2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« サワトラノオ移植準備 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(9月下旬) »

2020年9月27日 (日)

栗の毬に生える菌類

栗の毬を見ると、白いキノコが生えていました。小さな白いものは撮り難い・・。機能アップしたコンデジの設定に慣れず、試行錯誤しているところです。

Web図鑑で見ると、キシメジ科クヌギタケ属クリノシロコナカブリのようです。以前、ブナの殻斗に生えるキノコを撮った事があります。そちらは、ブナノシロヒナチャワンタケでした。

ラン科のヤツシロラン類(菌従属栄養植物)は、好みのキノコから養分をもらって発芽・生育します。キノコも、各々好みの樹種があるようですね。植物の世界も、人間社会を垣間見るようで面白いです。

こちらは変形菌でしょうか?とても小さく、初めて見たと思います。

近くには・・。

キバナノアキギリが咲いていました。シソ科の植物は、生育場所が限定されるものもありますが、種子繁殖率は良いようで、ある程度まとまってみる事が出来ます。

« サワトラノオ移植準備 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(9月下旬) »

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サワトラノオ移植準備 | トップページ | 不法投棄監視パトロールで出会った植物(9月下旬) »