他のブログ・HP

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

腐生植物

冬のキノコ

今日は、予報通り雨でしたが、こんなに降るとは思いませんでした。萌の夕方散歩の時は、風も強く大変でした。幸い、真冬と思えないような暖かな日でしたから、萌はシャワーを浴びながらの散歩でした。帰宅したらちゃんと拭いてあげましたよ。全天候朝夕散歩なのでたまりませんwobbly。時々休ませてほしい・・。

散歩の途中で見かけるキノコを、持ち帰って撮ってみました。「冬の・・」と書きましたが、年中生えています。

【キヒラタケ】

Ap1171367 Ap1171365

キヒラタケが雨に濡れて、綺麗な色に変身していました。乾燥しているともっと白っぽく見えます。

【シックイタケ】

Ap1171370 Ap1171369

スギの枯れ木に生えていました。似たキノコに、ヒメシロカイメンタケがありますが、シックイタケの方が孔口が小さいそうです。

ここまでは、キノコの師匠に名前を教わりました。

【カワラタケの仲間?】

Ap1171378 Ap1171380

裏面が多孔質なので、カワラタケの仲間でしょうか?ヒダ状ならカイガラタケの仲間?

Ap1171387

こちらには、赤ちゃんが姿を現していました。

キノコが登場したついでに、ヤツシロラン類の実生実験容器を覗いてみました。

【アキザキヤツシロラン実生床】

Zp1161321 Zp1161323

アキザキヤツシロランは、花柄や果実も姿を消しましたが、菌糸はご覧のように繁殖を続けています。

Zp1161322

当初、竹の部材は乾燥しやすく、菌糸が成長してくれなくて悩みました。部材の状態が良すぎた(腐食が足りなかった)のだと思います。

【ハルザキヤツシロラン実生床】

Ap1171342 Ap1171348

実生床になるか、まだ分かりませんが・・。こちらも、乾燥しやすく思案中です。あまり湿らせても菌子は成長してくれません。でも、良く見ると乾燥気味ながら菌糸が成長しているところもあります(右)。マメに様子見するしかありません。

Ap1171350

常緑広葉樹の落ち葉や小枝の部材の下には、赤玉土を敷いてあります。菌糸は、葉よりも小枝や根に生えるようです。この菌糸は、スギの球果にも生えるだろうか?別の容器で実験中です。

今日は一日中、データー入力を行いました。歳のせいもあって、長時間モニターを眺めるのがだんだん辛くなって来ました。

2017年の思い出③

気になった野生ラン、続きです。

Zimg_6347

昨年、沢山見かけたキバナノショウキラン・・今年は不作だと思っていたら、驚くような大株が生えていました。

Zimg_6422 Zimg_6423

こんな大株と出会う機会は、もう無いと思います。

そして、一度は出会いたいと思っていた別のショウキラン属にも、出会う事が出来ました。

5 51

シナノショウキランです。こちらの方が、キバナの名にふさわしい感じですね。

Bp7030750k 1499134811

こちらも、シナノショウキランだと思いますが、他の個体に無い褐色の色素が気になりました。もしかしたら交雑種?

