2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« イネ科の植物 | トップページ | エンシュウハグマの花 »

2020年10月14日 (水)

ムカゴイラクサとシュロソウ

山間の地に住んでいると、家の庭にいろいろな植物が生えます。ムカゴイラクサとシュロソウも何処からかやって来ました。

【ムカゴイラクサ】

裏庭の草を取っていると、この植物が目に入りました。危うく手を触るところでした。葉や茎に細かい棘があり、棘に刺された痛みだけでなく分泌される成分により、毒虫に刺されたような痛みを感じます。

雌雄同株で、下部に雄花、上部に雌花がつきます。これは上から撮りましたので雌花という事になります。痩果は、周りが翼状になりハート形です。マウスを乗せると、和名の由来となった葉腋につくムカゴに変わります。

イラクサ科ムカゴイラクサ属ムカゴイラクサ(Laportea bulbifera (Siebold et Zucc.) Wedd.)。

【シュロソウ】

シュロソウは、前庭のイヌツゲの下に生えています。地域の落葉広葉樹林などで見かける事は良くありますが、開花株に出会う事は少ないように思います。この個体は、一昨年花が咲き、昨年は咲かず、今年咲きました。隔年で咲くのが通常なのか分かりませんが、変わった花なので除草せずに残してあります。

花は、両性花と雄花が同じ株につきます。マウスを乗せると子房の無い雄花に変わります。

こちらは両性花です。開花してからかなり日数が経っており、果実期になっているものもありました。

変種や品種の記載が多い植物で、花が緑色のものをアオヤギソウ、このように暗紫褐色のものをシュロソウ、葉幅の狭いホソバシュロソウなどがあります。また亜高山帯に生育するタカネアオヤギソウやムラサキタカネアオヤギソウなどもあり、Veratrum maackii Regelの仲間は、高度に対する生育範囲はかなり広い植物だと思います。

シュロソウ科シュロソウ属シュロソウ(Veratrum maackii Regel var. reymondianum (O.Loes.) H.Hara)。旧分類体系では、ユリ科とされていました。

シュロソウ属は、アルカロイドを含む有毒植物です。ムカゴイラクサも有毒植物ですが、山菜として食べる事もあるようです。幾度も痛い目に遭わされたので、とても食べる気になれません。

« イネ科の植物 | トップページ | エンシュウハグマの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イネ科の植物 | トップページ | エンシュウハグマの花 »