他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

植物観察

再生休耕畑の植物観察と実生栽培床の準備

今日は、寒い一日でした。肉体労働なので、まだ良かったのですが・・。

◇再生休耕畑の植物観察

隣の休耕畑のススキやコセンダングサなどが、こちらの畑に覆い被さって来ているので、地主さんに断って草刈りをしました。地主さんは体調が悪くて、しばらく来れないとの事なので、全部刈ってやりました。

親が残してくれた山林や畑は、場合によっては負の遺産になる事もあります。引き継いだ者が、手入れする気があり、それが出来る状態ならいいのですが・・。

Apb200075 Apb200077

ビワの木の下に、沢山の子が生えていました。数本頂いて、果樹エリアへ植えよう!「枇杷は九年でなり兼ねる・・」あと十年くらいは生きないと果実が食べられませんね。

Apb200083 Apb200085

花が咲いていました。

Apb200074 Apb200071

ツワブキも咲いていました。我が家のツワブキより葉が大きい・・25cm程ありました。

Apb200031 Apb200035

コセンダングサの花は、ひっつき虫になっていました。釣り針の返しのようになっています。これが草刈りの時、衣服につかないように工夫して刈らなければなりません。

そして、我が家の再生休耕畑には・・。

Apb200124

以前にも登場した不明の植物です。かなり大株になりました。

Apb200127

こんな花が、まだ咲いていました。

Apb200134 Apb200130

果実が生っているかと思い、捜しましたが見当たりません。

Apb200129 Apb200029

花の様子などから、ナス科ではないかと思っています。もしかしたら、イヌホオズキ或いはアメリカイヌホオズキの変種かも?

この植物の名前が分かる方、教えてください。

Apb200023 Apb200022

イヌホオズキも、除去対象の中では数が多い方です。結構大きく育ちます。アメリカイヌホオズキとの違いは、果柄の位置がズレている事で区別出来るそうです(アメリカイヌホオズキは、一点から出ている)。

◇実生栽培床の準備

Apb200139 Apb200136

まだ直接花を見た事の無い、ヤツシロラン類の栽培実験に挑戦するつもりです。自生地を教えて頂き、実生床を一つ作りました。右の菌糸束が発芽・成長の手助けになるものか分かりませんが、種子が手に入るまで繁殖してくれるのを待ちます。

義母の家の植物観察

昨晩から今朝にかけて、かなり冷え込みました。萌の朝散歩が、だんだん辛くなって来ます。でも、日中は暖かな一日でした。

このところ、山歩きしていないのでネタ切れ気味です。今日は、静岡市の町中にある義母の家の植物を掲載します。山間部にある我が家では考えられないような事が・・。

Aimg_0071 Aimg_0064

屋外軒下に置かれていた植物・・これは、ラン科パフィオです。びっくりするような大株に育っています。しかも、沢山の蕾がついていました。義母の家では、シンビジュームだけでなくパフィオまで屋外で冬越し出来ます。

Aimg_0059 Aimg_0042

アロエだけでなく、ジャコバサボテンも屋外にあります。いずれも、こうして蕾をつけています。

更に・・。

Aimg_0087

ハイビスカスも屋外栽培で、枯れずに花を咲かせていました!

Aimg_0075 Aimg_0078

こちらはペチュニアです。ナス科だそうです。知らなかった・・。

我が家では、屋内に取り込んだだけでなく、ワーディアンケースに入れて加温しなければ冬越し出来ないような植物も屋外で冬越しし、こうして丈夫に育ち花を咲かせます。羨ましい限りです。

少し離れた場所、藤枝市岡部町で・・。

Aimg_0118 Aimg_0111

センダンに沢山の果実が生っていました。この辺りでは、彼方此方で見かけます。晩秋の風物詩です。

Aimg_0117

こちらは、紅葉したソメイヨシノの葉です。綺麗でしょ?

さて、明日はまた肉体労働です。歳なので、適当に頑張らなくては!

