他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

腐生植物

トサノクロムヨウランと不明な植物

今日は、草刈りと草取り予定でしたが、出かけようと思ったら雨が降って来ました。仕方ないので、「何時でも良いよ!」と頼まれていたCADデーターの整理をする事にしました。

パソコンを起動したついでに、本日分のブログ記事も作成しました。

【トサノクロムヨウラン】

Xp7110054 Xp7110049

最初の花です。撮影時間は午後でしたから、花は咲き始めではなく閉じ始めたのかもしれません。全開ではありませんが、花が開く事を自分の目で確認出来ました。

理由があって、ここからは片手での感撮りです。

Xp7110060j Xp7110067

唇弁の淡い紫色が確認出来ます。暗めの写真ばかりですが、見た目の雰囲気を考えて、Photoshopでの加工はサイズダウンに留めました。

Xp7110071 Xp7110069

モニターを見ながら撮れないので、何枚も撮ってみました。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ですcoldsweats01

Xp7110035 Xp7110061

残念ながら、今回は諸先輩が掲載されているような、全開写真は撮れませんでしたが、開花する事が分かり、クロムヨウランではなくトサノクロムヨウランである事が確認出来ました。

※この植物を初めて掲載した時、トサノクロムヨウランとクロムヨウランの違いを取り上げた高知の先輩のブログ記事と研究者の論文・解説文の紹介をしました。その後、何人かの方からコメントやメールなどを頂きました。興味を持たれた方のために、下記に再掲載します。

高知の先輩のブログ記事

クロムヨウランの論文

論文に関する解説文

【不明な植物】

Xp7150102 Xp7150126

鉢植え植物の脇に、見慣れない植物が姿を現しました。シダ植物のハナヤスリ属に似ていますが・・。

これがハナヤスリ属なのか分かりませんが、富士市植物目録(シダ植物)には、ハナヤスリ属としてコヒロハハナヤスリ、コハナヤスリの2種が掲載されています。

私は、ハナヤスリの仲間を、静岡市にあるお寺の一角でしか見た事がありません。胞子葉が出現すれば、ハナヤスリ属に間違いないのですが・・。

オニク開花

ミヤマハンノキなどの根に寄生する、葉緑素を持たない植物・・オニクの花を見て来ました。

Ap7091867 Ap7091868b

丈は個体毎に様々で、こちらは小さい方でした。オシベの様子からすると、まだ咲き始めのようです。

Ap7091877 Ap7091871

左は昨年のドライフラワーの後ろに、今年のオニクが見えています。中には、一昨年のものと思われるようなドライフラワーもありました。長持ちするんですね。

Ap7091879 Ap7091878b

4本に見えますが、良く見ると左の小さなオニクの後ろに、更に小さなオニクが見えています。個体毎に出現にも時差があるようです。

Ap7091889 Ap7091890

花を接写ズームしてみました。

Ap7091891

もう少しズーム・・。オシベが4本見えています。「花冠は上唇と下唇に分かれ、下唇は更に3裂する。」・・下唇は浅く3裂ですね。

オニクは、地上に姿を現して花を咲かせると枯れるため、一年草と書かれたWeb図鑑などがありますが、地中で数年養分を蓄えてから花を咲かせる多年草(一回結実性)だそうです。強壮・強精効果があるそうで、高値で売れるため根こそぎ採取されてしまい、富士山では極稀にしか出会えません。

ハマウツボ科オニク属オニク(Boschniakia rossica (Cham. et Schltdl.) B.Fedtsch.)。

ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬)

ヤツシロラン類の実験容器を覗いて見ました。

【ヒメヤツシロラン属/ユウレイラン属の実験容器】

Ap7110073

ユウレイランの仲間・・ヒメヤツシロランと思われる植物の花は2輪だけ咲きました。残りの蕾は開花が難しいと判断して、鑑定のため茎を専門家の所へ送りました。

茎を切断した所には、根状器官が確認出来ます。そして、その横には未開化株の塊茎が見えています。もしかしたら、もっとあるかも?竹林の部材を追加しておかなくては!

