他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

植物観察

クモキリソウ属三種

今日も蒸し暑かった・・。気象庁のHPでは、東海地方の梅雨明けは、7月9日頃となっていますが、どうなってしまったのでしょう?

最近出会ったクモキリソウ属(Liparis)で、登場の機会のなかった三種を掲載します。

【コクラン】

Zp7071755

萌の散歩コースにも生えるコクランです。とっても小さな花ですが、クモキリソウに似た形ですね。

拡大して花を見ると、コクランではなく別の名前をつけた方が良かったのでは?なんて思えてしまいます。花色などは個体毎に変異があり、それを見比べるのも楽しいものです。

Zp7071753 Zp7071756

蕊柱の先端部・・葯帽は淡緑色ですが、南国方面には黒紫色になるユウコクランという種もあるそうです。

Zp7071760

アリが集っていました。アリはいろいろな花に集るけど、送粉者にはならないのだろうか?

Zp7071757 Zp7071762

コクランの葉と昨年の果実のドライフラワーです。クモキリソウ属の中では珍しく、冬になっても葉が残っています(常緑性)。

ラン科クモキリソウ属コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)。

【クモキリソウ】

Zp7092329

コクランほどではありませんが、クモキリソウも個体数の多い野生ランだと思います。結実した個体を良く見かけますが、このランは自家受粉するそうです。

Zp7092334 Zp7092330

唇弁の巻き込みが特徴の一つです。

ラン科クモキリソウ属クモキリソウ(Liparis kumokiri F.Maek.)。

【シテンクモキリ】

Zimg_6664 Zp7092179 Zp7092182

コンデジの調子が悪く、上手く撮れませんでしたcoldsweats01

自生する標高は高いですが、環境が合えば増え易い野生ランなのかもしれません。中には、右のように紫点の無いものもあります。新種記載されたのが最近であるため(2008年)、各地で様々な別名が付けられています。富士山ではフガククモキリと呼ばれていたようです。

Zp7092199 Zp7092197

数年前、狭い範囲に50株以上群生している所を見付けました。ところが除草作業で刈り取られてしまい、無念な思いをした事があります。この日は、以前より広範囲に個体を確認する事が出来、嬉しかったです。

ラン科クモキリソウ属シテンクモキリ(Liparis purpureovittata Tsutsumi, Yukawa et M.Kato)。

クモキリソウ属は、虫のような花形の上に種類が多く、また個体毎の変異も多く興味深い野生ランだと思います。でも、身近に見る事の出来るコクランや、クモキリソウも、突然姿を消してしまう事があります。案外気難しい野生ランなのかもしれません。

コハクラン②

②では、花と受粉した子房の観察です。

Ap7091913 Ap7091964 Ap7091955

全体像を撮って見ると、小さくて地味な花です。右はどうしたのでしょう?花茎は無事そうなのに花や子房が傷んでいます。

Kohaku_24 Kohaku_11

霜降り肉のような唇弁は形や斑紋が個体毎に違っています。右の葉は、何者かに食べられたばかりのようです。

Kohaku_15 Kohaku_16

花も終盤を迎えているようで、側萼片が綺麗に開いた花が、殆どありませんでした。

Kohaku_22

横顔・・。今迄、気にして見てこなかったけど、小さな距がある・・。

Kohaku_19 Kohaku_18

自生地を歩いて自然破壊をしているので、時間のある時は償いのつもりで受粉の手助けをしています。

何年かこの野生ランを観察していて、熟した果実或いは翌年まで残るドライフラワーを数えるほどしか見た事がありません。中には、緑のままの果実が腐り始めているのも目にしました。病気なのだろうか?それとも虫の食害?心配です。

Kohaku_25 Kohaku_1

こちらは、少し離れたエリアで、何年ぶりかに姿を現した個体です。子房が膨らみ始めていました。果実が上を向いた頃、見に行けると嬉しいのですが・・。無事熟して、種子を飛散させてほしいと願っています。

