2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

植物観察

2020年10月24日 (土)

色付き始めた果実

家の周りで見られる果実が、色付き始めました。

一番手は、サネカズラ(ビナンカズラ)です。何が原因か分かりませんが、時々このように未熟な部分のある果実を見かけます。雌雄異株なので、これは雌木です。

サンショウの果実です。サンショウはミカン科で、果皮を拡大して見るとミカンに似た感じがします。赤く熟した後、果皮が裂開して黒い光沢のある種子が姿を現します。サンショウも雌雄異株なので、果実が生るのは雌木です。

グロリオサ(キツネユリ)の果実は、果皮がはじけて赤色の種皮を纏った種子が姿を現していました。

最後に、マンリョウの果実です。一般的には赤く熟しますが、中には白く熟す種類もあります。下段の写真で、花柄が赤いのは赤く熟します。マウスを乗せた緑色のものは白く熟します。

2020年10月23日 (金)

天城で見たカンアオイ属②

今日は雨降りなので、朝の投稿となります。マウスを乗せて👆のアイコンになる写真は、左クリックで拡大ポップアップ表示、その他はマウスを乗せると別の写真に変わります。

天城で見たカンアオイ属の続きです。

【Asarum5】

Dpa210241

【Asarum6】

Fpa210264

【Asarum7】

Apa210273

【Asarum8】

【Asarum9】

Hpa210221

これは〇〇だろうと思えるものがあっても、勉強不足の上に地域が違う事で自信が持てません。

掲載したカンアオイ属の名前が分かる方、教えてください。

2020年10月22日 (木)

天城で見たカンアオイ属①

日本細辛・寒葵保存愛好会のHPには、静岡県内で生育が確認された種として、冬に地上部が枯れるウスバサイシンとフタバアオイの他に15種が掲載されています。私にはカンアオイ属は難しく、今まで避けて来ました。これから、少しでも覚えようと思い、時間のある時に伊豆半島や県中西部も探索して見る事にしました。

※上段の葉の写真は、左クリックで拡大ポップアップ表示し、下段の花の写真はマウスを乗せると別の写真に変わります。

【Asarum1】

Cpa210216

【Asarum2】

Bpa210213

一般的に萼裂片は三裂ですが、稀に四裂のものも見かけます。

【Asarum3】

Epa210250

【Asarum4】

Zpa210238

伊豆半島には、カンアオイ、オトメアオイ、アマギカンアオイ、ズソウカンアオイ、ランヨウアオイ、シイノミカンアオイ、シモダカンアオイ、スントウカンアオイ、チゴカンアオイなど多くが生育しているそうです。

静岡県に住んでいるとはいえ、伊豆方面の山野を歩いた事は殆ど無く、地域でカンアオイ属が生育しているような場所を、嫁さんの機嫌を伺いながら一時間半ほど探索しました。

明日に続きます。

2020年10月21日 (水)

天城で見た植物

ずっと気になっていた植物があります。一つは、ヤマアジサイの亜種とされるアマギアマチャです。嫁さんの用事が無い休日にゴマをすって、一緒に探索に行って来ました。

「アマギアマチャの葉は、甘苦い」と聞きました。それを確かめたくて、目的地を天城周辺としました。地域で見るヤマアジサイに似た葉の植物が、直ぐに見つかりました。

噛んで見ると確かに甘苦い事が確認出来ました。ただ先端部の葉より下の方の葉が甘く感じました。若葉は、甘くないのかな?

こちらは、タマアジサイです。タマアジサイの葉も、地域で見るものに比べて葉幅が細いように思います。

この辺りで見るテンナンショウ属は、どれも葉が細い・・。昨年は、テンナンショウ属に詳しい二人の先生と知り合う事が出来ました。今年は外出自粛と有害鳥獣駆除による富士山南面の入林禁止もあって、教えていただこうと思っていた種の写真が撮れませんでした。来年は頑張ろうと思います。

apa210229 apa210230

葉の写真ばかりなので、断崖の裾に咲いていたジンジソウも撮ってみました。この場所は、ダイモンジソウは見られないで、ジンジソウばかりが生育していました。

アマギアマチャをWeb検索していて、「伊豆のアジサイ」というホームページを見付けました。

伊豆周辺のアジサイを調査して、その変異などが記された一覧表を拝見した事があります。静岡県内には、まだまだ凄い人がいると感心させられました。今年、先生のお供で、その一覧表の作成者の先生とお会いする事が出来ました。前記のWebページは、その方が開設されたものでした。

2020年10月19日 (月)

