カラスノエンドウはソラマメの仲間なんですね。一見すると似ているようですが、比較してみると大きさ以外にもいろいろな違いがあります。最近は、普通に見られる身近な植物の観察にも、興味を持つようになって来ました。植物の不思議は、希少種だけでなく、身近な植物にもいろいろある事を知ったからです。

ナシの花

昨晩は、台風のような暴風雨でした。今日も風の梅雨い一日でした。それに寒かった・・。

先日、久々に趣味の果樹・野菜畑に行って来ました。いろいろな果樹の花が咲いていましたので、梨の花を観察してみました。

Ap4050407

毎年沢山の花を咲かせます。

Ap4050405 Ap4050401

梨の花は、同じ木でも花弁の枚数や形に変異があります。この花と下の花は、同じ木に咲く花です。

Ap4050398 Ap4050397

雄蕊の先端に花弁のようなものが見えます。同じような花が、沢山見受けられました。面白いですね。

ナシは、一本では結実(受粉)しない「自家不和合性」と聞いたので、二本植えたのですが結実しない・・。果樹栽培の本を読んでみると、「他家不破合性」という他の品種であっても結実しない組み合わせがあるそうです。ここに植えたナシの品種は、私には分かりません。仕方ないので、別の木を植えてみようかな・・。

そして・・。

Ap4050417 Ap4050421

こちらは、初めて蕾をつけた洋ナシ(ラフランス)の木です。一本しか植えてありませんので、やはり受粉しないのかな?

ついでに・・。

Ap4050414 Ap4050415

姫リンゴの蕾です。昨年は、少しだけ結実しましたが、野生動物に食べられてしまいました。

野菜栽培も果樹栽培も、勉強しなくてはダメですね。試行錯誤していくしかありません。

再生休耕畑①(3月下旬)

いよいよ雑草との戦いが始まりました。草刈り機での笹刈も大変ですが、草取りや鍬での耕作も大変です。

「耕運機でやれば楽だよ」なんて言われますが、耕運機は万能ではありません。いろいろ植えてあると、耕運機の役立つ場所は限られます。仕方ないので万能の鍬に頼ります。これが軟弱な私にはとても重労働です。今日も彼方此方痛い!

Ap3261711 Ap3261714

例年より成長が遅いと思っていたタマネギも、何とか育っています。右は早生品種です。大きくなったでしょ?

Ap3261715 Ap3261713

左はニンニク・・今のところ順調そうです。右はワケネギ(混同されるワケギは、ネギとタマネギの交雑種)です。この他にネギ属として、ネギ(ネブカ)、ラッキョウ、ニラ、ギョウジャニンニクを植えてあります。

Ap3261708 Ap3261699

左が、ギョウジャニンニクです。昨年、野猿に悪戯されましたが、何とか生き延び10株ほど生えています。

ヒガンバナ科ネギ属ギョウジャニンニク(Allium victorialis L.  subsp. platyphyllum Hultén)。ギョウジャニンニクの学名は、他にもいろいろあります。ところで、ネギ属は、旧分類体系ではユリ科とされていましたが、APG分類体系では、ヒガンバナ科とされています。

右は「アキタブキ」というラベルがついたものを買って来ました。でも、葉が小さいような気がします。父親が育てていたものは、私の背丈くらいになったような記憶があります。これから大きくなるのだろうか?

Ap3261702 Ap3261717

左は、山菜エリアの期待の星・・ウドです。実生の苗も一年でかなり大きくなることを知りました。

右のソラマメの花は、赤い豆の品種です。珍しい品種を見付けるとすぐに手を出してしまいます。

Ap3261718 Ap3261727

ソラマメの変わり者三兄弟です。赤マメ、長マメ、太マメです。収穫が楽しみです。

果樹野菜畑では、タチツボスミレも除去対象植物です。

「今日は、ビールで水分補給しなければ!」と言ったら「お水を沢山飲めば?」と返されてしまいました。借りてきた猫は、いろいろ大変です。

再生休耕畑①

暫く行っていなかった再生休耕畑①を覗いて来ました。これから、除去対象植物との戦いが始まります。

Ap3191279 Ap3191283

コウサイタイ(紅菜苔)/ベニナバナ(紅菜花)が花盛りでした。これは癖もなく柔らかくて美味しいです。紅紫色の色素はアントシアニンで、抗酸化作用があるそうです。

Ap3191285

菜の花の仲間は、どれも似た花を咲かせますね。コウサイタイは、中国野菜の一つです。中国野菜は、丈夫なものが多くて私向きです。

Ap3191287 Ap3191290

こちらはソラマメです。ホームセンターで種を買って来て、ポットに蒔きました。自家製の種は、保管が難しいので・・。

Ap3191277 Ap3191278

エンドウマメも花を咲かせていました。昨年末に蒔きましたが、少し早すぎたようで、冬の寒さに耐えられなかったものもあります。

除去対象植物も活動を始めていました。

Ap3191313

とっても小さな花で、老眼では虫眼鏡が必要です。まだ花序が伸びていませんが、彼方此方で花が見られました。花芯が黄色で、中心部から放射状の白い膨らみが見られませんから、キュウリグサだと思います。

