他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

腐生植物

ヤマウツボ(富士山)

この不気味な植物は、私が知る範囲では、毎年この場所が一番沢山出て来ます。

Aimg_1793 Aimg_1808

ざっと数えて、40本以上はありました。落ち葉と同系色なので、うっかりすると踏みつけてしまいそうです。

Ap4280905 Ap4280914

不気味でしょ?ヤマウツボは、ブナ科などの木の根に寄生する無葉緑植物です。

Ap4280795

触角のようなものは、メシベの柱頭です。萼片には毛が目立ち、茎にも軟毛が生えていました。

「静岡県産希少植物図鑑」には、地上部に軟毛があるものは、ケヤマウツボで「県内に母種のヤマウツボは少ない」と書かれています。

Ap4280778 Ap4280777

左はメシベの柱頭だけ出ていますから、開花間もない花のようです。図鑑には「花冠の上唇は下唇よりずっと長い」とあります。白っぽい部分が上唇で、紅紫色の部分が下唇のようです。私はまだ見た事はありませんが、白花もあるそうです。

ところで、これに似たオニクは、滋養強壮などに効果があると言われていますが、ヤマウツボは食用になるのでしょうか?食べた事のある方は、いないかな?

◇オマケ

Aimg_1843

このエリアに生えていました。これって斑入り葉で良いのかな?

◇お願い

このブログを見てくださっている方で、富士市から近い場所でナベワリの発芽を確認された方がいたら教えてください。5月12日に花を見られる状態だと助かります。例年なら、タチガシワと共にナベワリが発芽しているのですが、私の観察エリアではまだ出ておりませんでした。何卒、宜しくお願い致します。

地中に息づく蘭

世界らん展では、見た事の無いランと出会える楽しみがあります。そして、こんなコーナーも興味深いです。

Yimg_8040

特別企画の中で、「地中に息づく蘭」のコーナーを取り上げてみました。

Yimg_8038 Yimg_8041

会場奥の方・・オーロラビジョンの前に、展示ブースがありました。左の写真のパイプで組まれた部分が「光を愛する蘭」で、その隣の怪しげな黒い壁に囲われた部分が「地中に息づく蘭」のコーナーです。

Yimg_8017 Yimg_8016 Yp2100251

2016年に新種として発表された、タブガワムヨウラン(屋久島)とクロシマヤツシロラン(三島村黒島)が展示されていました。右は、ヌカヅキヤツシロラン(三島村竹島)だったかな?

Yimg_8019 Yimg_8010

クロシマヤツシロランとヌカヅキヤツシロランの解説。この発見者は、同じ三島村の竹島でタケシマヤツシロランも発見・新種登録しています。鹿児島県は、珍しい植物の宝庫のようですね

それにしても、光合成をしない上に花を咲かせない植物ナンテ・・とんでもない怠け者ですねbleah

Yimg_8013 Yimg_8018

こちらは、静岡県でも見る事の出来るツチアケビの標本です。地中の部分を撮りたかったのですが、来客が多くて撮り損ねました。

熱心な研究者には、訪ね来るファンが多く、とても忙しそうでした。

Yqpp9113362 Yottp7243824

これは、私が撮ったツチアケビの地下茎と花です。ツチアケビは、果実が生った翌年には、地上に出てこない場合が多く、同じ場所で5年後に再会した事があります。地下茎に養分を蓄えるのに、数年かかるのかもしれません。

Yp2100249 Yimg_8020

そして、こちらはオニノヤガラの芽(花径)です。展示に合わせて発芽させたそうです。師匠も発芽させていましたよ。

右の塊茎を見て驚きました(ピントが容器の縁に合ってしまいましたが・・)。なんと、おにぎりくらいの大きさがありました。花を咲かせた翌年に、同じ場所で見る事はありませんでした。オニクのように、花を咲かせると枯れてしまう・・一稔性(一回結実性)なのかと思っていました。

でも、こんなに大きな塊茎なら、少し養分を補給してまた出てくるのかもしれません。

Yoap7102562

オニノヤガラの花です。少し緑がかって綺麗でしょ?

