2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヒトツボクロ | トップページ | 渓谷沿いのツチアケビ »

2020年9月18日 (金)

アカボシゴマダラ

昨晩から今朝にかけて、豪雨の時間帯がありました。萌の散歩の時は上がっていましたが、念のためレインコート着用だったので、早朝から汗だくになりました。

柿の木に、綺麗な蝶がやって来たので、撮ってみました。

Web図鑑で調べると、アカボシゴマダラのようです。

なかなか正面を向いてくれません。やっと撮ったらピンボケ・・。触覚の間に見える黄色い器官は、蜜を吸うための口吻(こうふん)です。

幼虫で越冬し、エノキを食樹としているそうです。エノキは、タマムシやオオムラサキなどの食樹としても知られています。綺麗な虫に好かれるのはどうして?

アカボシゴマダラ(アカボシゴマダラ奄美亜種(Hestina assimillis shirakii)を除く)は、特定外来生物に指定されているため、飼育や保管、運搬などが禁止されています。

タテハチョウ科アカボシゴマダラ属アカボシゴマダラ(Hestina assimilis)。

« ヒトツボクロ | トップページ | 渓谷沿いのツチアケビ »

蝶と蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒトツボクロ | トップページ | 渓谷沿いのツチアケビ »