少し新鮮な花を・・。

Kohaku_2

この花には、黒い背景が合います。

Kohaku_3

いつか、この花粉塊を後頭部に付けた送粉者に、会ってみたいと思っています(送粉者らしき虫には、幾度か出会いましたが、花粉塊が付いていませんでした)。

Kohaku_7 Kohaku_7a

この唇弁を表現すると、やっぱり霜降り肉ですね。

Kohaku_4 Kohaku_8

後と横顔。ランの後頭部は、舞台裏と言う感じで正面に比べてずっと地味ですね。

ラン科コケイラン属コハクラン(Oreorchis indica (Lindl.) Hook.f.)。

◇学名の「indica」が気になりました。コハクランと出会ったばかりの頃、台湾や中国に印度山蘭という植物がある事を知りました。日本のコハクランより霜降り部分が少なく、ずっと赤い唇弁ですが、とても良く似ています。そして、APG分類体系に従った「日本維管束植物目録」で、コハクランの学名を調べると、なんとこの印度山蘭と同じではありませんか!印度山蘭は、DNA解析に基づく分類体系でコハクランと同じだったという事ですね。

コハクラン①

今日は、予定通り再生畑①の草刈りと草取りを行いました。4~5日空けると、唖然とするような状態になっています。蒸し暑いし、うんざりします。

今日は、亜高山帯の針葉樹林に生える、コハクランの記事です。①は、開花前の様子です。

Aimg_6416 Ap6190304

コハクランは、基本的に一枚葉ですが、稀に二枚葉を見る事があります。一瞬、二枚葉で花芽をつけていると思いました。でも、近づいて見ると違いました。残念!

Ap6190272 Ap6190267 Ap6190188

早春には寝ていた葉が、このように立ち上がって来ます。晩秋には赤っぽくなっていた主脈の色も、白くなっていました。

Ap6190213

花芽の伸び具合にも、個体毎に差があります。

Ap6190301 Ap6190256

このように傷んでいる葉を幾つか見かけました。場合によっては、花茎だけ伸びている事もあります。シカなどの食害か、それとも昆虫に食べられたのだろうか?

Ap6190302 Ap6190313 Ap6190200

苞に覆われたものもありましたが、所々で蕾が見えていました。開花も間近だと思います。

今年は、例年に比べて個体数が少ないように思いました。この野生ランは、花を咲かせると翌年或いは数年、休眠する事が多いようで、毎年気にして見ていると、開花株の位置が移動しています。また、過酷な環境に生えるため、葉が土砂に覆われてしまう事もあるようです。部分的菌従属栄養植物に分類されるようですが、菌類への依存度がかなり高い野生ランではないかと、素人ながらに思います。

Web写真を見ると、鉢に植わったものを見る事があります。自生地にあっても、とても難しい生き方をしている野生ランなので、持ち帰っても育てる事は出来ないと思います。採取は止めましょう!

トサノクロムヨウランと不明な植物

今日は、草刈りと草取り予定でしたが、出かけようと思ったら雨が降って来ました。仕方ないので、「何時でも良いよ!」と頼まれていたCADデーターの整理をする事にしました。

パソコンを起動したついでに、本日分のブログ記事も作成しました。

【トサノクロムヨウラン】

Xp7110054 Xp7110049

最初の花です。撮影時間は午後でしたから、花は咲き始めではなく閉じ始めたのかもしれません。全開ではありませんが、花が開く事を自分の目で確認出来ました。

理由があって、ここからは片手での感撮りです。

Xp7110060j Xp7110067

唇弁の淡い紫色が確認出来ます。暗めの写真ばかりですが、見た目の雰囲気を考えて、Photoshopでの加工はサイズダウンに留めました。

Xp7110071 Xp7110069

モニターを見ながら撮れないので、何枚も撮ってみました。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ですcoldsweats01

Xp7110035 Xp7110061

残念ながら、今回は諸先輩が掲載されているような、全開写真は撮れませんでしたが、開花する事が分かり、クロムヨウランではなくトサノクロムヨウランである事が確認出来ました。

