2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

甲斐犬録

2020年12月 4日 (金)

やまぶどうの徒然日記_2011年

何年か山野を歩いていると、毎年同じような記事が続きます。それでも、見直していると少しずつ見方が変わって来ている事に気がつきます。ちょっとずつ、進歩しているのかも?

bekkoutonnbo_0516_11s bekkoutonnbo_0516_12s

2010年に、ベッコウトンボを見たくて桶ヶ谷沼へ行って来ました。ところが、訪問時期が遅く既に姿を消していました。そこで、翌年は5月頃行って、やっと出会う事が出来ました。成長すると、右の様に黒っぽくなるようです。

kabuto_img_2257s kabuto_img_2268s

卵の入った土を、ブログ友に送っていただいて孵化したカブトエビです。初めての出会いに感激しました。掲載した写真を売ってほしいとのメールがありましたが、ピンボケの素人写真に値段はつけられません。

moe_dsc05156 moe_20110312_4s

近所に甲斐犬MIXの黒ちゃんがやって来て、萌と対面しました。黒ちゃんは、とても恥ずかしそうでした。

kumagai_img_0611_s kumagai_img_0634_s

久々の休日でしたが、生憎の雨降りでした。あきれ顔の家族をしり目に、雨の林内を探索してクマガイソウに出会いました。昔は群落だった場所の名残かもしれません。開花株は一つだけでした。年々数を減らして行き、絶えてしまったかと思っていたのですが、今年復活している事を知りました。

sirahigesou_dsc04373 sirahigesou_dsc04379

幼い頃見たイワシャジンの無事を確認に行って、シラヒゲソウに出会いました。この場所に気付く人は、まずいないでしょう。この頃は、気になればどこでも入り込んでいました。

yourakuran_0327_2s youraku_dsc02056s

我が家のシンボルツリーに、ヨウラクランが着生している事を知りました。斜めに横切っているのはノウゼンカズラの蔓です。これをはがしたところ、半分くらいが落ちてしまったので、イヌマキに移植しました。今では、本家よりも大きな株になり、実生の子孫も彼方此方に着生しています。

kinoko_dsc03383 kinoko_dsc03382

富士山で、見慣れないキノコのようなものを見付けました。ブログコメントで、寄生植物のミヤマツチトリモチであると教えて頂きました。その後、同じ場所を探索しましたが、見付ける事は出来ませんでした。

dsc07003 dsc07086

初めて技能五輪を見学に行って来ました。いろいろな職種の、高い技術力に驚かされました。ただ、会社のバックアップ体制が整っていないと、入賞はもちろん出場するのも難しいのではないかとの印象を受けました。

2020年12月 3日 (木)

やまぶどうの徒然日記_2010年

アクセスカウンターが、1,000,000を超えましたので、年ごとに特に印象に残った事をまとめてみます。まずは、開設年の2010年から・・。

pengin_g aoikesi_g

この年は、古いペンギンケースの中に、Quad_Coreのi7を搭載して、パソコンをパワーアップしました。その前に組み立てた、Xeon_Durlを凌ぐ性能に、とても満足しました。

それと、憧れの存在だったヒマラヤの青いケシ・・ベトキニフォーリアとグランディスの鉢植えをホームセンターで買って来て、花を咲かせる事が出来ました。

gurand_0519_5s bp_be0505_3s

青い色の花は、不思議な魅力を持っています。私には行く事は出来ませんが、縁あってヒマラヤの青いケシを自生地で見たお二人の方と話す機会を得ました。

Aoikesi_t

果実が熟し種子を得る事が出来ましたが、山間の地とはいえ、我が家では播種して苗が得られても夏越しが出来ません。種子は、標本として保管してあります。

moe_kazoku_6 moe_0116_3s

萌は、千葉県で生まれ甲斐犬愛護会東京支部(当時)を経て、我が家にやって来ました。ブリーダーさんに、行き先は告げない事になっているそうですが、登録名を愛称にしていたため、ブログを見たブリーダーさんから千葉にいた頃の写真が送られて来ました。

kawkamiken_0522_9_1s kawkamiken_0522_9s

犬好きの私は、長野県山形村のある寺で出会った信濃の狼・・川上犬の事が忘れられず、川上村に行って来ました。毛を逆立てて私を威嚇したあの犬の面影はなく、とても穏やかな顔で迎えてくれました。この川上犬の写真は、某社の犬の図鑑(Web版)に使われています。

as_img_3308_40ts as_img_3225_t40

初めてカワセミの写真を撮りました。ロケットランチャーのようなレンズは持っていないので、私の腕ではこれが精一杯でした。でも、とても嬉しかった・・。

mitugasiwa_20100502_4s mitugasiwa_20100502_6s

浮島ヶ原自然公園に、ミツガシワが移植されています。その本家がこの写真です。5月の連休頃、ブログ友から凡その位置情報を聞いて、探索に行き出会う事が出来ました。

次は、2011年の思い出です。

2020年10月27日 (火)