ベンケイソウ科の植物

雨の上に寒い一日でした。富士山は、かなり白くなったようです。屋外作業は出来ませんので、栽培している植物の世話をしました。

今日の記事は、我が家にあるベンケイソウ科の植物です。

Bpb180352 Bpb180355

綺麗に紅葉しているでしょ?ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属・・ミセバヤの仲間です。鉢はサザエの貝殻。

Bpb180357

父親はヒダカミセバヤと言っていましたが、Web図鑑にはもっと葉の細長いものもあり、良く分かりません。ただ、葉の縁に鈍鋸歯があるのが特徴の一つだそうです。この個体には、鈍鋸歯が確認出来ます。

Bpb180363 Bpb180366

少し置き場所が変わると、まだクリーム色や緑の葉があります。右は斑入りです。

Bpb180370

ミセバヤの果実です。

Apb180321 Bpb180377

ベンケイソウ科マンネングサ属・・マツノハマンネングサです。「絶滅危惧種を盗掘したのか?」いいえ違います。これは、以前の記事にも書きましたが、標本用に採ってきた種を五葉松の盆栽の根元に蒔いたところ、発芽したものです。

ヤシャビシャクなどもそうですが、過酷な環境に生える植物は、その環境以外のところでは結構発芽率が高いように思います。

Apb180310 Apb180312

こちらも針葉樹の盆栽に生えていました。ベンケイソウ科マンネングサ属・・オカタイトゴメでしょうか?最近、家の周りで良く見かけるようになりました。

最後に・・。

Bpb180360

鉢植えのジュウガツザクラが咲いていました。春咲くサクラと違い、ポツポツ咲き、物悲しい感じがします。

先日、籾殻を沢山もらって来ました。野菜畑に蒔いてもかなり余るので、クンシランなど屋内取込み対象の鉢にも蒔きました。功を奏するのか分かりませんが、保温のつもりです。

その他の赤い果実

一両~億両以外の果実です。

【ナンテン】

Bpb160205 Bpb160207

メギ科ナンテン属。「両」の付く別名は無いけど、「難転」・・難を転ずるという事で縁起の良い木とされ、江戸時代頃にはどの家にも植えられていたそうです。摘まんでみると、結構固い果実です。

【ウメモドキ】

Bpb160229 Bpb160226

モチノキ科モチノキ属。葉や花が梅に似ている事から名付けられたそうですが、少し違和感があります。我が家には、同じ木に赤と白の二種類の果実が生ります。接木したものと思われます。

Bpb160243

雌雄異株とあります。我が家にある3本の木には、どれも果実が生りますので雌株ばかりのようです。園芸用に雄株を植えてもつまらないですね。でも、雌株だけで果実が生るのだろうか?

【ビナンカズラ/サネカズラ】

Bpb160245 Bpb160219

マツブサ科サネカズラ属。こちらも雌雄異株だそうです。家の周りに繁殖しているけど、どれにも果実が生るように思います。ウメモドキと同じ疑問が残ります。

左のように綺麗な果実と、右のようにあまり綺麗ではない果実があります。場所のせいかな?

【アオキ】・【カラスウリ】

Bpb160261 Bpb160247

アオキは・・アオキ科アオキ属。これも雌雄異株です。こちらは花の観察をした事があり、雌雄の木も観察しました。写真は我が家の生垣のものですが、付近の山林でも見かけます。シカの好物のようで、食害に遭った木を良く見かけます。

カラスウリ・・ウリ科カラスウリ属。これも雌雄異株で、花と果実の確認をした事があります。夜になると妖艶な花が開きます。

ついでに・・。

Bpb160200

庭に咲くチェリー・セージの花を撮ってみました。真っ赤な花は撮るのが難しい・・。シソ科アキギリ属。

少し前に、コンパニオンプランツに触れましたが、この植物はアブラムシ避けのコンパニオンプランツだそうです。野菜作りには、コンパニオンプランツも覚えて行かなければ・・。

縁起物の果実

裏庭植物園には、父親が栽培していたマンリョウやセンリョウが彼方此方に生えています。今日は、お金に因んだ(「両」の付く)お目出たい果実を集めてみました。

【一両:アリドオシ】

Abr175 Abr187

普通のアリドオシの写真が見つからなかったので、アカネ科アリドオシ属ホソバニセジュズネノキ(ホソバオオアリドオシ)です。「千両万両有り通し」・・別名を一両。鎮守の森の住人です。

