他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

地域文化

第2回「滝川の土手普請」

今日は、沼川水系「滝川の川沿い遊歩道の草刈り」に参加して来ました。今年度、2回目になります。

Ap9023279 Ap9023297

現地に着いて見ると、遊歩道に除草剤が散布されていました。ところがその先は、右のように草だらけでした。除草剤を散布したのは、右の写真の左側辺りでモトクロスの練習をしている団体のようです。

最近では、省力化のために稲田の畔や茶畑に除草剤を散布する農家も見かけます。自分の土地や田畑に散布するのは勝手ですが、こういう場所に大量に散布するのは歓迎出来ません。

Ap9023300 Ap9023299

こちらは、草刈り作業後の様子です。この辺りが、一般参加者がヒガンバナの里親になっているエリアです。私も里親になっていますよ。

今日は、9月23日に予定されている「彼岸花ウォーク」の準備作業として、主に斜面を刈りました。無理な態勢で草刈りしたので、いつも以上に疲れましたsad

少しだけ、植物観察を・・。

A111_2 A1504339983

左は、クズ、セイタカアワダチソウ、イタドリなどが写っています。この他に、カラムシ、コセンダングサ、ヨモギなども手を焼かせる植物です。特に、クズの蔓は草刈り機に絡んだりして一番厄介です。

右は、タカサブロウかアメリカタカサブロウだと思います。

Ap9023292 Ap8171831

総苞片の幅や葉の鋸歯の違いなどで同定するそうですが、一番確実なのは種子に翼が有るか無いかだそうです。実は以前学んだのですが、その事を忘れていましたcoldsweats01。それで中の種子を観察して来ませんでした。

Web図鑑には、この状態でも判断出来ると書かれていましたが、素人の私には良く分かりません。右側の写真は、井伊直虎ゆかりの地・・井伊谷の田圃で撮ったものです。こちらは翼が有るようにも見えます。そうだとしたら、タカサブロウ・・。

種子の翼の有無で同定する植物というと、ジイソブとバアソブが思い浮かびます。そっくりなのに、こういう違いがある事を知ると面白いですね。

今日も、ジヤトコさんの若手社員が60人ほど参加してくれました。その上、お弁当までも差し入れて頂きました。他にも、遊歩道沿いの企業などが、分担で草刈りや清掃をしてくれています。この事業がいつまでも続いて、ここを歩く人が増えてくれれば嬉しい!

一人下山散策(2017年)

富士山の下山散策は、2011年8月6日に、当時の観察仲間に連れて行ってもらったのが始まりです。

翌年(2012年)は、計画していた日が雨だったため中止となりました。その翌日、窓から見た富士山が「オイデオイデ」をしていたので、一人下山散策をする事に決めました。以来、2013年、2014年、2015年、2016年と一人下山散策を続けて来ました。

富士宮口5合目から水ヶ塚まで、標高差約1,000mの行程は、下りとはいえ軟弱な私にはかなり応えます。例年行っていた時期に雨が続いたため、今年は下旬の散策となりました。

宝永の火口周辺で撮った写真などを集めてみました。

Aimg_7649 Aimg_7652

富士宮口五合目駐車場(バス停)から、ブルドーザー待機所(宝永火口方面)に向かいます。こちらへ向かうのは私だけ・・。右は山頂を18.8倍ズームしてみました。近くで見る富士山は、下界とは違う姿を見せてくれます。

Aimg_7676 Aimg_7693

左は、宝永火口へ向かう途中で見た愛鷹連峰です。我が家は、その右手方向(西)の裾になります。右は、宝永第二火口の縁から山頂を見たところです。暑さのせいで、ここまで来るのに散歩の後の萌のように息を切らせていました。

Aimg_7698 Aimg_7722

左は、第二火口の縁から第一火口を見上げました。第一火口の下縁から登って行くルートもあるようで、数人の姿が見えました。右は十二薬師岩脈群です。岩脈は、元の地層にマグマが垂直に入り込んだものだそうです。

