蝶と蜻蛉

花に集る虫

予報に反して良い天気だと思っていたら、雲行きが怪しくなり夕方には降って来ました。時には、かなり激しい雨が降っています。

花の観察だけでなく、それを訪問する虫の観察も面白いです。名前は殆ど分かりませんが・・。

ximg_6759 ximg_6754

道路脇で見る花の中では、このシシウドが一番訪問者の多い花だと思います。

Xp8170081

カミキリムシの仲間でしょうか?

X1566209528

アブやカメムシの仲間もやって来ました。他にもいろいろ集っていましたが、風に揺られて上手く撮れませんでした。

X1566209353X1566209415

次は、マツカゼソウの訪問者です。ハナアブの仲間でしょうか?色の違う種もやって来ました。暗い所に咲く白い花に集る暗色系の虫を、上手く撮る術が私にはありません。

Xp8170069

良く見ると、複眼や前足・後足にも花粉がついています。花粉は、虫に運ばれやすくするために粘着性を持つそうです。ラン科植物は、花粉塊のまま頭やくちばしに付着して運ばれます。かなり粘着性が高いのだと思います。

Xp8170023

次は、ナガバノコウヤボウキです。写真を良く見ると、甲虫の仲間が写っています。機嫌が悪く、こちらを向いてくれませんでした。コウヤボウキに比べてナガバノコウヤボウキは、場所によってはレアな植物ですが、富士市域では比較的出会う事が容易です。

X1566209282

こちらは、マルハナバチの仲間でしょうか?

Ximg_6594

最後に、登場の機会が無かったので・・。このチョウは、ミドリシジミでしょうか?羽を広げるのを待っていたのですが、下山者が通りかかったため飛んで行ってしまいました。残念!

