2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

植物観察

2020年12月 4日 (金)

やまぶどうの徒然日記_2011年

何年か山野を歩いていると、毎年同じような記事が続きます。それでも、見直していると少しずつ見方が変わって来ている事に気がつきます。ちょっとずつ、進歩しているのかも?

bekkoutonnbo_0516_11s bekkoutonnbo_0516_12s

2010年に、ベッコウトンボを見たくて桶ヶ谷沼へ行って来ました。ところが、訪問時期が遅く既に姿を消していました。そこで、翌年は5月頃行って、やっと出会う事が出来ました。成長すると、右の様に黒っぽくなるようです。

kabuto_img_2257s kabuto_img_2268s

卵の入った土を、ブログ友に送っていただいて孵化したカブトエビです。初めての出会いに感激しました。掲載した写真を売ってほしいとのメールがありましたが、ピンボケの素人写真に値段はつけられません。

moe_dsc05156 moe_20110312_4s

近所に甲斐犬MIXの黒ちゃんがやって来て、萌と対面しました。黒ちゃんは、とても恥ずかしそうでした。

kumagai_img_0611_s kumagai_img_0634_s

久々の休日でしたが、生憎の雨降りでした。あきれ顔の家族をしり目に、雨の林内を探索してクマガイソウに出会いました。昔は群落だった場所の名残かもしれません。開花株は一つだけでした。年々数を減らして行き、絶えてしまったかと思っていたのですが、今年復活している事を知りました。

sirahigesou_dsc04373 sirahigesou_dsc04379

幼い頃見たイワシャジンの無事を確認に行って、シラヒゲソウに出会いました。この場所に気付く人は、まずいないでしょう。この頃は、気になればどこでも入り込んでいました。

yourakuran_0327_2s youraku_dsc02056s

我が家のシンボルツリーに、ヨウラクランが着生している事を知りました。斜めに横切っているのはノウゼンカズラの蔓です。これをはがしたところ、半分くらいが落ちてしまったので、イヌマキに移植しました。今では、本家よりも大きな株になり、実生の子孫も彼方此方に着生しています。

kinoko_dsc03383 kinoko_dsc03382

富士山で、見慣れないキノコのようなものを見付けました。ブログコメントで、寄生植物のミヤマツチトリモチであると教えて頂きました。その後、同じ場所を探索しましたが、見付ける事は出来ませんでした。

dsc07003 dsc07086

初めて技能五輪を見学に行って来ました。いろいろな職種の、高い技術力に驚かされました。ただ、会社のバックアップ体制が整っていないと、入賞はもちろん出場するのも難しいのではないかとの印象を受けました。

2020年12月 3日 (木)

やまぶどうの徒然日記_2010年

アクセスカウンターが、1,000,000を超えましたので、年ごとに特に印象に残った事をまとめてみます。まずは、開設年の2010年から・・。

pengin_g aoikesi_g

この年は、古いペンギンケースの中に、Quad_Coreのi7を搭載して、パソコンをパワーアップしました。その前に組み立てた、Xeon_Durlを凌ぐ性能に、とても満足しました。

それと、憧れの存在だったヒマラヤの青いケシ・・ベトキニフォーリアとグランディスの鉢植えをホームセンターで買って来て、花を咲かせる事が出来ました。

gurand_0519_5s bp_be0505_3s

青い色の花は、不思議な魅力を持っています。私には行く事は出来ませんが、縁あってヒマラヤの青いケシを自生地で見たお二人の方と話す機会を得ました。

Aoikesi_t

果実が熟し種子を得る事が出来ましたが、山間の地とはいえ、我が家では播種して苗が得られても夏越しが出来ません。種子は、標本として保管してあります。

moe_kazoku_6 moe_0116_3s

萌は、千葉県で生まれ甲斐犬愛護会東京支部(当時)を経て、我が家にやって来ました。ブリーダーさんに、行き先は告げない事になっているそうですが、登録名を愛称にしていたため、ブログを見たブリーダーさんから千葉にいた頃の写真が送られて来ました。