ホトトギス変わり花

少し前の記事で、ホトトギスは花色や斑点の変異が多いと書きました。一般的に見られるものとは少し違った花を掲載します。

花被片の内側にある斑点が、紅紫色に塗りつぶされたような花です。

花被片の色や斑点が通常花と変わっていても、基部の黄色い斑点は残ります。

訪花昆虫がやって来ました。花被片と下向きについた葯の間に入り、身体に花粉をつけています。花柱にある透明の球状突起は、花粉がつき易くするためのものだと思います。

この周辺で見る個体は、どれもこのような紅紫色のベタ部分があります。個体毎に細かい違いはあるものの、ベタの変異は実生で引き継がれるようです。

午前中、キャベツの実生苗の残りを植付、防虫ネットを被せました。畝作り、マルチングビニル敷設、植付・水遣り、防虫ネットとやっと終わって、少し草取りしたところで雨が降り始めました。予定作業が終わってからで良かった・・。

2020年10月17日 (土)

ダイモンジソウの花

今日は寒い日です。雨天なので倉庫の片付けをし始めたのですが、途中で挫折しました。

栽培棚のダイモンジソウが、ポツポツ咲き始めました。この植物は、標高の高い所に生育する個体の方が早く咲きます。環境による変異(進化)なのか、寒さが開花のスイッチになっているのか分かりませんが・・。

ダイモンジソウは、父親が好きでいろいろ栽培していました。不肖の息子は、世話をせず多くを枯らしてしまいましたが、残ったものを集め、栽培棚で管理するようになりました。

写真は、昨年秋に鍋焼きうどんのアルミ容器に蒔いたものです。発芽率は高く沢山の苗が出来ますが、マメに水遣りをしないと大半が枯れてしまいます。

一般的に山野で見るダイモンジソウは、このような白花です。栽培棚では、園芸用に改作された紅花などがあり、交雑していろいろな花色が出現します。

桃花と紅花です。紅花は、花弁の数が通常花より多いですね。

花期の終ったディスカウント品を買って来て、種子が完熟するのを待って播種し、覆い土をしないで置けば沢山の苗が出て来ます。運が良ければ、親と違う変化花が出現するかもしれませんよ。

ダイモンジソウは、いろいろな変種が記載されています。ユキノシタ科ユキノシタ属ダイモンジソウ(広義:Saxifraga fortunei Hook.f.)。

2020年10月16日 (金)

ホソバアキノノゲシとキンゴジカの花

先日、嫁さんの用事で、久々に焼津市へ行って来ました。新型コロナウィルス感染防止の観点から、人数が制限されているので、駐車場で待っていました。その時撮った淡黄色の花を、2種掲載します。

【ホソバアキノノゲシ】

再生畑でも見る事が出来るアキノノゲシ属の花です。この個体は、葉に切れ込みが無く細かったので、品種のホソバアキノノゲシだと思います。Ylist標準学名では、アキノノゲシとホソバアキノノゲシを区別しておりません。

キク科アキノノゲシ属ホソバアキノノゲシ(Lactuca indica L.f. indivisa)。

【キンゴジカ】

隣地との境界に見慣れない植物がありました。でも、花を見ると何となく記憶があります。地域で、この植物に良く似たアメリカキンゴジカを見た事があります。

Web図鑑を見ると、「キンゴジカは、葉の基部が楔形、下部の葉が菱形で、托葉が短く、花柄が長い。アメリカキンゴジカは、葉の基部が浅い心形、托葉が細長く線形。また、花柄は短く(約1cm以下)、花が数個かたまってつく。」とあります。葉の基部の形、花柄の長さ、花の付き方などからキンゴジカだと思われます。

中国名は、白背黃花稔 ・・白背は葉裏の事で、黄色い花弁が重なっている(稔)との理解で良いのでしょうか?

アオイ科キンゴジカ属キンゴジカ(Sida rhombifolia L. subsp. rhombifolia)。

2020年10月15日 (木)

エンシュウハグマの花

エンシュウハグマを初めて見たのは、友人に教えてもらった県中部のある林内でした。その時は、花期ではありませんでしたので、特徴のある葉姿だけ覚えました。その後、嫁さんと義母の家へ行ったついでに探索した場所で、そっくりな葉を見付けました。花期に行って、エンシュウハグマである事を確認しました。

昨年は、白花ばかりだと思っていたのですが・・。何とピンクの花も咲いていました。

Aensyus11

この写真だけ、左クリックで900ピクセルになり、枠外クリックで元に戻ります。3個の小花が、集まっているのが分かります。

淡いピンクが良いですね。草丈や花色はともかく、接写した花の感じは、愛鷹の渓で見るオクモミジハグマに似ていると思いました。

こちらは白花です。図鑑の解説には「花冠は白色でやや淡紅色を帯びる事もある」とあります。昨年は、どれもこのような花だったと思うのですが、花色が変化するなんて事はないかな?