Aimg_7740 Aimg_7728 Aimg_7729

この日は、パノラマの撮れるコンデジを持って行きませんでしたので、3枚で見てください。左は山頂を見上げたところ、真ん中は宝永山です。右は、第二火口の下の縁です。

Aimg_7751 Aimg_7749

第二火口と第三火口の境と、第三火口を見下ろしました。今回のルートは、左の写真のカラマツの脇を下りました。

Aimg_7760 Aimg_7768

降りた道を見上げたところです。結構急なので、慎重に歩かないと滑ってしまいます。ハイマツのように見えるのは、風雪に耐えて来たカラマツです。

Aimg_7765 Aimg_7769

上のカラマツの辺りから撮った第二火口と、第三火口を見下ろした様子です。ショートカットで、右の写真辺りを下ろうと思ったのですが、中央付近に野鳥の撮影をしている人がいたので、遠回りして下りました。

似たような写真ばかりですが、後は林の中に入りましたので、景色を撮った写真がありませんcoldsweats01。毎年「来年も来れるだろうか?」と思いながら続けて来ました。歩ける内は、何とか頑張ろうと思っています。

川沿い遊歩道の草刈り

昨日の夕方は、萌の散歩道(赤道)の草刈りをしました。萌は、お金を払ってくれませんから、ボランティアですbleahそして、今日の午前中もボランティアで、沼川水系滝川沿い遊歩道の草刈りに参加しました。

Ap7222271 Ap7222272

遊歩道脇は、イタドリやクズが凄い!・・と思ったら、その先は更に荒れていました。最初の頃は、もっと凄かったけど・・。

Ap7222276 Ap7222274

同じ場所で撮れば良いのですが、暑さと疲れでそれどころではありませんでした。なんとか人が歩けるようになりました。次回は、9月上旬・・ヒガンバナの開花前に法面の草刈りです。

川側の法面に、里親さん達がヒガンバナを移植してあります。私も里親になっていますので、その辺りは特に念入りに刈りました。ヒガンバナは、現在葉が枯れ休眠中です。

Ap7222275

対岸は、日本製紙さんの管轄です。専門業者さんに依頼しているようで、とても綺麗に刈られていました。流石ですね。

自然観察する元気は、殆どありませんでしたけど・・。

Ap7222270 Ap7222286

ヒルガオとバッタを撮ってみました。バッタはショウリョウバッタでしょうか?

この日も、年寄りばかりの初期メンバーの他に、ジヤトコ(JATCO)さんの若い人達が大勢参加してくれました。飲み物やお弁当まで頂きました。皆様、暑い中お疲れ様でした。

季節だより観察会「はたご池」

今日も屋外作業でした。いつもは、長そでシャツを着て作業するのですが、今日は耐えられずLAST SAMURAIの記念Tシャツ(義)で頑張りました。嫁さんよりも色白だった腕は、日焼けで真っ黒ですbleah

富士自然観察の会さん主催の「季節だより観察会」は、昨日の午後、はたご池で行われました。私にとっては、初めての場所になります。

Aimg_6163

はたご池は、富士市北松野(旧富士川町)にあります。富士山がとても良く見えました。

Ap7101671 Aimg_6154

峰山山頂にあるので、人造湖かと思ったら、自然湧水によって四季水を湛える自然湖だそうです。

Aimg_6177 Aimg_6168

コシアキトンボはじめいろいろなトンボが飛んでいました。捉えられたのは、この真っ赤なトンボだけでした。猩々トンボでしょうか?

池にはコイやカメ、メダカなどが生息しているそうです。稚魚を追っているコイの姿もありました。

Ap7101617j Ap7101629

左の花、ご存知ですか?サカキの花と果実です。我が家の近くにもサカキの木はありますが、花と果実はここで初めて見ました。

右は、イネ科ササクサ属ササクサだそうです。今迄、幾度か目にしたことはありますが、笹の仲間(タケ亜科/タケ科)だと思っていました。

Ap7101638 Ap7101642

写真が上下逆のようですが・・。左はドライフラワーで、右は花を下向きに付けていたノアザミです。

一人歩きの上に、希少種や変わった植物ばかり追いかけて来た私は、この手の植物の名前が良く分かりません。

Ap7101643 Ap7101624

蜘蛛がくっついていました。「総苞片は直立し粘液を出して粘る」・・図鑑の解説通り、べたべたしていました。蜘蛛を逃がしてあげましたが、かなり強い粘性でした。これって、茎をよじ登って来る昆虫などを阻止するため?多様性確保のために、飛んでくる昆虫だけに、受粉を任せるのが目的でしょうか?

刈り取られずに残っていたこの花は、ジャノヒゲかな?

