2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

果樹野菜

2020年6月28日 (日)

再生畑の野菜(6月下旬)

萌の朝散歩は、雨具着用で出かけました。天候に関係なく、散歩の時はハイテンションです。たまには休みたい・・。

一番最初に植えたカボチャは、御覧のように蔓が伸びて、予定していた領域からはみ出しています。雌花が少ないと思っていたら、結実しているものが幾つかありました。

嫁さんが買って来たトマトの苗も順調に育ち、果実をつけています。

初めて大きなシシトウを植えました。苗についていた説明書き通り、次々と生ります。ショウガは、植えてから芽が出るまで2ヶ月近くかかります。ダメになってしまったかと思っていると、突然姿を現し短期間に葉が展開して来ます、右上のショウガは、良く見ると葉に斑が入っています。

ここから下は、豆類を掲載します。

一番手はラッカセイです。黄色い花が咲き、そこから根のような子房柄が伸び、地中に刺さると先端に果実をつけます。面白いですね。

インゲンマメは、収穫出来るようになりました。

こちらは、白州道の駅の売店で買って来たハナマメです。正式な名前は分かりません。インゲンマメとそっくりな花をつけますが、萼の部分に違いがあります。

最後に、師匠から頂いたホドイモです。イモと名がつきますが、マメ科です。こちらはまだ蕾でした。葉を見ると、フジに似ていますね。

2020年6月 9日 (火)

果樹・野菜畑の花

今日は、放置状態だった「果樹・野菜畑」の野菜エリアに耕運機をかけて来ました。果樹エリアは、ジャングルのようになっています。どうしよう・・。

畑の隅に、ウコンの花が咲いていました。ピンクの綺麗な部分は、花ではなく苞葉です。花はその下に見える黄色い部分です。

中国原産のキンシバイです。低地で、栽培品の逸出も確認されているそうです。

こちらは、ザクロの花です。毎年、果実はホンの少ししか生りません。最初は雌雄異花かと思っていたのですが、8月頃に形成される花芽を剪定してしまったため、花数が少なくなってしまった事が原因のようです。今回は未剪定なので、沢山の花が咲いています。

ついでに・・。

萌の早朝散歩が終りプラ池を見ると、ヒツジグサの花が咲いていました。今年の一番花です。この整った花形が好きです。

今日は、耕運機掛けで疲れてしまい、再生畑②の水遣りが出来ませんでした。明日の夜には雨が降るようですが、午前中だけは水遣りに行かなくては・・。近所の人が、水不足でジャガイモの丈が伸びないと嘆いていました。

2020年6月 4日 (木)

再生畑②の野菜(6月上旬)

一日何度「暑い!」を繰り返した事でしょう?今日は、午前中だけで二度服を着替えました。

再生畑の草取りと水遣りが、最近の日課になっています。栽培している野菜の花などを撮ってみました。

ap6040288 ap6040243

左は、師匠から頂いたホドイモです。二鉢とも順調に育っています。葉腋には、とても小さな蕾らしきものが見えています。

右は、キュウリの赤ちゃんです。沢山の毛が、害虫などから身を守っているのでしょうか?キュウリは雌雄異花ですから、写真はメス花です。でも、単為結果というのを行うため、オス花が咲かなくても結実するそうです。それでカボチャのように受粉させなくても、次々に実が生るのですね。知らなかった・・。

キュウリとナスの花です。ナスは最初から下向きで咲きます。萼や花柄に棘があって触ると痛い目に遭います。これも害虫対策でしょうか?

カボチャも、同じ株にメス花とオス花が咲く雌雄異花です。写真は、メス花です。送粉者がいないと、人工授粉しなければ子房部が黄色くなって枯れてしまいます。最初は、そんな事も知りませんでした。

カボチャのオス花です。株元は殆どオス花でした。

今年は、カボチャやキュウリにウリハムシがあまり集りません。彼方此方に姿を現しているキリの葉を見ると、沢山集っています。ある意味、コンパニオンプランツの役目をしているのかも?

ap6040320 ap6040312

こちらはトマトです。トマトの花は葉腋ではなく、茎の途中に花序柄がつきます。葉腋から伸びた脇芽(左)は、摘み取ると教えてもらいました。

今迄は、何も考えずに枯らさないようにだけして来ました。要するに、殆ど植え放しでした。素人農業でも、収穫を考えたいろいろなテクニックがある事を、少しずつ学んでいます。

2020年6月 3日 (水)

コンニャクの花

今日も暑かった!二つの畑を掛け持ちしました。思ったより雨が降らず、野菜への水遣りが欠かせません。それなのに、雑草はどんどん成長していきます。

今日の記事は、5月20日に撮ったコンニャクの花です。登場させるのを忘れていました。

aimg_7410 aimg_7411

嫁さんが「庭に変なものがある!」と言うので見に行くと、コンニャクの花でした。不気味でしょ?昔は前庭に畑があり、その時の生き残りが所々に生えています。

ここから下は、ロールオーバーを使っています。マウスを乗せると写真が変わります。

近づくと、結構強い臭気があります。同じ頃咲くハッカクレンと似た、有機物の腐敗臭がします。

付属体の下に見える白い部分が雄花で、その下が雌花です。沢山の柱頭が見えています。

コンニャクは、テンナンショウ属とそっくりな果実が出来ます。橙色に熟した果実を蒔くと、翌年小さな苗が沢山出て来ます。また、地下茎で栄養繁殖もします。

2020年5月27日 (水)