ツチアケビ、オニノヤガラ共に、ナラタケなどから養分をもらって成長するそうです。キノコを食べて生きる植物・・面白いですね。東京ドームに行ったら、少し怪しげなこのコーナーを覗いてみてください。

近くに生える野生ラン

運動不足なので、近くの山林を歩いて来ました。

Aimg_6000

富士山は、今日もご機嫌が良く、穏やかな一日でした。

散歩道で、出会った野生ランを集めてみました。

【カヤラン】

Aimg_5937 Aimg_5940

足場が悪い上に高所なので上手く撮れません。良く見ると、蕾が付いているようです。

【ムギランとクロヤツシロラン】

Aimg_5967 Aimg_5969 Aimg_5974

左と中は、榧の木に着生するムギランです。

右は、なんとクロヤツシロランの蒴果です。この時期に残っているなんて不思議です。かなり遅く開花したものと思われます。

【ムギラン】

Aimg_5962 Aimg_5964

ここのムギランは、別の場所のものより葉が細いように感じます。バルブも痩せているので、乾燥しすぎかもしれません。樹皮と共に落ちていました。

【クロヤツシロラン】

Ap1020097 Ap1020098

左の果柄は、まだ枯れておりません。ムヨウランなどと違い、クロヤツシロランの果柄は種子を飛散して間も無く枯れてしまいます。しかもこの場所は、落葉広葉樹林内でした。今まで見て来たのはスギ林や竹林でした。落葉広葉樹林内にも生えると聞いた事はありますが、私にとっては初めての出会いです。

【エビネ】

Aimg_5958

エビネも無事でいました。今年も花を咲かせてくれるかな?

そして、我が家にも・・。

【カヤラン】

Aimg_5981

ヒノキ属の枝に小さなカヤランが着生していました。

P1030344 Ap1030348

今迄は葉に覆われて枝が見えませんでした。年末に剪定していて気が付きました。

山間地とはいえ、ヨウラクラン、クモラン、そしてカヤランまでも、庭木や盆栽に自然着生しています。これで、産廃の焼却場やシキミの高濃度農薬の臭気が無ければ、言う事無い場所なのですが・・。

2016年の思い出④(ヤツシロラン類栽培実験)

今年の目標は、アキザキヤツシロランの発芽~塊茎まで見る事でした。出来れば花を咲かせたいと思っていました。

【アキザキヤツシロラン】

A010 A002

左はアキザキヤツシロランの種子です。中央部が飴色になっているのがお分かりですか?右は、プロトコームを確認したところです。これだけでも、嬉しいものです。

A074 Ap5170298

プロトコームから少し大きくなって変形して来ました。根状器官(仮称)が伸び始めています。

Ap6020941 Ap6251041

更に根状器官(仮称)が伸び、塊茎に毛が生えて来ました。

この後少しずつ成長して・・。

Olpa121087a

こんな姿になりました。

でも、ここまでの成長に時間がかかってしまったため、花を見る事は出来ませんでした。時間がかかった原因として、思い当たる事があります。現在、それを改善した環境で再挑戦を始めています。

Ap6020934 Ap6251059

こんな集団もありました。

【クロヤツシロラン】

A049 Ap6220890

実生栽培二年目の塊茎から、根状器官(仮称)が凄い勢いで伸びて来ました。元気だと喜んでいたのですが、菌糸不足のSOSだったようです。未知の世界は、学ぶ事ばかりです。

【その他のヤツシロラン類】

Ampc190017 Ampc190027

まだ見た事の無いヤツシロラン類の塊茎から、芽が出て来ました。私にとっては、初めての塊茎移植実験ということになります。

無事花が咲いてくれるだろうか?

最後に・・。

Bf126

「静岡県のムヨウラン類とヤツシロラン類」の著者の先生にお会いしたくて「ふじのくに地球環境史ミュージアム」のオープン日(3月26日)に行って来ました。でも、残念ながらお会いする事は出来ませんでした。いつの日か・・。

2016年の思い出はこれでお終いです。

来年の目標は・・。

①アキザキヤツシロランの花を咲かせる事

②愛媛大学ミュージアムと、高知県立牧野植物園を見に行く事

③その他、歩ける内に出来るだけ探索エリアを広げる事

頑張らなくては!