甲斐犬「萌」とアカギカメムシ

今日は、棘のある植物を相手して来ました。再生畑の一部に、サンショウとタラノキ、そしてサンショウバラを植えてあります。サンショウバラは、草刈りされる場所に生えていた実生苗を、沢山頂いて来ました。まだ小さな苗なので、私が健在の内に花を咲かせてくれるのか分かりません。

サンショウとタラノキエリアは、草が繁茂していたので除草を行いました。特にタラノキは、作業用手袋をしていても、落ちた葉柄の棘が刺さり何度も痛い目に遭いました。

帰宅すると、萌が無防備な姿で寝ていました。最近は、近づいても気付かない事が多く、とても敏感だった若い頃に比べると別のワンコみたいです。

私が傍に行ってもこの状態で、以前のように起き上がってじゃれつく事が少なくなりました。獣医さんには「もう、お歳ですから・・」と言われました。病気などせず、長生きしてほしいと願っています。

撫でてやっていると、近くに見慣れないカメムシがいました。私は初めて見たように思います。

Web検索してみると、アカギカメムシのようです。沖縄から八重山に分布し、本土での記録は少ないと書かれていました。

Wikipediaに興味深い事が書かれていました。「前胸の棘については、地方変異である。日本や台湾のものでは棘はないが、インド、マレー半島などでは明確な棘が見られる。」掲載した写真には、ちゃんと棘があります。

ついでに・・。

Apb111753

以前撮った写真ですが、背中のハートがトレードマークのエサキモンツキカメムシです。カメムシは、臭いイメージがあって苦手な虫でした。Web図鑑を見て、その種類の多さに驚かされました。カメムシを追い続けているマニアも多いようです。

2020年10月 5日 (月)

落花生収穫

未耕作エリアに、耕運機がけをして置こうと出かけたところ、落花生にかけた網の中に侵入者の形跡がありました。どうも、小動物が網の裾から入って落花生を食べたようです。これ以上被害に遭う前に、全て収穫する事にしました。

再生畑②に落花生を植えるのは初めてです。様子見のため、何ヶ所かに分けて植え、この場所だけ黒いマルチングビニルを敷きました。真夏の暑さで、かなり高温になる事が予想され、子房柄が伸びてビニルに触れた時、高温障害が発生するかもしれないとの不安がありました。

でも、その心配をよそに、マルチ無しのものに比べてずっと大きな株に成長しました。一列植ですが、両手を広げたくらいの幅になりました。

昨年、道の駅で大小二種類の殻付きラッカセイを買って来ました。それをビニルポットに蒔いて発芽させたものです。他の畝も併せて、バケツ4杯以上採れました。

キリの良いところまで終わらせたので、昼の時間が過ぎてしまいました。慌てて片付けたため、カメラを電気柵にかけたまま忘れてしまい、萌の夕散歩の時取りに行きました。

電気柵やシカ網の中に入れると厄介なので、未耕作エリアの桐の木に繋いでおきました。普段来れない場所なので、ずっとハイテンションでした。たまには変わった場所を散歩させてあげたいのですが、そのルートを覚えていて、嫁さんの散歩の時に言う事を聞かなくなるそうです。

2020年7月 4日 (土)

雨に濡れるクモラン

雨が止んだと思って外に出ると、また降って来ました。本当に良く降ります。

クモランに、蕾が上がって来たので撮ってみました。

昨年は少なかったのですが、今年は沢山の蕾が見えます。花の寿命は短く、まだ訪花昆虫を見た事がありません。結実率は高いので、自動自家受粉するのではないかと思っています。

葉状体から、新たな根が伸びていました。

方向は違いますが、こちらは以前撮った写真です。開花に至ったクモランには、葉状体が見られません。どのくらいの時期に消失するのか、知りたいと思っています。

ついでに・・。

ボウランの茎に、蕾らしきものが姿を現していました。葉腋に咲くのかと思っていたのですが・・。

こちらも、ついでに・・。

萌は、朝散歩が終ると、夕散歩に向けて昼寝をします。12歳の誕生日が過ぎた頃から、睡眠時間が多くなりました。今年の5月末で13歳・・お歳なので仕方ありません。

今日は、シキミ屋が農薬散布にやって来ました。しかも、16時過ぎから・・。散布は頻繁で、一年中臭気の絶える事がありません。民家の近くでの栽培を、法規制する事が出来ないものでしょうか?噴霧した霧は、風向きによれば数百メートル飛散します。

2020年5月30日 (土)

甲斐犬姉弟13回目の誕生日

今日は、お互い遠く離れて暮らしている甲斐犬姉弟の13回目の誕生日です。姉の「小桃」は武蔵の国、弟の「萌」は駿河の国にいます。離れ離れになった一年後に、偶然にもWebで再会する事が出来ました。

