2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のブログ・HP

無料ブログはココログ

« 田園地帯の植物② | トップページ | 田園地帯の植物③ »

2020年9月11日 (金)

シュスランの花

地域で生育が確認された「野生ラン図鑑」を作成中です。シュスランの花の写真がまだ撮ってありませんでしたので、位置情報を教えていただき、GPSにポイント登録して探索に出かけました。

位置情報を頂いたとはいえ、小さな野生ランの場所にピンポイントで到達するのは、かなり難しいと思います。でも、今回も山の神様が導いてくれました。

開花株は1本だけでしたが、狭い範囲に小さな葉が結構見られました。分布状況を見ると、何ヶ所かに実生発芽した個体が、匍匐茎で栄養繁殖していると思われます。

コンデジで強制フラッシュと、フラッシュ無しで撮ってみました。F2.0のレンズとはいえ、薄暗い林床ではフラッシュ無しは辛いです。

ap9110004 ap9110002

ap9110046 ap9110044

同じ花序を方向を変えて撮ってみました。花は淡紅色を帯びた白色です。

「背萼片と側花弁は完全に重なり、唇弁は赤味を帯びる」とあります。中国名は、鳥嘴蓮 (絨葉斑葉蘭)・・この野生ランに関しても、的を射た名前だと思います。

こちらは、次の開花株候補でしょうか?葉にビロード状の光沢がある事から、ビロードランの別名があります。

情報提供者様と山の神様に感謝です。

ラン科シュスラン属シュスラン(Goodyera velutina Maxim.)。

« 田園地帯の植物② | トップページ | 田園地帯の植物③ »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田園地帯の植物② | トップページ | 田園地帯の植物③ »