2016年の思い出③(菌従属栄養植物)

菌従属栄養植物・・以前は、腐生植物と呼んでいました。この記事では、今年山野で出会った思い出に残るものを集めてみました。

【ツチアケビ・オニノヤガラ・キバナノショウキラン】

Tofn207 Oaimg_9509 Obimg_9434

左から、ツチアケビ、オニノヤガラ、キバナノショウキランです。

【ツチアケビ】

Ottp7243824

ツチアケビは、こんな花が咲きます。洋ランを思わせるような綺麗な花です。上の写真の大株、凄いでしょ?こんな塊が二か所、それ以外にも彼方此方に生えていました。この先こんな大株と出会えることは無いと思います。

そして、5年前に姿を見てから絶えてしまったと思っていた別の場所で、また再会する事が出来ました。5年間地下茎が養分を蓄えていたようです。永い眠りから目覚めたのです。

【オニノヤガラ】

Oap7102562

この場所では、一昨年3株のオニノヤガラを見付けました。今まで見て来たオニノヤガラは、翌年同じ場所には出て来ませんでした。でも、近くに生える可能性は高いと思い、探索して2株を見付ける事が出来ました。ところが、花が開く頃見に行ったら、何者かに食べられていました。

それがきっかけで、少し違うエリアを探索してヒナチドリと出会う事になったのです。

【キバナノショウキラン】

Obimg_9536 Obimg_9561

この植物の探索は、前ブログ「やまぶどうのお気に入り」の頃から続けています。名前には「黄花」と付いていますが、あまり黄色く見えません。ところが、右のような色彩のキバナノショウキランに出会いました。左と比べると、かなり黄色っぽいでしょ?

残念ながらこの株も何者かに食べられて、花を見る事が出来ませんでした。ただ、この場所は記憶していますので、来年また見に行こうと思っています。花が咲き結実していたら、翌年は出てこないと思います。でも、この状態で食べられたようですから、翌年出てくる可能性は高いと思っています。

【ヒナノシャクジョウ・ホンゴウソウ】

Hnp8040519 Hhp9012649

昨年初めて出会った場所から、山の神様に誘われて別の場所へ行きました。すると足元に、左の白い小さな植物・・ヒナノシャクジョウが生えていたのです。この場所では、ホンゴウソウも結構見る事が出来ました。

Hhimg_0927

新たに発見した自生地は、湧き水の浸み出すこんな場所でした。

このところ、庭木の剪定をしているので、指の関節が痛い!繊細な作業をする指が太くなってしまう・・。

2016年の思い出②(寄生植物)

今年出会った無葉緑植物の中で、寄生植物を集めてみました。

【オニク】

Ao286 Ao251

2015年11月下旬、富士山でこのドライフラワーと出会いました。そして、2016年6月下旬、GPS登録したその場所へ行ってみました。

Oimg_8794 Op6261197

「あっ、出ている!」初めてドライフラワーではないオニクを見る事が出来ました。オニクは、亜高山帯のミヤマハンノキの根に寄生するそうです。

もう遅いかと思いながら、7月下旬に再び訪れました。

Ngp7162977 Ngp7162938b Ngp7162965

一部は花が終わり、萼だけ残ったようになっていましたが、まだ雄蕊や雌蕊の確認出来るものもありました。この場所では、7月上旬が一番の見頃のようです。

オニクは、一年草と書かれた書物やWeb図鑑がありますが、一稔性(一回結実性)の植物だそうです。地上に姿を現して花を咲かせると枯れてしまうので、当初は一年草と勘違いされていたようです。

