2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

浮島ヶ原自然公園

2020年7月11日 (土)

浮島ヶ原自然公園(7月-②)

サワトラノオの実験記録写真をまとめています。LAN-DISKから、関連写真だけを選別しフォルダに整理した上で、サイズを落としながらなのでとても面倒です。

木道脇では、白変したハンゲショウの葉が目につきます。地域では、植栽以外で目にする機会の少ない植物だと思います。近隣では、萌の散歩道に植えられています。

クサレダマは、果実期に入ったものが多く見受けられました。この植物の生育状態も、スゲの仲間と共に数年前と変わりつつあります。

エゾミソハギの花がアシの中で目立っていました。

シロバナサクラタデの花が咲き始めていました。この植物は、雌雄異株です。上が雌花で下が雄花です。

ミゾソバの花が、少しだけ咲いていました。シロバナサクラタデと共に、花期の長い植物だと思います。蕾の多い花には、アザミウマが集っていました。この生き物も、サワトラノオの訪花昆虫として観察対象としています。

これで、浮島ヶ原自然公園の記事はお終いです。

2020年7月10日 (金)

浮島ヶ原自然公園(7月-①)

ミニキャブの車検が終り、今日受け取りに行って来ました。下界に降りたついでに、浮島ヶ原自然公園に寄って来ました。

公園も久々です。ここ数年、草刈り機が主たる相棒になっていますので、こういうところを見ると、刈り取ってすっきりさせたくなります。

ミズオトギリが、葉に雨露を溜めていました。先に進むと、蕾をつけた株も見受けられました。変わり者の植物で、花は午後になってから咲きます。

オトギリソウの仲間の葉は、みんな水を弾きます。サトイモやハスなどは、水を弾く事により葉の表面についたゴミなどの異物や虫などを洗い流す働きをするそうですが、オトギリソウも同じかな?

オトギリソウ科ミズオトギリ属ミズオトギリ(Triadenum japonicum (Blume) Makino)。

再生畑には、コカモメヅルが生えており、公園にはコバノカモメヅルが生えています。ここ数年、生育エリアを広げているようで、彼方此方で見る事が出来ます。

キョウチクトウ科カモメヅル属コバノカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. sublanceolatum)。

少し白っぽい花と白い花です。白花の品種をアズマカモメヅルというそうですが、マメに見歩くと掲載した花の中間的な色のものもあり、連続した変異のように思います。

キョウチクトウ科カモメヅル属アズマカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. sublanceolatum f. albiflorum (Franch. et Sav.) H.Ohashi)。

ところで、以前シロバナカモメヅルという和名を聞いた事があります。アズマカモメヅルの事かと思っていたら、コバノカモメヅルの品種ではなくて変種でシロバナカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. macranthum Maxim.)が報告されているそうです。葉も花も大きく、葉の形が三角状狭卵形~三角状披針形で、先が尾状に尖るなどの違いがあると書かれていました。

ap7100224 ap7100241

サワトラノオの果実が熟した頃、ヌマトラノオの花が咲きます。他地域では、ヌマトラノオと同属のオカトラノオとの自然交配種が報告されているそうです。果実はサワトラノオに似ていますが、果皮がとても硬く指先で押し潰すのが簡単ではありません。

※2020-07-11追加掲載しました。

2020年2月16日 (日)

浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ②

今度は、木道脇から手を伸ばしてコンデジで撮ってみました。

密集した株の間に、昨年発芽したと思われる小さな苗が顔を覗かせています。これらの多くは、日照不足で枯れてしまうと思います。葉が赤っぽくなっていますが、マウスを乗せると更に赤い葉に切り替わります。実験場のものは、この地よりも高度300mほど高いところで栽培しています。だからもっと、赤くなるかと思っていました。でも、両者のように赤味を帯びておりません。低地でも、吹き晒す風によって変色しやすいのかもしれません。

形手持ちで、昨年発芽したと思われる小苗を撮ってみました。実験結果から、もっと株間を離して移植すれば成長も早まると思います。

こちらは、晩秋に発芽したものではないかと思います。実験場では、11月頃に双葉をつけた個体が確認出来ました。

まだ開花に至っておりませんが、昨年6月末から始めた実生栽培実験と、埼玉市の川小学校さんからの情報提供により、いろいろな事が分かって来ました。

移植や種子散布などの人の手を加えれば、現状よりサワトラノオの個体数を増やす事は容易だと思います。でも、急激に個体数が減少したりしない限り、この地の管理法は殆ど変わる事は無いでしょう。個人的には、ここの環境が最適なわけではなく、何とか生き続けられる環境が残っていると考えています。宣伝効果のある保護区は、行政や関連団体によりいろいろな思惑があり、その在り方も地域によって様々です。

