他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

腐生植物

キバナノショウキラン

今年は、いつもと別の場所で、早々にキバナノショウキランと出会いました。その後、ホームグラウンドの様子見に行ったのですが、昨年あれほどあった場所には、一つも生えていませんでした。

ところが・・。

Zimg_6347

「うわぁ~凄い!」思わず声を上げてしまうくらいの株数でした。

Zimg_6422 Zimg_6423

手前と奥を別々に・・。

通常なら奥の株だけでも凄いと思うのに、手前の株を見ると霞んでしまいます。

Zimg_6425 Zimg_6424

上から・・。

奥側も結構あるでしょ?

Zp7182208 Zp7182209

「ひしめき合っている」という表現がぴったりですね。

Zp7182201 Zp7182204

花を接写してみました。

この花は、蕾の内からいろいろな虫に齧られて傷だらけになります。私は長年この花を見て来ましたが、匂いのする事に気付きませんでしたcoldsweats01。この日初めて知りました。

キバナノショウキランは、果肉に種を宿し、それを食べた虫などに運ばれるそうですが、こんなに沢山生えているのは、シカ等の動物に運ばれたのかもしれません。こんな大株に出会う機会は、もう無いと思います。

希少植物を求めて山野を歩くと言う事は、植物を踏みつけ自然破壊をしている事になります。自分は、気を付けて歩いたつもりでも、希少種を踏んでしまう事もあると思います。

そんな事への償いの気持ちも含めて、見つけた希少種で可能な場合は、受粉の手助けをしています。ウチョウランの仲間などは、その方法も知っていたのですが、キバナノショウキランは、良く分かりませんでした。この日は、ショウキランの神様にその方法を教えてもらいましたので、今後はキバナノショウキランも受粉の手助けをしていくつもりです。

オニノヤガラ

今年も、オニノヤガラに出会う事が出来ました。

Ap7192257 Ap7192252 Ap7192253

まだ開花前でした。昨年の今頃は花が開き、下段は花筒が萎れて子房が膨らんでいました。この植物も、例年に比べて遅れているようです。コンデジでは、ピントが合わせが難しく、全体像が上手く撮れませんcoldsweats01

長く伸びた花茎の上部は柔らかく、アスパラのように茹でて食べれば美味しいかも?

Ap7192260 Ap7192268

開花に向け、蕾が徐々に向きを変えているのが分かります。面白いですね。

Ap7192239 Ap7192240

昨年は、花を見に行ったら何者かに食べられていました。シカ等の食害に遭わないで、このまま無事に結実し、種を飛散してほしいものです。

Ap7192267

花柄部分を接写してみました。向きを変えるために、捻じれているのが分かります。植物は、細かく観察すると不思議がいっぱいですね。

A1500534017

一番最初に開花すると思われる蕾です。標高の低い所に生えるオニノヤガラに比べて、緑色が目立ちます。

最後に、昨年この近くで撮った花を掲載します。

Ap7102562 Ap7102566

雨に濡れた後で撮ったため、水滴が付いていますが、青緑色の綺麗な花でしょ?フグの口を連想しました。

この植物は、ツチアケビと同じくナラタケ属(キシメジ科)と共生するそうですが、種子発芽の時はクヌギタケ属に依存するそうです。中国では栽培法が確立され、生薬として利用されていると書かれていました。

花が咲くと、地中の塊茎は枯れてしまうのか、全く同じ場所で翌年見る事はありません。ただ、その周辺に生えてくる可能性は高いので、付近を探すと出会えるかもしれません。

光合成をしないで生きる植物など

またマダニによる被害者が出たそうです。萌の散歩でもマダニを見かけるし、畑仕事や山歩きしていて集られる事もあります。気を付けようと思っても、避けきれるものではありません。せめて、山歩きの時には、長袖・長ずぼんでスプレーをするくらいです。

今日は、菌従属栄養植物や寄生植物、変形菌など光合成をしないで生きるものを集めてみました。

【ツチアケビ】

ラン科ツチアケビ属。ナラタケ属から養分をもらって育つ、菌従属栄養植物です。運良く毎年出会っていますが、探してもなかなか見つかりません。

Bp7091595 Bp7091598 Bp7091608

左と中は、標高750m辺りで撮りました。右は、標高350m辺り・・もう色付き始めた果実がありました。

Bp7091601 Bp7091599

標高750m辺りで撮った花です。洋ランを思わせる唇弁を持ち、とても綺麗な花だと思います。

以前の記事で、1~2本生えるところは、花が咲き果実が生ると翌年は姿を現さないと書きました。でも、この場所は昨年も確認しています。考えられるのは、花を見た後で刈り取られていましたので、根茎にまだエネルギーが残っていたのではないかと思います。

Bp7091607 Bp7091610

標高350m辺りでは、先端部に少しだけ蕾が残っていますが、もう子房が膨らみ始めていました。この植物は自家受粉を行うそうです。確かに結実率は良いのですが、途中で落ちてしまう果実も結構あります。どうしてだろう?

