2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 八重咲カンアオイ | トップページ | 種蒔き権兵衛次の挑戦 »

2020年11月20日 (金)

後世に残したい場所

山野の植物観察を始めてから、十年以上の歳月が経ちました。その間、気になっていた植物達が、環境の変化や園芸採取などにより、姿を消してしまった場所を幾つも見て来ました。地域に生育が確認された希少植物の、駆け込み寺のような場所があれば良いと常々思っていました。

その一つとして「富士山こどもの国」が挙げられると思います。そして、もう一ヶ所・・。

こどもの国とは少し違った姿の富士山が見えるこの場所です。今日の記事では、そのホンの一部だけ掲載します。

bimg_2332 bimg_2334

bimg_2335l bimg_2334

ウメ、サクラ、ミツバツツジ、シャクナゲ、サンショウバラ、ハコネグミなど、かなりな本数が植えられています。

bimg_2313 bimg_2319

河川に面した場所で撮った、イロハモミジの紅葉です。広大なエリアには、落葉広葉樹林、竹林、針葉樹林、そして断崖などあらゆる環境が揃っています。

bimg_2298 bimg_2307

キンランやサイハイランの自生する、貴重な環境の場所もあります。私のお気に入りの場所です。

ここは、フォッサマグナ要素の植物に特化した植物園として、現在造成・整備中です。他では見る事の出来ない野生アジサイの変異種も、沢山圃場にて待機中です。無事完成して、次世代に繋げて行けるよう願っています。

« 八重咲カンアオイ | トップページ | 種蒔き権兵衛次の挑戦 »

植物観察」カテゴリの記事

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重咲カンアオイ | トップページ | 種蒔き権兵衛次の挑戦 »