2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 海辺の植物② | トップページ | クロヤツシロラン果実の頃 »

2020年11月 9日 (月)

カギガタアオイの花

カギガタアオイを、県中部と隣の市で見た事があります。当時は、カンアオイ属は難しいとの思いから、写真を撮る程度で特徴や種名を追求する事もありませんでした。識別が難しいとの思いは今でも変わりませんが、地域に生育する種だけでも克服したいと思っています。

こちらは、隣の市で撮影したカギガタアオイです。マウスを乗せた写真には、ランヨウアオイも写っています。

先生のお宅で、花を一ついただきました。家の周りで見るカンアオイやオトメアオイとは、明らかに違います。

ここから下の写真は、左クリックで横長:900ピクセルに拡大表示されます。

apb090161 apb090163

apb090178 apb090181

カギガタアオイの特徴の一つに、花柱の先端部が鈎状になっている事が挙げられています。こういうはっきりした特徴があると、素人の私にも識別しやすいのですが・・。

apb090187 apb090195

さて、図鑑には別の識別ポイントとして、萼筒内部の隆起線数が記載されています。縦隆起には、高さのあるはっきりしたものと細いものがあります。「縦隆起は、15~18本」となっていますので、両方の合算だと思います。「横隆起は、6~7本」となっていますが、途中で切れているようなものもあり、分かり難い・・。

カギガタアオイの花期は今頃なので、次は自生地で花を観察したいと思っています。これから暫く、カンアオイ属に悩まされる事になりそうです。

ウマノスズクサ科カンアオイ属カギガタアオイ(Asarum curvistigma F.Maek.)。

« 海辺の植物② | トップページ | クロヤツシロラン果実の頃 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海辺の植物② | トップページ | クロヤツシロラン果実の頃 »