2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 土通草(ツチアケビ)三度 | トップページ | 野生ランの生存確認とキノコ »

2020年10月19日 (月)

ホトトギス変わり花

少し前の記事で、ホトトギスは花色や斑点の変異が多いと書きました。一般的に見られるものとは少し違った花を掲載します。

花被片の内側にある斑点が、紅紫色に塗りつぶされたような花です。

花被片の色や斑点が通常花と変わっていても、基部の黄色い斑点は残ります。

訪花昆虫がやって来ました。花被片と下向きについた葯の間に入り、身体に花粉をつけています。花柱にある透明の球状突起は、花粉がつき易くするためのものだと思います。

この周辺で見る個体は、どれもこのような紅紫色のベタ部分があります。個体毎に細かい違いはあるものの、ベタの変異は実生で引き継がれるようです。

午前中、キャベツの実生苗の残りを植付、防虫ネットを被せました。畝作り、マルチングビニル敷設、植付・水遣り、防虫ネットとやっと終わって、少し草取りしたところで雨が降り始めました。予定作業が終わってからで良かった・・。

« 土通草(ツチアケビ)三度 | トップページ | 野生ランの生存確認とキノコ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土通草(ツチアケビ)三度 | トップページ | 野生ランの生存確認とキノコ »