県内では・・。

Aimg_6319

こちらも出会いたいと思っていた野生ランです。少し前に登場したナギの葉に似ている事から、ナギランと名付けられています。

Ap7161907 Ap7161917

ラン科シュンラン属。共生菌への依存度が高いそうですが、シュンランの仲間です。

そして、県東部に記録はあっても、出会えないと思っていた富士市でも・・。

Nagiran_5 Nagiran_6 Ap8181860

小雨降る林内を歩いていると、その足元にナギランの花が咲いていました。もう少し後だったら花が落ちて気付かなかった事でしょう。

更にその近くで、ナツエビネを発見!実は、この株には以前出会っていました。普通のエビネかと思っていたのですが、季節外れの蕾を見付けてそれと分かりました。

Ap8181866 Ap8181904

ナツエビネの花は、普通のエビネと違い距がありません。

Cp5291221 Cp5291246

この野生ラン・・アオチドリとも、久々の出会いです。私の探索範囲では、出会う事は極稀です。

最後に・・。

Xpa080622 Xpa080625 Xpa080614

60Hzエリアで出会った、カゲロウランです。温暖化のせいで自生地が広がっているそうです。

野生ランは、これでお終いです。

2017年の思い出①

今年も残り僅かとなりました。一年は、あっという間ですね。

今年の思い出、一番手はアキザキヤツシロランの実生栽培実験です。一昨年の秋に種子を蒔き、昨年はプロトコーム、塊茎と順調に成長してくれましたが、開花に至りませんでした。

【2015年秋~2016年】

1 2

左はアキザキヤツシロランの種子です。葉緑素を持つランの種子と同様に、鼻息でも飛んでしまうような微細種子です。右の小さな粒は、初めて姿を見たアキザキヤツシロランのプロトコームです。

3 4

球状のプロトコームから、根状器官が伸びて来ました。共生菌の菌糸からエネルギーを吸収する触手のようなものだと思います。

5 6

根状器官が更に伸び、塊茎には短毛が見えています。

7

これが2016年秋の様子です。この年は、開花には至りませんでした。「アキザキヤツシロランは、クロヤツシロランに比べてずっと難しい・・。私に花を咲かせる事が出来るのだろうか?」不安な気持ちで、年を越しました。

【2017年】

2016年の反省を踏まえて、実生床に少し工夫をしてみました。「見えている塊茎は、開花に至るのが難しい・・」との思いから、今年は塊茎を部材で覆ってしまったため、途中経過の写真は殆ど撮りませんでした。

8 9

根状器官の途中に、イボのようなものが出現しました。クロヤツシロランの実生実験で、このイボようなものが出現してから、塊茎が急に大きくなった記憶があります。

そして、実験容器の片隅に花芽らしきものが見えて来ました!

10 111

少しずつ伸びて来ましたが、急に枯れてしまわないか不安でした。そして、暫くすると蕾が姿を現しました。

12 13

開花間近となりましたが、まだまだ不安でした。そして、2016年9月24日、ついに初花が咲きました!花茎も細く弱々しい個体でしたが、待望の花を見る事が出来ました。

更に・・。

14 15 16

他の蕾も開花し始めました。右は、自家受粉したと思われる果実です。

18

無事咲いてくれて、本当に良かった!

クロヤツシロラン→アキザキヤツシロランと、実生から花を咲かせる事が出来ましたので、次は更に難易度の高いハルザキヤツシロランの実生栽培実験に挑戦するつもりです。

A5

自生地を教えて頂き、常緑広葉樹の落ち葉と土を少し頂いて来ました。白い菌糸は殆ど見当たりませんでしたが、加湿・加温したところ写真のような菌糸が姿を現しました。この菌子が、ハルザキヤツシロランの共生菌かは分かりませんが、実生床の中で繁殖中です。

菌糸・キノコ栽培

◇菌子栽培

クロヤツシロラン、アキザキヤツシロランと実生栽培実験で花を見る事が出来ました。次は、ハルザキヤツシロラン実生栽培への挑戦です。ところが、これが前2者に比べて遥かに難敵のようです。しかも、私はまだ直接花を見た事がありません。

とりあえず、自生地から少し部材を頂いて菌糸の増殖を始めました。

Apc030867

頂いてきた部材は、堆積していた常緑樹の枯葉と土です。菌糸と思われる白い物体は殆ど見られず「これで栽培床(菌床)が出来るのだろうか?」と不安になりました。でも、御覧のように姿を現して来ました。

Apc030882 Apc030871

菌子束(根状菌子束)は、キノコの種類によって色も違うそうです。

Apc030872 Apc030874

これらの菌子束が、ハルザキヤツシロランの好物なのか分かりません。実生床は2種類作りました。一つは自生地を参考に、もう一つは少し工夫をしてみました。さて、どうなる事やら・・。