※この植物を初めて掲載した時、トサノクロムヨウランとクロムヨウランの違いを取り上げた高知の先輩のブログ記事と研究者の論文・解説文の紹介をしました。その後、何人かの方からコメントやメールなどを頂きました。興味を持たれた方のために、下記に再掲載します。

高知の先輩のブログ記事

クロムヨウランの論文

論文に関する解説文

【不明な植物】

Xp7150102 Xp7150126

鉢植え植物の脇に、見慣れない植物が姿を現しました。シダ植物のハナヤスリ属に似ていますが・・。

これがハナヤスリ属なのか分かりませんが、富士市植物目録(シダ植物)には、ハナヤスリ属としてコヒロハハナヤスリ、コハナヤスリの2種が掲載されています。

私は、ハナヤスリの仲間を、静岡市にあるお寺の一角でしか見た事がありません。胞子葉が出現すれば、ハナヤスリ属に間違いないのですが・・。

オニク開花

ミヤマハンノキなどの根に寄生する、葉緑素を持たない植物・・オニクの花を見て来ました。

Ap7091867 Ap7091868b

丈は個体毎に様々で、こちらは小さい方でした。オシベの様子からすると、まだ咲き始めのようです。

Ap7091877 Ap7091871

左は昨年のドライフラワーの後ろに、今年のオニクが見えています。中には、一昨年のものと思われるようなドライフラワーもありました。長持ちするんですね。

Ap7091879 Ap7091878b

4本に見えますが、良く見ると左の小さなオニクの後ろに、更に小さなオニクが見えています。個体毎に出現にも時差があるようです。

Ap7091889 Ap7091890

花を接写ズームしてみました。

Ap7091891

もう少しズーム・・。オシベが4本見えています。「花冠は上唇と下唇に分かれ、下唇は更に3裂する。」・・下唇は浅く3裂ですね。

オニクは、地上に姿を現して花を咲かせると枯れるため、一年草と書かれたWeb図鑑などがありますが、地中で数年養分を蓄えてから花を咲かせる多年草(一回結実性)だそうです。強壮・強精効果があるそうで、高値で売れるため根こそぎ採取されてしまい、富士山では極稀にしか出会えません。

ハマウツボ科オニク属オニク(Boschniakia rossica (Cham. et Schltdl.) B.Fedtsch.)。

タカネグンナイフウロ・お願い

今日は、趣味の野菜畑の草取りをしました。再生畑②のメンテなどに追われて放置状態でしたので、簡単には取り切れません。それに、とても蒸し暑いので半日もやるとヘトヘトになりますwobbly

【タカネグンナイフウロ】

Ap7092065

フウロソウ属の中では、大きくて見応えのある花です。まだ彼方此方で見る事が出来ますが、花は終盤を迎えていました。

Ap7092067 Ap7092066

斜め下向きに咲くので、斜面でないと花の表情が撮れません。

Ap7091863 Ap7092070

中には、右のような恥ずかしがり屋もいます。

以前撮った写真ですが・・。

Ap7141712

一般的に見られる花より、赤っぽいタイプです。

Ap7141854

こちらは、純白ではありませんが、シロバナと呼んで良いと思います。

Ap7091864

山渓の図鑑には、「葉の裏面脈上にだけ開出毛がある」とあります。Web図鑑には、「葉裏の細脈にも毛が生えているのは、グンナイフウロ」と書かれたものもあります。見比べると、細脈にまで毛があるものと無いものが混在しています。山渓の図鑑に従い、タカネグンナイフウロとしました。

フウロソウ科フウロソウ属タカネグンナイフウロ(Geranium onoei Franch. et Sav.  var. onoei  f. alpinum Yonek.)。

【お願い】

このブログを見てくださっている、富士市か富士宮市辺りにお住まいの方に、お願いがあります。

ギンリョウソウとキヨスミウツボの果実を探しています。

Ap6250513 Bp7091541

左がギンリョウソウの果実で、右がキヨスミウツボの花です。

Ap9040121 Ap9040123

キヨスミウツボは、こんな果実が生ります。果実期は、もう少し先だと思いますので、花を見かけた場所の情報を頂けると助かります。場所によっては群生しますが、その場所に翌年姿を現さない事が多いので、今年見付けた場所の情報をお願いしたいと思います。

