他のブログ・HP

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

浮島ヶ原自然公園

浮島ヶ原自然公園(6月下旬)

6月30日に、浮島ヶ原自然公園へ行って来ました。その時見付けたアズマカモメヅルは、少し前に掲載しましたので、それ以外で気になった植物を集めてみました。

Xp6301000 Xp6301001

サワトラノオの果実が熟して種子が撒かれる頃、このヌマトラノオの花が咲きます。同時期に、山野ではオカトラノオの花も咲いています。

◇素人考え

サワトラノオの種子を観察してみました。とっても小さな種子・・微細種子でした。微細種子は、好光性のものが多いそうです。花が終わり、葦などが伸びて来たこの環境で、どのくらいの率で発芽するのだろうか?以前、同じような微細種子のタコノアシを、鍋焼きうどんのアルミ鍋に蒔いた事があります。覆い土をしないで、湿らせた種蒔き用土に蒔きました。とても発芽率が良く、鍋いっぱいに可愛い苗が出て来ました。サワトラノオも、同じく好光性種子だとしたら、現在親株が生えているのとは違う環境で発芽させた方が良いのかも?なんて、素人ながらに思いました。

サクラソウ科オカトラノオ属ヌマトラノオ(Lysimachia fortunei Maxim.)。

Xp6300947 Xp6300938

木道脇では、白くなったハンゲショウの葉が、季節を感じさせてくれます。

ドクダミ科ハンゲショウ属ハンゲショウ(Saururus chinensis (Lour.) Baill.)。ドクダミの仲間なんですね。知らなかった・・。

Xp6300910 Xp6300902

左は、面白い果実を付けるゴキヅルです。

ウリ科ゴキヅル属ゴキヅル(Actinostemma tenerum Griff.)。

右は、午後になって開花するミズオトギリです。午前中だけ咲く花もあれば、午後にならないと咲かない花もあり、いろいろな個性を持った植物があって面白いですね。

オトギリソウ科ミズオトギリ属ミズオトギリ(Triadenum japonicum (Blume) Makino)。

Xp6301044 Xp6301078

牛の顔のような葉を持つ、ミゾソバの花も咲き始めていました。小さいけど綺麗な花です。

タデ科イヌタデ属ミゾソバ(Persicaria thunbergii (Siebold et Zucc.) H.Gross)。

右の面白い花は、チゴザサです。こちらも小さな花です。紫色のブラシのような部分が花柱だそうです。イネ科の花は、変わっていますね。

イネ科チゴザサ属チゴザサ(Isachne globosa (Thunb.) Kuntze)。

Xp6300989 Xp6300990

シロバナサクラタデの花も、彼方此方で見る事が出来ます。この植物は、雌雄異株(しゆういしゅ)です。

こちらの花は、花柱が花被より長いので、雌花のようです。

Xp6300969 Xp6300971

こちらは、蕾と葯がピンクです。田圃や畔では、除去対象植物ですが、こうして見ると綺麗でしょ?花柱が短く、オシベが花被より長いので雄花のようです。

タデ科イニタデ属シロバナサクラタデ(Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki)。

Xp6301083

園内を一周して最後の橋を渡ると、ヤブガラシが生えていました。ビンボウカズラと言う別名を持っています。我が家の再生休耕畑にも生えていましたので、貧乏神を退散させるために除去しました。

Xp6301086 Xp6301087

橙色の部分を接写してみました。「朝開花し、午前中に花弁とオシベが落ちる」とあります。どうやら、この花は、花弁とオシベの落ちた後のようです。橙色の部分を花盤(盤状の花托)と呼ぶそうです。上の写真に、花盤の蜜を吸いにやって来た蟻が写っています。

ブドウ科ヤブガラシ属ヤブガラシ(Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep.)。

各地で、大雨の被害が伝えられていますが、富士市でも、昨晩から今朝にかけて驚くほどの雨が降りました。散歩道で見る水無川は、轟音を立てて流れ、近づくのが怖いくらいでした。これ以上被害が大きくならない事を願うばかりです。

アズマカモメヅル

久々の浮島ヶ原自然公園の記事です。我が家の周りは、霧に覆われていましたが、下界は良い天気でした。それに、とても蒸し暑かった!

