植物観察

2019年11月14日 (木)

ヒイラギの花

何年か植物観察のブログ記事を書いていると、毎年同じような内容になってしまいます。新たに出会ったもの以外は、自分の気になる植物ばかり取り上げるからです。今年もまた柊の花を撮ってみました。

apb120101 apb120102

蕾を発見!ヒイラギは雌雄異株です。開き始めの花弁から柱頭が姿を現していますので、雌株のようです。

Apb120112

花柱(メシベ)が長く発達している両性花ですから、この木は雌株ですね。

Apb120096

こちらは、2本のオシベが発達していてメシベは退化しているので、雄株です。

ヒイラギの花期は、11~12月で、果実は翌年の6~7月に暗紫色に熟します。ところで、クリスマスの飾りなどに使われるヒイラギの果実は、赤色ですね。赤く熟すのは、モチノキ科のセイヨウヒイラギ、シナヒイラギ、アメリカヒイラギなどで、11~12月頃熟します。ヒイラギはモクセイ科ですから、クリスマスで飾られるのは別種という事になります。紛らわしいですね。

Aimg_8042

ついでに、しっかり「待て」をしている萌です。餌を待つ時は、ちゃんと言う事を聞きます。今朝の散歩で、立派な角を持った2頭の雄鹿に出会いました。雄だけ連れ立っているのは珍しいと思います。萌は、飼い主の言う事を聞かず戦闘モードに入って大変でした。

2019年11月11日 (月)

カヤの巨木

家の周りで見るカヤは、それほど大きなものはありませんが、寺社などには驚くような太さの木があります。この日は、隣県の神社境内(白州町白須若宮八幡神社)で、カヤの巨木に出会いました。

aimg_8111 aimg_8145

参拝を終えて境内を見まわすと、この巨木が目に留まりました。「あれっ、枯れている?」太さの割に、樹高が低いと思ったら、6.6mで幹が折れそこから枝を伸ばして生き続けているそうです。説明書きによると、目通り5.84mとありました。

aimg_8118 aimg_8124

反対側に回ると、中が空洞になっていました。

aimg_8147 aimg_8150

この木は落雷に遭ったそうで、内側に焦げた跡が残っていました。

aimg_8136 aimg_8114

亀甲状の樹皮は、クロマツを連想させます。近隣では、富士市中里にある慶昌院(目通り4.65m)、沼津市の赤野観音堂(目通り3.9m)などにカヤの巨木がありますが、樹皮がこんなになっておりません。樹齢の高さを伺わせます。

Aimg_8138

18.8倍ズームで葉を撮ってみました。何時までも、生き続けてほしいものです。ところで、カヤは雌雄異株・・この木はどちら?周辺に苗が見つからなかったから、雄木かな?

2019年11月10日 (日)

ダイモンジソウ花の変異

少し遅くなってしまいましたが、栽培棚のダイモンジソウを撮ってみました。父親が岩につけて、庭の彼方此方に置いてありましたので、みんな鉢植えにして栽培棚にまとめました。当初は、栽培法も分からず、枯れたものが幾つかありました。種を採り実生発芽させたところ、無事育って鉢数も増えました。

ad2 ad3

ダイモンジソウは、花弁の形が「大」の文字に似ている事から和名が付けられました。ところが、花弁の数や形に変異の多い植物です。この花は、淡紅色ですが標準形に近い花形です。ただ、右の花は花弁に少し切れ込みがあります。

ad4 ad6

こちらはもう少し濃い紅色のタイプです。右は、ホームセンターのディスカウントコーナーで手に入れた唯一の花です。

adb1 adb2

少し幅広の花弁を持つタイプです。白系の花には、葯の色がアクセントになって綺麗ですね。

adh1 adh2

こちらも面白いでしょ?左は花弁の先端が丸みを帯びています。中には花弁の長さの同じものも見受けられます。

adg1 adg2

花弁に緑色を帯びたタイプで、これも父親が育てていた花の子孫です。

adpa290457 adpa290466

最後に、実生発芽させた中からこんな花が出現しました。観賞価値は低いですが、面白い花でしょ?昨今では、山野に咲くダイモンジソウとは別種のような変化花が、次々と作出されています。

山野の植物を採取しないで、園芸店で買って実生でオリジナルの花を咲かせましょう。

2019年11月 9日 (土)

ゲンノショウコの果実

ゲンノショウコの果実が、種子を飛ばし始めていたので、観察してみました。

apb091697 apb091699

左は種子を飛ばした後の姿で、右はその前後です。カタバミのように、種子が細長い嘴のような部分に入っていると思われがちですが、その基部にあります。

apb091714 apb091710

種子の入っている部分を接写してみました。腺毛が多いですね。類似の、ミツバフウロやコフウロに生える毛は、腺毛ではありません。

apb051346k apb091694

種子の入っている部分の果皮が少し持ち上がると、飛散間近となります。右のポケットに種子が入っています。

apb091708 apb091717

種子と未熟な果実です。

apb091719 apb091721

花期は、7~10月となっています。標準花期から一月遅れで、種子を飛散し始めているというのに、まだ蕾がありました。葉は、付く位置によって形も大きさも違います。

今日は、耕運機の燃料を満タンにして、放置状態だった趣味の野菜畑を耕して来ました。現役時代は、ここが主だったのですが、面積の広い再生畑①②だけで、手が回らなくなってしまいました。耕作し終わったら、丁度燃料切れになりました。満タンにした時の、耕作可能な面積が把握出来ました。

