2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

生き物観察

2020年6月14日 (日)

散歩道の植物など

家族が家にいる日は、時間の経つのが早い気がします。雑用も含めて、生活に変化があるからかもしれません。

夕方、萌を家において散歩道を歩いてみました。

かなり前から、モリアオガエルの卵が気になっていました。モリアオガエルは、必ず下に水がある場所で卵を産みます。下で確認してから枝に上り、更に位置合わせをするのだろうか?林の中で、水の溜まったプラ桶の真上に産み付けられた卵を見た事があります。

薄暗い林床に落ちた白い花が、目に入りました。彼方此方の樹幹に貼り付いたテイカカズラの花が、終盤を迎えているようです。

これは、オカタツナミソウの果実です。面白い形でしょ?開花当初は、花序が短く茎の先端部にまとまって花が咲きますが、花が散り始めると花序が伸びて来ます。

コクランも花序が伸びて来ました。クモキリソウ属の中では珍しく、冬に葉が枯れません。古い葉の脇から新しい葉(茎)が出て、当年の花を咲かせます。

ap6140141 ap6120067

こちらは、花が終ったムヨウラン属です。花柄子房は、まっすぐ伸びて棒のようですね。左と右は種類が違います。左はエンシュウムヨウランで、右はウスキムヨウランです。開花時期や唇弁の形態での識別法が記されていますが、花冠を見てもこの果実と同じような色の違いを感じます。

2020年6月 8日 (月)

ミニビオトープ

雨が降らない・・。今日も野菜の水遣りに時間を費やし、その後未耕作エリアの草刈りをしました。半日続けると、暑さと疲れで足元がふらついて来ます。

ミニビオトープは、中の植物が成長してかなり混雑して来ました。左官用プラ舟をもう一つ追加しなければなりません。もっと早い時期に、掃除もしたかったのですが・・。葉を除けると、ヤゴが潜んでいました。

ミツガシワも、大きな葉になりました。写真の果実は、発芽能力があるのだろうか?熟した頃、撒いてみようと思っています。このミツガシワは、地主さんにいただいて来たものと、ある施設の植物管理者さんから頂いたものが入っています。奇しくも同じ出身地でした。

こちらは数年前に、ホームセンターの園芸コーナーで買って来たコウホネです。まだ一度も花を咲かせたことがありません。ところが、良く見ると蕾らしきものが伸びて来ました。初花が見られるかもしれません。

最後に・・。

Ximg_8499

再生畑②に着くと、シカの親子が歩いていました。電気柵を設置してあるので耕作エリアには入れませんが、周囲の草を食べていたようです。高倍率のコンデジではなかったので、ボケを気にせずトリミングしてみました。

2020年5月26日 (火)

シロバナサギゴケ

このところ、放置状態だった再生畑①へ行って来ました。二種類のダイコンが、果実期になって凄い状態でした。やっと片づけて、耕運機をかけて来ました。軟弱者なので、半日も続けるとヘトヘトです。

サギゴケ(ムラサキサギゴケ)の白花品種があったはずの所は、他の草が繁茂していました。やっと葉を見付けたら、他の草を交わすように茎が立ちあがり花を咲かせていました。

生き残っていて良かった!和名は、花の形がサギの頭に似ている事からつけられたそうですが、想像力の乏しい私には良く分かりません。下の花なら、そんな感じにも見えますが・・。

サギゴケ科サギゴケ属シロバナサギゴケ(Mazus miquelii Makino f. albiflorus (Makino) Makino)。

山渓の図鑑では、「白花をサギゴケ」とありますが、Ylistでは、サギゴケ(別名:ムラサキサギゴケ、ヤマサギゴケ)を母種として、シロバナサギゴケ(別名:サギシバ、サギゴケ)を品種としています。

耕運機をかけていると、土中からいろいろな生き物が姿を現します。ミミズ、トカゲ、そして下のオケラなど・・。

全体が写ったものは、ピンボケしてしまいました。動きが早く、コンデジで捉えるのは難しい・・。あっという間に土の中に潜って行きました。

2020年2月14日 (金)

浮島ヶ原自然公園(2月中旬)

今日も暖かい朝でした。萌のエンジン全開散歩で、汗をかきました。

当番をする事が無くなり、浮島ヶ原自然公園から足が遠のいていました。そろそろノウルシが姿を現し始める頃だと思い、下界へ降りたついでに覗いて来ました。

アシが刈り取られ、とてもすっきりしていました。刈り残している所は、野鳥たちのためでしょうか?

木道脇では、ヤナギの花も見られます。イヌコリヤナギだったかな?