【ハルザキヤツシロランの実験容器】

Ap7110109 Ap7110111

種子を蒔いてから、20日以上経ちました。左の白っぽい塵のようなものが種子です。コンデジで接写ズームして見ると、中央部分が飴色になり、膨らんでいるのが分かります。

Ap7110146

変化があって良かった・・。

Ap7110144 Ap7110137

所々に、プロトコームも確認出来ます。

容器内を見まわすと・・。

Ap7110083 Ap7110082

このスギの球果の部分に目が行きました。プロトコームが沢山見えます。中には根状器官の伸び始めたものまであります。「これって、ハルザキヤツシロランだよな・・。」

Ap7110087

更にズームして見ると、菌糸とプロトコームの接触が確認出来ます。中央右には、上の写真のような小さなものもあります。同じ日に蒔いても、成長にかなり差があります。これが、菌に頼る植物の面白いところであり、また難しいところでもあります。

この実験容器には、ハルザキヤツシロランの種子しか蒔いてないはずですから、私はハルザキヤツシロランだと思っています。

私が間違っていなければ、ハルザキヤツシロランの共生菌は、スギの球果にも繁殖する事になります。そうだとしたら、スギ林にも生える事が考えられますが・・。日本のランハンドブックには、「常緑広葉樹林下に生育」と書かれており、この種子を採取した自生地もそうでした。

尚、同ハンドブックには、アキザキヤツシロランやクロヤツシロランよりも「共生する菌根菌の種がずっと多様である。」とも書かれています。それでも、スギ林や竹林には生えないのでしょうか?

いずれにしろ、ハルザキヤツシロランの実生栽培実験は、動き出しました。マメに、成長を見守りたいと思います。

ラン科オニノヤガラ属ハルザキヤツシロラン(Gastrodia nipponica (Honda) Tuyama)。

ツチアケビ

ツチアケビ・・初めてこの植物を見たのは果実期でした。赤いウインナーソーセージのような果実を、不気味な印象を持って見ました。富士山麓を歩いていると、稀に見かける事はありますが、2~3本程度の自生地では、同じ場所で翌年出会う事は少ないと思います。

Bp7071720 Btofn207

左の場所を初めて見つけた時、2~3本自生していました。今年で3年目になると思いますが、また生えていました。連続して見られた稀な例だと思います。

右は、今迄出会ったツチアケビの中で一番本数の多かった自生地です。写真のような塊が3か所以上ありました。全部で数百本に及ぶと思います。もう二度と、こんな大群落に出会う事は無いと思います。

Bp7071729 Bp7071624

花を撮ってみました。ツチアケビはラン科植物です。洋ランのような唇弁を持ち、こうして見ると綺麗な花です。この花は、蕊柱の先端にある花粉塊が落ちていました。

Bp7071727

こちらは唇弁に傷があります。このところの暴風雨で、どの花も傷んでいました。

Bqpimg_1488 Bqpp9113362

左のような果実をつけます。他の野生ランと違い、果肉の中に種を宿す液果です。種子は野鳥(ヒヨドリなど)によって運ばれる事が、研究者によって確認されています。果実の赤い色彩も野鳥の好みだそうです。

右は、上の大群落で姿を現していた根茎です。晩秋に地上部は枯れますが、根茎は生き続けます。ツチアケビは光合成を行わず、ヒラタケなどの菌類から養分をもらって生育している菌従属栄養植物(腐生植物)です。地中の菌類の状態によって、翌年姿を現さず休眠するのかもしれません。

ラン科ツチアケビ属ツチアケビ(Cyrtosia septentrionalis (Rchb.f.) Garay)。

トサノクロムヨウラン(7月上旬)

義母の家に行ったついでに、気になっていた植物の様子を見て来ました。そして、藪蚊軍団の襲撃に遭いましたwobbly

Ap7011196 Ap7011239 Ap7011259

左と中が、トサノクロムヨウランの昨年のドライフラワーと、新たに伸びて来た花茎です。そして右は、丈から見てエンシュウムヨウランかウスキムヨウランの今年の果実だと思います。

果実(鞘)の付き方でも区別出来ると聞きました。トサノクロムヨウランは、右のようにすべてが上を向くのではなく、左右に開くそうです。その確認は、今年の花が終ってから、もう一度・・。