「葉は、掌状に3~5深裂し、裂片は更に中裂するか、鋸歯がある」・・文字で特徴を表すのは難しいですね。学者さん、ご苦労様です。

地域で多く見られるモミジハグマ属のキッコウハグマは、閉鎖花が多く殆ど花を見る事の出来ない場所もあります。花が見られるのは小さな個体が多く、大きな個体では一輪も咲かないのが当たり前のような気がします。同属のエンシュウハグマは、閉鎖花をつけないのでしょうか?

キク科モミジハグマ属エンシュウハグマ(Ainsliaea dissecta Franch. et Sav.)。

2020年10月14日 (水)

ムカゴイラクサとシュロソウ

山間の地に住んでいると、家の庭にいろいろな植物が生えます。ムカゴイラクサとシュロソウも何処からかやって来ました。

【ムカゴイラクサ】

裏庭の草を取っていると、この植物が目に入りました。危うく手を触るところでした。葉や茎に細かい棘があり、棘に刺された痛みだけでなく分泌される成分により、毒虫に刺されたような痛みを感じます。

雌雄同株で、下部に雄花、上部に雌花がつきます。これは上から撮りましたので雌花という事になります。痩果は、周りが翼状になりハート形です。マウスを乗せると、和名の由来となった葉腋につくムカゴに変わります。

イラクサ科ムカゴイラクサ属ムカゴイラクサ(Laportea bulbifera (Siebold et Zucc.) Wedd.)。

【シュロソウ】

シュロソウは、前庭のイヌツゲの下に生えています。地域の落葉広葉樹林などで見かける事は良くありますが、開花株に出会う事は少ないように思います。この個体は、一昨年花が咲き、昨年は咲かず、今年咲きました。隔年で咲くのが通常なのか分かりませんが、変わった花なので除草せずに残してあります。

花は、両性花と雄花が同じ株につきます。マウスを乗せると子房の無い雄花に変わります。

こちらは両性花です。開花してからかなり日数が経っており、果実期になっているものもありました。

変種や品種の記載が多い植物で、花が緑色のものをアオヤギソウ、このように暗紫褐色のものをシュロソウ、葉幅の狭いホソバシュロソウなどがあります。また亜高山帯に生育するタカネアオヤギソウやムラサキタカネアオヤギソウなどもあり、Veratrum maackii Regelの仲間は、高度に対する生育範囲はかなり広い植物だと思います。

シュロソウ科シュロソウ属シュロソウ(Veratrum maackii Regel var. reymondianum (O.Loes.) H.Hara)。旧分類体系では、ユリ科とされていました。

シュロソウ属は、アルカロイドを含む有毒植物です。ムカゴイラクサも有毒植物ですが、山菜として食べる事もあるようです。幾度も痛い目に遭わされたので、とても食べる気になれません。

2020年10月13日 (火)

イネ科の植物

植物観察を趣味の一つにしていますが、何でも覚えようとする気はなく、興味ある植物にしか目を向けて来ませんでした。だから苦手なものが沢山あります。イネ科植物もその一つです。

この場所では、イネ科の植物が勢力争いをしていました。ヒメアシボソ、ササガヤ、ヌカキビ、写真枠のすぐ横には、チジミザサなども見られました。斑入り葉の個体は、ササガヤかな?

こちらは、ヒメアシボソです。芒があればアシボソです。総は2~3本、稀に1本とあります。生育地の栄養状態が良ければ、3本が多く見られ、悪いと1本が見られるように思います。

実は、昨年この果実を採取して植物標本と共に、研究者経由で海外へ送りました。生育場所による違いがあるそうで、環境の違う何ヶ所かで採取しました。

ササガヤです。見慣れない内は、葉がチジミザサに似ていると思いました。

こちらがチジミザサの花です。花を見れば全然違いますね。萌の散歩道に沢山生えていて、果実をいっぱいつけて来ます。

ヌカキビです。一番上の写真の右側辺りに写っています。この中では、葉が一番大きいと思います。

掲載種の名前が、間違っていたら教えてください。

昨年の6月下旬から始めた、サワトラノオの実生栽培実験の報告書は、追記分を含めて写真帳と共に今朝まとまりました。DVD/CDに書き込んで提出予定です。苗は、受け入れてくれる施設に運んだし、これで実験場での栽培実験はお終いです。

そういえば、最近DVD/CDドライブの無いパソコンが増えているようですね。私のパソコンには、マザーボードの設定をする時に必要だったため、フロッピーディスクのドライブもあります。Dual Xeonの後継機として組み立てたCore i7搭載のペンギンも、かなり年代物になって来ました。後どのくらい頑張ってくれるだろうか?

より以前の記事一覧