浮島ヶ原自然公園のサワトラノオ①

今日も、tenki.comに助けられました。早朝、PCのスイッチを入れると1時間予報が出て来て、萌の朝散歩予定の6時ちょっと過ぎに降水量2.1mmとなっていました。散歩を5時30分頃からにして、慌てて帰宅すると同時に降って来ました。

先日、浮島ヶ原自然公園のサワトラノオの様子を見て来ました。①では、デジイチで撮った写真を掲載します。

このように、固まって生えているのを見かけます。株立ちする性質がある事と、アシの存在により種子散布が広範囲に行えていないものと思われます。良く見ると、小さな苗も確認出来ます。実験場のものとサイズを比較して、種子散布(6月下旬)頃に発芽したのではなく、秋に発芽したもののようです。

一株から複数の茎が伸びているものもあるようです。マウスを乗せた写真は、実生栽培苗の一番成長した姿に似ています。

カヤツリグサの仲間の繁殖が、ずっと気になっていました。カヤツリグサは根が多く、地表を覆うように伸びていました。この事は、再生畑の除草の時にも経験しています。セイタカアワダチソウの方が、ずっと除草は楽です。この根の表面部分まで湿り気を保っていれば発芽は大丈夫と思いますが、実生苗の根が順調に伸びてくれるか分かりません。

本当は、この時期に園内に入って撮影したかったのですが・・。調査許可が下りているとはいえ、それが出来難い立場にありますので木道脇から撮りました。

ついでに・・。

これは、実験場のサワトラノオを撮ったものです。以前の記事に、移植時の根の写真を掲載しました。サワトラノオの根は、白く太い根と細い根があります。そして太い根は、このように露出して光に当たると緑色になります。ダイコンのようですね。市の川小学校さんでは、この根に注目した研究もしています。

実験場で、移植時に撮った根の写真と、ワンカップのガラス容器で水中栽培していた時の写真です。太い根の付け根から芽が出て来ました。この辺りの事は、市の川小学校さんで進行中の研究がまとまりましたら、また紹介したいと思います。

2020年2月14日 (金)

浮島ヶ原自然公園(2月中旬)

今日も暖かい朝でした。萌のエンジン全開散歩で、汗をかきました。

当番をする事が無くなり、浮島ヶ原自然公園から足が遠のいていました。そろそろノウルシが姿を現し始める頃だと思い、下界へ降りたついでに覗いて来ました。

アシが刈り取られ、とてもすっきりしていました。刈り残している所は、野鳥たちのためでしょうか?

木道脇では、ヤナギの花も見られます。イヌコリヤナギだったかな?

ノウルシが、葉を展開し始めていました。

蕾が顔を覗かせているものも、少しだけありました。もう少し経つと、黄色く染まった苞が花のように目立って来ます。

所々に穴があり、暫く見ているとクロベンケイガニが姿を現しました。川のすぐ傍ではなく、かなり離れた場所です。ところで、カニってエラ呼吸じゃなかったかな?陸上ではどうしているのだろう?

Web検索すると「体の中に水を溜めていて、エラ呼吸によりその水の中に溶けた酸素を取り込んでいる」とありました。カニは面白い奴だ!そうすると、ヤドカリもそうかな?と思って調べていると、懐かしいWebページが目に留まりました。「みーばい亭」「偏屈の洞窟」など・・。オカヤドカリやヤドカリを飼っていた時、お世話になったページがまだ継続されていたのです。懐かしい友と再会したような気持ちになりました。

2019年12月11日 (水)

サワトラノオ実生栽培記(12月中旬)

用事があって、下界に降りたついでに浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。今日の写真は、すべてロールオーバー効果を使っています。マウスを乗せて、別の写真を見てください。スマホは、写真上でタップ、元に戻るには写真外でタップします。

サワトラノオが多く生えるエリアでは、ヨシ(※)などの刈り取りが終っていました。刈った草はこのままだろうか?

木道脇の、開花株があった辺りを覗くと・・。栽培場の、実生一年に満たない株に比べて、ずっと小さいものばかりです。

実は、この辺りが来年確認したいところです。開花株は、果実が熟すと地上部が枯れます。そして新しい芽が出て来ると思います(以前、花茎の下についていた根っこを水に浸けて置いたら、芽が出て来ましたので・・。)。それが、この小さな個体なのかもしれません。もちろん、今年の実生苗もあると思いますが・・。

こちらは更に小さな葉ばかりです。このサイズからすると、今年の実生苗かも知れない・・。ヨシのお陰で日当たりが悪く、実験場に比べて発芽がかなり遅れたためと思われます。