Ap7011206 Ap7011205

新しい花茎が、かなり伸びていました。

Ap7011210 Ap7011209

こちらは、更に伸びていました。

Ap7011246 Ap7011249

右下の蕾は下を向いていましたから、開花が近いと思われます。

以前、この地で出会った方に伺ったら、昨年の開花は7月末頃で、今年は早いから7月中旬ではないかとの事でした。もしかしたら、もう少し早いかもしれない・・。

記事のタイトルを見て、名前が間違っていると思われたかもしれません。私は、この個体の花をまだ直接見た事はありませんが、昨年撮った写真を見させて頂きました。薄紫の唇弁を持ったとても綺麗な花でした。

花が開くという事は、クロムヨウランではなく、トサノクロムヨウランだそうです。この野生ランに出会うかなり前から、いろいろ参考にさせて頂いている高知の先輩のブログ記事に「クロムヨウランは花が咲かない」と幾度か掲載されていました。

そして、今年の初旬、下記のような論文が発表されました。

The taxonomic identity of three varieties of Lecanorchis nigricans (Vanilleae, Vanilloideae,
Orchidaceae) in Japan

数十年間も別の花を勘違い 本物の「クロムヨウラン」は花が咲かない

ラン科ムヨウラン属トサノクロムヨウラン(Lecanorchis nigricans var. patipetala)。

もしかしたら、静岡県には、花の咲かない「本物のクロムヨウラン」は無いのかもしれません。

幽霊が咲いた!

不明な植物が咲きました!

【6月16日】

Aap6160271 Aap6160286

数日前に、ヤツシロランの仲間だと思い、ブログ記事に不明な植物としてアップしました。

【6月20日】

Ap6200389 Ap6200394

蕾が膨らんで来ました。

【6月23日】

Ap6230169 Ap6230171

蕾の一つが、立ち上がって来ました。開花するまで持つだろうか・・不安です。

【6月25日】

Ap6250530 Ap6250532

ヤツシロランの実生栽培容器の蓋に頭が当たり、茎が曲がってしまいましたwobbly。実験容器の蓋を外し、蓋付きのプラ衣装ケースに入れ少し明るい場所に置きました。

Ap6250524 Ap6250526

夕方確認すると、茎が真っすぐに修正されて来ました。こちらが唇弁~側萼片側のようです。白っぽい・・。

【6月26日】

昼過ぎに覗くと・・。

Ap6260547 Ap6260552

「あっ、咲いている!白い花だ!」・・これはもしかしてユウレイラン?

Ap6260588 Ap6260550

Web図鑑を見ると、ユウレイランは、常緑広葉樹林下に生えると書かれています。でも、実験容器は竹林の部材です(後記参照)。

Ap6260572 Ap6260571

唇弁の隆起が黄色いのもユウレイランの特徴です。私はユウレイランだと思ったのですが、似たものにヒメヤツシロランという植物もあるそうです。ヒメヤツシロランの別名がユウレイランと書かれたWeb図鑑もありますが、Ylist及び日本維管束植物目録では別種とされています。さて、これはどちらでしょう?ユウレイランは、唇弁の先端が2裂するとの解説を見付けました。とすると、この花は2裂していないのでヒメヤツシロラン?

ラン科ヒメヤツシロラン属ユウレイラン(Didymoplexis pallens Griff.)。ラン科ヒメヤツシロラン属ヒメヤツシロラン(Didymoplexis micradenia (Rchb.f.) Hemsl.)。

◇この実験容器には、2016年8月下旬、送っていただいた一握り程の自生地の土を入れました。ヤツシロラン類・・特にアキザキヤツシロランの実生床の一つとして、他地域の菌糸を増やしてみようと思ったのです。

竹林の土と思っていたので、赤玉土を敷いた上に、近くに生える竹林の部材を集め、煮沸して敷き詰めました。別に準備したアキザキヤツシロランの自生地の部材のように、白く目立った菌糸はあまり確認出来ませんでしたが、時々姿を現したり消えたりしていました。
地域の自生地の部材で発芽~開花実験が成功したら、アキザキの種子を蒔いてみようと思い、捨てずにいました。