2018年の思い出⑦

今年のブログ記事をまとめた「思い出」シリーズは、これで最後です。植物観察が主のブログですが、野鳥などにも興味があり、時々撮っています。

でも、ロケットランチャーのような望遠レンズは持っていないので、高倍率のコンデジでの撮影が殆どで、画質の悪い写真ばかりですが・・。

Aimg_1663

初めて、飛んでいるダイサギの真下から撮る事が出来ました。

Aimg_1664

スポーツモードにしてなかったため、この2枚撮るのがやっとでした。

裏庭植物園では・・。

Aimg_1730 Aimg_1732

カワヅザクラの木に、ヤマガラがやって来ました。最近、あまり見かけなくなりました。

Ap1050116 Ap1050140

こちらは、クリの木にやって来たアオゲラです。

ササやチャノキの伐採をしている再生畑②では・・。

Ap1040984 Ap1050004z

メジロがやって来ました。メジロのために用意したミカンは、この後ヒヨドリに食べられてしまいました。

Ap1050059 Ap1050073

こちらは、ルリビタキです。

Ap1040914 Ap1040917b

再生畑①でも見かけました。ヤマガラ、ジョウビタキなどと同じように、人馴れしていて近くに寄って来ます。孤独な作業の合間に、小鳥たちに癒されています。

調整池の近くでは・・。

Aimg_2478z Ap1040908

ツグミとオオバンを撮りました。最近、カルガモを見かけなくなり、何処でもオオバンが目につくようになりました。オオバンの足・・変わった水掻きですね。

田子の浦埠頭では・・。

Ap1040742 Ap1040745

ユリカモメが泳いでいました。同じカモメ属のウミネコと違い、優しい顔をしています。

Ap1040028

キンクロハジロも・・。後頭部にある冠羽が可愛いですね。

Bimg_1974 Bimg_1962

こちらは、雨の後に撮ってみました。

愛鷹山の渓流で・・。

Ap9230258 Ap9230256

ハコネサンショウウオの調査に参加しました。以前に比べて、サワガニやハコネサンショウウオが、かなり少なくなったと思います。酸性雨の影響との話もありますが・・。

山梨県の水族館で・・。

Zimg_9362

ニジマスとキングサーモン(マスノスケ)を交配した新種・・「富士の介」を見る事が出来ました。

富士山麓で・・。

X601_2

至近距離に、アサギマダラがやって来ました。

Xp7092296 Xp7092305

遅咲きのイケマの花を見ていると、葉裏に幼虫がいましたので、観察のために連れ帰りました。

Ap7150054 Ap7150053

数日すると、緑色の蛹になり、更に褐色になって来ました。そして、風に揺れる蛹から下にある葉に触れ止め防止の糸が伸びていました。面白いですね。

蛹になってから、虫篭の蓋は開けたままにして置いたので、羽化したアサギマダラは何処かへ飛び立って行きました。

再生畑①では・・。

Ap7270686 Ap7270655

羽化したばかりのヒグラシを、観察する事が出来ました。

Ap7270660 Ap7270653

農作業が終った頃には、セミはいなくなっていました。

「みどりの学校」では・・。

Apa160022

ミヤマクワガタに会いました。最近では、あまり見かける事がありません。

Apa160019 Apa160020

ミヤマの名がついていますが、私が幼い頃(温暖化になる前)には、比較的低山でも見る事が出来ました。

中央公園のクラフト展で・・。

Apb111753

ハート形の紋付きを着たカメムシ・・エサキモンツキカメムシを見る事が出来ました。

今日は、朝からシキミ畑の農薬散布にやって来ました。前回散布した石灰硫黄合剤の臭気がまだ消えない内にです。この臭気は、数ヶ月続きます。一年中、農薬の臭いが絶える事がありません。正月も、悩まされる事になります。民家への配慮など持ち合わせない最悪の農家です。何とかならないだろうか・・。

セミとトンボの羽化

台風12号が、東海地方に上陸するとの予報なので、朝一雨樋の掃除をしました。枯葉や近くの焼却施設から飛散したと思われる粉塵を、多量に取り除きました。今のところ、気持ち良く流れています。定期的に、掃除しておくべきですね。反省です

今日は、セミとトンボの記事です。

【セミ】

Ap7270674

再生畑①で見付けたセミの抜け殻です。元の形がそのまま残っています。上手く抜け出るものですね。

Ap7270668 Ap7270671

至る所にありました。右は、抜け殻に摑まって羽化したと思われます。

そして、生きているセミを発見!

Ap7270685

可愛い顔をしているでしょ?

Ap7270660 Ap7270653

これはヒグラシのようです。体色や翅の色などから、羽化して間もないと思います。

Ap7270655 Ap7270686

少し暗い所にいたため、LEDライトを使って撮りました。「眩しい思いをさせてゴメン!」

徐草作業を終えて昼頃見たら、何処かへ飛び立っていました。外敵に襲われないように祈るばかりです。

セミ科ヒグラシ属ヒグラシ(Tanna japonensis)。

【トンボ】

Ap7280750 Ap7280748

左官用プラ舟で作った、我が家のミニビオトープです。左のタンクは、屋根に堆積したゴミや粉塵の濾過用です。

ヒツジグサ、コウホネ、アサザ、ミツガシワなどがひしめき合っています。これを作って、十年以上が経つと思います。毎年、数匹のヤゴ(トンボの幼虫)を見かけます。数年前までは、ヤマアカガエルが産卵していました。最近では、隣にあるコンクリートの貯水タンクに産卵しているようです。

周辺を探すと・・。

Ap7280767

ヤゴの抜け殻がありました。私には、抜け殻で種類が判別できません。

こうして、毎年いろいろな生き物が巣立っているのを見ると、とても嬉しいものです。

風雨が強くなって来ました。気弱な萌は、音で怯えています。被害が無いと良いけれど・・。

アサギマダラの変化

7月12日に、アサギマダラの幼虫などをアップしましたが、その後の様子を掲載します。

【7月13日】

Ap7130029 Ap7130018

蛹になった方は、中央下辺りにブルーに光る(反射する?)ものが目立っています。天敵対策でしょうか?

そして、もう一匹の幼虫は餌を食べなくなり、虫篭の上隅にぶら下がっています。時々腹筋運動をするように、まっすぐなったり、写真のように上に丸まったりしていました。蛹になるのが近いのだと思います。ストレスを与えないように、虫篭に触れるのを控える事にしました。

【7月14日】

この日は、特に変化が見られませんでした。

【7月15日】

Ap7150053 Ap7150054

最初に蛹になった方は、黄緑色から薄い褐色に変化していました。

そして、もう一匹も幼虫の皮を脱ぎ捨て、蛹になっていました。側面を良く見ると翅のようなものが見えています。

Ap7150050 Ap7150039

上段左の写真で気付かれたと思いますが、蛹から餌の葉に向かって糸が張られています。出来るだけ風通しの良いようにと思い、虫篭をぶら下げてありました。蛹が揺れるために、触れ止めを張ったようです。

ところで、二匹の蛹を比べてみると、目のような部分の位置が違います。これは、先の蛹を先日アップしたものと比べてみても変わりませんから、蛹になる段階で決まるようです。

羽化の日が待ち遠しい!

