2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 草原と林道で見た植物 | トップページ | イネ科の植物 »

2020年10月12日 (月)

シロバナミゾソバとハナタデ

サンショウバラの実生苗を頂いたので、再生畑②に植えて来ました。その他、青汁用のケールと栽培が苦手な白菜の苗も、畝を作って植え付けました。今日は、夏に戻ったような日で、汗びっしょりになり、脱いだTシャツが重たいくらいでした。

再生畑②の入り口に咲いていた、タデ科の花を撮ってみました。

【シロバナミゾソバ】

一般的に、ミゾソバの花は先端部が紅色を帯びていますが、この花はご覧のように白色です。でも、葯は通常花と同じく淡いピンクです。

牛の額のような葉が特徴的です。花柄の赤い腺毛も母種と同じです。ただ、母種の茎は赤味を帯びていますが、白花品種の場合は緑色です。

托葉鞘(たくようしょう)の筒部は短く、口部は葉状になって広がっています。托葉は、未発達の葉身を保護する役割があると考えられているそうです。

タデ科イヌタデ属シロバナミゾソバ(Persicaria thunbergii (Siebold et Zucc.) H.Gross f. viridialba (Iwata) Hanai et Seriz.)。

【ハナタデ】

何処にピントを合わせたか分からないような写真で恐縮です。わざとぼかしたという事で・・。

イヌタデなどに比べて花は疎らにつきます。托葉鞘の縁に長い毛があり、表面に伏毛があります。シロバナの品種も記載されていますが、まだ気にして見た事はありません。

タデ科イヌタデ属ハナタデ(Persicaria posumbu (Buch.-Ham. ex D.Don) H.Gross)。

« 草原と林道で見た植物 | トップページ | イネ科の植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草原と林道で見た植物 | トップページ | イネ科の植物 »