Ap7101627 Ap7101632

水窪探索でを見付けたヤブコウジの花が咲いていました。霧点のような模様があります。赤い果実は目立つのでよく目にしますが、蕾や花は見逃していました。

Ap7101652 Ap7101655

こちらは、水窪の高根城で葉を見たのですが名前が分からずにいました。ムラサキニガナだそうです。茎の上下で葉の形が違う上に、地域変異もあるようです。

Ap7101661 Ap7101659

金平糖を付ける黄色い花も苦手です。ヤマキツネノボタンと教えて頂きました。葉はピンボケしてしまいましたcoldsweats01

Aimg_6183 Aimg_6178

左は花後のコアジサイです。不法投棄パトで行った辺りでは、今頃咲いているかな?

右には似た植物が並んでいました。ヤブレガサとモミジガサです。葉の付け根の部分がハート形の大きな葉は、オオバギボウシです。

Ap7101631 Aimg_6171

ここには、センブリも沢山生えるようです。まだ姿を現したばかりなので、刈られずに残っていました。

右は、桜の枝を切った痕です。枝に対して直角に切るのではなく、抉ってあります。これは樹皮が傷口を覆いやすくするためでしょうか?技術屋は、何でも理由を知りたくなります。

Ap7101637 Ap7101670

このタイプの地衣類は、みんなウメノキゴケと呼んでいました。ところが、接写して見ると毛が生えています。マツゲゴケというそうです。みんな同じように見えていたウメノキゴケ科の地衣類はこんなにあるそうです(岐阜大学地衣類図鑑)。驚きですね。

こういうものに平気で触る人がいますが、刺されたら危ない!私は触りません。苦手なので・・。ジャコウアゲハの幼虫です。ジャコウアゲハの幼虫は、ウマノスズクサ類の葉を食べ、身体を毒化して外敵から身を守るそうです。アサギマダラと同じですね。蝶は恐ろしい生き物だ!

今回も楽しい観察会でした。富士自然観察の会の方々並びに参加者された方々、有難うございました。

高根城(浜松市)

水窪の探索は様子見のつもりだったので、家族にゴマをすり運転を頼みました。植物観察に興味が無いので、何か釣り餌を考えなければなりませんbleah

そこで、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の撮影で登場した北遠の山城「高根城」へ寄る事にしました。史跡探訪は、このブログのカテゴリーにも入れてあるのですが、このところご無沙汰だったのでちょうど良い機会です。

Bimg002

宣伝も兼ねて、パンフレットをスキャナーに取り込みました。クリックすれば更に大きく見えます。

Bimg_5585 Bimg_5477 Bimg_5478

高根城への上り口は、二方向ありますが、駐車場のある場所側から登りました。パンフレットや案内看板に書かれた所要時間はあまり当てになりません。歩き慣れない高齢者などにとっては、案外きつい道のりだと思います。

Bimg_5486 Bimg_5492

「暑い!」を繰り返しながら、やっと辿り着きました。こちらは、パンフレットの反対側の門になります。

Bimg_5497 Bimg_5514

左は倉庫として使われた建物です。右は主殿風の建物で、管理施設だそうです。往時の建物の復元ではないとの説明書きがありました。

Bimg_5503 Bimg_5508

上ってきた反対側から撮りました。右の門を出ると、大河の撮影に使われた(パンフレットと同じ)写真の方向になります。

Bimg_5519 Bimg_5521 Bimg_5501

この城も、今川、武田、徳川と時代の流れに翻弄されて来たようです。右は、井楼櫓(せいろうやぐら)です。見学用に梯子があるそうですが、施錠されていました。

Bimg_5584k Bimg_5490

駐車場からの上り口に、お稲荷さんの鳥居があり、山の中腹に飾り旗がありました。円内は、山頂の主殿風の管理施設に掲げられた稲荷神社の表示です。どういう関係があるのだろう?

右は、旗の立つ物見台からカメラを水平にして撮りました。平地だけでなく、かなり高い所にも住宅のある事が分かります。

Bimg_5522 Bimg_5525

山城から見た水窪小学校と中学校の様子です。

春野町の犬居城もそうですが、ただ上るだけでも大変なのに、この場所へ水や食料を運んだ兵たちは、さぞ辛かった事と思います。

寒室の植物②(京都府立植物園)

熱帯高山植物室の植物・・続きです。

Yp6082643 Yp6082646

コマクサ・・ケシ科コマクサ属。ケシ科なんですね。「高山植物の女王」と呼ばれるそうです。

Yp6082648

山登りの苦手な私には、自生地で出会う事の無い植物です。

Yp6082644 Yp6082645

白花もありました。コマクサは、ウスバキチョウの幼虫の餌としても、名が知られています。全草有毒だそうですから、アサギマダラの幼虫がイケマなどガガイモ科の植物を食草として、体を毒化し外敵から身を守っているのと同じですね。チョウは、恐ろしい生き物だ!