【キヨスミウツボ】

Bp7091542 Bp7091541

ハマウツボ科キヨスミウツボ属。アジサイ科の植物の根などに寄生する寄生植物です。

根に寄生する植物では、ヤマウツボやオニクなどがあります。私が観察した範囲では、この二種は毎年同じところにも生えて来ますが、キヨスミウツボはその場所が移動しているように思います。富士山麓で、かなりな広範囲に生えていた場所が、1~2年後には殆ど姿が見えなくなりました。

【変形菌】

違うかもしれないけど・・。

変形菌とは、「変形体と呼ばれる栄養体が移動しつつ微生物などを摂食する動物的性質を持ちながら、小型の子実体を形成し、胞子により繁殖するといった植物的(あるいは菌類的)性質を併せ持つ生物」という変わった生き物だそうです。

この生物に魅入られ、追い求めている人たちも多いそうです。私も、ヤツシロラン類の実生栽培実験で、キノコの菌糸類を飼育(動く生き物のようなので)していますので、それを越えた面白さのある生物だと思っています。

番号に続く名前は、Web検索して似たものを書いてみました。正しい名称が分かる方は、教えてください。

①?

Bp7091558 Bp7091567

子実体でしょうか?胞子で覆われたような姿です。右の写真にはキノコの子実体との間にオレンジ色の物体が見えます。これも変形菌でしょうか?

②エダナシツノホコリ?

Bp7091425

白いイソギンチャクが群れているようです。Web検索すると、ツノホコリ科ツノホコリ属・・エダナシツノホコリに似ています。

Bp7091434 Bp7091440

Zp7091442 Zp7091438

上の写真をクリックして見ると、イソギンチャクの触手のような部分に腺毛のようなものが見えます。これが子実体だそうです。

先端部に穴が開いているように見えますが、内部の透明度が高いため、先端から透けて見えるので筒状と錯覚すると書かれていました。

③クダホコリ?

Bp7091492 Bp7091493

タラコかジャンボタニシの卵のようです。Web検索すると、粘菌類ドロホコリ科・・クダホコリに似ています。

◇今日は、天気が崩れるとの事なので、内職の図面描きをしています。たまにやると目が疲れます。ついでにブログ記事も早めにアップしました。

オニク出現

偶然出会ったドライフラワー・・そろそろ、今年のオニクが姿を現す頃だろうと思い、様子見に行って来ました。

Ap7060809 Ap7060813

「あっ、出ている!」

こんな色彩だから、ちゃんと見ないと気が付きません。うっかりすると、踏みつけてしまいます。

Ap7060812 Ap7060817

こちらにも・・。

Ap7060851 Ap7060814 Ap7060848

今年→昨年→一昨年。

一回結実性(一稔性)の植物なので、今年出現した個体は開花結実後枯れます。どのくらいの期間、地中にいるのだろうか?なんか蝉みたいですね。

Ap7060845 Ap7060856

この個体が一番早いようです。鱗片葉が開き始めていました。

Ap7060844 Ap7060858

接写してみました。細長い松毬(まつかさ)のようですね。別場所での観察からも、この植物は一気に姿を現さないで、かなり個体差があるようです。

シナノショウキラン②(長野県)

気になった事を、まとめてみました。

◇食害

Ap7030714k Ap7030734k

左は、私が一番最初に見たシナノショウキランの花と、何者かが掘ったような穴です。これを見て、誰かが掘起こして持ち帰ったのだろうと思いました。

ところが、案内してくださった方に呼ばれて別の場所へ行ってみると、右のような掘削跡と楕円内の残骸がありました。イノシシが掘ったのかもしれません。この辺りに、イノシシがいるのだろうかという疑問も残りますが・・。

富士山麓に生えるキバナノショウキランは、シカの食害に遭ったと思われる痕跡が各所で見られます。でも、このような状態のところはまだ見た事がありません。イノシシには、味を覚えられていないようです。

Bp7030712

一番最初に見た、記念すべきシナノショウキランの花です。唇弁の部分を何者かに食べられていました。この食痕、キバナノショウキランの果実を食べる昆虫の食痕と似ています。