◇キノコ栽培

キノコ栽培は、子実体(菌糸の繁殖のための構造)の収穫を目的としています。菌子束じゃ食べられないし・・bleah

Apc020821 Apc020759

シイタケが、また出て来ました。マメに収穫しないと、ナメクジに食べられてしまいます。

Apc020756 Apc020757

ナメコも続けて出て来ます。やっぱり、桜の木が一番良いようです。

次の榾木を用意しておかなくては!野菜や果樹栽培も楽しいけれど、菌子やキノコの栽培も面白いです。

再生休耕畑の植物観察①と実生栽培床の準備

今日は、寒い一日でした。肉体労働なので、まだ良かったのですが・・。

◇再生休耕畑の植物観察

隣の休耕畑のススキやコセンダングサなどが、こちらの畑に覆い被さって来ているので、地主さんに断って草刈りをしました。地主さんは体調が悪くて、しばらく来れないとの事なので、全部刈ってやりました。

親が残してくれた山林や畑は、場合によっては負の遺産になる事もあります。引き継いだ者が、手入れする気があり、それが出来る状態ならいいのですが・・。

Apb200075 Apb200077

ビワの木の下に、沢山の子が生えていました。数本頂いて、果樹エリアへ植えよう!「枇杷は九年でなり兼ねる・・」あと十年くらいは生きないと果実が食べられませんね。

Apb200083 Apb200085

花が咲いていました。

Apb200074 Apb200071

ツワブキも咲いていました。我が家のツワブキより葉が大きい・・25cm程ありました。

Apb200031 Apb200035

コセンダングサの花は、ひっつき虫になっていました。釣り針の返しのようになっています。これが草刈りの時、衣服につかないように工夫して刈らなければなりません。

そして、我が家の再生休耕畑には・・。

Apb200124

以前にも登場した不明の植物です。かなり大株になりました。

Apb200127

こんな花が、まだ咲いていました。

Apb200134 Apb200130

果実が生っているかと思い、捜しましたが見当たりません。

Apb200129 Apb200029

花の様子などから、ナス科ではないかと思っています。もしかしたら、イヌホオズキ或いはアメリカイヌホオズキの変種かも?

この植物の名前が分かる方、教えてください。

Apb200023 Apb200022

イヌホオズキも、除去対象の中では数が多い方です。結構大きく育ちます。アメリカイヌホオズキとの違いは、果柄の位置がズレている事で区別出来るそうです(アメリカイヌホオズキは、一点から出ている)。

◇実生栽培床の準備

Apb200139 Apb200136

まだ直接花を見た事の無い、ハルザキヤツシロランの栽培実験に挑戦するつもりです。自生地を教えて頂き、実生床を一つ作りました。右の菌糸束が発芽・成長の手助けになるものか分かりませんが、種子が手に入るまで繁殖してくれるのを待ちます。

アキザキヤツシロランの果実など

今日は、予報通り雨が降りました。萌の朝散歩の頃は、まだ良かったのですが・・。

Aimg_9941

散歩が終わって富士山を見ると、笠雲がかかっていました。

Aimg_9943 Aimg_9952

放置林の杉やヒノキが大きくなって、裾が見え難くなって来ました。右は、富士宮口五合目とその上の登山道辺りを、ズームしてみました。富士山の雪化粧が濃くなると、萌の散歩も辛くなって来ます。

Aimg_9966

今日は、何が気に入らないのか、散歩の後餌をひっくり返していました(右後ろのシャッターのところ)。ほっぺを摘まんでお説教です。

前置きが長くなりましたが・・。

Apb140080 Apb140083

これは、実生栽培実験で咲いたアキザキヤツシロランの果実です。容器は蓋をしてありますので、自家受粉したものと思われます。光合成をしない植物は、不思議がいっぱいです。