ノウルシが、葉を展開し始めていました。

蕾が顔を覗かせているものも、少しだけありました。もう少し経つと、黄色く染まった苞が花のように目立って来ます。

所々に穴があり、暫く見ているとクロベンケイガニが姿を現しました。川のすぐ傍ではなく、かなり離れた場所です。ところで、カニってエラ呼吸じゃなかったかな?陸上ではどうしているのだろう?

Web検索すると「体の中に水を溜めていて、エラ呼吸によりその水の中に溶けた酸素を取り込んでいる」とありました。カニは面白い奴だ!そうすると、ヤドカリもそうかな?と思って調べていると、懐かしいWebページが目に留まりました。「みーばい亭」「偏屈の洞窟」など・・。オカヤドカリやヤドカリを飼っていた時、お世話になったページがまだ継続されていたのです。懐かしい友と再会したような気持ちになりました。

2020年2月 8日 (土)

近づく春

冬になると、ワーディアンケースの中の洋ランが、乾燥し過ぎてしまいます。今日は少し暖かめだったので、水遣りをして日光浴させました。大株になって花芽の付いているものもあり、ものぐさな栽培主に対応するよう進化して来たのかもしれません。

急に冷え込む日もありますが、少しずつ春を感じるようになって来ました。

何度も登場して恐縮ですが、裏庭のカワヅザクラです。毎日のようにメジロなどの野鳥が訪問しています。

前庭には、フクジュソウの花も咲き始めました。毘沙門天の植木市で手に入れたものですが、我が家に来て数十年の歳月が経つと思います。

再生畑②の伐採枝などの片付けの様子です。一面に、4m近い笹や茶ノ木が密生していました。この場所を知る人は、一様に「あれを良く切ったな!」と言います。茶ノ木の畝間毎に片づけていますが、一列で半日近くかかります。まだまだ、うんざりするくらい残っています。片づけた後は、耕運機で耕さなければなりません。でも、一気にやってしまわなければ、また元に戻ってしまいます。

木くずなどを熊手で寄せ集めていると、意外なものが出て来ました。

ヒキガエルが冬眠していました。そのまま動かなかったのでそっと土を被せておきました。以前は、モリアオガエルが出て来たし、耕作放棄地状態だった時は、もっといろいろな生き物たちの棲みかになっていたようです。

2020年2月 1日 (土)

湧水の泉で出会った生き物

家族に付き合って、三日市浅間神社に行って来ました。お祓いの待ち時間に、境内の東南にある池(湧水の泉)で、時間をつぶしました。

カルガモが泳いでいました。ここへ来るたびに出会えますから、棲みついているのかもしれません。

カルガモがのんびり泳いでいる姿は、見ていて癒されます。

竹やクスノキなどの影になり、薄暗いところで撮りました。水面に浮かぶ野鳥は、撮る方向によってかなり違った写真になります。Autoモード専門の私には難しい・・。

ドバトも、やって来ました。樹上のドバトは、目に焦点を合わせたつもりがピンボケ・・。老眼なので、仕方ありません。

落ち込みで餌を待つ鯉と、足元近くに寄って来た鯉です。餌を貰い慣れているようで、池に近づくとみんな寄って来ます。

市内には、こんな場所が幾つかあります。本当に、憩いの場だと思います。

2019年11月25日 (月)

再生畑②の生き物

耕作放棄状態だったササ交じりの茶畑を伐採していて、いろいろな生き物と出会いました。野鳥では、ルリビタキ、ジョウビタキ、モズ、メジロ、ツグミ、ムクドリ、キジ、コジュッケイなどです。そして、忘れられないのがモリアオガエルです。今迄、二度出会いました。そして、また・・。

Apb250736

耕運機で耕していたら、土の中から飛び出して来ました。傷つけないで良かった!土だらけだったので、水を溜めたプラ桶に入れたところ、暫く縁に乗っていましたが、積んだ伐採枝の中に潜って行きました。

A1555922636_20191125192801

こちらは、二度目に出会ったモリアオガエルです。同じく土の中に潜っていました。

そして、こちらが最初の出会いです。ジャングルのようになったササとチャノキの中に潜んでいました(画像は、ロールオーバーします)。全て同じカエルなのか分かりませんが、来年は、枝の下に池を作ってやろうと思います。

apb190414 apb190410

伐採残しのチャノキに、野鳥の巣がありました。何と卵の殻が青い!無事巣立ったのだろうか?

am005 mukudori_0123_6s

Web検索すると、イソヒヨドリやムクドリの卵が青いそうです。イソヒヨドリは、ある程度山間地でも見かけますが、我が家の周りでは見た事がありません。ムクドリなら近くで時々見かけますので、この卵はムクドリかな?