素人栽培の野菜(再生畑②)

今日も暑かった!炎天下で作業していたので、日陰に入っただけで生き返るようでした。

野菜類の栽培を、農業用水栓のある再生畑②に集中するつもりで、少しずつ栽培エリアを広げています。

夏野菜の定番、ナスとキュウリです。苗は次男が買って来ました。実生苗で良いといったのですが、これは接ぎ木苗です。横から台木が伸びて来ました。キュウリは、今のところ天敵のウリハムシに食べられず順調に育っています。左端に見える葉脈の白いのは、うどん粉病ではなく台木です。台木の枝を切り取らなければ・・。

嫁さんが買って来たパプリカとミニトマトです。パプリカは、りんりんとらんらんという名前がついていました。苗の生産者もいろいろ考えていますね。

昨年、道の駅「はくしゅう」で買った花豆(平豆と表示)と親戚からもらったカボチャです。花豆は、インゲンマメと同じ連結ポットに蒔いたら、すぐに大きくなってびっくりしました。

これも道の駅「はくしゅう」で買った2種類のカボチャです。種をとっておいて、空きスペースに蒔いたところ、こんなに発芽しました。植えるところが無いので、未耕作エリアに移植して雑草と生存競争してもらうかな・・。

こちらも、道の駅「はくしゅう」で買ったラッカセイです。大小一パックずつ蒔いたら、苗が沢山出来過ぎました。初めて、少しだけビニルマルチを使ってみました。

ジャガイモと小形の大根です。ジャガイモは、他の人より一月遅れくらいに植え付けました。新芽をシカに食べられたところもありますが、何とか復活して来ました。最近は、ダイコンも種蒔き時期の違う品種がいろいろあって便利です。次の分も蒔いてあります。

苗の提供者である嫁さんと次男に、見学会を実施すると伝えたところ、即座に拒否されました。草取りをさせられると思ったようです。畑に行きたがるのは萌だけです。

2020年5月14日 (木)

マメとアザミ(再生畑②)

再生畑の未耕作エリアに、草が伸びて来ました。仕方ないので、仮払い機で除草作業を開始しました。これからは、草取りと草刈りに追われる事になります

【マメの仲間】

aimg_6938 aimg_6936

師匠から頂いた、国産ホドイモの蔓が伸びて来ました。当初は、肥料袋に土を入れ土中に半埋めして置いたのですが、小形の野生動物にかき回されてしまったので、移動できるように菊鉢に植え直しました。

少し遅れて伸びて来た蔓です。初めて見る植物なので、今後が楽しみです。

ツルアリインゲンと、昨年道の駅「白州」で買って来たマメです。袋には平豆と書かれていましたが、ヒラマメを検索するとレンズ豆という小さな豆が出て来ます。マメの写真で見ると、どうも花豆の仲間のようですが、扁平でかなり大きなマメです。

【アザミの仲間】

ササやチャノキを伐採した後に、トネアザミ(タイアザミ)が生えて来て、瞬く間に大きな株になりました。除去しようと思ったのですが、面積があるので幾株かは残してあります。秋に沢山の花をつけます。

今日、草刈りをしようと思ったところに、花をつけたアザミがありました。今頃咲くアザミは、ノアザミでしょうか?

こちらは、キツネアザミです。初めて見た時、アザミ属を調べてみましたが見当たりませんでした。アザミに似ていますが、アザミ属ではなくキツネアザミ属に分類されています。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、基本的には自粛継続を心がけるつもりです。再生畑に、何種類の植物が生育しているか分かりませんが、これを機会に身近な植物達にも目を向けてみようと思います。

※以前も触れましたが、onmouseの写真が、Windowsフォトビューアーで見た時よりもボケて見えます。元画像の横幅は900ピクセルで、本ブログの設定は700ピクセルです。小さくすると歪む?