ところで、光合成をやめた植物(の種を運ぶ生き物)に関する研究論文が発表されましたので、紹介します。この論文の調査地は我が静岡県です。地域に住むものとしては、研究の対象に選んでもらえてとても嬉しいです。論文は、New Phytologistという国際誌に、11月9日付けでオンライン掲載されました。下記にリンクを貼りましたので、興味ある方は見てください。

光合成をやめた植物3種の種子の運び手をカマドウマと特定 ―風も鳥も哺乳類も手助けしない植物の種まき方法―

◇ New Phytologistの掲載ページ

◇ 日本語の解説文

季節だより観察会(西臼塚)②

②は、女子受けのしない写真ばかりですが・・。

【キノコ】

◇ホコリタケの仲間

Bpb102374 Bpb102375

ホコリタケの仲間が生えていました。パフパフすると、煙のような胞子を噴出します。幼菌の内は、食べられるそうですが、まだ食べた事はありません。いろいろな種類を見かけるので、どれが食べられるのか分かりませんので・・。

【変形菌/粘菌】

◇マメホコリ属マメホコリ

Bpb102376

ホコリタケの近くの倒木に生えていました。指で押すとプニプニしています。

Bpb102378 Bpb102381

表面が、砂糖菓子のような感じです。これが「鱗片状のつぶつぶ」かな?

Bpb102382 Bpb102383

強く摘まむと、中からオレンジ色の物体が出て来ました。

変形菌図鑑(変形菌:川上新一博士著)を調べると、マメホコリのページに次のような解説文が掲載されていました。

ついパフパフして胞子を噴出させたくなるが、それはマメホコリの思うつぼ。未熟な状態がまた綺麗な淡紅色、赤色、橙色だったりする。それを潰すとスプラッター状態になるので心して。直径は1cm前後。表面に鱗片状のつぶつぶが見られる。一年を通して主に腐木上に見られる。

ついでに、以前撮った変形菌と思われるものを集めてみました。夏頃、家族に図鑑を注文してもらいました。「年金の図鑑なんて買ってどうするの?」「バカ、粘菌だよ!変形菌!」・・趣味が合わないと、話が通じないで困ったものです。

◇モジホコリ科(変形体)、クダホコリ属コモチクダホコリ(未熟体)

Bp8090837 Bp8090841

左:モジホコリ科の変形体らしいのですが・・。黄色いアメーバーのようですね。

右:コモチクダホコリの未熟体は、薄い肌色や桃色とあります。柄があってキノコみたいですね。

◇成熟した子実体(不明)

Bp7091558 Bp7091567

成熟した子実体は、胞子の入っている袋(子嚢)が破れ、胞子が風によって飛ばされるそうです。うっかり吸い込んだら、鼻の中に変形菌が繁殖するかも?

◇ツノホコリ属エダナシツノホコリ

Bp7091440

同属のツノホコリは、枝分かれしていますが、こちらは枝分かれしていません。イソギンチャクの触手のような部分に見える小さな粒のようなものが胞子だそうです。

◇クダホコリ属クダホコリ

Bp7091493

ジャンボタニシの卵か辛子明太子のようですね。未熟な子実体は、鮮やかな赤や橙色と書かれています。

※図鑑で見て、名称を記載してみましたが、全て自信がありません。解説を読んで見ると、色彩もいろいろあるようだし、肉眼で確認出来る変形体→形成されたばかりの子実体→未熟な子実体→成熟した子実体など、各々姿を変えて行くのでとても難しいです。

ヤツシロラン類の実生実験で、キノコの菌糸とヤツシロランのせめぎ合いを見ていると、更に活動的な変形菌を飼ってみたい気持ちがあります。

アキザキヤツシロランのその後と不明の植物

今日も、一日中雨・・昨日、屋外作業を頑張っておいて良かった!

【アキザキヤツシロランのその後】

Apa190964 Apa190977 Apa190974

アキザキヤツシロラン実生栽培実験の容器を覗いてみました。一番多く花をつけた株です。子房が膨らんで、花柄が伸び始めている・・自家受粉したのだろうか?

