2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« テイショウソウ | トップページ | 遠州のカンアオイ属 »

2020年10月31日 (土)

センブリとイヌセンブリ

【センブリ】

センブリは、民間薬として知られており、幾度かお世話になった事があります。この植物を、実生栽培出来ないかと考えました。

Apa100392

近くの草原脇で撮ったセンブリの花です。「萼と花冠は、5裂し・・」とありますが、4裂のものも比較的見受けられます。同属のアケボノソウと同じですね。

こちらは、針葉樹の小品盆栽の鉢で実生発芽したセンブリです。数えるほどしかありませんが、代を繋げ6年目になります。センブリは二年草で、花の咲いた株は冬に枯れます。一年目はロゼットの姿で過ごし、翌年茎が立ちあがって花を咲かせ、種子を残します。ところが、別の鉢にはロゼット姿のセンブリが幾つか生えています。種子が休眠して、一年遅れで発芽したものが幾つかあったようです。

リンドウ科センブリ属センブリ(Swertia japonica (Schult.) Makino)。

【イヌセンブリ】

他地域の林道脇で見付けました。センブリだと思って近づくと、何か違和感がありました。葉幅が広い上に、裂片の基部に蜜腺が見えません。更に良く見ると、花芯の髭がセンブリよりもずっと多く見えます。「イヌセンブリだ!」この植物も、富士市では見た事がありません。

イヌセンブリは、裂片基部に蜜腺溝がありますが、髭に隠れて見えません。また、植物体を齧ってみると、センブリのような苦味は感じられませんでした。

それにしても、イヌザンショウ、イヌゴマ、イヌセンブリなど、愛犬家としては犬に失礼な由来の和名は、止めてほしいです。

リンドウ科センブリ属イヌセンブリ(Swertia tosaensis Makino)。

« テイショウソウ | トップページ | 遠州のカンアオイ属 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

アウトライダーさん、お早うございます。
役に立つ植物に似ているけど、それほど役に立たないものとして、頭に「イヌ」と付けた和名が多く見受けられます。
イヌを役立たないものの代名詞として使わないで、別の名前を考えてほしかったと思っています。

犬に失礼な由来・・・
とは、何のことでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テイショウソウ | トップページ | 遠州のカンアオイ属 »