kawkamiken_0522_9_1s kawkamiken_0522_9s

犬好きの私は、長野県山形村のある寺で出会った信濃の狼・・川上犬の事が忘れられず、川上村に行って来ました。毛を逆立てて私を威嚇したあの犬の面影はなく、とても穏やかな顔で迎えてくれました。この川上犬の写真は、某社の犬の図鑑(Web版)に使われています。

as_img_3308_40ts as_img_3225_t40

初めてカワセミの写真を撮りました。ロケットランチャーのようなレンズは持っていないので、私の腕ではこれが精一杯でした。でも、とても嬉しかった・・。

mitugasiwa_20100502_4s mitugasiwa_20100502_6s

浮島ヶ原自然公園に、ミツガシワが移植されています。その本家がこの写真です。5月の連休頃、ブログ友から凡その位置情報を聞いて、探索に行き出会う事が出来ました。

次は、2011年の思い出です。

2020年12月 2日 (水)

不法投棄監視パトロールで出会った植物など

今日は、夕方用事がありますので、早めの投稿となります。

不法投棄監視パトロールは、林道主体となりますので、行ったついでに気になるところを覗いています。11月最後のパトで、気になった植物などを集めてみました。

xpb300250 xpb300253

一番手は、菌類です。チャワンタケの仲間・・外側が白っぽく毛が生えている事などから、ベニチャワンタケでしょうか?

xpb300245 xpb300247

xpb300223 xpb300225

コケ植物・・ムチゴケの仲間とコセイタカスギゴケでしょうか?

xpb300220 xpb300222

コチャルメルソウも、所々で見る事が出来ました。

ximg_2370 xpb300208

xpb300200 xpb300203

コキンバイザサの様子も見て来ました。下段には、蕾らしきものが写っています。12月のパトで、どうなっているか確認したいと思います。

Ap9220772_20201202110501

こちらは、以前撮った写真です。果皮が破れたところから、黒い種子が見えています。地面に寝ているものを良く見かけますので、地上を這う生き物によって、種子が運ばれるのではないでしょうか?虫に食べられて運ばれるのか、エライオソームがあってアリに運ばれるのか知りたいと思っています。

アクセスカウンターが、本日中には1,000,000を超えると思います。思っていたよりずっと早く、まだディスク容量も少しありますので、今迄の思い出などを記事にして、本ブログの更新を停止しようと思います。

2020年12月 1日 (火)

カンアオイ属分布調査(オトメアオイ)

時間のある時に、富士市域のカンアオイ属の分布調査を行っています。この日は、オトメアオイの生育エリアに出会いました。

bpb300258 bpb300259

bpb300239 bpb300255

亀甲模様の斑が入ったタイプです。似たような模様でも、葉の形は様々です。亀甲模様は他種にもありますので、葉の模様では識別できません。

bpb300238 bpb300248

斑の目立たないタイプです。左の葉はハートに近いですね。

bpb300235 bpb300236

地域に生えるカンアオイ(カントウカンアオイ)と共に、一番多く見かける下り藤模様(雲紋状)のタイプです。

他の種に無い特徴として「開花と葉の展開を隔年ごとにする」とあります。花柄の基部には、来年展開する葉が姿を現しています。初心者の私には、この特徴を見極めるのが難しかったのですが、この花を見て理解しました。ただ、花は6~8月に咲き、翌年の5~6月頃まで残るので、花の新旧も確認する必要があります。

分布調査は始めたばかりですが、愛鷹山系ではカンアオイとオトメアオイが混在した場所をまだ見ておりません。距離はそれほど離れていなくても各々が棲み分けています。また、伊豆天城辺りに生育するオトメアオイと愛鷹山系の個体を比べると、アマギのタイプの方の葉に艶を感じます。それは、私が撮った写真だけでなくWikipediaの写真を見ても、同様の印象を持ちました。

2020年11月30日 (月)