◇集る虫

Cp7030778 Bp7030784 Bp7030785

キバナノショウキランのポリネーターは、マルハナバチの仲間だと聞いた覚えがあります。この場所でも、マルハナバチの仲間を見かけましたが、残念ながら花にやって来るところは見られませんでした。でも、ハナアブのような虫がいたので、撮ってみました。

キバナノショウキランは、開花して間もない頃、ゾウムシの仲間に齧られていますが、この場所では見かけませんでした。

◇シナノショウキランとキバナノショウキランの変わり者

①シナノショウキラン

Bp7030750k 1499134811

前記事の写真を見て頂くと分かるように、蕾の状態でも薄黄色のものが殆どですが、こちらの個体は少し茶色が入っています。

Bp7030753 Bp7030755

こちらも・・。

②キバナノショウキラン

Bkibana24

(茶色の)濃さは個体によって様々ですが、蕾の状態ではこのような色のものを多く見かけます。

でも中には・・。

Bkibana35 Bkibana16

こんなキバナノショウキランもありました。右は比較のために一般的なキバナノショウキランの蕾を並べてみました。①のシナノショウキランの蕾より黄色く見えませんか?

これで、花茎の色も薄黄色ならもっと面白かったのですが・・。残念ながらこの個体もシカと思われる食害に遭い、開花状態を見る事は出来ませんでした。

※この記事は、本日分として時間指定(12:30)でアップします。

シナノショウキラン①(長野県)

私が、富士山を探索する切っ掛けになったともいえる植物は、キバナノショウキランです。訳あって、2009年の秋、知人に果実のある場所を教えてもらい、翌年の7月から一週間毎に通い詰めました。それ以降、今日までキバナノショウキランを追い続けて来ました。

その間に、他県には黄色い花の咲くショウキラン属のある事を知り、一度は、その花を見てみたいと、ずっと思っていました。そして、ついにその夢が叶いました!

Ap7030715 Ap7030721

初めて目にした、黄色い花の咲くショウキラン属・・シナノショウキランです。

Ap7030719 Ap7030716

上と正面顔のアップです。綺麗な花です。

Ap7030730 Ap7030733

こちらは花付の良い個体です。花期は6月となっていますが、まだ蕾が多く、この植物も開花が遅れているようです。

Ap7030728 Aimg_5975 Ap7030791

キバナノショウキランよりも、(花茎・花柄が長く?)ひょろっとしたような印象を受けます。右は別の場所で撮りました。

Ap7030792 Ap7030779

こちらも、上右と同じ場所で撮ったものです。

現地を訪れる前は、もう少し標高の低い場所を想像していました。ただ、自生場所は急勾配の割に、かなり湿り気の多い地質でした。

シナノショウキランは2001年に新種登録され、環境省RDBで絶滅危惧種ⅠB類(EN)に指定されています。案内していただいた方の話では、以前見た時はもっとずっと多かったそうです。山渓のレッドデータープランツ(増補改訂新版)には、「沢山発生する年とそうでない年の差が激しいと書かれています。今年は、不作の年という事でしょうか?

②では、少し気になった事を掲載します。

※昨晩は帰宅が遅くなり、晩酌・食事をした後眠ってしまいましたcoldsweats01。一日一記事・・日付を遡ってアップします。

キバナノショウキラン

そろそろ姿を現す頃だろうと、思ってはいたのですが・・。今年は、例年見ているのとは違うエリアで、最初に出会いました。

Aimg_5589

キバナノショウキランです。この植物は、いろいろな生き物に好かれるようで、時間の経過とともに傷だらけになります。無傷な花を見る事の難しい植物です。

Ap6270003 Ap6270008

良く見ると、幾株か生えていました。

Ap6270002 Ap6270007

肉厚の蕾です。

Ap6270005

こちらは何ものかに切断されていました。シカだろうか?

昨年も、シカの食害に遭ったと思われる個体を、彼方此方で見かけました。人間が食べても美味しかったりして・・。

キバナノショウキランは、静岡県の天城山がタイプ産地だそうです。環境省RDBで絶滅危惧種ⅠB類(EN)、静岡県では絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

※昨晩早く寝たので、早朝に目覚めてしまいました。年寄は困りものですね。夕方作成しているブログ記事を朝書きました。

ドライフラワーのオニク

明日は天気が崩れるとの予報なので、屋外の肉体労働を頑張りました。スマホ・アプリの歩数と活動時間は、規定値を遥かに超えています。

オニク・・この植物に出会いたくて、ミヤマハンノキの生えるエリアを、一人探索した事が幾度かあります。でも、ずっと出会えずにいたのですが、一昨年の晩秋に家族を誘って訪れた場所で、偶然ドライフラワーを見付けました。昨年の夏に再訪して、無事花を見る事が出来ました。