イケマとアサギマダラの幼虫

少し前に、ある植物を探しに行きました。その時、イケマの花が咲き始めていたので、撮ってみました。

Xp7092291 Xp7092309

この場所では、やっと咲き始めた感じでした。

Xp7092296 Xp7092305

葉裏を見ると、アサギマダラの幼虫が集っていました。観察をしようと思い、一匹連れて帰りました。

Xp7092292

咲き始めなのでまだ分かりませんが、このように花冠(黄緑色の部分)が反曲していなければ、変種のタンザワイケマだそうです。ただ、タンザワイケマの別の特徴として「退化した托葉」が記されていますが、この個体には見当たりませんでした。イケマよりやや小型のコイケマも、花冠の裂片が反り返らず斜上するとあります。

一匹だけ連れ帰ったつもりでしたが、餌用に採取した葉にもう一匹集っていました。でも、飼育籠の中を見ると、一匹しか見当たりません

Xp7120004 Xp7120007

右のようなものが見つかりました。「共食いしたのだろうか?」

ところが・・。

Xp7120002

一匹は、蛹になっていました!

まさか、こんなに早く蛹になるとは・・。観察したかったのですが、仕方ありません。

Xp2110566

こちらは、春先の伊豆半島で、キジョランの葉裏に集っていた幼虫です。背の模様が少し違います。地域変異があるのででしょうか?

X601_2

二匹とも、無事羽化して飛び立ってほしいと願っています。

餌の葉を切らさないようにしなくては!

キジョランとアサギマダラの幼虫

キジョランは、我が富士市ではあまり見かけない植物です。伊豆半島や県中西部では比較的見かけますが・・。

Aimg_2144_2 Ap2110583

キョウチクトウ科(旧体系のガガイモ科を含む)キジョラン属・・アサギマダラの幼虫の食草として知られている有毒植物です。アサギマダラは、有毒植物を食べ、身体を毒化して外敵から身を守っているそうです。

葉裏を見ると、見かけない昆虫がいました。これは何でしょう?

Ap2110593 Ap2110594

こちらは、葉芽と蕾だと思います。そう言えば、まだ花を見た事がありません。

別の葉裏を探すと・・。

Ap2110553 Ap2110552

とっても小さいアサギマダラの幼虫がいました。左下に食痕が見えています。

Ap2110566 Ap2110559

こちらにも・・。

葉をいっぱい食べて、やがて蛹になります。

A101

こちらは、富士山麓で撮ったイケマの葉裏にぶら下がる蛹です。

A601_2

名前をあまり知らない私にとっても、クジャクチョウ、キベリタテハと並んで富士山で見かけるお気に入りの蝶です。

それにしても、毒草を食べて外敵から身を守るなんて、凄い奴ですね。

アケビコノハの幼虫

今日は、風の強い一日でした。それに、少し涼しかった・・。

裏庭植物園のムベの枝に、面白い幼虫がいました。

Bp8303228 Bp8303229

眼のようなボディーペインティングがあります。「2対の大きな眼状紋」と表現されていました。

Bp8303230

後ろから見た姿です。

Bp8303239 Bp8303237

左が頭、右がお尻かな?

ところで、以前見たアケビコノハの幼虫は、全然違う色でした。

B083 B061

こちらには2匹写っています。アニメのキャラクターみたいでしょ?

どちらも同じムベなのに、この色の違いは何でしょう?蔓の色・・なんて事は無いと思いますが・・。

成虫の姿はこちら→2010年7月18日の記事

昆虫いろいろ(生命の星・地球博物館)

今日も、雑用で一日が終わりました。草取りもやったので、指と腰が痛い!