【姉:小桃】

a13km2 a13km1

今年も、元気そうな姿が見られて安心しました。

a13km4 a13km3

萌と同じように、口の周りがかなり白くなっています。普段、土の上に寝そべっている萌と違って、毛並みが綺麗です。

【弟:萌】

aimg_7831 aimg_7834

萌は、寝ている時間が多くなりました。そっと近づくと、慌てて起きましたが寝ぼけ眼です。家族が留守の時は、番犬をサボって寝ているのではないかと思います。

aimg_7851 aimg_7839

朝散歩のコースは、近くの林道です。人と出会う事はなく、シカや野鳥と出会います。朝夕の散歩は、全天候休みなしなので、手綱引きは辛い・・。

犬の年齢は人間に換算した場合諸説ありますが、もう私の年齢を超えていると思います。でも、散歩の時はエンジン全開で歩くので、帰宅した時は疲れ切っています。小桃も萌も、ずっと長生きしてほしいと願っています。

2020年3月 4日 (水)

甲斐犬「竜」の命日

今日は、萌の先輩犬「竜」の命日でした。朝散歩が終わった後、お墓参りに行って来ました。

2006年3月4日、病で13歳の生涯を閉じました。一代一主を貫き通し、大型犬にも引けをとらない頼りがいのある相棒でした。

生まれたばかりの竜です。黒虎が多い甲斐犬の中では、稀な赤虎でした。

我が家にやって来たばかりの竜と、大人になった竜です。

Ryuph1

画家Photo shopに描いてもらいました。

2020年2月27日 (木)

ブンゴウメの花

普通のウメ(Prunus mume Siebold et Zucc.)の花が散り、遅咲きのブンゴウメ(Prunus mume var. bungo Makino)の花が盛りです。ウメは、学名がムメ(mume)なんですね。

沢山の花をつけています。コンデジのAuto Modeで撮ってみました。

ブンゴウメの花は、大きくて八重咲の上に(アンズに似た一重もあるそうです)淡いピンクです。普通のウメの花に比べて豪華な感じがします。

ミツバチが訪花していました。デジイチは、マクロレンズのままだったので、このくらいがやっとでした。その上、ピンボケだし・・。

ついでに・・。

オカメザクラも、2輪だけ咲いていました。オカメザクラは、マメザクラ(フジザクラ)とカンヒザクラの交配品種だそうです。

最近、萌は番犬をサボって寝てばかり・・。でも、散歩と餌の催促だけは、決して忘れません。

今日は、溜まっていたPC作業を行いました。前機種のXeon dualを凌ぐ、2.8GHz Coir i7-860 搭載のPCも、能力に陰りが見えて来ました。組み立てた当初は、圧倒的なスピードにとても満足していたのですが・・。動かなくなるまで、だましだまし使っていくしかありません。

2020年2月12日 (水)

人足ダイコン

久々に、再生畑①へ様子見に行って、野菜を採って来ました。そろそろ、雑草が成長を始めて来たようで、頭の痛い事です。

Aimg_1495

ダイコン、葉野菜、芽キャベツです。芽キャベツは、収穫のタイミングが分からず少しだけ採って来ました。

人の足のようなダイコンがありました。

写真を撮るには面白いけど、野菜としては出来損ない(変形野菜)です。根菜が二股以上に分かれて変形する事を股根(またね)と呼びます。その原因として、成長点に石や土の塊、未分解の肥料などの異物があったと考えられます。深くまで耕し、畝を高くしたつもりでしたが、見逃した小石にでも当たったのかもしれません。

初めてダイコンを作った時、あまり深くまで耕さなかったため股根のダイコンばかりでした。素人農業でも、比較的失敗の少ない野菜の一つですが、学ばなければならない事はいろいろあります。そういうところが、また楽しみでもあります。

Aimg_1524

帰宅すると、萌は番犬をサボって昼寝していました。足を投げ出して寝ている時もあります。歳なので仕方ないか・・。

2019年12月 7日 (土)

甲斐犬「萌」の様子

今日は、屋外作業は行わず、Wordの勉強をしました。現役時代の仕事で、WordやExcelは欠かせないソフトでしたが、その機能の半分も使っていない事を感じていました。未だに、新しい発見が幾つもあります。

萌は、可愛がってくれたご夫婦の家に行こうとしましたが、「もういないよ!」と言って手綱を引くと、いつものような抵抗をしませんでした。引っ越した事が薄々分かったのだろうか?

aimg_9002 aimg_9000

日の射す樽の前でリラックス座りをしながら、居眠りしている事が多いです。時には、無防備に足を投げ出して寝ている事もあります。最近、睡眠時間が多くなったのは、歳のせいだろうか?

散歩の時は、彼方此方落ち着きなく歩くので、嫁さんには短いリードにされています。私に駆け寄ろうとして、叱られているところです。

「イヌにも表情がある」と話すと、「そんな事は無いだろう?」と返される事があります。イヌは、人間のように、いろいろな表情を見せてくれます。

より以前の記事一覧