次は、実験場のサワトラノオの様子です。

こちらは、一番最初に実生床からプランターに移植した株です。大きかった葉は枯れ、晩秋に出てきた葉は、このように小さなものです。葉柄もターサイのように横に寝ています。冬越しの準備だと思います。

遅れて移植した株です。まだ大きい葉が多く、葉柄も立ち上がっています。上と比較するとずっと大きいので、こちらの方が先輩株のように見えます。

この二つの株は、葉の形が違います。成長の違いだろうか?葉にも個性があるようです。写真にマウスを乗せると、9月19日に左官のプラ舟ビオトープに沈めたサワトラノオに切り替わります。三か月近く水中生活をしています。プランター植えのものに比べるとずっと小さいですが、生き続けている事がとても興味深いです。

※私は、今まで「アシ」と言っていましたが、Ylist標準和名は「ヨシ」なので、今後それに倣います。

2019年11月12日 (火)

一ヶ月ぶりの浮島ヶ原自然公園

当番も無くなり、浮島ヶ原自然公園に行く機会が少なくなって来ました。下界へ買い物に降りたついでに、様子を見て来ました。

Aimg_8363

とても良い天気で、富士山と愛鷹山(連峰)が良く見えていました。今年は、夏頃から富士山や愛鷹山に殆ど行っておりません。来年は行けるかな?

aimg_8318 aimg_8326

サワトラノオが、多く見られる木道脇の様子です。ヨシなどが、もうとっくに刈り取られていると思ったら、まだ手つかずでした。この日、行政担当者と思われる人を見かけましたので、刈り取りの下見に来たのではないでしょうか?

ただ、刈り取り時期には難しい問題もあると思います。サワトラノオの事だけ考えれば、もうとっくに刈り取った方が良いと思いますが、サワトラノオより遅れて果実が熟す植物の事も考える必要があります。

aimg_8345 aimg_8343

園内では、オギの花穂が風になびいて、とても綺麗でした。

Aimg_8314

いろいろな野鳥がやって来ていましたが、18.8倍ズームなので、このキジバトを撮るのがやっとでした。

aimg_8361 aimg_8357l

草の生える遊歩道では、トノサマバッタが道を塞いでいました。そして、ベニシジミにも睨まれて、遠慮しながら避けて歩きました。

aimg_8288 aimg_8307

木道でも小さなトノサマバッタが道を塞いでいました。そして、草むらに隠れているのはコバネイナゴのようです。

Aimg_8291

螳螂拳の使い手は直ぐ睨むので、そっと気付かれないように通り過ぎました。

帰りがけに、年配の女性二人とすれ違いました。「此処に、こんな良い公園があるなんて知らなかった。」と話しながら園内に入って行きました。ファンのためにも、前向きな維持管理をお願いしたいと思っています。

2019年10月13日 (日)

浮島ヶ原自然公園②

台風19号は、静岡県(伊豆半島)に上陸しました。昨日~未明まで暴風雨が続いて、眠れぬ夜を過ごしました。各地で、台風の被害が相次いだようですね。被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

今日の記事は、浮島ヶ原自然公園の続きです。

xpa110355 xpa110289

園内の木道脇では、シロバナサクラタデの花が目につきます。県中部からの来園者の方に、「此処のサクラタデは、色が薄いですね」と言われた事があります。シロバナ・・と言っても、左のように淡いピンクのものもありますが、こちらもシロバナサクラタデです。

xpa110290 xpa110350

シロバナサクラタデは、雌雄異株です。左が雌花、右が雄花です。他の雌雄異株の植物と同様に、雌株は少ないと思います。

xpa110321 xpa110285

そして、こちらの花も、彼方此方で見る事が出来ます。ミゾソバとアキノウナギツカミです。接写してみると似た花ですが、ミゾソバの方が大きな花です(上の写真はサイズが逆ですが・・)。

Xpa110314

ミゾソバの方が、花が良く開きます。

Xpa110281

アキノウナギツカミの茎です。ヌルヌルしたウナギも掴めるほど、鋭い棘という事で和名がつけられたようです。

xpa110331 xpa110340

ゴキヅルの果実が生っていました。中には、右のような種子が入っています。熟すと、果実の上半分についている濃緑の斑点の色が薄くなり、全体的に黄色味を帯びて来ます。

Xpa110338

果皮が上下に割れ、2個の種子が零れ落ちます。面白いでしょ?