【十両:ヤブコウジ】

Apb160272 Apb160269

サクラソウ科ヤブコウジ属。別名を十両。野鳥に種を運ばれ、裏庭植物園の住人になりました。

【百両:カラタチバナ】

Apb160266 Apb160239

サクラソウ科ヤブコウジ属。別名を百両。

【千両:センリョウ】

Apb160211 Apb160212

センリョウ科センリョウ属。そのままお目出たい名前です。

【万両:マンリョウ】

Apb160264 Apb160201

サクラソウ科ヤブコウジ属。更にお目出たい名前です。右はこれから赤くなる果実です。

Apb160222 Apb160258

赤い果実も、見比べるといろいろです。右は白いマンリョウです。どちらも、彼方此方に増えて困っています。

【億両:ツルシキミ,ミヤマシキミ】

Ams037 Ams034

ミカン科ミヤマシキミ属。ツルシキミは、ミヤマシキミの変種です。マンリョウより果実が大きいのでオクリョウ(億両)と呼ばれたそうです。マンリョウの上があるとは知らなかった!有毒植物なのに、一番お目出たいなんて複雑・・。

下草刈りで出会った植物とキノコ

この日は、家の近くにある山林の下草を刈りました。他にも、数十年行った事の無い山林があります。どうなっているか想像すると、行くのが恐ろしくなります。

Apb150126

ここは二度目なので、下草や雑木は小さく、仮払い機だけで済みます。

Apb150155 Apb150160

左はクロモジの葉です。まだ小さな木ですが、刈らずに残して置く事にしました。右は、葉の表面や柄に短毛が生えていましたので、ヤマハゼでしょうか?こちらも残そう!

Apb150134 Apb150144 Apb150143

紅葉したツタとキヅタです。キヅタは、除去した方が良いかな?

Apb150165 Apb150170

良く見かけるけど、名前を知らなかったイネ科ササクサ属ササクサ・・観察会で覚えました。

先端部にある針のようなものはイネ科の植物に付く芒(ノギ)です。この写真では分かりませんが、下向きの棘があります。図鑑を調べると、ササクサの小穂は、いろいろ複雑なようです。その観察は、次の機会に・・。

Apb150154 Apb150153

こちらは、コクランの葉と果実です。ラン科クモキリソウ属です。同属のクモキリソウは、冬に地上部が枯れますが、コクランは常緑です。どうして違うのでしょう?

Apb150184 Apb150114 Apb150116

クロヤツシロランの果実もありました。もう種子が飛散して、少ししか残っていませんでした。今年はキノコの調子が悪かったせいか、クロヤツシロランの開花株も少なかったようです。

次はキノコです。

Apb150124

父親が積んであった(堆肥のような)藁に生えていました。チャワンタケの仲間でしょうか?

Apb150125 Apb150119

大きくなるとこんな感じです。キクラゲみたいですね。古くなると、右のように色が濃くなるようです。

Apb150093 Apb150094

こちらはホコリタケの仲間です。指で摘まむと、真ん中直穴から煙のような胞子が出て来ます。

Apb150097 Apb150098

こちらはニガクリタケ?落葉広葉樹(多分コナラ)の切株に生えていました。

Apb150101 Apb150102

針葉樹に生えていたキノコです。左は、枯れ木全体が白くなっていました。

Apb150104 Apb150103

右のキノコを接写してみました。毛糸の帽子みたいです。

キノコの名前が分かる方、教えてください。

身近な場所でも、自然観察は楽しいものです。名前が分かるようになると、更に楽しいですね。

季節だより観察会(西臼塚)③

季節だより観察会の最後の記事です。まずはカエデ属を集めてみました。

Cimg_9901a Cimg_9891

黄色く染まったチドリノキの葉が、とても綺麗でした。チドリノキは、葉の形が他と違いますがカエデ属です。

右のカニのような葉は、イタヤカエデです。これは分かり易いですね。

Cimg_9904 Cimg_9921

チドリノキの黄葉を少しズームしてみました。紅葉しているのは、コハウチワカエデのようです。

Cpb102349 Cpb102364

左はオオモミジです。葉の縁が単鋸歯です。

右は、コハウチワカエデです。全体を撮りませんでしたが、葉柄が長く、毛が生えています。葉柄が長く毛が生えていなければ、オオイタヤメイゲツなどが考えられます。そういえば今回撮り忘れました。