ついでに、富士山で見かける寄生植物を掲載します。

【ヤマウツボ】

Qa140 Ba5230677

ブナ科、カバノキ科、ヤナギ科などの植物の根に寄生するそうです。

【キヨスミウツボ】

Kfp7102417

アジサイ、ムラサキシキブ、アラカシ、ウラジロマタタビなど、いろいろな植物の根に寄生するそうです。来年は果実の熟した頃に採取して、アジサイの根元に蒔いてみようと思っています。

最後に、海岸で見つけた不気味な植物の登場です。

【アメリカネナシカズラ】

Aopb290210 Aopb290221

沼津市と静岡市の海岸で確認しました。砂丘などに生育する在来種,畑作物(ジャガイモ,ナス),園芸植物など、様々な植物に寄生し、種子は動物の胃の中でも生存するそうです。

外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

※この記事は昨日分ですが、事情があってアップ出来ませんでしたので、日時を遡ってアップします。

ヤツシロラン類栽培実験

久々に、ヤツシロラン類の栽培実験の記事です。

【アキザキヤツシロランの実験容器】

Ampc190032 Ampc190035

アキザキヤツシロランは、今年初めて挑戦して、発芽~塊茎まで見る事が出来ました。でも、残念ながら花を咲かせる事が出来ませんでした。思い当たる事があり、新たな実生床を準備して、菌糸の繁殖を待っています。

竹林の部材を観察していると、右のような黒い物体を目にすることがあります。落葉広葉樹林で見かける「山姥の髪の毛」にも似ています。これも根状菌子束なのだろうか?

【未知のヤツシロラン類の実験容器】

Ampc190001 Ampc190003

こちらの容器には、ある人から送っていただいた、根状器官(仮称)の取り外された三種類の塊茎が入っています。竹林の部材採取が間に合わず、赤玉土の上に同封された少量の土と塊茎を埋め込み、裏庭の竹の葉を敷き詰め(覆い)ました。

上層の竹の葉を捲ってみると、クロヤツシロランの実生栽培で見たのと同じような、芽が出ているではありませんか!

Ampc190005

撮り難い位置に生えていましたが、接写で撮ってみました。間違いなくヤツシロラン類の芽だと思います。

Ampc190011 Ampc190017

同じような写真で恐縮ですが・・。

他の場所の葉を捲ると・・。

Ampc190024 Ampc190027

こちらにも出ていました。アキザキヤツシロランの塊茎から出て来た芽と似ています。上と下の写真は、別種のヤツシロラン類だと思います

この塊茎を植え付けたのは、2016年8月24日です。塊茎の様子は分かりませんが、養分を与える菌糸が繁殖してくれているようです。

未知のヤツシロラン類は、我が静岡県では目にする事の出来ない植物です。上手く花が咲いてくれたら・・。でも、私に出来る事は、時々覗いて霧吹きするのと祈る事くらいです。

近くの山林で出会った野生ラン(富士市)

不法投棄のパトロール後に、近くの山林で出会った野生ランを集めてみました。

【サイハイラン】

Aoimg_4881

幅広の笹のような一枚葉・・サイハイランです。稀に、二枚葉もあります。

【エビネ】

Aoimg_4920

笹に隠れるように生えているエビネです(ピントがずれてしまいましたcoldsweats01)。

Aoimg_4924 Aoimg_4913

果実が幾つか見えています。花粉媒介者(ポリネーター)は、ニッポンヒゲナガハナバチなどの中型のハチ類だそうです。

【オオバノトンボソウ・ササバギンラン・ムヨウラン】

Aoimg_4824 Aoimg_4828 Aoimg_4886

左と中はオオバノトンボソウで、右はササバギンランです。どちらも、冬には地上部が枯れ休眠します。

Aopc030098 Aopc030149

左はオオバノトンボソウの果実、右はムヨウランの果実です。ムヨウランの果実は、来年の蕾が出る事まで腐らずにいます。

【シュンラン・クモキリソウ】

Aoimg_4858 Aopc030163

この落葉広葉樹林内では、彼方此方でシュンランを見る事が出来ます。右の写真には、クモキリソウとシュンランが写っています。どちらも、比較的出会う事の容易な野生ランですが、ツーショットは珍しいと思います。