xpa110366 ximg_7290

左はヒメハッカの果実で、右はサワトラノオの苗です。

木道脇で、サワトラノオの実生苗を探したのですが、少ししか見る事が出来ませんでした。夏に重力散布された種子は、日照不足で殆ど発芽せず休眠(発芽抑制)しているのか、或いは、発芽しても生育できずに枯れてしまったのかもしれません。二房の花序(完熟果実)を採取して、実生発芽させた苗は100数十株になり、かなりな大きさに育ちました。一番生育の良い株は、脇芽も出て来ています。その違いを考えてみると、現状の自生地は日照不足で、好光性の種子は発芽できずに、アシを刈り採った来春に発芽するのではないかと思います。アシの刈り取りを早くして年内発芽させ、ある程度生育させた方が良いのかも知れません。ただ、刈り取ったための地温の上昇や、保水率の低下、冬の寒風による影響などを調べる必要はありますが・・。

個人的には、ヒメハッカも実生栽培してみたいと思っています。植物は、育てて見て学ぶ事が多々あります。

2019年10月12日 (土)

浮島ヶ原自然公園①

11日早朝、家族を新富士駅まで送ったついでに、浮島ヶ原自然公園を覗いて来ました。事情があって、なかなか行く事が出来ず久々の訪問になりました。

aimg_7311 aimg_7313

遊歩道脇には、カラムシが繁茂していました。この植物は、地上部を刈り取っても、地下茎が地中深く伸びていて、なかなか絶やす事は出来ません。このままだと、増え続けて行くと思います。葉には、おびただしい食痕がありました。

a1570843652 aimg_7309

カラムシは、ラミーカミキリの食草として知られています。でも、この季節に食痕を残すのはどんな虫だろうと思い、探してみました。芋虫や毛虫は嫌いなので、名前は分かりません。
木道脇では、セイタカアワダチソウが花盛りでした。この植物は引き抜けば除去出来ますが、数が多いので、消滅させるには気合を入れて当たらなければなりません。

apa110373 apa110371

アシは、田園地帯でばかり見ていたのですが、山間部でも出会いました。ところで、イネ科ハンドブックにアシが掲載されていないのはどうして?と思ったら、ヨシが標準和名でした。

aimg_7306 aimg_7304

我が家の周りではススキが主流ですが、この辺りではオギが主流です。それにしても、園内にこんなに生えていたとは気付きませんでした。

Apa110393

花序を接写してみました。「小穂の毛は銀白色」・・綺麗です。

apa110394 apa110403

ススキとの区別点は幾つかありますが、オギは小穂に芒がありません。

aimg_7328 apa110467

Apa060925

ついでに、再生畑に生えているススキを掲載します。「オギが銀白色なのに対して、ススキは黄金色」とあります。図鑑の解説は、上手い表現をしますね。右の写真で、小穂の芒も確認出来ます。オギは、小穂の毛もずっと長く、接写してみると違いが良く分かります。

今日は、朝から暴風雨が続いています。萌の朝散歩は、ショートコースで済ませましたが、夕散歩は出来そうにありません。私の顔を見る度、期待しているようですが・・。

2019年5月25日 (土)

サワトラノオ観察記③

今日も、朝から暑い一日でした。萌の散歩で一汗、管理棟の朝掃除で一汗・・水分補給のビールが欠かせません。

Aimg_4671

公園に、甲斐犬「萌」のお姉さん犬が住む「彩の国」からの来客がありました。

Aimg_4666

何時もは、午前中くらいで姿を隠してしまう富士山も、遠方からの来客を歓迎してくれていました。

Aimg_4646

Aimg_4672

サワトラノオの花は殆ど終わり、果実が膨らんでいました。撮ったのは、このピンボケ写真くらいです。「何が観察記だ!」なんて叱られるかもしれませんが、本日の来客は、サワトラノオの実生栽培実験をされている学校の先生方でした。とても興味深い資料を拝見し、いろいろなお話を聞かせて頂きました。私が確認したかった疑問点の大半が、解決済みとなりました。

園内を見歩いて、以前から気になっていた事があります。

Aimg_4665

セイダカアワダチソウが、途方に暮れるほど繁茂しています。

Aimg_4660

こちらは、クサレダマです。これも、急速に領域を広げています。

Aimg_4632

更に気になるのが、カヤツリグサの仲間・・ウキヤガラです。葦原の彼方まで繁茂しています。この他にも、コウヤワラビが領域拡大しています。ここ数年、急速に植生が変化しており、人為的要因も視野に入れる必要があると思っています。このまま放置して置いて、大丈夫だろうか?

Aimg_4637

これは、ヒメギスでしょうか?いろいろな虫たちも活発に活動しています。

Iamg_4642

暖色系の花を見付けました!牛の額のような葉を持つ、ミゾソバです。サワトラノオの花が終わり、園内は植生保護区だった頃の様相を呈しています。でも、ゆっくり木道を歩くと、いろいろな発見があって楽しいです。

さて、明日からはまた苦手な生き物に似ている花を追いかけます。夢に出て来そう・・。

より以前の記事一覧