Yp6082656k Yimg_4529 Yimg_4524

左は、北海道や本州中部以北に自生するキンコウカです。花はキバナノアマナに似ています。

そして中は、メコノプシス・ホリドゥラ(天上の妖精 幻の青いケシ)、右はメコノプシス・ベトキニフォリア(ヒマラヤの青いケシ)です。前者は4,000m、後者は3,000mを超える高山に生えるそうです。

Yimg_4536 Yimg_4528

黄色いケシは、ヨーロッパ原産のパパベル・カンブリクムと書かれていました。

Yimg_4518 Yimg_4520

以前、ホームセンターで苗を買って、メコノプシス・ベトキニフォリアとメコノプシス・グランディスを栽培した事があります。花を咲かせ種子を採るまで育てましたが、夏の暑さに耐えきれず枯れてしまいました。種子は、蒔いても育たないと思うので、記念に保管してあります。

富士山頂付近に植えたら越年するでしょうが、うるさ型の人に何を言われるか分かりませんねbleah

寒室の植物①(京都府立植物園)

今日は予報通り、午後に雨が降りました。でも、もう少し降ってほしいものです。

京都府立植物園の観覧温室に、熱帯高山植物室(高温時冷房しているエリア)があります。そこで出会った植物を集めてみました。

Ximg_4546

アツモリソウ(Cypripedium)の仲間です。プラ札には、「レギネ×フラム?」と書かれていました。Web図鑑で検索すると、北米産のレギナエ(reginae)と中国四川のフラブム(flavum)の交配種に似ています。

Ximg_4542 Xp6082633

一番上と左はデジイチ+望遠マクロで、右はコンデジで撮りました。並べると、かなり色合いが違っています。

花は、国産のアツモリソウに比べて、少し小さめな感じです。背萼片(上花弁)と側花弁が純白で、紅紫色の唇弁との対比が良いですね。

Xp6082630 Xp6082632

横顔を撮ってみました。日本のアツモリソウより草丈が高く、長身の美人という感じです。出来れば、後ろのエアコンを寒冷紗などで隠してほしい・・。

Xp6082634

隣には、エビネの葉が・・これは夏エビネのようです。

Xp6082639

アルプス原産の高山植物、エーデルワイスもありました。

Xp6082623

キキョウ科の植物です。花筒の長さのわりに、径が太い花です。白い花は、涼を呼びます。

この日はとても暑かったので、もっとゆっくり見ていたかったのですが、家族に急かされ次のエリアに移動しましたweep

面白い名前の植物(京都府立植物園)

面白い名前の付いた植物を、集めてみました。

【フトモモ】Syzygium jambos

Bimg_4444 Bimg_4447

通りかかった来園者から、笑い声が上がっていました。説明書きを見て、その理由が分かりました。

フトモモ科。原産地は熱帯アジアで、中国名の「蒲桃(プータオ)」が沖縄方言で「フートー」になり、和名の「フトモモ」になったそうです。花には芳香があり、果実はバラのような香りがする事から、Rose appleの英名がつけられていると書かれていました。英名の方が良いかな?

【ソーセージノキ】Kigelia pinnata(Jacq.)DC.

Bimg_4576 Bimg_4577

ノウゼンカズラ科。アフリカ原産で、ソーセージのような果実が生る事から名付けられ、夜行性の蛾やコウモリが花粉を媒介するため、夜に咲くそうです。園内には、夜をイメージしたコーナーがあり、夜咲く花が芳香を競い合っていました。

【ホウガンノキ】Couroupita guianensis Aubl.

Bimg_4430

薄暗い樹下で、この綺麗な葉が名目立っていました。花は受粉しても結実しないものと、受粉して結実するものがあり、前者は、昆虫を呼び寄せる餌となるそうです。

Bimg_4427 Bimg_4434

サガリバナ科。南アフリカ原産の高木。花は、7時頃開花し16時頃までには散ると書かれていました。

Bimg_4425

名前の由来となった砲丸のような果実です。「直径15~20cmくらいで、表面は固く・・」落ちてきたら危険ですね。

【奇想天外】Welwitscia mirabilis Hook.f.