少し前の記事で、カモメヅルの仲間を掲載しました。その中の、コバノカモメヅルの花色違い品種であるアズマカモメヅルを見付けましたので掲載します。

Ap6301010

蔓や蕾に赤紫の色素がありません。

Ap6300927 Ap6301022

蕾の状態でも、違いが分かります。

Ap6300926 Ap6300919

ちょうど見頃でした。木道沿いにあって良かった・・。地上部が枯れる頃まで、葦と一緒に刈り取られないでいてほしいものです。

Ap6300928

緑の背景で、緑の花は撮り難い・・。

Ap6301014 Ap6301016

アリが蜜を吸いにやって来ていました。シロバナサクラタデやミゾソバも咲き始め、働きアリは忙しい季節です。

ついでに・・。

Ap6300929

母種のコバノカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim.  var. sublanceolatum)です。

ところで、コバノカモメヅルの白花品種(forma)をアズマカモメヅルと呼び、変種(varietas)のシロバナカモメヅルもあると書かれていました。どう違うのだろう?

調べて見ると・・。

「シロバナカモメヅルは、葉が長さ6~12㎝の三角状狭卵形~三角状披針形、先が尾状に尖る。花は黄白色、直径12~20㎜と大きい。」とあります。Web写真を見ると、葉幅が広くまた葉も花もコバノカモメヅルやアズマカモメヅルより大きいようです。私はまだ見た事がありません。

キョウチクトウ科カモメヅル属アズマカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim.  var. sublanceolatum f. albiflorum (Franch. et Sav.) H.Ohashi)。

ヤナギの花

4月14日は、浮島ヶ原自然公園で「富士自然観察の会」の総会と、観察会が行われました。

Ap4141046 Ap4141089

観察会は、いつも通り熱心な方たちばかりでした。私も見習わなくては・・coldsweats01

Aimg_3940

園内は、ノウルシの総苞葉が黄色く染まり、ヤナギの葉も展開して春真っ盛りでした。ここには、何種類かのヤナギが生えています。ヤナギは雌雄異株だそうですので、花を観察してみました。不勉強で、種名は良く分かりませんが・・。

Zimg_3268 Zimg_3361

これは株立ちしている事、葉幅や先端が長く伸びて鋭く尖る事などから、タチヤナギでしょうか?

Zp3292039 Zp3292043

左が雄花、右が雌花。

Zp3292040 Zp3292048

雄花には黄色い葯が見え、雌花には柱頭が見えます。遠目に見て黄色いのが雄花ですね。

Ap4141058

こちらは、ジャヤナギと教えて頂きました。

Ap4141065 Ap4141067

左は雌花。日本では、雄花は知られていない(確認されていない)そうです。どうやって増えるのだろう?

ジャヤナギは、右のように「小枝の分岐点から折れやすい」ので、強風で折れた小枝が飛ばされ、落下した場所で発根して成長するそうです。そのため湿地に生えるのかな?

Azimg_9503k Azp3171224

こちらは、横向きにしてしまいましたが、シダレヤナギです。黄色い葯が見えていますので、雄花のようです。

Ap2210202

これは、イヌコリヤナギの雄花です。接写してみると綺麗ですね。

ヤナギの見分け方で、とても参考になるWebページを見付けました。Link-Freeとの事ですので、右に掲載させていただきます。〈ヤナギ属の検索表〉:葉と枝による樹木検索図鑑のサブページです。

※種名が間違っていたら教えてください。写真の撮影時期は、各々異なります。

ミツガシワ

先日、下界へ降りたついでに、浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Amitu_2 Amitu_1