2019年11月 7日 (木)

畑のアザミ

アザミは種類が多く、私には判別の難しい植物です。再生畑②に生えていたので、除去しないで残しておきました。

apb061503 apb061506

根生葉だけの時は、こんな大株になるとは思ってもみませんでした。どの茎も株元で寝てしまいました。他の場所で見ても同じでした。どうしたのでしょう?茎の中に、虫でも入ったのかな?

apb061496 apb061497

接近して見ると綺麗な花だと思います。「花柱に丸く膨らんだ部分がありますが、これが集粉毛で、葯筒から花粉を押し出す働きをする」とあります。植物は、いろいろな工夫がされていて面白いですね。

apb061541 apb061540

左の方が若い花で、やがて右のようになり、白髪のようになって花期が終るようです。

apb061527 apb061530

ハチが、花粉まみれになっていました。コンデジの顕微鏡モードで撮りましたが、恐ろしそうなハチなので、落ち着いて撮れませんでした。

このアザミは、総苞片の様子や葉の切れ込みなどから、タイアザミ(トネアザミ)ではないかと思っています。ご存知の方教えてください。

Aimg_8048

夕方の富士山です。傘を被っていました。明日は天気が良いはずでしたが・・。

2019年11月 6日 (水)

キッコウハグマ

キッコウハグマは、比較的出会う事の容易な植物です。ところが、場所によっては閉鎖花ばかりで、開放花が殆ど見られない事もあります。この日は、開放花を見る事が出来ましたので、撮ってみました。

aimg_7981 aimg_7979

花茎の長いものは、閉鎖花ばかりで、短いものに開放花が見られました。この場所では、稀に花茎の長いものに開放花が見られる場合は、下の方に1~2個咲く程度でした。

apb051443 apb051412

老眼で近視なのでピンボケばかり・・。全てが開放花のものは、あまり見当たりませんでした。あっても、一茎に1~3個程度でした。

Apb051384

殆どの花は終盤を迎えていましたが、この花はまだ新しいようです。赤褐色の部分は、合着したオシベです。

apb051428 apb051418

頭花は、3個(稀に4個)の小花が集まっていて、花冠は深く5裂します。ところが、右の花は幅広の裂片があり、ちょっと変則なタイプですね。

apb051397 apb051398

こちらの花は、柱頭の先端が2裂して反り返っています。三段目の花は雄花期で、こちらが雌花期・・雄性先熟ですね。

実は、萌の散歩道の林にキッコウハグマが生えています。昨年・今年と何度も様子見してみましたが、開放花が一つも見られませんでした。この場所よりも、多少日照は悪いのですが、花茎は立派で沢山の蕾がついていました。少し明るい場所に移植すれば、開放花をつけるようになるのだろうか?或いは、栄養状態が良く大株に育つか、ある程度の歳月を経ると閉鎖花ばかりになるのだろうか?キッコウハグマに、聞いてみたいものです

※本日、Windowsを更新して以降、次のような不具合が発生しました。写真をクリックして拡大した場合、写真以外の所を再クリックすれば、元画面に戻るはずですが、最上段に移動してしまいます。以前も同じような事があり、原因が分からないままいつの間にか直りました。もしそうなったら、ご不便をおかけしますが、拡大写真の右上✖印をクリックしてくだされば、元画面に戻ります。

2019年11月 4日 (月)

ジイソブ果実の頃

午前中だけ、再生畑②へ行って来ました。台風で落ちた枝や葉を片づけて、100㎡くらいだけ耕運機で耕して来ました。鍬でやっていた時に比べれば、ずっと早くて楽です。素人農業でも、少し面積があると耕運機と仮払い機は必需品です。

apb041292 apb041296

ジイソブは、果実期になっています。面白い形でしょ?とんがり帽子の先端部が裂け、種子が飛散します。

apb041277 apb041283

同じ蔓なのに、このように熟して種子を飛散させているものもありました。右の中央付近に写っている、白っぽいものが種子です。果実の熟す時期がずれるのは、環境の変化に対応し、すこしでも種子の散布範囲を広げるためでしょうか?今年撒いても、発芽は来春になると思います。晩秋に熟す果実の種子は、多くがそうだと思います。

apb041293 apb041290

なんと、一輪だけ花が咲いていました。

Apb041294

図鑑やWebページを見ると、ジイソブとバアソブの特徴が幾つか挙げられています。でも、初めて見た時は良く分かりませんでした。時期をずらして観察すると、書かれていないような違いも分かって来ます。

Abjtane

最後に、ジイソブとバアソブの、一番分かり易い違いは種子です。黒い方がバアソブで、白い方がジイソブです。ジイソブは翼がありますので、風に乗り少し遠くへ飛ばされるようですが、バアソブは重力散布だけでしょうか?もしかしたら、種沈があってアリに運ばれるのかも?