そして、アキザキの実生~開花実験に成功し、静岡県に生えるヤツシロラン類の最難関、ハルザキヤツシロランの実生実験開始と共に、アキザキの種蒔きをしようとして、この植物を発見したのです。

土の中に潜んでいたプロトコーム或いは小さな塊茎が、約二年の間に中の菌糸から養分をもらい開花に至ったようです。アキザキの種蒔きは中止して、しばらく様子見です。

◇ヤツシロラン類もそうですが、光合成をせずキノコを消化して生きる野生ランは、通常の方法では栽培出来ません。持ち帰っても育ちませんので、採取は止めましょう!私は、師匠からヤツシロラン類の実生栽培実験の手ほどきをしていただき、上記のような理由で,、偶然この植物の姿を見る事が出来ました。この記事のアップを迷いましたが、ご理解いただけるものと思い、敢えて掲載する事にしました。

※コメントを頂き、ヒメヤツシロランを追記しました。Didymoplexis(ディディモプレクシス)をユウレイラン属とされたWeb図鑑もありますが、大場先生の植物分類表、米倉先生の維管束植物分類表に従い、ヒメヤツシロラン属としました。

オニク

そろそろ、オニクが姿を現す頃だろうと思い、様子見に行って来ました。 

Zp6190104

ミヤマハンノキの下を覗くと・・。

Zimg_6405 Zp6190100

昨年のドライフラワーが残っていました。私が知る自生地は、何処もドライフラワーが最初の出会いでした。

その周辺を注意深く探すと・・。

Zp6190094

いました!まだ頭を覗かせたばかりです。

Zp6190095 Zp6190097

こちらは、もう少し伸びていました。個体毎に、出現にかなり時間差があるようです。ドライフラワーの数からすると、まだこれから出現してくると思われます。あまりうろついて、うっかり踏みつけてしまうといけないので、この日は早々に引き上げました。

オニクは、ミヤマハンノキなどの根に寄生する植物で、地上に出現して花を咲かせると枯れてしまいます(一稔性/一回結実性)。

ハマウツボ科オニク属オニク(Boschniakia rossica (Cham. et Schltdl.) B.Fedtsch.)。

この植物に関して、素人ながらに知りたい事が幾つかあります。

①主に、種子を地中に運ぶのがアリだとしたら、スミレの種子のように種沈が付属しているのでしょうか?タイミングが合えば、観察したいと思っていますが・・。

②周辺にも、ミヤマハンノキが自生しているのに、限られた木の下にしか生えていないのはどうしてでしょうか?出現する個体は複数なのに、同じ木の下でばかり見かけます。アリが巣を作る木だけなのか、また発芽に特殊な条件があるのでしょうか?

③種子発芽してから、出現までにどのくらいの歳月が必要なのでしょうか?一年なのか、それとも数年かかるのかを知りたいです。

④基準標本(タイプ標本)はシベリアだそうです。ハンノキの仲間は、下界にも生えるのに、どうして寒冷地にだけ自生するのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Zp5190826

種沈は、アリの好む物質を含んでいて、アリは種子を巣に運んで、種沈だけ食べ、種子は食べないそうです。種子を運ぶ謝礼のようなものですね。上の写真は、スミレの種子で、白い部分が種沈です。

ヒメムヨウラン

今日は、雨予報だったけど比較的良い天気でした。タマネギの仮干しに丁度良かった・・。

梅雨時になると、亜高山帯の針葉樹林にヒメムヨウランが姿を現します。

Ap6190224 Ap6190223 Ap6190228

コケの中などに生え、とても小さな花を咲かせます。右は昨年の果実のドライフラワーです。比較的結実率は良いように思います。

Ap6190260

花を接写してみました。ヒメムヨウランは、唇弁が上に付いています。変わり者ですね。

Ap6190239 Ap6190241

軸(茎)色や花色も様々です。

Ap6190262

横顔。花は横向きで咲きますが、受粉後子房の膨らみと共に上を向きます。

Ap6190254 Ap6190255

変なものが見えたと思ったら、枯葉を破って伸びていました。かわすよりも突き抜ける方を選ぶなんて、気の強い奴だ!