ミツガシワの花が、咲き始めていました。

Ap3291944 Ap3291945

面白い花でしょ?白い髭が、この花を魅力的にしていると思います。

ミツガシワの花は、メシベの方が長い(長花柱花)と、オシベの方が長い(短花柱花)花があり、後者は胚芽が成熟しない(結実しない)そうです。

Ap3291940

ミツガシワは、一般的に高地(寒冷地)の湿原などに自生しています。でも、暑さにも比較的強い植物のようです。平地にある筑波実験植物園の池でも、群生していました。

実は、我が家のミニビオトープにも、二株のミツガシワがあります。山間部なので、下界より目覚めが遅れていますが・・。

Ap3312133 Ap3312136

こちらは、上のミツガシワの兄弟です。2010年5月、田園地帯で群落を見付け、「この植物は、刈り取っても除草剤を散布しても枯れない」と言っていた地主さんから一株いただいて来ました。そして、昨年初花が咲きました。右がその時の葉柄や花柄の名残です。

そして・・。

Ap3312132

こちらは、ある施設の管理者さんから、地上部の枯れた地下茎を頂いたものが、我が家にやって来ました。上の株に比べて節の間隔が長いですね。

ミツガシワ科ミツガシワ属ミツガシワ(Menyanthes trifoliata L.)。

学名は、メニアンテス・トリフォリアタ・リンネで良いのでしょうか?分類表を調べる時、読み方が分かると少しは楽になります。

浮島ヶ原自然公園(7月下旬)

梅雨明けしたというのに、雨降りばかり・・。

下界へ降りたついでに、久々に浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Cp7270079 Cp7270089 Cp7270032

富士市の天然記念物に指定されているサワトラノオの花は終わり、ヌマトラノオの花が咲いていました。シロバナサクラタデも咲き始めていました。

Cp7270090i

木道を吹き抜ける風のせいで、なかなかピントが合いません(腕の悪いのを風のせいにしてしまいました)。

Cp7270062 Cp7270065

畑の嫌われ者・・タデの仲間ですが、近づいて見ると、このように綺麗な花です。

Cp7270014 Cp7270015

ゴキヅルも彼方此方で見る事が出来ました。以前より増えているのかな?とっても小さな花が咲いていました。

Cp7270031 Cp7270060

ゴキヅルの葉に付いているこれは何?蜜腺?

園内のツユクサは、他の植物と競い合って草丈がかなり大きくなります。遠目に見るとただの草むらですが、植物のせめぎ合いを観察するのも、人間社会を垣間見るようで面白いです。

Cp7270069 Cp7270066

ハンゲショウは、まだ白い葉が残っていました。この後、少しずつ緑色に戻って行くと思います。

右はミズオトギリの蕾です。この日は、午前中の訪問だったため、を見る事は出来ませんでした。

Cp7270114 Cp7270100 Cp7270200

クサレダマは、果実、花、蕾といろいろ見る事が出来ます。開花時期が疎らな植物のようです。

中と右は似た花ですが、中がエゾミソハギで右は我が家の果樹畑に植えてあるミソハギです。

Cp7270096 Cp7270093

クサレダマの花と蕾を持ったヒメハッカです。クサレダマの花には、御覧のような模様が入ります。

Cp7270099 Cp7270202

エゾミソハギ(左)とミソハギ(右)の違いは?

「エゾミソハギの方は、葉の基部が茎を抱き、毛が多い。萼の付属体は上向き。」エゾミソハギの葉の基部を撮りませんでしたが、毛だけ比べても全然違いますね。

Cimg_6570 Cp7270170

山間部では、見る事の出来ない植物です。こちらも似ていますが、左はヒメガマ、右はガマです。上が雄花で下のソーセージのような部分が雌花ですが、ヒメガマは離れており、ガマはくっ付いています。

神様はどうして、紛らわしい植物を作られたのでしょう?

Cp7270122

螳螂拳の使い手に睨まれましたので、そろそろ退散です。

6月半ばの浮島ヶ原自然公園

今日も、炎天下での作業は暑かった!

下界へ降りたついでに、浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Aimg_4934_2

私の背丈を超すほど伸びた葦が、木道に迫り出していました。

Aimg_4946_2 Aimg_4940h_2

ハンゲショウは蕾を持ち、白いお化粧をしていました。

Aimg_4919_2 Aimg_4923_2

ナンキンハゼも、蕾が見えていました。樹下には、実生の苗が何本か生えていました。この植物は、紅葉の季節も楽しませてくれます。

右は、葦の裾に纏わりつくように生えているナヨナヨワスレナグサです。我が家にも、実生で代を重ね生き残っています。でも、十年ほど経ちますがあまり増えません。

Ap6133085_2

接写ズームしてみました。

Ap6133135_2 Ap6133113_2

牛の顔のような形の葉は、ミゾソバです。小さな棘があるので、ご用心!