2019年11月 3日 (日)

中部横断道富沢IC

家族と、母の様子を見に行ったついでに、少し足を伸ばして新東名にのり、新清水JCから中部横断道の富沢ICを目指しました。開通してから横目で見るだけで、今回初めて通りました。

aimg_7759 aimg_7761

橋梁とトンネルの多い道路です。途中に紫色の光が見えました。これは、アクセント照明で、漫然運転(ぼんやり考え事をしながら運転している状態のこと)による事故防止用に設置されたそうです。

aimg_7767 aimg_7769

富沢ICが見えて来ました。この先も、近次か開通するようです。甲信越方面が近くなる!

aimg_7809 aimg_7781

落葉樹の葉が、少し色付き始めていました。でも、まだ緑の葉が多く本格的な紅葉はもう少し先のようです。

aimg_7776 aimg_7789

黄葉するイチョウとダンコウバイは、まだこんな状態でした。

aimg_7799 apb031240

道路脇では、ヤクシソウの黄色い花を彼方此方で見る事が出来ました。

apb031247 apb031253

左は、ノコンギクです。右は、カワラナデシコかと思ったのですが、苞の数を確認しませんでした。花弁の基部に紅い毛がまばらに生えている事、花弁の間に隙間がない事などからエゾカワラナデシコでしょうか?たった一輪でしたが、嬉しい返り咲きでした。

道の駅を3ヶ所はしごして、帰路につきました。たまには、助手席に座ってのドライブも良いものです。

2019年11月 2日 (土)

サワトラノオ(その後)

今日は、家族に手伝ってもらい、道にはみ出した枝を剪定しました。主には、クリとシナマンサクです。クリは成長が早く、植える時に場所を良く検討した方が良いと思います。シナマンサクは、とても捻くれ者で、枝がいろんな方向に曲がって伸びます。生け垣や樹木の剪定も楽ではありません。

サワトラノオの実生栽培実験は、播種から10月中旬までを中間報告としてまとめました。その後に、少し気付いた事がありますので掲載します。

apb021191 apb021193

生育の早いサワトラノオの株元を見ると、小さな葉が見えていました。脇芽が出て来たようです。

apb021198 apb021201

こちらにも・・。
葉の寿命は比較的短く、重なり合う隣の葉に腐食を誘発しないように、傷んだ葉は早めに除去しています。その時に、今迄と違うところから出ている新葉を見付けました。

apb021209 apb021211

こちらは、左官のプラ舟ビオトープに沈めたサワトラノオの苗です。9月19日の植え替え時に、生育の悪い株を入れてみました。プランターに植えたものに比べて、葉が小さく細長い感じで、違う植物のような印象を受けました。

明日は、雨予報が出ていますね。家族を再生畑に連れて行って、芋ほりと草取りを手伝わせようと思っていたのに・・。予報を聞いて嬉しそうな顔をしていました。困った奴らだ!

2019年11月 1日 (金)

カゲロウラン?探索

夕方、少しの時間ですが、カゲロウランらしき野生ランの探索に行きました。前回見付けた3個体には果実が付いていました。他に、未開花株もあるはずだと思い探しましたが、見付ける事は出来ませんでした。今後、周辺の山林を少しずつ調査していくつもりです。

aimg_7716 aimg_7717

少し暗めの林内では、シロヨメナの花が目を惹きました。

aimg_7723 aimg_7729

エビネとコクランです。一時期、殆ど姿を消してしまったエビネは、少しずつ復活しているように思います。コクランは、スギやヒノキの林で見る事が多いのですが、ここのような落葉広葉樹林にも生えます。

aimg_7734 aimg_7711

そして、前回見付けたカゲロウランらしき植物です。シカやイノシシに踏みつけられなければ良いけど・・。この林には、クロヤツシロランも生えていました。果実期の果柄の長さは、乱数表で決めたようにバラバラです。

apb011082 apb011081

細かい塵のような種子を飛散し始めていました。私が知る自生地は、スギやヒノキの林が多く、落葉広葉樹林は比較的稀です。というより、最近では落葉広葉樹林自体が稀ですね。

apb011089 aimg_7738

ホコリタケの様なキノコと、傘の径が150mmほどあるキノコが生えていました。キノコがみんな食用になれば良いのに・・。

今日は、1/3ほどのサトイモを掘り、保存穴に埋めました。今迄は、地上部を切りその上に土を被せていました。ところが、土をかなり厚くしないと傷むものが多いので、今年から保存穴を掘る事にしたのです。素人農業も少しずつ進歩しています。その後、空きスペースを耕運機で耕し、ヘトヘトになって帰宅しました。

より以前の記事一覧