2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 天城で見たカンアオイ属② | トップページ | サワトラノオ植付(富士山こどもの国) »

2020年10月24日 (土)

色付き始めた果実

家の周りで見られる果実が、色付き始めました。

一番手は、サネカズラ(ビナンカズラ)です。何が原因か分かりませんが、時々このように未熟な部分のある果実を見かけます。雌雄異株なので、これは雌木です。

サンショウの果実です。サンショウはミカン科で、果皮を拡大して見るとミカンに似た感じがします。赤く熟した後、果皮が裂開して黒い光沢のある種子が姿を現します。サンショウも雌雄異株なので、果実が生るのは雌木です。

グロリオサ(キツネユリ)の果実は、果皮がはじけて赤色の種皮を纏った種子が姿を現していました。

最後に、マンリョウの果実です。一般的には赤く熟しますが、中には白く熟す種類もあります。下段の写真で、花柄が赤いのは赤く熟します。マウスを乗せた緑色のものは白く熟します。

« 天城で見たカンアオイ属② | トップページ | サワトラノオ植付(富士山こどもの国) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天城で見たカンアオイ属② | トップページ | サワトラノオ植付(富士山こどもの国) »