2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« カギガタアオイの花再び | トップページ | ムカゴをつける植物 »

2020年11月14日 (土)

水中のサワトラノオ

実験場に於けるサワトラノオ実生栽培は、報告書を提出して一区切りつけました。実験で得られた株は、行政担当窓口の承諾を得て、富士山こどもの国へ移植しました。でも、睡蓮鉢や左官のプラ舟に沈めた個体は、その後の経過観察のために残してあります。

aimg_2234 aimg_2231

こちらは左官のプラ舟です。当年茎の葉腋から出た新芽が太い根(地下茎)を伸ばしています。当年茎は朽ちて新芽だけが残り、来年に向けて成長しています。以前掲載した、沈水試験の個体と同じような感じです。

aimg_2234 aimg_2237

次は、睡蓮鉢のサワトラノオです。今春、素焼き鉢に植え付けた株を沈めて置いたところ、順調に成長して花を咲かせました。こちらは左官のプラ舟よりも少し深めになります。写真は、当年茎の株元に出現した新芽です。こちらも順調に生育しています。

調査を仰せつかった時に、水中で生育する姿が頭の片隅に浮かびました。また当年茎が枯れる頃の株元からの新芽出現に関しても、ある程度予想していました。ただ、意外だったのは同時期の葉腋からの新芽出現でした。水に浸かって、1週間くらいで次々と発芽・発根が行われたのには驚かされました。

標高1,000m近い所に位置するこどもの国では、実験場や自生地とは少し違った生育形態をとるようです。それに関しては、また機会があれば紹介したいと思います。

« カギガタアオイの花再び | トップページ | ムカゴをつける植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カギガタアオイの花再び | トップページ | ムカゴをつける植物 »