2019年9月26日 (木)

ハコネサンショウウオ調査②

ハコネサンショウウオに、もっと近づいて観察してみました。苦手な人もいると思いますが・・。

Zp9220716Z0620_14l

中と小の容器に入っているハコネサンショウウオには、このようにエラがあります。エラがあるのは幼生の証です。幼生は、水の中で生活しています。

zimg_7154 zp9220724

次に、大きなハコネサンショウウオの入った容器を覗くと、エラのあるものと無いものがいます。右はエラの無いものを別の容器で観察してみました。目が飛び出していますね。成体になると、エラが無くなり目が大きく突き出して来ます。

Zimg_7179

今回は、成体を沢山捕まえました。日本産のサンショウウオの仲間で唯一、成体になっても肺を持たず、皮膚呼吸するそうです。

zp9220732 zp9220735

もっと近づいて見ると・・。ちょっと不気味ですね。

Zp9230256

以前、捕まえた成体の写真も掲載します。なんか、イモリみたい・・。

Z0620l

泳いでいる時の様子です。写真がピンボケしてしまったため、画家「Photo shop」に描いてもらいました。前足が可愛いでしょ?

zs1s z0430_3s

調査エリアは、安全を考慮して駐車スペースから近い場所を選定して行っています。ハコネサンショウウオは、どの辺りまで生息しているだろうと思い、数年前に水の無いところまで渓流を遡行してみました。左が水の見える最上部です。そして、右がこの辺りで確認したハコネサンショウウオです。調査エリアから数時間上った辺りにも、生息する事が分かりました。まだ無事でいてくれると嬉しいけど・・。

2019年9月25日 (水)

ハコネサンショウウオ調査①

夕方「ポイ捨てのない美しいまちづくり啓発活動」に参加して来ました。ポイ捨てなどしないで、配布したゴミ袋に入れて指定場所に出してほしいと願っています。

日曜日の午前中に、ハコネサンショウウオの調査に参加して来ました。台風の影響が心配でしたが、調査の時間帯は良い天気でした。

ximg_7089 ximg_7090

予想していたより、ずっと多くの親子が参加しました。引率者から注意事項を聞いて、川へ向かいます。みんなやる気満々でした。

ximg_7092 ximg_7103

思い思いの場所で、ハコネサンショウウオを探し始めました。親子で一緒に探している姿が良いですね。

ximg_7124 ximg_7162

捕まえたハコネサンショウウオを、大、中、小に分けてみんなで観察しました。そして、気付いた事などを記録しました。

Ximg_7152

今年は、台風で増水した昨年より沢山見つかりました。他にも、サワガニやカエル、ヤゴなどを捕まえた親子もいました。

Ximg_7163

最後に、みんなで丁寧に放流して調査を終了しました。

希少な存在となったハコネサンショウウオに、目を向けてくれる人たちがいる事は、幼い頃よりこの渓を見て来た私にとっては、とても嬉しい事です。この調査活動を、末永く続けて行ってほしいと願っています。

2019年8月25日 (日)

散歩道の自然観察

先週は、いろいろあって気ぜわしい週でした。再生畑には、1週間ほど行っておりません。どうなっているか考えると、行くのが億劫になります。

通常、萌の朝散歩は6時頃出発します。お陰で、生活のリズムが崩れなくて済みますが、一年中休み無しなので辛い・・。

Ap8250375

萌を木につないでおいて、少し自然観察をしました。戻ってみると、木の周りは穴だらけでした。

ap8250379 ap8250381

カブトムシが、クヌギの木の樹液を吸っていました。クワガタもそうですが、最近は小さめのものが多いような気がします。

Ap8250384

こちらは、キマダラヒカゲ・・「眼状紋が明瞭で濃く、後翅裏付け根の三斑紋の下の1つが外側にずれている」のでヤマキマダラヒカゲでしょうか?

Ap8250345

キツネノカミソリの花も咲いていました。この花が終わった頃、ヒガンバナの花が咲き始めます。沼川水系滝川の土手では、9月21日にヒガンバナウォークが予定されています。7日に草刈りしますので、土手の道は歩きやすくなっていると思います。

ap8250351 ap8250352

花弁6個、オシベ6個、メシベ1個。和名の由来は、細長い葉が剃刀のように見えた事と、花の時期に葉が無い事から狐に化かされたようだという事でつけられたそうです。植物は種類が多いので、ぴったりな名前もあれば、??の名前もありますね。

ap8250395 ap8250402

アキノタムラソウの花も、所々に咲いていました。良く似たナツノタムラソウとの違いは、時間の経過と共にオシベが下に曲がってくる事です。

ap8250408 ap8250404

左は、フタリシズカの果実です。右は、下の節に出来た閉鎖花です。多様な性質を持った(持つ可能性のある)種子と、親株と同じ性質を持った種子をつける植物は、身近なところにもいろいろあるものですね。

より以前の記事一覧