テンナンショウ属の果実

今月最後の、不法投棄監視パトロールを行いました。林道脇では、スルガテンナンショウの果実を幾つか見る事が出来ました。

そこで、テンナンショウ属の果実を集めてみました。

apb300196 apb300197

こちらは、スルガテンナンショウの果実です。今年も、この花の調査に協力しました。テンナンショウ属は、イノシシの食害に遭わないと思っていたのですが、何ヶ所かで芋を食べられたところを見ました。

apb300263 apb300265

次は、ウラシマソウの果実です。幾つかのWebページによると、「果実は稀」と言うような事が書かれています。テンナンショウ属は、ムサシアブミなど一部の種を除き、雌雄異株です。その上、栄養状態などにより性転換し、全体的に雌株の方が少ないと思います。また、ウラシマソウは地際に果実をつけるので、目立たない事も「稀」と書かれる要因になっているのではないでしょうか?

aimg_2255 apb180004

伊豆天城で見たテンナンショウ属の果実です。周辺で見るテンナンショウ属は、葉が細いものばかりでした。種名は分かりません。

次は、以前撮った写真ですが・・。

aimg_2255 at020

果実は先端から赤く熟します。右の果実は先端部が尖っています。富士山南面の標高1,400mを超えた辺りで時々見かけますが、種名はまだ分かりません。

Ap8221911

サトイモ科テンナンショウ属の果実は、同じくサトイモ科のコンニャク属コンニャクの果実と似ています。ここに掲載したコンニャクの果実を、再生畑①に蒔いたところ沢山の苗が出て来ました。発芽率は高い方だと思います。

2020年11月29日 (日)

まだ咲いているダイモンジソウ

安曇野の友人からもらったイノシシの肉を、横長の七輪で焼きました。豚肉に比べて少し固めな感じもしますが、とても美味しかったです。炭火で焼くと、肉も魚もより美味しく感じます。服にBBQのにおいが染みついて、家族に文句を言われました。

栽培棚のダイモンジソウは、大半が果実期に入っています。ところがまだ咲いているものや、これから咲こうとするものもあります。一般的な花期は、7~10月となっています。

apb290188 apb290182

果実の様子です。左はジンジソウのように見えますが、我が家にジンジソウはありません。発芽率は高く、果実を採取しないでおくと、親の鉢に沢山の実生苗が出て来ます。右の様になったら、種子を採り湿度を保った実生床に蒔くと沢山生えて来ます。オリジナルの花が出来るかもしれませんよ。

apb290190 apb290172

apb290183 apb290184

こちらは咲き始めたばかりです。他と比べて葉が大きく葉表の毛が目立ちます。イズノシマダイモンジソウという変種は、茎や葉に毛が多く花期が10月~翌1月となっていますので、その系統かもしれません。

apb290173 apb290187

上の花もそうですが、花弁に浅い切れ込みがあります。右は長い花弁が更に2裂しています。

apb290175 apb290191

これが、一番切れ込みの顕著なタイプです。

ダイモンジソウは、こういう花弁の変異を見比べるのも楽しいです。Web図鑑を見ると、母種の花形が想像出来ないようなタイプのものが掲載されています。それに比べると、我が家のものは大人しいものばかりです。

2020年11月24日 (火)

マンリョウ

庭の彼方此方で、マンリョウが果実をつけています。野鳥によって種が運ばれ、近くの山林でも見る事が出来ます。

apb240231 apb240235

apb240247 apb240230

赤くなり始めた果実です。

apb240234 apb240270

果実の大きさは、個体によって様々です。右には、通常見る果実と一番大きな果実を並べてみました。また、赤い果実でも真紅のものもあれば黒みを帯びたものもあります。

apb240257 apb240253

これは白い果実?果柄を見ると赤いので、やがては赤くなるはずです。

apb240258 apb240261

こちらが、白い果実をつけるマンリョウです。果柄が赤くありません。

旧分類体系では、ヤブコウジ科とされていましたが、APGではサクラソウ科に改められました。

サクラソウ科ヤブコウジ属マンリョウ(Ardisia crenata Sims)。

あと3,000アクセス・・年内達成が、ほぼ確実のようです。もう少し頑張ろう!