Ap6190245 Ap6190243

こちらは色の濃いタイプです。

Ap6190246

接写。あっ、花粉塊が無かった・・。

Ap6190250 Ap6190251

花粉塊の付いたものを撮ってみました。

Ph_dsc05111

6年前、こんな個体に出会いました。毎年探しているのですが、あれ以来出会った事がありません。Webには、全体が白い個体もアップされています。こういう変異を探し歩くのも楽しいものです。

ラン科サカネラン属ヒメムヨウラン(Neottia acuminata Schltr.)。ムヨウランの名前が付きますが、ムヨウランはムヨウラン属(Lecanorchis)に分類されています。紛らわしいですね。

不明の植物

実生栽培容器の中に、他地域のヤツシロラン類が生える竹林の土を入れたものが一つあります。送っていただいた土はホンの一握りくらいでしたので、下に赤玉土を敷き詰め、煮沸した竹の部材で覆いました。当時は、アキザキヤツシロランの実生栽培に挑戦中でしたので、他地域の菌糸も繁殖させてみようと思ったのです。

あれから二年ほど経つと思います。時々覗いても、これといった変化がありませんでしたが、菌糸は時々姿を見せていたので捨てきれずにいました。

そして、今日覗くと・・。

Ap6160277 Ap6160269

こんなものが姿を現していました(白飛びしてしまうので、暗めに撮りました)。

Ap6160275

ヤツシロランの仲間のように見えます。でも、この季節に姿を現すなんて・・。静岡県では、ハルザキヤツシロランが考えられますが、県中部の自生地ではもう種子が飛散した後だと思います。それに、立ち姿が違います。

もしかしたら、土の中に潜んでいたプロトコームか小さな塊茎が、2年の間に菌糸から養分をもらって花芽を伸ばしたのかもしれません。どんな花が咲くか、とても楽しみです。

変形菌と不明の植物

今日は、暑い一日でした。黒い毛皮の番犬は、日陰でぐったりしていました。

【変形菌】

Bp5180634 Bp5180635

三週間ほど前になりますが、今年初の変形菌を見る事が出来ました。イソギンチャクの触手のようなこの変形菌は、ツノホコリの仲間だと思います。

左の写真の中央下に見える透明な物体は「未熟な子実体」でしょうか?

Bp5180637

他の変形菌は、胞子を子嚢という袋の中に作るそうですが、この変形菌は少し変わっています。触手のような部分(子実体)の外側に埃のようについているのが胞子だそうです。触手が枝分かれしていないので、エダナシツノホコリでしょうか?

ツノホコリ科ツノホコリ属エダナシツノホコリ(Ceratiomyxa fruticulosa (O. F. Mull.) T. Mac. var. descendens Emoto)。

昨年は、「変形菌の図鑑」を買いました。変形菌は、カビやキノコの仲間だと思っていました。ところが、川上新一著「変形菌」には次のように解説されていました。

「移動できる『動物』的な性質と、子実体を作って胞子を飛ばす『菌類』や『植物』的な性質を併せ持つ変形菌は、分類上、動物や植物、菌類とも異なる独立した生き物である。」

面白いですね。アメーバのような状態から、変形体へ、そして子実体の姿も変化するそうです。胞子発芽からの変化を追った図鑑があると良いのですが・・。

【不明の植物】→ギンレイカと教えて頂きました。

Bp6081691 Bp6081700

60Hzエリアで見かけた植物です。車中から気が付き、撮ってみました。

Bp6081694 Bp6081688

葉と花の横顔。草丈は40cm以上あったと思います。

Bp6081685

花はとても小さく、平開しません。

Bp6081698l

花柱の残る果実が付いていました。キンポウゲ科の果実に似ています。

この植物は何でしょう?ご存知の方、教えてください。

→ギンレイカと教えて頂きました。有難うございました。

サクラソウ科オカトラノオ属ギンレイカ(Lysimachia acroadenia Maxim.)。

◇追記◇

富士市植物目録にも、掲載されていました。別名をミヤマタゴボウと言うそうです。「少ない」とあります。地元でも出会いたいものです。

より以前の記事一覧