Cpb102361

こちらが葉柄の毛(白い綿毛)です。かなりピンボケ・・coldsweats01

Cimg_9874 Cpb102388

左はエンコウカエデ、右はイロハカエデ(イロハモミジ)です。イロハモミジは、オオモミジと違い葉の縁が重鋸歯です。

Cpb102300 Cimg_9926

そして大きな葉のカジカエデ・・カナダ国旗に似ていますね。でも、カナダ国旗は、サトウカエデです。

右は駐車場に植えられたカエデの紅葉です。曇り空でしたが、帰り際に日が射しました。

地衣類も少し勉強しました。コケと名が付いていますが、どれも地衣類です。

Cpb102341 Cpb102344

左はカノコゴケ・・鹿の子模様(鹿の背にある斑点に似た模様)からとったそうです。カノコユリも同じですね。

右はボンジゴケです。梵字・・仏教などで使用される古代インド文字です。こういうのはみんなモジゴケと呼んでいました。モジゴケ科クロモジゴケ属だそうですから、まぁ良いか・・。

Cpb102355 Cpb102348

左はカラクサゴケで、右はボンジゴケの拡大写真です。

カラクサゴケのようなものはみんなウメノキゴケと呼んでいました。でも、Web地衣類図鑑を見ると、判別に困るくらいいろいろな種類があります。以前覚えたマツゲゴケと合わせて、これだけでも覚えておかなくては・・。コケや地衣類も難しい!

今回の観察会も、とても楽しかったです。一人歩きの多い私には、こういう観察会がとても楽しみです。富士自然観察の会の皆様、有難うございました。

季節だより観察会(西臼塚)②

②は、女子受けのしない写真ばかりですが・・。

【キノコ】

◇ホコリタケの仲間

Bpb102374 Bpb102375

ホコリタケの仲間が生えていました。パフパフすると、煙のような胞子を噴出します。幼菌の内は、食べられるそうですが、まだ食べた事はありません。いろいろな種類を見かけるので、どれが食べられるのか分かりませんので・・。

【変形菌/粘菌】

◇マメホコリ属マメホコリ

Bpb102376

ホコリタケの近くの倒木に生えていました。指で押すとプニプニしています。

Bpb102378 Bpb102381

表面が、砂糖菓子のような感じです。これが「鱗片状のつぶつぶ」かな?

Bpb102382 Bpb102383

強く摘まむと、中からオレンジ色の物体が出て来ました。

変形菌図鑑(変形菌:川上新一博士著)を調べると、マメホコリのページに次のような解説文が掲載されていました。

ついパフパフして胞子を噴出させたくなるが、それはマメホコリの思うつぼ。未熟な状態がまた綺麗な淡紅色、赤色、橙色だったりする。それを潰すとスプラッター状態になるので心して。直径は1cm前後。表面に鱗片状のつぶつぶが見られる。一年を通して主に腐木上に見られる。

ついでに、以前撮った変形菌と思われるものを集めてみました。夏頃、家族に図鑑を注文してもらいました。「年金の図鑑なんて買ってどうするの?」「バカ、粘菌だよ!変形菌!」・・趣味が合わないと、話が通じないで困ったものです。

◇モジホコリ科(変形体)、クダホコリ属コモチクダホコリ(未熟体)

Bp8090837 Bp8090841

左:モジホコリ科の変形体らしいのですが・・。黄色いアメーバーのようですね。

右:コモチクダホコリの未熟体は、薄い肌色や桃色とあります。柄があってキノコみたいですね。

◇成熟した子実体(不明)

Bp7091558 Bp7091567

成熟した子実体は、胞子の入っている袋(子嚢)が破れ、胞子が風によって飛ばされるそうです。うっかり吸い込んだら、鼻の中に変形菌が繁殖するかも?

◇ツノホコリ属エダナシツノホコリ

Bp7091440

同属のツノホコリは、枝分かれしていますが、こちらは枝分かれしていません。イソギンチャクの触手のような部分に見える小さな粒のようなものが胞子だそうです。

◇クダホコリ属クダホコリ

Bp7091493

ジャンボタニシの卵か辛子明太子のようですね。未熟な子実体は、鮮やかな赤や橙色と書かれています。

※図鑑で見て、名称を記載してみましたが、全て自信がありません。解説を読んで見ると、色彩もいろいろあるようだし、肉眼で確認出来る変形体→形成されたばかりの子実体→未熟な子実体→成熟した子実体など、各々姿を変えて行くのでとても難しいです。