Ap6133134_2 Ap6133132_2

花が咲き始めていました。どれも一つだけ開花・・一気に咲かないのだろうか?蕾のままの方が綺麗かな?

Ap6133205_2

こちらも面白い形の葉です。タデ科イヌタデ属・・イシミカワです。

Ap6133206_2 Ap6133203_2

鍔のようなものを托葉と呼ぶそうです。こちらはミゾソバよりも鋭い棘があります。

Ap6133153_2 Ap6133197_2

クサレダマも、開花間近です。

Ap6133176_2 Ap6133181_2

こちらは、サワトラノオの果実です。今年は、花を見逃してしまいました。

Aimg_4953_2 Ap6133169_2

エゾミソハギの花が、咲き始めていました。

ミソハギとの違いは、①ミソハギの葉の基部は茎を抱かないが、エゾミソハギの葉の基部は茎を抱く。②エゾミソハギは、茎や葉、花序などに短毛がある。・・など。

Ap6133156_2 Ap6133157_2

こちらは、お気に入りのヒメハッカです。葦の間で窮屈そうでした。いつも見ていたところに生えていない・・移植したのだろうか?

最後に、不気味なものを・・。

Ap6133186_2 Ap6133211_2

サワトラノオの葉に集っていたのは、カメムシの仲間でしょうか?右は、センニンソウの蔓に出来た虫こぶのようなものでしょうか?

※記事をアップ寸前で、Internet Explorerが停止してしまい「このWebページに問題があるので、Internet Explorerを開きなおしました」というようなメッセージが出て、記事はパー・・。たまにこういうような事が起こります。Microsoftさんの方に、問題があるのでは?Microsoft Edgeにも問題があるので、いまだにInternet Explorerを使用しています。

浮島ヶ原自然公園(3月中旬)

昨晩から雨が降り始め、まだ降っています。植物達には恵みの雨ですが、畑の雑草も急激に成長するので頭が痛い・・。

先週、下界に降りたついでに、浮島ヶ原自然公園の様子を見て来ました。

Zimg_9476a Zimg_9484

この時期の主役、ノウルシが黄色く変身して、遠くからでも目に付くようになっていました。

Zimg_9482k Zimg_9480

こちらは、ヒキノカサにサワトラノオです。サワトラノオの実生実験も、興味あります。実生床の条件が合えば、発芽率の高い植物ではないかと思っています。

Zimg_9488 Zp3171186

タコノアシのドライフラワーは、葦と共に刈り取らていました。粉のような種は飛散して、果実殻だけ残っていました。数年前、湿らせた実生床に種を蒔いてみたところ、上手く発芽してくれました。また挑戦してみたいと思っています。

Zp3171200 Zp3171206

こちらは、オニナルコスゲです。左の写真の後ろが雄花、手前が雌花です。

Zimg_9500 Zp3171213

オドリコソウも姿を現していましたが、開花はもう少し先のようです。右は、ムラサキサギゴケです。

Zimg_9503k Zp3171224 Zp3171222

駐車場脇に植えられた枝垂れ柳も、開花間近でした。黄色い葯が見えるから雄花のようです。

Zimg_9498 Zp3171173

こちらはイヌコリヤナギと教えて頂きました。葉は対生・・。右の花は、まだこの状態でした。原因は、枝が折れたため成長が止まってしまったようです。もう一本折れた枝がありました。誰かが悪戯したのだろうか?

Zp3171160 Zp3171164

花は殆ど終盤を迎えていましたが、まだ葯袋の破れていないものもありました。この時期が、一番綺麗だと思います。

イヌコリヤナギ(浮島ヶ原自然公園)

指の関節を酷使したので、とても痛い!