2020年4月30日 (木)

タラノキ

再生畑②のチャノキやササを伐採したあとに、タラノキが生えだしました。それを一ヶ所に移植しています。タラノキは、パイオニア的植物で伐採跡などに出現しやすいそうです。

Aimg_6394

再生畑②は専用の赤道を入り、駐車スペースで行き止まりになっています。周囲は林で囲まれ、人と出会う事も無く、気楽に過ごせる場所です。

今回移植したものは、まだ小さな丈ですが、成長は比較的早い植物だと思います。

こちらは、一年先輩の移植組です。タラノキは、樹皮や葉が鹿の食害に遭います。健胃・整腸作用があるそうですから、ニガキの樹皮などと同じように、鹿の胃腸薬になっているようです。

ところで・・。

タラノキが、地下茎で栄養繁殖する事を知りました。

ウコギ科タラノキ属タラノキ(Aralia elata (Miq.) Seem.)。

以前から気になっていたのですが、ロールオーバー効果を設定すると、マウスを乗せた時の画像が、フォトビューアーで見たものより、ピンボケ気味になってしまいます。表示される横サイズは700ピクセルで、元サイズは900ピクセルですからピンボケになるのが不思議です。原因として考えられる事があれば、教えて頂きたいと思います。

2020年4月 6日 (月)

再生畑②

今日も、再生畑②の草取りをしました。また、オスのキジが茂みから出て来て、五月蠅く鳴いていました。やっぱり私を餌場荒らしと思っているようです。

これはタイアザミ(トネアザミ)です。幾株か生えていたので、2~3株だけ残してあります。かなりな大株で、沢山の花をつけます。

白い花をつけているのはハツカダイコンです。収穫時を逃してそのまま置くと、こんなに大きくなります。マウスを乗せると、二年もののキャベツの花になります。ゴボウなんかもそうですが、多年草の野菜をそのまま置くと、普段見る事の無い姿が観察出来て面白いです。

エンドウマメも花盛りです。例年は、2本ずつ植えていたのを、今回は1本ずつにしてみました。そしたら、鳥に突かれて間引きしたような感じになってしまいました。次は、2本ずつに戻そう・・。

ところで・・。

Aimg_4300

これは、師匠から頂いた「ホドイモ」の塊茎です。北海道から九州まで分布するとありますが、私は初めて見ました。塊茎を食用にするそうですので、増やして食べてみようと思います。青森などで栽培されているようですが、そちらはアメリカホド(Apios americana Medik.)だそうです。

この植物はマメ科で、地上部には豆果が生るそうです。ヤブマメのように、地上部に豆果をつけ、地中の閉鎖花で1種子の豆果をつけるものもあります。マメ科植物にも面白い奴がいますね。

マメ科ホドイモ属ホドイモ(Apios fortunei Maxim.)。

2020年4月 1日 (水)

アケビの花

今日は、昨日よりも雨の時間帯が長く、屋外作業に不向きな一日でした。でも、暫く再生畑に行っていなかったので、合間を縫って様子見に行って来ました。

再生畑入口のアケビに、蕾がついていたので撮ってみました。

手の届かない高さだったので、ズームで撮りました。花序の基部についている、少し濃い紫色の蕾が雌花です。

別の蔓に咲いていた花を接写してみました。こちらは雄花ばかりのようです。萼片は一般的に淡紫色ですが、個体毎に変異があります。

基部にある少し大きめの蕾が雌花です。小葉は、一般的に5個ですが中には6個や7個のものもあります。

この雄花の萼片は、紫の色素が抜けたような淡緑色です。私の探索範囲では稀です。

アケビの仲間には、小葉が3個のミツバアケビ、小葉が5個のアケビ、小葉が5個のゴヨウアケビがあります。ゴヨウアケビは、アケビとミツバアケビの自然交雑種とあります。

ミツバアケビの花は、雄花雌花共に濃暗紫色、ゴヨウアケビの花もミツバアケビに似て濃暗紫色なので、同じ小葉が5個のアケビと花色で区別出来ます。葉の形も違いますが、それについては後日写真で比較したいと思います。

2020年3月25日 (水)

趣味の果樹畑

放置状態だった「趣味の果樹畑」にも、春がやって来ました。

毎年生りますが、殆ど食べた事の無いグミです。今年も沢山の蕾がついていました。

こちらも似た感じですが、ロシアンオリーブという商品名がついていました。グミ科グミ属ホソバグミまたはヤナギバグミというそうです。

ロウヤガキ(老鴉柿)です。面積のある再生畑に移植しようと思っていたのですが、少し遅すぎました。これは、熟した果実の種を数個撒いたもので、私の背丈を超すほどになりました。花は咲きますが、果実が生りません。

同じくカキノキ科カキノキ属のカキノキは、雌雄同株ですが、こちらは雌雄異株なのだろうか?Web上には、雄の花が多いか雌の花が多いかで、雌雄異株ではないと書かれたものもあります。Ylistで検索すると、標準和名はツクバネガキである事も知りました。ツクバネガキは雌雄異株で、「雌木だけでも果実はつくが、熟す前に落ちてしまう事が多い」とあります。開花したら、花を確認したいと思います。全部雄木だったら最悪ですね。

ブルーベリーも、沢山の蕾がついていました。いっぺんに熟さないので、採るのが大変です。来園者に収穫してもらうブルーベリー園は、農家にとって良いアイデアだと思います。

何を撮ったか分からないような写真ですが、数えきれないほどの花をつけたユスラウメです。吉行あぐりさんの実話エッセイ、「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」をモチーフにしたNHKのドラマ「あぐり」を思い出します。歳が分かりますね。

より以前の記事一覧