Bimg_4514 Bimg_4515

奇想天外な名前ですね。説明書きによると・・。

「ナミビアからアンゴラ南部にかけてのナミブ砂漠原産。一科一属一種の裸子植物。葉は一対の本葉のみで、終生伸び続けて昆布状となる。雌雄異株。長寿の植物で、自生地では推定樹齢2,000年のものもあるといわれる。」

生きた化石ともいえる植物ですね。

【ホット・リップス(熱い唇)】Psychotria poeppigiana

Bimg_4613

アカネ科。コロンビア、コスタリカなどの中南米などの熱帯雨林に自生し、開花時期が近づくと、このように苞が変色するそうです。

浮島ヶ原自然公園に春を告げる、ノウルシと同じですね。

Bp6082677 Bp6082680

この小さいのが花で、花粉媒介者はハチドリなどだそうです。

Bp6082681

こんな唇に迫られたら、きっと逃げ出してしまいます。

植物も、名前によって人気者になる事があるようですね。変な名前を付けられた植物は可哀そう・・。植物学者さん、新種には良い名前を付けてあげてください。

ウマノスズクサ属(京都府立植物園)

新幹線の平日格安チケットで、京都へ行って来ました。新富士駅を7時頃出て、18時半頃には同駅に戻りました。

京都府立植物園で見た植物・・一番手は、ウマノスズクサ属の面白い花を集めてみました。

【アリストロキア・トリカウダタ】Aristolochia tricaudata

Aimg_4479

初めて見る花です。「萼は3裂して、先端は尾状になる」とあります。

Ap6082599 Aimg_4485 Ap6082597

ウマノスズクサの仲間は、どれも面白い花を咲かせますね。

Ap6082594s

原産地は、メキシコだそうです。ラン科ドラクラ属・・モンキーオーキッドの花をも連想させます。

【アリストロキア・アルボレア】Aristolochia arborea

Aimg_4489 Ap6082607

原産地は、メキシコからエルサルバドルにかけての中央アメリカだそうです。蕾が、根元にまとまってついていました。

Ap6082605 Ap6082602

外観は似ているけど、神代植物公園で見たアリストロキアの仲間と花が違う・・。

【アリストロキア・サルバドレンシス】Aristolochia salvadorensis

Img_447a5

「いた!」神代植物公園ではまだ蕾でしたが、こちらは咲いています。

ダースベイダーみたいですね。面白い花でしょ?

Ap6082579 Ap6082590

蕾の正面と横顔。萼筒の形は、オオバウマノスズクサに蕾にも似ていますね。

Ap6082587 Ap6082584

開き具合で表情もいろいろです。世の中には、面白い植物があるものですね。

初めて京都府立植物園に行きました。現地で約4時間、足が疲れるくらい歩き回りました。また行きたいと思わせる、魅力ある植物園でした。

※今日は、楽しみにしていた「第三回 季節だより観察会」でしたが、都合があって参加出来ませんでした。夕方、外出しますので、ブログ記事は時間指定でアップします。

第27回春野すみれ展(浜松市天竜区春野町)

縁あって、北遠の地・・春野を訪れるようになってから、もう30年以上になります。今年も「すみれ展」の案内状が届きました。

Haruno2017私は、このすみれ展の開催される数年前から春野を訪れていました。歳月の経つのは、本当に早いものです。

当初に比べて、展示品数も減少していて、物足りなさを感じる事があるかもしれませんが、過疎の町の地域振興のエネルギーが感じられる大切なイベントだと思います。いつまでも続けてほしいと願っています。

ストーンペインティングは、メディアでも取り上げられる事があり、ご存知の方も多いかと思います。製作者のご一家と、このすみれ展で知り合いました。作品は、石猫、山野草、フクロウなどがあります。

昨今は猫ブームのようで、石猫のファンが増加しているようです。春野の石猫は、アニメのキャラタイプとリアルなタイプがあります。

Isineko

リアルなタイプの石猫を掲載します。特に目がリアルでしょ?

新東名が出来てから、春野もずいぶん近くなりました。皆さんも北遠の春を訪ねてみませんか?

※この記事は、時間指定でアップします。

より以前の記事一覧