Apa190976 Apa190978

容器は蓋をしてあるので、自家受粉したのかそれとも中に潜んでいる虫が受粉させたのだろうか?でも、ショウジョウバエは見当たらないし・・。

右は、今季最後の花です。花茎はとても細く、一番最初に咲いた花と同じです。ヤツシロラン類の開花時期は、菌糸との絡み合いでかなり差が出て来るようです。そういえばクロヤツシロランの自生地でも、花柄が伸び果実の姿が見えるのに個体毎の差が一月以上あるように思います。

Apa190967 Apa190981

こちらは、花茎が伸びてこなかった塊茎です。次回に期待して、竹の部材で覆いました。

【不明の植物】

Aapa191101

父親が残した盆栽と共に、小鉢に植えた針葉樹を棚に並べてあります。鉢の草を取ろうとしたところ、見慣れない植物が生えていました。土は、赤玉と鹿沼土などの小粒/中粒ですから、植物のサイズが分かると思います。

Apa191093

ズームしてみました。ミヤマウズラに似ている・・。

Apa191097 Apa191098

我が家でミヤマウズラを栽培した事はありませんし、雨に濡れて分かり難いですが、近くの山林で見るミヤマウズラと少し違う感じがします。

この植物は何でしょう?

昨年は、針葉樹の寄せ植えに着生したクモランを見付けました。山間地に住んでいると、いろいろな植物が庭にやって来て楽しいです。

アキザキヤツシロラン三番・四番目の花

もう少し先かと思っていたら、三番・四番目(株毎の順)の花が咲いていました。

Bpa021156

こちらは、今回の実生栽培実験で一番大きな株です。開花順は、四番目になります。

Bpa021167 Bpa021181 Bpa031213

左は、明日にでも開花すると思います。この二株は、二年物ではないかと思っています。

Bpa031204 Bpa031206

藪蚊に刺されずに撮れるのが嬉しい!

この写真は今日撮りました。口が開いていない・・。

Bpa021162k

こちらは昨日撮りました。口が開いています。違いと言えば、撮影時間でしょうか・・。こちらは昼過ぎに撮り、上は夕方撮りました。

Bpa021172 Bpa021187

左は菌糸不足?右は、大株の影で窮屈そうに咲いていました。

Bpa021199

三番目の株は一茎二花で、一つ目の花はすでに花冠が萎んでいました。アキザキヤツシロランは、花の寿命が短いのでうっかりすると見逃してしまいます。

正直、これだけの花を見る事が出来るとは予想しませんでした。一輪だけでも咲いてくれれば・・と思っていたくらいですから。

低山に生えるシャクジョウソウ

亜高山帯の針葉樹林でばかり見ていたシャクジョウソウが、近くの落葉広葉樹林で数多く見られるようになりました。見慣れた場所も、侮ってはいけませんね。

ただ、亜高山帯のものと低山のものは少し感じが違って見えますが、同種だそうです。

◇8月14日撮影

Zp8141659 Zp8141646 Zp8141753

小雨降る林内に咲いていたシャクジョウソウです。今迄見ていたのとは違うエリアに生えていました。

Zp8141671 Zp8141670

花を覗いてみると、大きな柱頭が見えます。白いものはオシベ(花粉)でしょうか?花弁には長い毛が生えています。

◇9月20日撮影

Zp9200245 Zp9200247 Zp9260633

左と中は今年の果実です。花は下向きに咲きますが、受粉して子房が膨らむと、だんだん上を向いて来ます。右は昨年の果実です。

ギンリョウソウが液果なのに対して、シャクジョウソウやアキノギンリョウソウは蒴果になります。タイミングが合えば、種子を撮ってみたいと思っています。

友情出演で、その近くに生えていた変わった形のキノコを掲載します。

Z9200241 Zp9200242

ツチグリ科ツチグリ属ツチグリに似ていますが、Web検索すると、ヒメツチグリ科ヒメツチグリ属のようです。

より以前の記事一覧