Oniku_1 Oniku_13

この日も、別のところでミヤマハンノキの若葉と球果を撮っていると、その足元に・・。

Oniku10

「あっ、オニクのドライフラワーだ!こんな所で出会うとは・・。」

Oniku_3 Oniku_4

裏側に回ると、こんな光景が目に入りました。「凄い!」

Oniku_6 Oniku_7 Oniku_10

オニクは、一回結実性(一稔性)の植物だそうです。地下で養分を蓄え、地上に姿を現して花を咲かせると枯れ死します。ドライフラワーが沢山あったからといって、同じ数だけ姿を現すわけではありませんが、これだけあるとかなり期待出来ます。

Oniku_12 Oniku_11

素人の考えでは、こうして果実殻が翌年まで残るような植物は、種の飛散に時間をかけるタイプだと思います。

ただこの種を見た事はありませんが、あまり遠くまで飛ばないのか、他の場所で発芽し難い植物ではないかと思います。一昨年見付けた場所も、この場所も、周辺を探索してみましたが、発見場所の狭いエリアにしか個体が確認出来ないからです。

この自生地を見ていて、もっと標高の低い所に生える、ヤマウツボを連想しました。ヤマウツボも、同じ場所で毎年見る事が出来ます。養分をもらう樹木の根があれば、ある程度の数が代を継いで生き続けるようです。環境省RDBで指定が無いのは、根こそぎ採取する輩がいなければ、この場所のように沢山生えるからだと思います。

まだ地上部に姿を現していませんでしたが、花の時期にまた行かなくては!山の神様、この日も嬉しい出会いを有難う!

サカネラン再び

梅雨入りしたはずなのに、雨はどうなってしまったのでしょう?農作物が干乾びてしまう・・。こんな時でも、雑草だけは元気です。困ったものだ!

少し前になりますが、またサカネランと出会いましたので、記録のために掲載します。

Zimg_4713 Zimg_4714

この植物は、見上げるような形で出会う事が多い・・。この日も、探索範囲を広げようと斜面を登っていて目に入りました。こうして寄り添って生えている所も幾度か見ています。

Zp6092794 Zp6092795 Zp6092737

それほど遠くない所に、小さな個体もありました。いずれも花の盛りは過ぎ、子房が膨らみ始めていました。

Zimg_4717 Zimg_4719 Zp6092799

周辺を見まわすと、昨年の果実殻が残っていました。一番右は、ミヤマウズラの果実です。

ヤツシロラン類の果実殻は残らないのに、ムヨウラン類やサカネランがこうして残っているのはどうしてでしょう?種子の寿命が長く、長期間飛散出来る状態を保つためでしょうか?

Zp6092759 Zp6092781

膨らみ始めた子房・・どれも上側が膨らんでいます。熟して殻が破れるのは、果実殻の写真から分かるように上側です。種子が下に零れてしまわないないで、出来るだけ飛散するような工夫がなされているようです。

Zp6092763 Zp6092782

人形の花も、見比べるといろいろですね。唇弁の裂片の長さも、短足とそうでないものがあります。左の花は、まだ花粉袋が破れていないようです。

Zp6092775 Zp6092778

暫く眺めていましたが、送粉者はやって来ませんでした。膨らんだ子房と昨年の果実殻から、結実率の良い植物だと思います。

Zimg_4743

この近くで、ガマガエルと出会いました。一瞬目が合いましたが、視線を逸らしてじっとしていましたので、望遠で撮りその場を離れました。ガマガエル君、驚かしてゴメン!

サカネラン

今年も、サカネランに出会えました。

Ap6052228 Ap6052229 Ap6052231

先端部まで開花していますから、花の時期は盛りを過ぎたようです。サカネランは、外生菌根菌のロウタケ科に寄生する菌従属栄養植物(腐生植物)です。

全体に細かい毛が確認出来ます。私はまだ見た事はありませんが、エゾサカネランは全体が無毛なので、それが区別点になるそうです。

Ap6052238 Ap6052237

ズームしてみました。事情があり、慌てて撮ったため思ったように撮れませんでしたcoldsweats01

ところで・・。

Ap4250132 Ap7162916

こちらは、ヒメフタバランとミヤマフタバランの花です。フタバラン類は、以前はフタバラン属に分類されていましたが、DNA情報を用いた解析により、サカネラン属として扱われるようになったと書かれています。また、フタバランも菌根菌はロウタケ科だそうです。

素人は「フタバラン属でも良いじゃないか?」なんて思ってしまいます。まぁ、花の形が似ているところもありますので、そこで納得するしかありませんbleah

より以前の記事一覧