2020年11月23日 (月)

日本産ホドイモ収穫

丹沢の師匠から頂いたホドイモを掘り起こしました。プラの菊鉢に植えたので、ひっくり返す程度だと思っていたのが予想外でした。

apb230159 apb230199

鉢底の防虫ネットの隙間から、鉢外へ進出して彼方此方に伸びていました。凄いでしょ?この太い根のように見えるのは地下茎で、右の写真に見える細いのが根だと思います。

apb230161 apb230187

apb230203 apb230189

芋の形もいろいろ・・。長寿の薬になるそうなので、種芋を残して少しだけ試食してみようと思っています。

apb230192 apb230194

ホドイモは、イモの名がついていますがマメ科植物です。これが根粒菌の棲み処・・根粒だと思います。でも、他のマメ科植物に比べるとずっと少ない・・。

apb230183 apb230205

所々に芽が確認出来ました。右は長く伸びた地下茎の先端です。地下茎だけを埋めて置いて、成長するか試してみようと思います。養分の貯蔵庫である芋がないとダメかな?

花は沢山咲きましたが、一つも結実しませんでした。ヤブツルアズキの花に似て、竜骨弁が捻くれています。この花に適した訪花昆虫(送粉者)がやって来なかったのか、受粉しても直ぐに落ちてしまったのか原因が分かりません。

2020年11月22日 (日)

色付いた葉

諸先輩のブログに、各地の紅葉が掲載され始めてから暫く経ちました。今年は、紅葉を見ようと思って出かけた事は無く、別の目的で行った時に見る程度でした。

aimg_2270 aimg_2268

aimg_2266 aimg_2274

カンアオイ属の探索で行った、伊豆天城のイロハモミジです。赤く染まったカエデも光を透かして撮りたかったのですが、その場所まで行けずズームで撮りました。

家の近くで・・。

apb210110 apb210113

こちらは、イヌビワです。この植物は、どこで見ても綺麗な黄色に変色するので気に入っています。

apb210109 apb220148

カエデ属の中でも大型の葉をつけるウリハダカエデとカジカエデです。エンコウカエデもありましたが、いつも綺麗に紅葉してくれません。どうしてだろう?

今日は、車庫兼倉庫の片付けを行いました。父親が残したものがいろいろあり、処分しようか迷いながらなので時間がかかります。その次は、古い納屋の片付けが控えています。十数年ほったらかしだったつけが、今回って来ました。少しずつでもマメに片づけていないとダメですね。

2020年11月21日 (土)

種蒔き権兵衛次の挑戦

昨年、行政担当窓口の許可を得てサワトラノオの種子を採取し、実生栽培実験により今夏無事花を見る事が出来ました。今年度は、同じ湿地に生育する他の植物の種子散布(完熟)時期の調査や、発芽・生育の実験を始めています。

湿地の植物に関する種蒔き権兵衛の挑戦は、これが最後になると思います。

apb210115 apb210057

実生床を二つ用意しました。発泡スチロールの方は、土壌湿度の維持がしやすいため、この中に数種類の種子を蒔いてあります。連結ポットは、早期の苗の区別をするため、名札をつけた列に単独種を蒔きました。

来年の開花を見据えてもう少し早くするつもりでしたが、事情があって10月27日の播種になりました。

apb210117 apb210116

ここ数日暖かい日が続いたので、ポツポツ発芽し始めました。これは、発泡スチロールの実生床で、一番最初に発芽した苗です。現時点で種名は分かりません。

apb210079 apb210123

次に発芽して来たとても小さな双葉です。右は、連結ポットに発芽したミズオトギリです。左は発泡スチロールの実生床に沢山出始めましたが、種名が分かりません。一番発芽率の高いタコノアシかもしれません。

apb210060 apb210122

これは、ヒメハッカの列に出て来ました。種子がラッパ状の萼(?)に入っていて覆いが無いため、熟すと落ちやすいように思います。この植物に関しては、アシに覆われた環境がサワトラノオよりもずっと生育に不適だと思っています。それと、サワトラノオに似た面白い生態を持っていますが、サワトラノオと同様に現在の生育地ではそれが生かされる事は無いでしょう。

もう一度くらい、このブログに掲載出来るかもしれませんが、その先の様子は更新を停止するため掲載する事が出来ません。無事開花に至った場合、所属する会の方へは報告書として提出するつもりでおります。

より以前の記事一覧