2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 最近見たキノコ | トップページ | 晩秋の着生ラン »

2020年11月27日 (金)

アシタバ花期果実期

三ヶ所ある畑の内、一番面積の少ない「果樹・野菜畑」の野菜エリアを、耕運機で耕して来ました。二日続くと、さすがに腕が痛くなります。

今日の記事は、アシタバです。花期は8~10月となっていますが、まだ蕾を持った個体も見受けられます。

Apb270024

アシタバは、房総半島~紀伊半島、伊豆諸島など比較的暖かい地域に自生する植物ですが、富士市の山間地でも冬を越し実生により代を繋げています。

apb270018 apb270016

apb270019 apb270029

まだ蕾や花を見る事が出来ます。花弁5個、オシベ5個・・雄性期なので、まだメシベが伸びていません。

apb270025 apb270031

こちらは、花弁やオシベが落ちた雌性期の花です。メシベが伸びているのが分かります。

apb270013 apb270032

長楕円形の果実をつけます。発芽率は高く沢山の苗を見ますが、そのまま置くと淘汰されてしまうため、苗を有効に育てるためには移植が必要です。

« 最近見たキノコ | トップページ | 晩秋の着生ラン »

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近見たキノコ | トップページ | 晩秋の着生ラン »