Aopc030137 Aopc030155

春を待つシュンランの蕾と、クモキリソウの果実です。

Aopc030157 Aopc030160

葉と球根を撮ってみました。

クモキリソウ・・ちゃんと花を見なければ?マーク付きとなるのですが、上記のような果実が生り、冬に地上部が枯れ休眠する野生ランは、この標高辺りではクモキリソウとジガバチソウがあります。この場所では、クモキリソウしか見た事がありませんので、クモキリソウとしました。

【イチヨウラン】

Aopc030044

シュンランやエビネの生える標高でも、イチヨウランが育つことを知り驚きました。今年の春までは3株あったのですが、一枚の葉を虫に食べられたようで、そのまま枯れてしまったのかもしれません。

Aopc030036 Aopc030043

片方に蕾が見えます。亜高山帯に生えるイチヨウランと同じく、蕾をもって冬を越します。種が手に入ったら、横に蒔いてみようと思っています。

【カヤラン】

Aoimg_4933a

望遠マクロレンズで撮りましたが、ピンボケしてしまいました。葉の下に見えるのは蕾?カヤランの蕾は、今頃姿を現すのでしょうか?

Aop1030250 Aoimg_4948

こちらは、小さな花から想像も出来ないような形の果実です。

【クモラン】

Aopc030179

カヤランと同じく樹上に生える着生ランです。この植物は、葉が無く根が光合成を行っているそうです。変わっていますね。

Aopc030188 Aopc030193

樹皮にめり込むように(密着して)生えています。

二時間足らずの探索時間に、10種類もの野生ランを見る事が出来て幸せな日でした。野生ランは、花の季節以外でも、心を引き付けるものがあります。

アキザキヤツシロランの果実②(富士市)

昨晩から今朝にかけて、かなり冷え込んで来ました。そして、今日は予報通り午後から雨・・寒い雨です。

②は、コンデジで撮ったアキザキヤツシロランの果実です。

Qapa230392

アキザキヤツシロランは、こんな林床に生えています。

Qapa230422 Qapa230425

花の咲いている時には、想像も出来ないような高さになります。右は茎と花柄の境です。花はこの高さに咲き、受粉後花柄が急激に伸びて来ます。遠くへ種を飛ばすために・・。

Qapa230385 Qapa230383 Qapa230396

果実が裂開し種が飛散します。

Qapa230417 Qapa230414

最後には、雪洞の骨のような形になります。

Qapa230411

写真に写っている毛のようなものが種で、鼻息でも舞い上がるくらいの軽さです。

この竹林には、少しですがクロヤツシロランも生えていますので、果実を比較してみました。

Qapa230428 Qapa230431 Qapa230434

左はクロヤツシロランの果実で、中と右はクロヤツシロラン(左側)とアキザキヤツシロラン(右側)の果実を並べてみました。色の違いで区別出来ます。

アキザキヤツシロランの果実①(富士市)

アキザキヤツシロランの花を観察してから、一月以上経ちます。「もう果実が裂開して種が飛散してしまったかもしれない・・」そう思いながら、自生地の竹林を覗いて見ました。デジイチで撮った写真です(ピンボケばかりですが・・)。

Oaimg_2927

この日は、暑いくらいの気温でした。もう、藪蚊も少ないだろうと思ったのが、甘かった!藪蚊と蜘蛛の巣に悩まされながら林内に入ると・・。

Oaimg_2940 Oaimg_3002

こんなに、花(果)柄が伸びていました。

Oaimg_2936 Oaimg_2947 Oaimg_2961

この時期になると、株の多さが良く分かります。花を見付けにくい、スギ林のクロヤツシロランは尚更です。

Oaimg_2949 Oaimg_2953 Oaimg_2993

この株は、手尺で測ったところ60cmを超えていました。今まで見た中で一番だと思います。

更に進むと・・。

Oaimg_2966 Oaimg_2990 Oaimg_2969

こんなにまとまって生えていました。菌糸が豊富な場所のようです。

次はコンデジで撮った写真です。

より以前の記事一覧