生命の星・・昆虫編です。

Abimg_3229 Abimg_3230

後ろ足に変なものが付いているカメムシの仲間・・ハナアシヘリカメムシです。歩き難いだろうに・・。右は、クロオオアゴヘビトンボです。

Abimg_3271 Abimg_3231

左の虫も変わっているでしょ?オサムシ科バイオリンムシと書かれていました。納得ですね。クロオオアゴヘビトンボは、マレーシアに生息するそうです。恐ろしいトンボですね。

Abpa300655

少し前にも登場したカメムシの仲間です。小父さんの顔がそれぞれ違っています。面白いでしょ?

Abpa300659 Abpa300658

こちらは、お化粧をした小父さんの顔です。右はスリム顔の小父さんカメムシです。カメムシもいろいろなのがいますね。

Abpa300647 Abpa300648

左は、ルリアシナガコガネ。右は、テイオウニジダイコクコガネです。これも各々微妙に違っています。

Abpa300653 Abpa300651

左は金色のコガネムシ・・キンイロコガネです。シルバーのコガネムシも展示されていましたが、撮り忘れました。右はオサムシの仲間でしょうか?

次はチョウです。

Abimg_3247 Abimg_3273

左は、シボリアゲハ。右は、メモし忘れました

Abimg_3248 Abpa300650

シボリアゲハはインドに生息しているそうです。綺麗でしょ?出会ったら追いかけたくなってしまいますね。

Abimg_3242 Abimg_3244

こんなチョウの乱舞・・実際に見れたら、さぞ感動する事でしょう。左は、キプリスモルフォ・・コロンビアに生息。右は、アゲハチョウの仲間でトリバネアゲハです。オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、ソロモン諸島などに生息するそうです。

Abimg_3227 Abimg_3249

左は名前が分かりません。右は、ニシキオオツバメガ・・蛾の仲間だそうです。チョウみたいだけど・・。

もっと見たかったけど、時間の関係でこのくらいだけ撮って退館しました。運転手付きでしたので、我儘を言うと置いてけぼりされますから・・。またご機嫌を取って、行ってみたいと思っています。

シシウドとアシタバに集る虫

また女子受けのしない記事になってしまいそうです。

セリ科のシシウドやアシタバは、虫たちのレストランになっています。花の時期はもちろんですが、果実の時期にもいろんな虫たちがやって来ます。

【シシウド】

Zp9210488 Zp9210487

もう花は終わり、果実が大きくなっていました。

Zp9210483_2 Zp9210476_2

これは、カメムシの仲間でしょうか?

Zp9210480

Web図鑑を見ると、アカスジカメムシという名前のようです。

【アシタバ】

アシタバは、我が家の裏庭植物園で撮影しました。

Zp9220616 Zp9220614

ホタルガが、蜜を吸っていました。

Zp9220611 Zp9220594

マクロズームして見ると、赤い部分が鶏のトサカのように見えます。

Zp9220626

赤いハエ・・名前は分かりません。

Zp9220623 Zp9220585

ハエの仲間もいろいろいるものですね。

Zp9220587

マクロズームすると、かなり不気味・・。

Zp9220601

こちらは普通のハエに近いかな?こうして見ると複雑な体形をしていますね。

Zp9220596 Zp9220597

コガネムシの仲間もいました。

Zp9220599

こちらも・・。背の色が違うけど、同じ仲間かな?

アシタバレストラン来店者の名前が分かる方、教えてください。

ヤマトシリアゲ(富士山麓)

植物の名前や虫の名前などが、少しでも多く分かると、更に山歩きが楽しくなります。少しずつ覚えていこうと思っています。歳なので、覚える事より忘れる方が得意ですけど・・。

こういう虫を撮るのは、デジイチ+マクロレンズより、コンデジTG-4の顕微鏡モードが良いと思います。

Mp6110674

ツクバネウツギの葉に、サソリのような尾を持つ昆虫が集っていました。

Mp6110675 Mp6110677

不気味でしょ?

この昆虫は、シリアゲムシ科ヤマトシリアゲだそうです。シリアゲ・・なんという名前でしょう。尾がサソリのように巻いているのはオスだそうです。

Mp6110681

真上から撮ろうと思って、カメラを近づけたら飛んで行ってしまいました。この昆虫、晩夏には黄色っぽい体のものが見られ、ベッコウシリアゲと呼ぶそうです。

次はメスとベッコウシリアゲの写真を撮らなくては・・。

より以前の記事一覧