2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 色付き始めた果実 | トップページ | 富士山こどもの国で見た植物 »

2020年10月25日 (日)

サワトラノオ植付(富士山こどもの国)

実生栽培実験で得られたサワトラノオの苗を有効に利用するため、行政担当窓口の承諾を得て、10月11日に富士山こどもの国へプランターに植えた苗を届けました。本日は、現地への植え付けを手伝いに行って来ました。

着いた頃はとても良い天気で、富士山も姿を見せてくれていましたが、帰る頃には雲に覆われて裾だけしか見えなくなりました。

実験場では、建物東側の軒下で育てたので、日照に慣らすためにプランターのまま二週間ほど置きました。網は、シカの食害防止用に掛けて頂きました。

サワトラノオの苗は、今年花を咲かせた茎の基部から栄養繁殖で出現したもので、一株が複数株に増えています。

タコノアシは、昨年播種して得た苗の内、成長具合によって二番目に移植したものです。一番目に移植したものは、この倍ほどの大きさに育ち、どれも果実をつけています。この植物については、サワトラノオと違う生態が確認出来ましたので、後日まとめたいと思っています。

プランターの用土は、小粒赤玉土を8割ほど敷きその上を挿木・種蒔き用土で覆いました。土の選択が良かったようで、根の成長は良好だと思います。

ボランティアで、このエリアの植物達を見守ってくれているお二方です。サワトラノオの後、タコノアシを植えて私が届けた苗の植え付けは終了しました。

当初、スコップなどで穴を掘り、一株ずつ植え付けるつもりでした。ところが、思っていたよりスゲの仲間の根が固く、簡単に穴が掘れませんでした。そこでスゲの葉を刈り取り、その上に四方に根を伸ばした状態で配置し、後で土を被せました。

サワトラノオが上手く根付き、一面に白い花を咲かせた姿を想像しながら、富士山こどもの国を後にしました。

« 色付き始めた果実 | トップページ | 富士山こどもの国で見た植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色付き始めた果実 | トップページ | 富士山こどもの国で見た植物 »