2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« カゲロウラン花の確認 | トップページ | ホトトギスの花 »

2020年10月 8日 (木)

タムラソウの花

一昨年、実生苗をもらったタムラソウの花が、今年も咲きました。

外側の一列は無性花で、長く伸びた筒部が3~5裂してオシベやメシベがありません。それ以外は両性花で5裂し集葯雄蕊(しゅうやくゆうずい:花糸は分かれているが、葯の部分で合着したオシベ)が長く突きだし、その中からメシベが伸びて柱頭が2裂します。

早期(メシベが姿を現す前)の花。

時間の経過と共に、メシベが伸び柱頭が2裂して反り返ります。早期の花に比べて、賑やかな感じの花です。

タムラソウはアザミに似ていますが、アザミ属のように葉に棘は無く、触れても痛くありません。草丈30~140cmとありますが、この個体は先端部で250cmほどあります。昨年も、同様に大きくなりました。

シソ科の植物にも、タムラソウの名がつくものが沢山あって紛らわしいですね。

キク科タムラソウ属タムラソウ(Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam.)。

« カゲロウラン花の確認 | トップページ | ホトトギスの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カゲロウラン花の確認 | トップページ | ホトトギスの花 »