ヤツシロラン類の実生実験で、キノコの菌糸とヤツシロランのせめぎ合いを見ていると、更に活動的な変形菌を飼ってみたい気持ちがあります。

季節だより観察会(西臼塚)①

今日は、富士自然観察の会さん主催の「季節だより観察会」に、参加させていただきました。今回の観察場所は、西臼塚でした。

Aimg_9893 Aimg_9910

皆さん、童心に返って楽しんでいました。私?遠くから見ていてだけ・・coldsweats01

①では、蕾や果実などを集めてみました。

Aimg_9916 Apb102322

和紙の原料として知られているミツマタです。黄葉が綺麗です。右は蕾です。シルクのような毛を纏って冬を越します。

Apb102293 Apb102295

こちらはアブラチャンの蕾です。ボクシンググローブをはめた人形のようです。

別の木では・・。

Apb102327 Apb102329

なんと花が咲いていました。通常の開花時期は、3~4月頃ですから、かなりせっかちな奴ですね。

Aimg_9885 Aimg_9884

こちらは、メギの果実です。茎を煎じて洗顔薬に使われたことからこの名が付いたそうです。

Aimg_9873 Apb102313

左はガマズミの果実で、右はメギの果実です。

Apb102317 Apb102320

左はガマズミの果実です。このように白い粉のようなものが現れる頃が一番の食べ頃だそうです。どんな味かって?「初恋の味」ですbleah

右は、葉を撮り忘れましたが、果柄にイボ状の皮目が目立つことから、カマツカの果実だと思います。一つだけしか残っていませんでした。

Apb102337 Akpb102334

葉の落ちた林内を歩くと、落葉樹のはずなのに緑色の葉をつけた樹木を見る事があります。これは、ツルマサキが絡みついたものです。

ツルマサキの果実が落ちていたので撮ってみました。橙赤色の仮種皮に包まれた種子は、ツリバナやマユミと似ていますね。どれもニシキギ科ニシキギ属です。ツリバナは5裂し、マユミやツルマサキは4裂します。

Apb102393 Apb102397

この赤い実は何だろう?紅葉も綺麗です。茎を見ると、コルク質の翼がありました。これは、ニシキギ科ニシキギ属の本家ニシキギでした。ニシキギの果実は、初めての出会いかも?

Apb102366 Apb102387

小さなリンゴは、オオウラジロノキの果実です。以前、美味しいと言われて食べましたが、渋くて吐き出しました。もうだまされません。

右の赤い実は、トチバニンジンです。まだ残っているなんて、結実がかなり遅かったのかな?

富士山麓は、かなり冷え込むと思っていたのですが、幸い風もなく良い観察日和でした。②に続きます。

※スマホをPCモードにして見た時、ニシキギの写真が横並びにならない不具合を修正しました。時々、原因の分からない不具合な現象が現れて困ります(2017-11-11)。

ヒヨドリジョウゴとマルバノホロシ

数年前から、裏庭植物園にヒヨドリジョウゴとマルバノホロシが生えるようになりました。種を運んで来たのは、ここに遊びに来る野鳥だと思います。食料持参で遊びに来たようです。

【ヒヨドリジョウゴ】

Bf034 Bf037

「全体に軟毛が密生する」と書かれています。

【マルバノホロシ】

Bpb082254 Bpb082228

ヒヨドリジョウゴの果実と似ていますが、果柄などに軟毛が生えておりません。また、ヤマホロシとも良く似ていますが、ヤマホロシは若い葉の裏表に短毛があります。また、下部の葉は、3~5裂する事が多く、葉の基部にも違いがあります。

(葉の比較)

Bf043 Bpb082255

左がヒヨドリジョウゴで、右がマルバノホロシです。マルバノホロシと似たヤマホロシの葉の基部は、切形になります。

ついでに、裏庭植物園で見かけた黒い果実も掲載します。

【ヤブミョウガ】

Bpb082250 Bpb082251

白色から淡い緑色、そして熟すと緑色を帯びた黒色(図鑑では藍紫色)に変色します。

【シオデ】

Bpb082241 Bpb082247

こちらは周りが黒いと見難いので、曇り空を背景に撮ってみました。

何時か、裏庭植物園の植物目録も作りたいものです。でも、名前を調べ切れるだろうか?

今日は、富士市環境部廃棄物対策課の、不法投棄物の回収作業に立ち会いました。ゴミ収集日に出せば、回収してくれるようなゴミまで、林道脇の林に投棄されています。わざわざ、山林に捨てなくても良いものを・・。理解に苦しみます。

より以前の記事一覧