ムラサキ科キュウリグサ属キュウリグサ(Trigonotis peduncularis (Trevir.) F.B.Forbes et Hemsl.)。

再生休耕畑①(12月下旬)

再生休耕畑の電気柵の点検と、家族の命を受けてダイコンを収穫して来ました。

Apc290422 Apc290418

通常は、電気柵を「夜間通電」にしていますが、再生休耕畑①は、「昼夜通電」してあります。ゴム長靴を履いていても、手を触れると電撃があるため、表示札をつけました。チェッカーで確認しましたが、今の所異常は無いようです。

右は、大根とサトイモの畝です。サトイモは、土を盛り藁で霜よけをしてあります。小人数では、食べきれません。

Apc290395 Apc290414

初めて防虫ネットを使ってみました。ネットの中は、青虫の大好物であるキャベツを植えてあります。

右は、ニンニクの様子です。上手く育つと良いけど・・。

Apc290396 Apc290397

タマネギも順調です。右は先に植えた早生品種です。葉が5本出ているものもあります。

そして、山菜エリアでは・・。

Apc290401 Apc290404

フキノトウの赤ちゃんです。別の場所から移植したのですが、ここはフキノトウが沢山姿を現していました。

Apc290382

ビオラも、寒さに耐え元気に花を咲かせています。

素人栽培でも、何とか育ってくれています。野菜を育てるのは、難しい事もありますが、いろいろ工夫してみると面白いものです。来年はもっと、栽培エリアを増やそうと思っています。

再生休耕畑①の野菜

今日は良い天気でした。でも、野菜畑には雨も欲しい・・。

Apc010694 Apc010695

ニンニクとタマネギも順調です。タマネギは葉が3本になったものもあります。

Apc010673 Apc010641

左の大根は食べ頃になりました。葉も柔らかくて美味しいです。右は、紅芯大根です。こちらも順調に育っています。初めて栽培したので、収穫が楽しみです。

Apc010646 Apc010664

葉野菜も大きくなって来ました。無農薬なので、所々に虫の食痕が見えます。

Apc010649 Apc010679

鋸のような葉のシュンギクとジャガイモ(メイクイーン)です。ジャガイモは、先端部をシカに食べられたようです。シカはメイクイーンが好みのようで、他の種類は食べられたことがありません。今まで作っていた趣味の野菜畑から、電気柵を移動しようかな・・。

Apc010643 Apc010692

ソラマメにエンドウマメ。何と、エンドウマメに花が咲いていました。早過ぎですね。

Apc010689 Apc010636

昨年と同じ頃蒔いたはずなのに、どうした事でしょう?

Apc010618

草取りに来てくれない家族を誘うために、畑の隅にパンジーを植えました。

Apc010718 Apc010711

最近では、いろいろな花がありますね。花弁がフリルのようになった花もありました。

再生休耕畑の植物観察②

今日も寒かった!屋根には霜が降りていました。天気は良かったけど、室内である書類を作成しました。Web検索とブログ作成だけでは、いろいろなアプリの使い方を忘れてしまうので、丁度良い機会です。その内、ホームページも作り直さなくては・・。

また、再生休耕畑の植物観察です。

野菜エリアから・・。

Zpb200036 Zpb200038_2

もらって来た籾殻を撒きました。野鳥が悪戯するといけないので、タマネギの所に防鳥テープを張りました。

右はシュンギクです。順調に育っています。

Zpb200047_2 Zpb200042_2

他の葉野菜もハート形の子葉(双葉)の間から本葉が出て来ました。こちらも順調です。老眼なので種の蒔き方が雑で、右のように混雑している所が多々あります。

山菜エリアでは・・。

Zpb200097_2 Zpb200100_2

サンショウの葉を観察してみました。どちらもサンショウですが、左は小葉に斑が入っています。ただ、斑入り葉はそれほど珍しくないように思います。

Zpb200099_2 Zpb200120_2

こちらはイヌザンショウの葉です。サンショウに比べて小葉の間隔が広く、鋸歯があまり波打っていません。また小葉が互生と対生が混じっています(サンショウも同じ)。このイヌザンショウには、右のような白い棘がありました。

Zpb200104_2 Zpb200114_2

サンショウとイヌザンショウの違いで、一番分かり易いのは棘です。サンショウは対生、イヌザンショウは互生です。右はイヌザンショウの葉柄を撮ってみました。小さな棘が見えます。

イヌザンショウもサンショウも香りがあります。でも、サンショウの方がずっと良い香りです。ではなぜ植えたのかって?観察するためです。

笹の生えていたエリアに行くと・・。

Apb200009 Apb200010

スッポンダケが生えていました。キノコ図鑑に、中華スープに入れて食べる方法が掲載されていたので、一度食べた事があります。頭の部分はとても臭いので、柄の部分だけ何度も洗って使いました。でも、これといって美味しいものではなく、あまりお勧めできません。

さて、明日は早起きして遠出します。でも、山ではありませんよ。

より以前の記事一覧