確認してある場所もありますが、この両者は野生動物の食害に遭う事が考えられます。キヨスミウツボは、イノシシに荒らされたと思われる場面に幾度か出会いました。見付けてあっても、果実の熟す時期に採取に行って全然見当たらなかった事があります。

種子採取が目的ですので、ギンリョウソウの果実は傷んでいても(傷があっても)かまいません。現地への案内は不要ですので、目印になるような標識、遊歩道からの凡その距離・方向などが分かれば助かります。

何卒、宜しくお願い致します。

yamabudou@hotmail.com

イケマとアサギマダラの幼虫

少し前に、ある植物を探しに行きました。その時、イケマの花が咲き始めていたので、撮ってみました。

Xp7092291 Xp7092309

この場所では、やっと咲き始めた感じでした。

Xp7092296 Xp7092305

葉裏を見ると、アサギマダラの幼虫が集っていました。観察をしようと思い、一匹連れて帰りました。

Xp7092292

咲き始めなのでまだ分かりませんが、このように花冠(黄緑色の部分)が反曲していなければ、変種のタンザワイケマだそうです。ただ、タンザワイケマの別の特徴として「退化した托葉」が記されていますが、この個体には見当たりませんでした。イケマよりやや小型のコイケマも、花冠の裂片が反り返らず斜上するとあります。

一匹だけ連れ帰ったつもりでしたが、餌用に採取した葉にもう一匹集っていました。でも、飼育籠の中を見ると、一匹しか見当たりませんcoldsweats02

Xp7120004 Xp7120007

右のようなものが見つかりました。「共食いしたのだろうか?」

ところが・・。

Xp7120002

一匹は、蛹になっていました!

まさか、こんなに早く蛹になるとは・・。観察したかったのですが、仕方ありません。

Xp2110566

こちらは、春先の伊豆半島で、キジョランの葉裏に集っていた幼虫です。背の模様が少し違います。地域変異があるのででしょうか?

X601_2

二匹とも、無事羽化して飛び立ってほしいと願っています。

餌の葉を切らさないようにしなくては!

ヤツシロラン類実生栽培実験(7月中旬)

ヤツシロラン類の実験容器を覗いて見ました。

【ヒメヤツシロラン属/ユウレイラン属の実験容器】

Ap7110073

ユウレイランの仲間・・ヒメヤツシロランと思われる植物の花は2輪だけ咲きました。残りの蕾は開花が難しいと判断して、鑑定のため茎を専門家の所へ送りました。

茎を切断した所には、根状器官が確認出来ます。そして、その横には未開化株の塊茎が見えています。もしかしたら、もっとあるかも?竹林の部材を追加しておかなくては!

【ハルザキヤツシロランの実験容器】

Ap7110109 Ap7110111

種子を蒔いてから、20日以上経ちました。左の白っぽい塵のようなものが種子です。コンデジで接写ズームして見ると、中央部分が飴色になり、膨らんでいるのが分かります。

Ap7110146

変化があって良かった・・。

Ap7110144 Ap7110137

所々に、プロトコームも確認出来ます。

容器内を見まわすと・・。

Ap7110083 Ap7110082

このスギの球果の部分に目が行きました。プロトコームが沢山見えます。中には根状器官の伸び始めたものまであります。「これって、ハルザキヤツシロランだよな・・。」

Ap7110087

更にズームして見ると、菌糸とプロトコームの接触が確認出来ます。中央右には、上の写真のような小さなものもあります。同じ日に蒔いても、成長にかなり差があります。これが、菌に頼る植物の面白いところであり、また難しいところでもあります。

この実験容器には、ハルザキヤツシロランの種子しか蒔いてないはずですから、私はハルザキヤツシロランだと思っています。

私が間違っていなければ、ハルザキヤツシロランの共生菌は、スギの球果にも繁殖する事になります。そうだとしたら、スギ林にも生える事が考えられますが・・。日本のランハンドブックには、「常緑広葉樹林下に生育」と書かれており、この種子を採取した自生地もそうでした。

尚、同ハンドブックには、アキザキヤツシロランやクロヤツシロランよりも「共生する菌根菌の種がずっと多様である。」とも書かれています。それでも、スギ林や竹林には生えないのでしょうか?