昨年教えて頂いたイヌコリヤナギに、花穂(尾状花序)が沢山付いていました。

Bimg_8440 Bimg_8445

御覧のように、びっしりです。

Bp2210210 Bp2210209

コンデジで接写してみました。

Bp2210199 Bp2210208

咲いている花穂も少しだけありました。

ヤナギは雌雄異株だそうですが、これは?

Bp2210202

赤いのがオシベの葯袋で、黄色いのは葯袋が破け花粉が露出したものです。

Bp2210220 Bp2210218

こちらは更に開花が進んだ花穂です。なんかだらしない感じですね。

雄しべばかりですから、雄花のようです。ここのヤナギは雌の木もあるのだろうか?次回、気にして観察してみよう!

ところで、イヌコリヤナギは何処で見分けるのでしょう?図鑑によると、枝は細く真っすぐ、葉は対生(互生も混じる)と書かれていました。確かにキャップを被った冬芽は対生でした。コリヤナギという種類もあるそうです。こちらも対生のようです。Web図鑑を見ても良く分かりませんでした。良い図鑑をご存知の方、教えてください。

ノウルシ(浮島ヶ原自然公園)

今日は、不法投棄監視パトロール隊員の意見交換会でした。その帰り、浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。

Aimg_8471

風の強い日でしたが、天気が良く暖かでした。そろそろ、ノウルシが姿を現している頃だろうと思い、探してみました。

Aimg_8458

刈られたカヤの間から、頭をのぞかせているノウルシです。

更に木道を進むと・・。

Aimg_8461 Aimg_8463

沢山出ていました。同じ園内でも、日当りや風の通り具合によって、かなり違いがあります。発芽して間もない頃は赤っぽい色で、時間の経過とともに緑色を帯びて来ます。

Aimg_8480 Aimg_8497

この場所は、毎年一番早く花が咲きます。今年も、一番乗りのようでした。

Ap2210232 Ap2210230

遠くから見て花が咲いたように見えるのは、黄色く染まった苞葉です。

じゃぁ、花は?まだ苞葉に包まれていますが、一つだけ姿を現しています。カップ状で杯状花序と呼ぶそうです。このカップの部分を総苞、その縁に見える花冠の様な部分(黄色の濃い部分)が蜜を分泌する腺体だそうです。

この状態ではまだ分かりませんが、「雄花には雄しべが1個、雌花には雌しべが1個あるだけで、花弁も萼もない」と書かれていました。変わり者ですね。

遠くから見るとまだ枯れ野原のようですが、近づいて見ると彼方此方で春の息吹が感じられました。

ノウルシは、環境省RDBで準絶滅危惧種(NT)、静岡県では絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。でも、自生地の様子を見ると、繁殖力の旺盛な植物だと思います。

浮島ヶ原自然公園(1月上旬)

今日の記事は、久々に訪れた浮島ヶ原自然公園とその周辺の自然観察です。

Bimg_6608

この時期の園内は、ドライフラワーだらけです。

Bimg_6600 Bimg_6653

セイタカアワダチソウと葦。どちらも、私の背丈を遥かに超えています。

Bimg_6635

これは、ヘクソカズラです。別のところでは、果実が飴色に熟していました。

Bimg_6626 Bimg_6621

昨年、名前を教えて頂いたイヌコリヤナギです。枝に産み付けられているのは、カマキリの仲間の卵でしょうか?良く見かける大きなのは、オオカマキリの卵だそうです。

Bimg_6613 Bimg_6618

これは、ミズオトギリのドライフラワーかな?

Bimg_6666 Bimg_6702

タコノアシとクズの果実です。タコノアシは、種子が飛散した後のようです。

園の入り口付近では・・。

Bimg_6727 Bimg_6735

スズメの群れがいました。我が家の周りでも、見かけるようになりましたので、最近数が増えて来たのでしょうか?

Bimg_6754 Bimg_6755

こちらは、電柱の水平支線にとまっていたスズメです。このような小さな鳥は、18.8倍のレンズでは上手く捉えられません。

明日も晴天のようです。風が吹かなければ良いのですが・・。

より以前の記事一覧