2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« タムラソウの花 | トップページ | タイワンホトトギス系の花 »

2020年10月 9日 (金)

ホトトギスの花

家の近くで、ホトトギスの花が咲き始めました。愛鷹の林道や渓ではもう少し先でしょうか?

オシベは6個あり、花糸の先端が下向きに反って葯をぶら下げています。

花柱の先端は3裂し、各裂片の先端は更に2裂しています。花柱には、透明な球状の突起物があります。触ってみて粘性は感じられませんでしたが、花粉を付着しやすくするためにあるのではないかと思います。

この花は上の花とそっくりですが、良く見ると斑点の大きさや色の濃さに違いがあります。そういう微妙な違いを見比べるのも楽しいです。ホトトギスの名を持つ植物は、沢山記載されています。その中で、この本家ホトトギスは、愛鷹山系で沢山見る事が出来ます。

花色や斑点の変異が多く、稀に花被片に紫色の斑点が無い白花の個体(シロホトトギス:Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook. f. albescens (Makino) Hiyama)を見る事もあります。ただ、白花の場合も花被片基部の黄色の斑点は残ります。

ユリ科ホトトギス属ホトトギス(Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook)。

« タムラソウの花 | トップページ | タイワンホトトギス系の花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タムラソウの花 | トップページ | タイワンホトトギス系の花 »