いずれにしろ、ハルザキヤツシロランの実生栽培実験は、動き出しました。マメに、成長を見守りたいと思います。

ラン科オニノヤガラ属ハルザキヤツシロラン(Gastrodia nipponica (Honda) Tuyama)。

ギボウシラン

今日は、天気が良いはずだったのに、萌の朝散歩はレインコート着用でした。

ギボウシラン・・この野生ランがあるらしいとの情報を、昨年教えて頂きました。その時は、花期も終わる頃でしたので、今年出会えるのを楽しみにしていました。そして、時々小雨の降る林内を探し回ると・・。

G1 G2

「いました!」丁度花が咲いています。

G3 G4

和名の通り、ギボウシの葉に似ていますね。以前、葉幅のあるコクランの葉を見て、もしやギボウシラン?なんて思った事があります。でも、こうして実際に葉を見ると、その違いに気がつきます。

右は、偽鱗茎(養分を溜めるところ)を撮ってみました。クモキリソウと似ていますね。

G5_2 G6

薄暗いので、LEDフラッシュを使って撮りました。暗っぽい写真ばかりで恐縮です。

G7 G8

この花は、クモキリソウのように、唇弁が裏側に反り返らず平開しています。

G9 G11

横顔。クモキリソウやジガバチソウのように、背萼片が蕊柱の上に被っていないで、後ろに反り返ったようになっています。

ラン科クモキリソウ属ギボウシラン(Liparis auriculata Blume ex Miq.)。以前は、この学名がクモキリソウにあてられていたそうです。

植物の分布とは不思議なものです。「まさかこんな所に?」と思えるような、意外な場所で希少種と出会う事が多々あります。特定の菌類の助けが無いと発芽出来ない、ラン科植物に関しては尚更です。この場所には、ある程度まとまった数が生えていました。種子が飛散して、更に自生地を広げてほしいと願っています。

ホザキイチヨウラン

ここ数日、雨で草刈りが出来ませんでした。再生畑①へ行ってみると、唖然とするくらい伸びていました。猛暑の中、半日も草刈りをするとヘトヘトになります。まぁ、年寄りは無理をして家族に心配をかけない事ですねbleah

今日は、ホザキイチヨウランを観察してみました。この野生ランは、登山道沿いなどで出会う事が多いです。

Ap7092252 Ap7092260

穂状花序(すいじょうかじょ)で、通常一枚葉である事から和名が付けられたそうです。

Ap7092230 Ap7092261 Ap7092255

周辺を見渡すと、幾株か確認出来ました。無くなっていなくて良かった・・。

Ap7092232 Ap7092262k

老眼に向かない、とっても小さな花です。花を良く見ると、唇弁が上を向いています。

Ap7092245 Adsc02254

子房部に注目!ぞうきんを絞ったような感じです。図鑑には「360度捻じれている」と表現されていました。360度って、捻じれないのと一緒ですね。ラン科植物は変わり者が多いけど、このランも相当なひねくれ者ですね。

右は、以前撮った果実です。この植物との最初の出会いは、果実を実らせた姿でした。

Ap7092240

デジタルズーム併用で、接写拡大してみました。蕊柱が短いのも、この属の特徴だそうです。

Ap7092231 Ap7030746

通常一枚葉ですが、二枚葉も時々見かけます。小葉が、もう少し大きいものもありましたが、写真が見つかりませんcoldsweats01

ラン科ヤチラン属ホザキイチヨウラン(Malaxis monophyllos (L.) Sw.)。

より以前の記事一覧