2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ヒメミズワラビ | トップページ | 海辺の植物② »

2020年11月 7日 (土)

海辺の植物①

山間の地に住んでいると、田園地帯だけでなく海辺の植物も目新しいものばかりです。たまに行っては、図鑑を見て悩んでいます。

一番手は、イソギクです。この植物は、園芸用としても売られているので、時々見かけます。同じ場所でも、開花時期に差があるようです。

ツワブキにハマユウ(ハマオモト)・・どちらも花の咲いている株がありましたが、撮り忘れました。ツワブキはこれから、ハマユウは残り花ですね。この辺りまでは、何とか分かります。

さて、これは?黄色い小さな花が咲いています。図鑑を見ると、ツルナのようです。食用にされるとの事、一度食べてみたいものです。

ハマボックスのロゼットと、ハマヒルガオでしょうか?

②に続きます。

午前中、再生畑②のササの片付けを行いました。老夫婦がムカゴ採りに来ていて、「以前来た時はチャノキとササの林だったのに、いつの間に切ったのですか?」と聞かれました。私も着手前に見た時、果たして切り終わるのだろうか?と唖然としました。1㎡切るのも大変なくらい、びっしり生えていましたから・・。でも、やれば何とかなるものです。

« ヒメミズワラビ | トップページ | 海辺の植物② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

おばさん、お早うございます。
ムカゴご飯も美味しいですね。
おでんにも?
我が家では、テンプラが多いです。
山の幸に目を向ける人は、少なくなって来たと思います。

むかごのご飯を炊きました。

先日はおでんにも入れましたよ。
秋も深まってきた感じで、朝は寒かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメミズワラビ | トップページ | 海辺の植物② »